トップ > マネー・政治・経済 > 企業 > 企業のパワーアップ倍増作戦

今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



営業マンは余韻を残して帰ることです!

発行日:5/9


           ■企業のパワーアップ倍増作戦■

     ◆◆この記事の知人、同僚、友人への転送は自由です。◆◆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 シリーズ「企業のパワーを倍増させるコンピテンシー<顧客維持・開拓力>!」

    <第500回>(第2話)「営業マンは余韻を残して帰ることです!」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今話題の「会社を救うコンピテンシー」とは何かとコンピテンシーの導入の必要性に
ついて、分かりやすく解説します。今回のシリーズでは「企業のパワーを倍増するた
めにやるべきこと!」と題して様々な角度から鋭く分析した良質の記事を紹介してい
きます。きっとお役に立てると思います。中小企業の経営者の方、管理者の方、人事
担当者の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

===========================

今回のメニュー
【1】営業マンの歩合給制度に異議がある!
【2】「安いのに高品質」を実現すれば繁盛する!
【3】営業マンは余韻を残して帰ることです!
【4】成熟商品でも顧客価値を高めれば売れる!
【5】編集後記
【6】彩愛コンサルピアからのお知らせ

===========================



企業のパワーを倍増させることに貢献するコンピテンシーは多々あります。経営者が
何かを決断して実行することが大切です。そうすれば社員の行動も変わります。日本
電産の永守重信会長は破綻寸前の企業20社以上をリストラなしで短期間に再建しまし
た。

その心は3Qです。QはQualityです。いい社員がいれば会社がよくなります。会社がよ
くなればその会社が生み出す商品やサービスは最高ランクのものになります。3Qを実
現するためにトップも社員も行動特性を変革させる必要があるのです。



【1】営業マンの歩合給制度に異議がある!

【教訓】

営業マンの給料を歩合給制にしている会社は多いのではないかと思う。固定給部分を
低く抑えてあとはハングリー精神で頑張れと言うスタンスなのだろう。

だが、営業マンがみんな一匹狼になってしまい、チーム力は発揮されないから会社全
体のパフォーマンスは上がらないと思う。

【本文】

営業マンの給料に歩合給制度を導入している会社は多く、一種の成果主義賃金制度と
言ってよいかもしれない。

だが、この制度の下では営業マンは自分の売上のことしか関心がないから同僚の売上
や同僚のお客様については興味も感心もない。

例えば、自分のお客様以外から掛かってきた電話にはそっけない対応をするだろう。
お客様から見れば「何だ、あの会社は」と思うに違いない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

営業マンの給料を固定給制度にしている会社もある。勤務成績をいろいろな角度から
評価・査定して今期の給料を決めるわけだ。

もう一つ、チーム営業の仕組みを採り入れている会社もある。例えば、先輩と後輩、
上司と新人がペアを組んで営業活動をすることで人材が早く育ち、チーム力が発揮さ
れて会社全体のパフォーマンスが向上する。

固定給主体のチーム営業は、一匹狼の歩合給制度に比べ、組織としての連帯構築がし
やすくなると言うメリットがある。



【2】「安いのに高品質」を実現すれば繁盛する!

【教訓】

安さを売りにしている会社はあるが、どんなに安くとも品質が劣れば顧客維持はでき
ないし、新たな顧客も開拓できない。

なぜ安く提供できるのか、その根拠を分かりやすくにお客様に伝えるとそれが信頼に
繋がり、同時に売上の増加に繋がるのである。

【本文】

「安かろう、悪かろう」にもかかわらず、時代の波にものり、繁盛してきた会社と言
うのが現にある。

このような会社は不祥事を起こしても「安いんだから我慢してくれ的な対応」を取る。
だが、一旦お客様の離反が始まると雪崩現象となってしまうため慌てふためく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

都内を中心にドミナント展開しているスーパー「オーケー」は、できるだけ商品アイ
テムを一品種一点に絞込み、一社からの大量仕入で価格を下げ、しかも自らは物流セ
ンターを持たず、仕入先の物流センターから各店舗に直接納入してもらうから物流費
も安く抑えて、その分をお客様に還元している。

山形のびっくり市は週末3日間だけ営業するスーパーだが、安さと新鮮さを売りにし
て、年中無休のスーパーに負けない業績を挙げている。

居酒屋「鳥貴族」は全品280円だが、ボリューム満点、しかも新鮮で、国産国消を旗
印に時間帯によっては行列ができるほど繁盛している。

安い、旨い、新鮮、それに元気な接客を実現すれば商売は繁盛することになっている。



【3】営業マンは余韻を残して帰ることです!

