経営

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

全て表示する >

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!(Vol.592)【コミュニケーションというボタンのかけ違い】

2014/12/22



■2014.12.22━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

日本初!本格的経営者向け、企業成長ノウハウ・メール・マガジン


    社┃長┃、 ┃「 ┃小┃さ┃い┃会┃社┃」┃
    ━┛━┛ ━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
                                 
       の┃ま┃ま┃じ┃ゃ┃ ダ┃メ┃な┃ん┃で┃す┃!┃
       ━┛━┛━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

     − シリーズ第5弾!
         ビジネスモデル+マーケティング+『心の力』・編 −


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━読者22,957■

いよいよ今年最後のメルマガ・・・より一層元気を出していきましょう!


      ・・・それでは第592回のはじまり、はじまりでーす(@^^)/~~~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<<石原明の「オーディオブック」新発売♪>>

◎『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』1,296円
  >>> http://www.febe.jp/product/190649

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今週のポイント>

★コミュニケーションというボタンのかけ違い

★究極のサービスとは“分け隔て”すること

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

早いもので、今年もあと10日あまりとなりましたが、みなさんにとって、
2014年はどんな一年でしたか?

私にとっては、変化の連続・・・といった一年でしたが、2014年の最後を
元気に締めくくるべく、私からクリスマスプレゼントを用意しました(*^_^*)

有料版ポッドキャスト『経営のヒント プレミアム』の無料お試し版を、20日
から限定配信しています。

記念すべき第1回目の番組を20分に短縮し、無料でみなさまにお届けするも
のですが、下記からダウンロードできますので、お受け取りください♪

◆iTunes
https://itunes.apple.com/jp/podcast/shi-yuan-mingno-jing-yingnohinto+/id345032023?mt=2

◆石原明.com 
http://www.ishihara-akira.com/premium/index.html


それでは、今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズに進むように、
まずはいつもどおり、頭の体操「Q&A」コーナーからスタートです。


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃Q┃意思決定をする際に、注意すべき点はなんでしょう?
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

 経営者の一番の仕事は「決断」だと思っているのですが、
 意思決定をする際に、石原先生が注意されていることについて
 ぜひ教えてください。


            +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
  

あなたならこの質問にどうお答えになりますか?
 
               ★私の答えは、最後にありまーす(^_^)/~


■心を身軽にするインストラクション2011<<Vol.162>> ━━━━━━■■■

--《前回の復習》----------------------------------------------------

◎部下をどこから変えるか
 ⇒『コミュニケーション』という切り口から見た場合、公私は一体だと考
  えているのですが、その延長線上の「どこから変えるか」が重要なポイ
  ントです。

◎「叱れない上司」と「叱られ慣れてない部下」
 ⇒家庭でも学校でも、親や先生に叱られる経験が減ったのでしょうが、本
  質的な話をすると、『叱られる=嫌われた』と思い込んでいることが大
  きな問題なのです。

--------------------------------------------------------------------

● 今週のインストラクション(教訓) ●------------------------------

                    夫婦で殴り合いのケンカをする
--------------------------------------------------------------------

★コミュニケーションというボタンのかけ違い


前回は、最近のビジネス界には「叱れない上司」と「叱られ慣れてない部下」
が増殖中だというお話をしました(*^_^*)

これは由々しき問題で、一番やっかいなのは『叱られる=嫌われた』という
等式が、頭の中にできあがってしまっていることなんです。

今さら言うまでもありませんが、組織運営は一人ではできません。社長には
必ず「No.2」的存在の人がいますし、経営者でなくとも、自分の右腕になっ
てくれる部下を育てる必要があるわけです。

この「夫婦で殴り合いのケンカをする」というインストラクションに時間を
かけたのも、部下との人間関係ができていないために、組織運営に失敗して
いる会社がとても多いからなんです(ー_ー)!!

以前、子どもの進路に関して、相手を思うあまり、結局どちらも望まない決
定をすることになってしまったご夫婦の話をしたことがありますが、社長と
No.2との関係も、いわば夫婦みたいなものです。

人は相手を気遣うあまり、心にもないことを言ってしまったりするものです
が、『コミュニケーション』のボタンは一度かけ違うと、なかなか修正が難
しいのです。

二人の間に「どちらも望まない巨塔」が立ってしまってからでは、信頼関係
など、築けるはずもありません。

だからこそ、「思ったことを素直に言う」という企業風土が大切で、部下の
言動が目に余ったら、その場でハッキリと叱る・・・そうした日常の積み重
ねが、いざという時に大きな意味を持つことを知ってください。


★究極のサービスとは“分け隔て”すること


日本という国ではとくにそうだと思いますが、相手の嫌がることを言わない
とか、人とは仲良くしなさいといった教育が徹底しています。

一般常識では、人間関係に波風を立てないことが正しいとされていますが、
家庭や会社では「波風」が立って当然です。人生にイロイロあるように、
コトを成し遂げようと思ったら、問題が起こって当たり前なんです。

数々の問題に立ち向かっていこうとする時、『コミュニケーション』の浅い
組織では、とてもじゃないけど無理ですよね。

私が思う「良い組織」とは、「あれ?」と思うようなことが起きたたときに、
「ちょっと待て」と一旦立ち止まって、互いの『コミュニケーション』を取
り直すことができる組織です。

上司と部下が腹を割って話し合えないような組織に、良い仕事ができるはず
もないと思いませんか?

