経営

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

全て表示する >

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!(Vol.210)【人材戦略の決め手となる新卒採用】

2006/12/25




■2006.12.25━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
 
★・゜
  ゜日本初!本格的経営者向け、企業成長ノウハウ・メール・マガジン ☆
・゜゜
                                             
                                
    社┃長┃、 ┃「 ┃小┃さ┃い┃会┃社┃」┃
    ━┛━┛ ━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
                                 
       の┃ま┃ま┃じ┃ゃ┃ ダ┃メ┃な┃ん┃で┃す┃!┃
       ━┛━┛━┛━┛━┛ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   − シリーズ第2弾! 企業 ⇒ 最速 ⇒ 発展 ⇒ 編 −


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 読者数40,933■

メリークリスマス\(~o~)/ 2006年もラストの1週間となりました。

    ・・・それでは第210回のはじまり、はじまりでーす(^O^)/


<今週のポイント>

★人材戦略の決め手となる新卒採用

★あなたは答えられますか?【新卒採用に関する3つの質問】


<初めてこのメルマガを読まれる方へ>

★このメルマガは連載でお届けしています。興味のある方はバックナンバー
 からどうぞ!⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/mm/list.php

☆「MS明朝」「MSゴシック」などの『等幅フォント』を使ってお読いた
 だくと、行がずれたりせず快適にお読みいただけます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

いよいよ今年も残すところあと少しになっちゃいました(*^^)v

私は、この年末年始に読みたい本を既に確保しましたが、みなさんはいかが
でしょうか?

ワクワクしていても、休みって「あっ!」という間に過ぎちゃいます。
休みこそ計画が大切・・・なんで、ぜひ計画を立ててみてください。

あ!、もちろん、家庭サービスも立派な計画です。


それでは、今週もますます張り切ってまいりましょう(@^^)/~~~

今週もみなさんの1週間の仕事がスムーズに進むように、まずは頭の体操
「Q&A」コーナーからスタートです。


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃Q┃社名やサービスの名前の付け方について教えてください
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

 私は、ある特定のエリアで小規模のゼネコンを経営しています。

 現在、公共工事が日々減り続けている中で入札競争で何とか、収入を確保
 しています。

 企業の更なる発展を求めて民間工事へ移行しようと考えており、その際に
 は新法人を立ち上げて経営しよう思っております。

 住宅やマンション販売への進出を考えておりますが、なかなか新会社名が
 決まらず悩んでおります。

 石原先生には、企業が新規事業を立ち上げる際のサービス名・法人名の付
 け方のポイントを教えて欲しいです。
 よろしくお願いいたします。

 
       ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
 あなたならこの質問にどうお答えになりますか?

 
            ★私の答えは、一番最後にありまーす(^_^)/~


☆みなさんからのご質問もお待ちしてます⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■前回の復習━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

【企業・最速・発展編】のスタートに伴い、この部分は毎週連載でお届けし
ています。何度も読むことで、その内容をより深く理解していただくため、
2週分を続けて読んでいただくスタイルになっています。前号をじっくり読
めなかった方は、ぜひこちらからお読みください。

     ∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

性格診断や能力判断テストを採用するにあたって、どんなふうに活用したら
良いかをもう少し具体的に解説すると、まず使用しようとするテストに対す
る信頼性や信憑性を確認するために、社内で実施してみることをお勧めしま
す。

社員数が50人くらいであれば、1人当たりのテスト費用はおよそ3,000円前
後だと思いますので、ご自分を含めて全員に実施することをお勧めします。

採用でいきなり診断テストを使うと、テストそのものに慣れていないのと、
信頼性に対して納得していないために、自分の感覚とテスト結果が違ってい
た場合などにせっかくの診断結果を活かせない場合があるのですが、自分が
毎日接している人達に対する診断結果を見ることで、かなり診断テストに納
得が持てるようになると思います。  

診断テストを作っている会社もそれぞれ真剣に、どうすれば正しい評価を下
せるかを日々研究してくれているプロですから、あなたが考えるよりも遙か
に高いレベルで情報をフィードバックしてくれるのだ、ということが分かる
と思います。

また社員数がかなり多い場合は、採用しようとする分野の中から何パターン
かの人達をセグメントしてテストを受けて貰うという方法が良いと思います。

これはたとえば営業社員が50人以上いるという場合などですが、こういう場
合には、常に営業成績の上位にいる5人〜10人、中位にいる5人〜10人、そし
て下位にいる5人〜10人というようにセグメントして、テストを受けてもらう
ということです。

