企業

企業のパワーアップ倍増作戦

今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

全て表示する >

EQを磨けば仕事のできる人の集団ができる!

2019/09/10

          
           ■企業のパワーアップ倍増作戦■

     ◆◆この記事の知人、同僚、友人への転送は自由です。◆◆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   シリーズ「企業のパワーを倍増させるコンピテンシー<意思決定力>!」

    <第557回>(第4話)「EQを磨けば仕事のできる人の集団ができる!」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今話題の「会社を救うコンピテンシー」とは何かとコンピテンシーの導入の必要性に
ついて、分かりやすく解説します。今回のシリーズでは「企業のパワーを倍増するた
めにやるべきこと!」と題して様々な角度から鋭く分析した良質の記事を紹介してい
きます。きっとお役に立てると思います。中小企業の経営者の方、管理者の方、人事
担当者の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

===========================

今回のメニュー
【1】トップは経営革新を決断せよ!
【2】笛を吹いて社員を踊らせるには!
【3】上司の言葉しだいで部下は燃える!
【4】EQを磨けば仕事のできる人の集団ができる!
【5】編集後記
【6】彩愛コンサルピアからのお知らせ

===========================



企業のパワーを倍増させることに貢献するコンピテンシーは多々あります。経営者が
何かを決断して実行することが大切です。そうすれば社員の行動も変わります。日本
電産の永守重信会長は破綻寸前の企業20社以上をリストラなしで短期間に再建しまし
た。

その心は3Qです。QはQualityです。いい社員がいれば会社がよくなります。会社がよ
くなればその会社が生み出す商品やサービスは最高ランクのものになります。3Qを実
現するためにトップも社員も行動特性を変革させる必要があるのです。



【1】トップは経営革新を決断せよ! 

【教訓】

街の豆腐屋を営んでいる経営者が赤字すれすれで困っていると相談に見えた。原料は
国産の有機大豆を使用しているからコストが高く、人が集まらないから時給1300円の
外国人を含む派遣社員を多数使っている。1日1万丁生産しているが100丁ほど不良が
出ると言う。

訪問して実際現場を見せてもらったが、現時点では経営革新は夢物語のように見えた。

【本文】

国産の有機大豆は数年前に比べて3割ほど値上がっているそうだ。正社員8人、パート
20人ほどを使っているが特にパートが集まらず外国人を含む派遣社員を多く使ってい
て時給が1300円もする。

1日約1万丁生産しているが効率が悪く残業代がかさみ、さらには不良が毎日100丁近く
も発生し利益を蝕んでいることも分かった。

さらにはスーパーなどへの納品の物流コストも高く、赤字すれすれで利益なき繁忙に
苦しんでいるが、経営革新は夢物語のように見えた。

トップは嘆いていないで絶対に経営革新を断行すると意思決定するよう進言した。全
社員の意識改革を図るため、コンサルタントなど外部の力を活用することをお勧めし
た。

豆腐作りの各工程のST(標準時間:Standard time)を設定し、効率管理をすることで
残業を大幅に削減し、同時並行して品質管理を強化し、さらには運送会社と納品ルー
トを見直しするなどして物流コストを下げるよう提言した。



【2】笛を吹いて社員を踊らせるには!

【教訓】

蛇使いが笛を吹いても蛇が籠から顔を出さないことがある。これを称して「笛吹けど
踊らず」と称する。社長がいくらハッパをかけても社員がその気にならないことに似
ている。

社員をその気にさせるには何かが必要なのだ。

【本文】

中小企業の経営者の集まりで、ある社長が「笛吹けど踊らず」で不良がなくならず困
っているとこぼしておられた。

「社長の私が不良を出すなとハッパをかけるのだが、社員が真剣に取り組まないから
不良が減らず、困っている」と言うことのようだ。黙って聞いていたが「社員が悪い」
と言いたそうに聞こえた。社長自身の笛の吹き方が悪いとは思っていない様子だ。

社長は、自分の「思い」を社員に本音で伝えることを決断すべきだ。「不良が出ると
会社が困るから出さないようにしてくれ」では「思い」は伝わらない。

毎月の仕損費(異常費)を目で見る管理、つまりグラフにして示すなどして「この仕
損費をなくしてみんなの給料に反映したい」とぶち上げてほしい。

「原因と対策をみんなで考え、実行に移そう」と鼓舞して社員のモチベーションを高
めるのだ。給料が増えるならときっとみんなその気になるはずだ。



【3】上司の言葉しだいで部下は燃える! 