もっと言えば、身内との良い関係も作れない人に、顧客との良い関係が築け
るはずもないのです。究極のサービスとは“分け隔て”すること。上得意客
と一見さんを分け隔てしてこそ、一流の飲食店ですよね。

上得意客と密なコミュニケーションを取って、特別な関係が築けない限り、
一流店とは呼べるはずもなく、つまり「人」に強くないと、一流のビジネス
はできないということですが・・・この続きはまた次回、お話しま〜す(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 次号に続く・・・■

■勉強会のご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

★私が主宰する『高収益トップ3%倶楽部』の定例勉強会のご案内です。
  東京・大阪・名古屋で月1回の開催を積み重ね14年目になりました!
 参加費は3千円(一般参加6千円)です。興味のある方はぜひ参加下さい。


◎1月の定例勉強会

■名古屋第154回 : 1月14日(水)18:30〜20:30
                  愛知県産業労働センター(ウインクあいち)904号会議室

 『拡大から縮小成熟へ、マーケットの変化に伴う組織作りとリーダーの育成法』
⇒ http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=462


■東京第157回 : 1月20日(火)18:30〜20:30
                「東京国際フォーラム」G402
   『NO.2のつくり方〜石原流リーダーの育成法 第二弾〜』
⇒ http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=464


■大阪第159回 : 1月27日(火)18:30〜20:30
                  「大阪産業創造館」 6F 会議室AB
  『NO.2のつくり方〜石原流リーダーの育成法 第二弾〜』
⇒ http://www.ishihara-akira.com/club/study/schedule/form.php?mtg_id=466



★東京・大阪では、勉強会終了後に懇親会があります!★
  申込はサイトもしくは当日受付にて承ります。

☆東京勉強会の様子は「勉強会ダイジェスト」からご覧いただけます(*^^)v
 >>> http://www.ishihara-akira.com/club/study/digest/index.html


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■無料メルマガ【明快通信】のご案内━━━━━━━━━━━━━━■■■

====================================================================

『組織』と『人』の悩みがスッキリ!
      
  【無料メルマガ】明快通信〜中小企業は人事部を作りなさい!〜 

====================================================================

●社員が自分の思い通りに、育たない、動かない・・・
●組織化の重要性はわかってるけど・・・
●社長と社員の立場の違いが、コミュニケーションを困難に・・・

中小企業の経営者の多くは、「人」と「組織」の課題に
いつも悩まされています。

しかし、経営者と同様に、あらゆるビジネスパーソンも、
人間関係に頭を抱えています。

それぞれの立場の違いがもたらす人間関係の歪み。
「人」と「組織」の課題は、組織人にとって不変のテーマ。

そんな社長・経営者やビジネスパーソンのために
日々の組織マネジメントにそのまま活かせる
「人」と「組織」のメルマガ
“明快通信〜中小企業は人事部を作りなさい!〜”

毎週火曜日配信中!

★バックナンバー・メルマガの登録はこちら
 >>> http://www.jinji-hyouka.com/wp/


◆人気のタイトルは?

・古株社員が優秀な若手社員をいじめるとき
・会議で“意見交換”の質を上げる方法
・社員・同僚にイラッとしたときに考えること
・「できる社員」に違和感を感じた時に考えること
・社員は社長の「神経系」?


★バックナンバー・メルマガの登録はこちら
  >>> http://www.jinji-hyouka.com/wp/


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃Q┃意思決定をする際に、注意すべき点はなんでしょう?
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛
┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃A┃閃きの後、シュミレーションしてイメージ検証しています
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛
 
 感覚的にもしくは閃きで答えを考えて、しばらく実行しないでその答え
 を多面的に考えたり、シュミレーションしてイメージ検証する。

 実行する場合も最初はほぼ実験であれこれ試す、確信が持てたらそこで
 初めて決定する・・・こんな感じでしょうか(^.^)


            ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
 ○今回の回答は、私だったらどんな感じなのかを、個人の感覚や思考とし
  て書きますので、正解はないと思いますが、意思決定は、かなり速い方
  です。

 ○決め方は、ほぼ感覚的で、閃きや、カン、で決めていると思います。
  また、私の場合はセールスの経験やスキルがあるので、売れる?売れな
  い?とかを考えて決める場合も多いですね(p_-)

 ○やる時もやらないと決める時も、決断はかなり速いと思います。

  ちょっと前までは、やると決めるのは速く、やめると決めるのはちょっ
  とゆっくり目だったのですが、最近はやめる決断もかなり速くなったと
  思います。

 ○やると決めたら次はどうするかですが・・・すぐに実行はしないのです。
  気を付けているといったら多分このプロセスをしっかりするということ
  だと思いますが・・・