【教訓】

例え、今日成約に至らなくとも悲観する必要はない。だが、心に響く「余韻」を残し
て帰ることを忘れないことだ。

「あの人は信頼できるし、魅力がある」と言う余韻を残せば、いずれ向こうからコー
ルが掛かってくるかもしれないのだ。

【本文】

一生懸命プレゼンしたにもかかわらず成約に至らないと帰り際に捨てゼリフを吐いて
帰る営業マンが時々いるが、うだつの上がらない営業マンだろう。

相手のあることだから簡単に成約に至るわけではない。むしろ空振りが当たり前なの
だ。

「別れる男に一つだけ花の名前を教えて別れなさい」と言ったのは、小説「雪国」で
有名な川端康成氏だった。

なんとなく余韻が残るから男は毎年、季節がくるとその花の名前と別れた女性を思い
出すに違いない。分かれるんじゃなかったと反省もするだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は成約に至らなかったとしても余韻を残して帰るように心がけてはどうだろうか。
例えば「あの人は信頼できるし、魅力がある」と言う風によい印象を残すのだ。

しばらくして、忘れた頃に向こうからコールが掛かってくる例は結構あるものだ。

あの時残してきた「余韻」が獲得してくれる成約と言うものが必ずあることを信じて
もらいたい。



【4】成熟商品でも顧客価値を高めれば売れる!

【教訓】

「顧客価値を高めなさい」とよく言われる。例えば掃除機は成熟商品だが、サイクロ
ン式の掃除機はバカ高いにもかかわらず近年最大のヒット商品になった。

軽い、強烈なパワー、ゴミが見えるスケルトン、フィルター不要でゴミ捨て簡単など
顧客価値満載で実によく研究されている商品だ。

【本文】

顧客価値を考える場合、三つの切り口があるように思う。

「普遍的価値」は、誰もが求める価値で、価格、性能、品質、入手の容易性などだ。

「既存の価値」は、弊社がこれまで提供して来た顧客価値を列挙してみればいい。

「新たな価値」は、これから提供しようとするまったく新しい顧客価値だ。

ダイソンと言うメーカーは羽根のない扇風機も開発して話題になった。羽根がないか
ら安全で、電気代も安いからたちまちヒット商品になったわけだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

同メーカーは、サイクロン式の掃除機も開発してヒット商品になった。

これまで吸い取れなかったミクロン単位のチリ、ホコリをものの見事に吸い取り、
圧縮して収納し、数日分のゴミを、手を汚さずにポンと捨てられる。

軽い、強力なパワー、ゴミの見えるスケルトン、フィルタターなしでゴミ捨てポン
など。顧客価値が高ければ、成熟商品でもヒットさせることが可能であることが証
明された。



【5】編集後記

訪問先の会社でキーマンに会うことができたなら決して慌ててはいけない。今日の
目的は相手のニーズをサーベイし、自分の顔と名前を覚えてもらうことと決め込む
のだ。

たとえ相手の反応が意に反する内容であってもいい印象を与えて帰ることが大事だ。
次にアポ取りするとき、きっと会ってもらえる可能性が高くなる。

=長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。=



「人財育成」のご支援を承ります。



コンピテンシーの導入について支援します。ご相談はこちらへ
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp




【6】彩愛コンサルピアからのお知らせ

(1)《コンピテンシーを磨いて差を付けたい人》にお勧めのメルマガ!

タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。
経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是
非ともお読みいただきたいと思います。登録およびバックナンバーのチェックは
こちらから ⇒ http://archives.mag2.com/0000124747/ 
または⇒ http://melma.com/backnumber_107948/ 


(2)《仕事のできる人になりたい人》に是非お勧めしたいのは、この一冊!

コンピテンシー導入の威力についての解説と著書「中堅・中小企業のための
コンピテンシー入門」のご紹介は、こちらから
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html 


(3)問題解決力を磨けるメルマガ

「問題解決力」は、きっとあなたの武器になります。
登録およびバックナンバーのチェックは、こちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000150024/ 
または⇒ http://melma.com/backnumber_133857/ 


(4)人事に関するお勧めメルマガ

さいたま総合研究所から人事に関するメールマガジンが発行されています。その名も
「人事お助け隊」登録は⇒ http://www.ss-net.com/mmj01.shtml 



次回に続く。



***********************************************************************

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19−29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央
この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
彩愛コンサルピアのHPは、http://saiaiconsul.web.fc2.com/index.html 

(協)さいたま総合研究所のHPはこちらから http://www.ss-net.com

***********************************************************************

ブログにも興味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/saiaiconsul/ 
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

***********************************************************************

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/06/28
    読者数:
    4448人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24334人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 週刊税務調査日記

    最終発行日:
    2017/05/01
    読者数:
    1431人

    税務調査を知れば税務調査なんて怖くありません。税務調査で問題となった節税法や税金の解説をしながら調査の実態をちょっと面白おかしく紹介いたします。まだ調査経験のないSOHOの方にもきっと役に立ちます。

  4. コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    487人

    人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。

  5. 「問題解決」メルマガセミナー!

    最終発行日:
    2017/06/28
    読者数:
    392人

    企業では日々問題が発生しており、利益を圧迫しています。経営トップをはじめ全社員が「問題解決力」を磨くことが大切です。さまざまな問題解決のノウハウを公開します。

発行者プロフィール

過去の発行記事