性格診断や能力診断テストには、総合評価と個々の特性や傾向という分野別
の評価がありますが、セグメントした人達別にそれぞれどんな特性や傾向が
あるかをチェックしていくと、採用にあたって診断テストを使った際に、ど
んな評価結果を基に採用すれば良いかということが、かなりはっきり分かる
ようになります。

実はこの採用にあたって、我社はどんな人を採れば良いのかということが分
かっていない会社は非常に多くて、「一般的に良い人」を採ろうとしてしま
う傾向が強いのですが、先程の営業職にしても、プッシュ型の営業とプル型
の営業では求められる特性が全く違うわけですから、わが社にとって良い人
材とは「これこれの特性を持った人」である、ということが分かっているこ
とが非常に重要なのです。

性格診断や能力診断テストを行うことで、それぞれの職種に合った人材を採
用するレベルが上がるということです。ぜひ実行されることをお勧めします。

次週からは「新卒採用」について解説していきます。お楽しみに(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 以上、前回の復習でした■
 
■企業発展最速化計画<その46>━━━━━━━━━━━━━━━■■■

★人材戦略の決め手となる新卒採用


これまで中途採用についての問題点や、成功する採用の方法を述べてきまし
たが、総合的に考えてかなりリスクが高く、成功する場合でも、採用後の給
与も含めかなりコストが掛かるということが分かったと思います。

では実際問題として、企業はどこから優秀な人材を採用すれば良いのでしょ
うか?
 
その答えは意外に思えるかもしれませんが、実は新卒者の採用市場から行う
のがトータルで考えて一番良い方法です。

特に中小企業が大卒の新卒者を定期的に採用すると、人材レベルにおいてラ
イバル企業に大きな差をつけることが出来る点や、企業として組織化を行う
面で非常に効果があるということなども考えると、なるべく早い段階で組織
の中核を担っていく人材を、毎年計画的に新卒採用で採っていくという採用
戦略を立てるべきだと思います。

ところが、この新卒採用に関しては、ほとんどの中小企業の社長さんが、そ
れは大手だから出来ることと思ってしまっているために、全く視野に入って
いない事柄でもあるのです。ということは、その内容を理解して、他者に先
駆けて新卒者の採用に投資をすれば勝てる確率がかなり高まるということで
す。

ではどうすれば新卒者の採用で優秀な人材を採れるのか、それから、そもそ
もなぜ新卒者の採用にそれほどの価値があるのかを、順を追って解説してい
きたいと思います。


★あなたは答えられますか?【新卒採用に関する3つの質問】


ではまず、新卒者の採用がどのような状況で行われているのかを解説してい
きたいと思いますが、最初に少し質問をしてみたいと思います。


【問1】日本には今、約200万社の会社があると言われていますが、その中
    で新卒者の採用をしている会社は何社あると思いますか?


実はこの答えは2万社弱ということになります。ただこの2万社弱という数
字には、結果として新卒を採用しましたという会社も多く入っていますので、
新卒者向けに会社説明会をキチンと開いて新卒者の採用をしている会社とな
ると、なんと1万社弱ということになってしまうのです。
 
この1万社という数字を見て、あなたは経営者としてどんな感想を持ったで
しょうか?あるいは新卒採用がこの1万社の中だけで行われているというこ
とを、あなたは経営者としてしっかり認知されていたでしょうか?


【問2】毎年の大学新卒者は何名いると思いますか?


こちらの答えは約40万人なのだそうです。ということは毎年40万人を、200万
社中の1万社だけで取り合っている、というのが「新卒採用市場」ということ
になります。


【問3】新卒者とは一体どんな人間か、またどんな事を考えて就職活動をし
    ていると思いますか?


この答えに関しては少し詳しい解説が必要ですが、まずはあなたが経営者と
して、こういう事を考えていたかどうかということから考えていただくと良
いと思います。

この質問の答えは、次回解説しますので、どうぞお楽しみに(@^^)/~~~


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 次号に続く・・・■
 
                           

┏┓☆                        
┗╋┓〜 メルマガ発行者 石原 明・著書のご紹介  〜
☆┗┛                        

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        !(^^)!  経営者に衝撃を与える1冊 !(^^)!