  どうするかというと、しばらくは実行しないで、やる方法や、やったら
  どんなことが起こるかなどをかなり細部に渡ってシュミレーションして
  いる感じです。

 ○これを仕事の合間のちょっとした時間とか、お風呂に入ったときとか、
  電車で移動するときとか、寝る前とかにいろいろ考えたりイメージした
  りするわけですね(^.^)

 ○こういう時間は大好きで、このイメージを繰り返したり思考することが、
  その後の展開ではとっても重要だと思っています。

 ○決断を実行に移す時もあわてないで、ゆっくり時間をかけてトライ&エ
  ラーをわざと繰り返す位の余裕を持って、やって行きます。

  イメージで上手く行くと思った方法も実際にやってみると全然上手く行
  かなかったり、期待していたマーケットよりも実際にはまったく違った
  顧客からの反応が良かったりと、リアルにスタートするといろいろ分かっ 
  てきますよね。

 ○実は最終的な決断をするのは、その実行に移した時の成果や感触を実感
  した時だと思います。

  まわりには、やると言いますので、決断しているという感じなんですが
  (また、でないと組織は動きませんからね〜)、実際の決断はその後に
  してるってことでしょうかね(p_-)

 ○こういう感じですから、閃きやカンでの決断&シュミレーション&実行
  の結果、ダメだと感じる時もあるわけですが・・・その時はどうするか
  というと、即、中止命令を発動します。

 ○こうなると組織からは文句や疑問がたくさん出てきますが、それは気に
  しないようにしています(笑)。

  今回は自分を振り返って、決断とそれからのステップを書いてみました。
  参考になったらうれしいです(*^_^*)


★みなさんからのご質問もお待ちしてます⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆私の主宰する『高収益トップ3%倶楽部』は、ビジネスセンスを磨き、
 勝てるビジネスモデルやマーケティングロジックを発想できるように 
 なるための毎月の各種情報提供を基にした、経営やマーケティング
 能力を最短で身に付けていただくための年会費制の勉強会です(*^^)v

☆2000年に発足し、今年で丸14年を迎えます。会員数は現在1,300名以上。
  毎月行われる東京、名古屋、大阪の勉強会も150回を超えています。
 
☆ご興味のある方は、まずこちらをじっくりお読みになってみてください。
  http://ishihara-akira.com/ttcl/

☆入会に関するお問い合わせなどはこちらまで。
  ⇒ top3club@nihonkeiei-lab.jp
      Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562 (担当:田村)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

○今年も一年、このメルマガをご愛読いただき、本当にありがとうございま
 した。少し早いですが、どうぞよいお年をお迎えください!


                         それではまた来年!(^^)!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
■石原明のオフィシャルマガジン【不定期情報通信】
  http://www.ishihara-akira.com/magazine_irreg/
--------------------------------------------------------------------
■ポッドキャスト『石原明の経営のヒント+(プラス)』
 http://www.ishihara-akira.com/plus/
☆有料版『石原明の経営のヒント プレミアム』
 http://ishihara-akira.com/premium/
★新番組『石原明の経営のヒント グローバル』
 http://www.ishihara-akira.com/global/
--------------------------------------------------------------------
■【Facebook】石原明.com
 https://www.facebook.com/ishihara.akira.author
--------------------------------------------------------------------
■ブログ「経営のヒント」:http://www.ishihara-akira.com/blog/
--------------------------------------------------------------------
■石原明の知的経営の切り口:http://board03.keikai.topblog.jp/ 
--------------------------------------------------------------------
■著書・発行物一覧:http://www.ishihara-akira.com/shop/

<<新刊のご案内>>

◎『ぼくだったら、そこは、うなずかない。』ぼくら社 \1512
 >>> http://www.amazon.co.jp/dp/4833441225/

◎『トップ3%の人だけが知っている仕事のルール』 中経出版 \1512
 >>> http://www.amazon.co.jp/dp/4806148571/

◎『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』   中経出版 ¥648
 >>> http://www.amazon.co.jp/gp/product/4806144428/

◎『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、<三人称>で考える。』
                                                  アスペクト \1512
 >>> http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757220936/

--------------------------------------------------------------------
■メルマガバックナンバー:
  http://www.ishihara-akira.com/magazine/backnumber/index.php
--------------------------------------------------------------------
■メルマガ登録・解除:http://www.ishihara-akira.com/magazine/
--------------------------------------------------------------------
■ご意見・ご感想は ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
--------------------------------------------------------------------

☆このメールマガジンは、「MS明朝」「MSゴシック」などの『等幅フォ
 ント』を使っていただくと、行がずれたりせず快適にお読みいただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】僖績経営理舎株式会社(日本経営教育研究所)
     http://www.nihonkeiei-lab.jp/
     
     〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル10F
     Tel:03-3222-0561  Fax:03-3222-0562
     営業時間: 10:00〜18:00

【発行責任者】経営コンサルタント 石原 明 Akira Ishihara
       http://www.ishihara-akira.com/
    
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright (C) 2014 ■
このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-10  
最終発行日:  
発行周期:毎週月曜日朝6時発行  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。