【教訓】

あまりやる気の感じられない部下を目覚めさせる方法がある。「この仕事は君が最も
ふさわしいと思い、君を選んだ」と言ってあげるのだ。そして「困ったら相談にきな
さい」と付け加えることだ。

彼の目つきは違ってきますから。

【本文】

昔、阪急ブレーブス(現オリックスバッファローズ)に今井雄太郎と言う投手がいた。
ブルペンではいい球を投げるのだが、プレーボールが掛かるとビビッてしまい、球が
浮いて打ち込まれることの繰り返しだった。

時の仰木監督はマウンドに上がる前に今井投手を呼んでビールを一本飲ませてみた。
そしたら見違えるようなピッチングをやるようになり、遂には完全試合までやっての
けた。

能力がないわけではないのに能力を発揮しない部下は結構いるものだ。「この仕事は
君が最もふさわしいと思い、君を選んだ。困ったら相談にきなさい」と付け加えるこ
とだ。

上司に自分が選んでもらったことに誇りを感じて彼のモチベーションは一気に高まる。
少々困っても上司には相談に行かず、知見のある人に相談したり自分で勉強して何と
かやり遂げるようになるから不思議だ。

今井投手にはビールが効果的だったが、会社では部下をその気にさせる「上司の言葉」
が効果的なのだ。



【4】EQを磨けば仕事のできる人の集団ができる!  

【教訓】

部下たちに「課長が決めたのなら仕方がない。やるしかない」と思わせるリーダーの
存在は貴重だ。部下を惹き付ける何かを持っているのだ。

その何かとは「ずば抜けたEQ(心の知能指数:Emotional Quotient)」である場合が多
い。

【本文】

部下にすっかり嫌われている課長Aがいる。課長Aがみんなを集めて何かを指示しても
部下は思うように動いてくれない。動かないだけでなく、完全無視を決め込んでいる
部下もいる。これでは「課」としての成果は上がるわけがない。

一方、自分と部下たちのEQを高めることを決断した課長Bがいる。

方針を明確に示し、部下に権限を委譲し、結果を公平に評価することにした。仕事の
遅れる人がいても叱ったりせず、親身になってヘルプしながら一人立ちを支援するよ
うにした。

頻繁にコミュニケーションを取り、意思の疎通を図るようにした。時には厳しいこと
も言うが、親心がにじみ出ていて信頼が厚いため、みんなが付いてきてくれるから
「課」としての成果が著しく伸びた。



【5】編集後記

会社では抜群に仕事ができる人が一人や二人いても職場のパフォーマンスが高まるか
どうかは疑問だ。高校野球などではエースピッチャーで四番打者と言うのはよくある
話だが、優勝するとは限らないのと同じだ。

全員が仕事のできる人であることが組織を最強にする。つまり仕事のできる人の集団
を作ればよいと言うことになるわけだ。それを実現するためにはコンピテンシーの導
入が最適だ。手っ取り早く、仕事のできる人の行動特性を盗み取って自分の行動に生
かせばいい。


次回に続く

=長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。=



「人財育成」のご支援を承ります。



コンピテンシーの導入について支援します。ご相談はこちらへ
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp



【6】彩愛コンサルピアからのお知らせ

(1)《コンピテンシーを磨いて差を付けたい人》にお勧めのメルマガ!

タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。
経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非
ともお読みいただきたいと思います。登録およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000124747/ 
または⇒ http://melma.com/backnumber_107948/ 


(2)問題解決力を磨けるメルマガ

「問題解決力」は、きっとあなたの武器になります。
登録およびバックナンバーのチェックは、こちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000150024/ 
または⇒ http://melma.com/backnumber_133857/ 


(3)人事に関するお勧めメルマガ

さいたま総合研究所から人事に関するメールマガジンが発行されています。その名も
「人事お助け隊」登録は⇒ http://www.ss-net.com/mmj01.shtml 



次回に続く。



***********************************************************************

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19−29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央
この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
彩愛コンサルピアのHPは、http://saiaiconsul.web.fc2.com/index.html 

(協)さいたま総合研究所のHPはこちらから http://www.ss-net.com

***********************************************************************

ブログにも興味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/saiaiconsul/ 
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

***********************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-05  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。