 ★小さな会社で・・・・・良いわけがない!!                        
     
     タイトルは『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』
 ⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/clickmanager/JumpTo.php?id=chiisana03
  
  企業が最速で発展するために、どんな順番で何に投資すれば良いかと
  いうことを分かりやすく解説した本です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ◆出版物の全てはこちらの一覧でご確認ください
         ⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/shop/ ◆
   
 ◆CD版『営業マンは断ることを覚えなさい』
 ◆高収益トップ3%倶楽部オフィシャル版
     『経営情報レポート合冊本』(VOL.1〜4)
                  もご購入いただけます◆ 
         

┏┓☆                        
┗╋┓★ 〜 http://www.nihonkeiei-lab.jp/shop  〜 
☆┗┛                       


■勉強会のご案内━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■


★私が主催する『高収益トップ3%倶楽部』勉強会の案内です。
 (この勉強会ではマーケティング“売れるしくみ”を教えています)
 一般参加もOKです。興味のある方はぜひ参加下さい。
 参加:詳細⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/mtg/
 
☆この勉強会では『質疑応答コーナー』を新設しました。
 いただいた質問に、時間の許す限り私が直接お答えするという感じで
 進めます。事前の質問もOKです。下記アドレス宛にメールください。
 質問メール受付⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp
 

 
 ■大阪   1月12日(金)18:30〜20:30
  定例勉強会:今月のハイライト‐0701‐
        今月の経営講座:マーケティング戦略(55) 
                 ・経営のパラドックス
         ・IT化で人の力がより必要になっている
        『今月出会った驚きの人』コーナー
        『質疑応答』コーナー
        
       ◆ 注)会場は「大阪産業創造館」6F会議室Eです ◆
         http://shisetsu.sansokan.jp/access.html



 ■東京   1月24日(水)18:30〜20:30
  定例勉強会:今月のハイライト‐0701‐
        今月の経営講座:マーケティング戦略(53) 
         ・経営は絶対主義ではなく相対主義
         ・これだけではなく、あれもこれも大切
        『今月出会った驚きの人』コーナー
        『質疑応答』コーナー

       ◆ 注)会場は東京 国際フォーラム G602です ◆
         http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/


 
 ■名古屋  1月29日(月)18:30〜20:30
  定例勉強会:今月のハイライト‐0701‐
        今月の経営講座:マーケティング戦略(50) 
         ・あなたの会社は、あなたが思っているほど差別化されていない
         ・差別化のポイントは顧客に聞け
        『今月出会った驚きの人』コーナー
        『質疑応答』コーナー
         
      ◆ 注)会場は「名古屋国際センター」33F 第1研修室です ◆
         http://www.duo.co.jp/images/topics/nagoyakokusai.pf



★こちらの勉強会は東京・大阪・名古屋で毎月開催中!
 参加費、会員3,000円 一般参加6,000円です。
 (終了後、希望者で懇親会(実費)もしています)
 
★ホームページから(もしくはFAXで)参加申込みをしてください。
『高収益トップ3%倶楽部』の問い合わせ、勉強会お申込は
  ⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/mtg/
   Tel:03-3222-0561 Fax:03-3222-0562 (担当:松本)


■今週の回答━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃Q┃社名やサービスの名前の付け方について教えてください
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛
┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃A 企業価値を考え抜いていくと、社名が見えてくるはずです
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛
 
 社名やロゴの決め方についてはいろいろな考えがありますが、私が一番
 いいと思うつけ方は、やっぱり、会社として何をしたいかを明確にして、
 それにちなんだ名前やロゴを作るという方法です。

 正攻法ですが、長期的にみて、これに勝る方法はないと思っています。

 それをマーケットをリサーチして決めてください。
 そうすれば名前は自然に決まってくると思います。

   
      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
 ○最近こんな感じの回答がちょっと多いですが、企業はやっぱりその企業
  の価値を世の中に果すことで、存在を認められ収益を上げていけるモノ
  だと思います。

 ○なので、例えば、確かに業界的に見て、公共事業が少なくなって経営の
  方向を変えなければならないにしても、こっちのそういった都合だけで、
  事業が上手くいわけではないのです。

 ○住宅やマンション販売への進出を考えているのであれば、自社が住宅や
  マンションを建てることで何が良いのか、他社と違った面はどこか、ど
  ういうことでマーケットに貢献したいのかをまず考えるべきです。

  そして、これを決めれば自然と名前も決まってくると思いいます。

 ○とは言うものの・・・ではどうやってそれを決めたらいいかという問題
  が残ると思うので、せっかくなので、具体的な方法も述べますね。

 ○まず、今現在どんな会社が御社がサービスを展開しようとするマーケット
  で、どんなサービスなり経営をしているかをしっかりリサーチするなど、
  現状の把握が必要ということです(*^^)v

  ・・・・こういう場合は各会社別に、値段:営業体制(売り方):建物
  の質:アフターサービスなどをキーにマトリックス表を作るなどすると
  分かりやすいかも知れません。(参考にしてみてください)

 ○また、競合する会社がすばらしいサービスをしていたら、同一価格帯で
  勝負するには、それ以上のサービスを提供しなければ勝てない場面も出
  てきますから、しっかりリサーチした方がいいですね。

 ○もちろん、通常はそういったリサーチをすると特定のマーケットに対し
  てある価格帯でしっかりしたサービスをする会社が無いなど、勝てる場
  所が見えてきてそこに進出すれば・・・という方向が見えてきます。

 ○そして、そこが自分がやりたい、あるいはやってみることも悪くないと
  思ったら、ターゲットが見つかったということになり、経営の方向が固
  まるということになるわけです。

 ○これを、言葉にすると、『 ○○という分野に△△というサービスをする
  会社になろう 』ということになるわけで、これが会社名の発想の原点に
  なるということです。

 ○あとは、それを日本語にするか、短くするか、あるいはカッコイイ呼び
  名にするために英語やフランス語とかにする・・・・を決めればってこ
  とになりますね。

 ○ということで、まず御社が新規のビジネス分野で何を持って貢献してい
  きたいかそれを考えてみてください。

  そこから、会社名が見えてきます。


いかがでしょうか?この結果どうなったかもぜひ教えてくださいね(^^♪


★毎回お届けしているQ&Aにあなたの意見やアドバイスを送って下さい。
 みなさんの意見を、このメルマガ誌上でたくさん紹介したいと思います。
 ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp


■先週のブログ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

「石原流・世の中の見方」をお伝えするために毎週ブログを書いています。
「経営のヒント」として、お役立てください(~o~)
  
 ◆先週の更新分
   ◇宴会のわずらわしさを解消する幹事代行業
  ◇スターバックスのクリスマスCD

 ⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/blog/


■編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

○今後予想される仕事量の増加に、コンサル部門・評価制度導入コンサル部
 門のスタッフを引き続き募集しています(~o~)

 うちのスキルはかなり完成度高く作られていますので、成長意欲のある方
 であれば、楽しく吸収していけるはずです。

 興味のある方は、ぜひ、問い合わせしてください。
 ⇒ http://www.ckplat.co.jp/recruit/index.htm


○年明け早々「成功曲線を描こう」のリニューアル版が出版になります。
  新刊の出版に伴い、現行の書籍は絶版となりますので、必要な方は、お早
  めにお買い求めくださ〜い(*^_^*)

 ★成功曲線を描こう!〜「みる夢」から「かなえる夢」へ 〜
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870781204/nihonkeieilab-22


○来週は元旦につき、メルマガの配信はお休みとなります。
 次号は、1月9日(火)の配信となりますのでご了承ください。
 本年もありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎え下さい(@^^)/~~~


                         
                     それではまた再来週!(^^)!
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

☆・゜゜                    
 ゜★【発行元】『 CK PLAT 』の日本経営教育研究所 
         http://www.nihonkeiei-lab.jp/
         http://www.ckplat.co.jp/

     〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル10F
     Tel:03-3222-0561  Fax:03-3222-0562
     営業時間:10:00〜18:00

 
 ☆゜【発行責任者】 石原 明  Akira Ishihara
 

★ご意見・ご感想お待ちしております(^^ゞ ⇒ youkoso@nihonkeiei-lab.jp

★過去の全バックナンバーがご覧になれます。
 サンプルはこちら⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/mm/list.php

★このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
 転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。        

★このメルマガの登録解除は ⇒ http://www.nihonkeiei-lab.jp/mm/ 

                              ☆゜・゜

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(C) Copyright -2006■














規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-10  
最終発行日:  
発行周期:毎週月曜日朝6時発行  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。