企業

企業のパワーアップ倍増作戦

今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

全て表示する >

限界集落を蘇らせた元農協職員横石氏の革新志向!」

2010/12/28

          ■企業のパワーアップ倍増作戦■
          <仕事のできる人の集団作り戦略>

      ◆◆この記事の知人、同僚、友人への転送は自由です。◆◆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

        シリーズ「優れた経営者のコンピテンシーを学ぶ!」

<第342回>[(第40話)「限界集落を蘇らせた元農協職員横石氏の革新志向!」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今話題の「会社を救うコンピテンシー」とは何かとコンピテンシーの導入の
必要性について、分かりやすく解説します。今回のシリーズでは、「優れた
経営者のコンピテンシーを学ぶ!」と題して様々な角度から鋭く分析した記
事を紹介していきます。中小企業の経営者の方、管理者の方、人事担当者の
方に是非ともお読みいただきたいと思います。

===========================

今回のメニュー
【1】心に刻んでおきたい言葉
【2】メルマガ本論
1.葉っぱビジネスの提案に上司も村人も冷たい反応!
2.事業は軌道に乗るが農協職員横石氏は村を去る決意!
3.車の前に立ちはだかるおばあちゃん、そして会社設立へ!
【3】今日のまとめ
【4】編集後記
【5】彩愛コンサルピアからのお知らせ

===========================


日本全国に限界集落が何と7,800ケ所もある。そのうち2,000ケ所は消えていく
運命にあるというから恐ろしい。

四国は徳島県、上勝町。人口は2,000人、二人に一人は65歳以上の高齢者だ。
若い人が働く職場などない。人口は流出するばかりだった。役所のサービス
は益々低下するから高齢者までが息子や娘を頼って村を去る。

林業は輸入木材に押されて需要消滅。みかんが頼みの綱だったが1981年の大
寒波でみかんの木の8割が枯れてしまった。生活の糧を失った農家の主は出
稼ぎに出るしかなかった。みかんの苗木を植えても実がなるまで7〜8年も
掛かってしまうからだ。

農協に一人の若者がいた。横石知二氏だった。何とか村を活気付けたいとみ
かんに代わる特産品を考えたが、なかなかいいアイディアがなかった。野菜
の出荷で大阪に出張したと卸売市場で働く友人と行った和食レストランで彼
は不思議な光景に遭遇した。

少し離れたテーブルで食事をしていた二人組みの女性客の会話がその後の運
命を分けた。「ねえ、見て、この葉っぱ、きれいでかわいいわ。持って帰ろ
うっと」。女性客はもみじなど料理に添えられた葉っぱをハンカチに包み、
嬉しそうにしている光景だった。そのとき「葉っぱがビジネスになるかもし
れない」と閃いた。

木々の葉っぱは上勝町には無尽蔵にある。葉っぱを摘んできて包装し出荷す
る作業ならお年寄りでもできるし設備投資も要らない。これを事業化しよう。
村人たちもきっと喜んでくれるに違いないと考えた。しかし、葉っぱビジネ
スはそう簡単な話ではなかった。

当初農協と村人たちの二人三脚の葉っぱビジネスは今や第三セクター「株式
会社彩(いろどり)」が経営している。もちろん横石知二氏が社長だ。年収
1,000万円も稼ぐお年よりもいる。村は建築ラッシュで家を立て替えた人も
多い。お年寄りはパソコンを上手に操作し、受注管理などもやる。葉っぱビ
ジネスに参加する農家は170軒に増え、年商2億6千万円まで増えた。農協
時代に年商116万円からスタートしたことを思えば隔世の感がある。

今回は限界集落を蘇らせた「株式会社彩(いろどり)」の横石知二社長の
「革新志向」なるコンピテンシーに迫ってみる。



【1】心に刻んでおきたい言葉

***********************************************************************

出番がなかったものが必要とされる。葉っぱも高齢者も同じこと。

                           横石知二

***********************************************************************



【2】メルマガ本論

[(第40話)限界集落を蘇らせた元農協職員横石氏の革新志向!]

1.葉っぱビジネスの提案に上司も村人も冷たい反応!

和食料理などに添えられた葉っぱを「つまもの」と言う。和食レストランで
女性客が感嘆の声を上げてハンカチに包み、持ち帰った葉っぱに「これはビ
ジネスになる」と閃いて農協に帰った横石氏は早速「葉っぱビジネス」を上
司に提案した。だが上司はまともに取り合ってくれなかった。葉っぱがビジ
ネスになるなどありえないと決め付けるのだ。

横石氏は村人たちにも葉っぱビジネスを説明して回った。だが村人たちの反
応も冷たかった。そんな中、花木農家の下坂美喜江さんというおばあちゃん
が話を聞いてくれた。「横石さん、本気なんだね」と言って下坂さんが懇意
にしている仲間に話し、数人でサンプルを作って市場調査をすることになっ
た。一歩前進である。ところが大阪の卸売市場で働く友人も必死に努力して
くれたが、全く売れなかった。結局1986年の初出荷はほとんどが売れ残った。
なぜ売れないのかを市場の担当者に質問してみたところ、「料理の世界を知
らなきゃダメだ」と言われ、ある料亭を紹介してもらった。

一回行って2〜3万円もする料亭に通い、出てくる料理に添えられたつまも
のを観察したがよく分からない。挙句仲居さんには他の料亭の回し者と勘違
いされる始末だった。農協の職員で、つまものを研究していると正直に話し
たところ板長に取り次いでくれた。板長は親切に教えてくれた。南天は難
(災い)を転ずることから祝い膳や正月料理に用いること。ウラジロは、裏
側が白いため夫婦円満、子孫繁栄を願うものだと教えてくれた。さらには懐
石料理では季節感を45日先取りするためにつまものを沿えるもので、器と同
じぐらい大事であることも教えてくれた。

早速帰って下坂さんとその仲間にそのことを話した。季節を先取りするため
にどうすればいいか、思案に暮れていた横石氏に下坂さんから「わしら、花
木農家だから“ふかし”をして早くつぼみを綻ばせて出荷する」と知恵が出
された。知恵が葉っぱビジネスを救うのだった。

こうして葉っぱビジネスは少しずつ前進していくのだった。初年度116万円、
2年目850万円、3年目2,000万円、以降は毎年1,000万円ずつ売上げが増えて
いった。数軒で始まった葉っぱビジネスだったが、瞬く間100軒が参加してく
れるようになった。上勝町の「いろどり」ブランドは市場に受け入れられた
のだ。


2.事業は軌道に乗るが農協職員横石氏は村を去る決意!

横石氏は連日連夜農家を回り孤軍奮闘で休みは年間1〜2日だけだった。全
国を飛び回り拡販営業にも力を入れた。大都市の料亭やホテルなどを回れば
いろいろと小遣いも掛かる。しかも収入は農協の給料だけだ。奥さんと子供
三人を抱え、このままでは将来の自分たちの生活設計が成り立たない。

横石氏は村を出て転職することを決断した。そして上司に辞表を提出した。
上司も農協も慰留はしなかった。葉っぱビジネスは既に軌道に乗り、横石氏
が抜けても何とかやっていけると踏んだのだ。


3.車の前に立ちはだかるおばあちゃん、そして会社設立へ!

横石氏が農協を辞めて村を去ることは口コミで村人たちに広まった。下坂さ
んたちは皆に声を掛け合って嘆願書を作成し、177人の署名捺印を添付し、横
石氏に渡し、皆の思いを伝えた。だが横石氏の決意は変わらなかった。夜、
皆が寝静まった頃村を出ることにした。

ところがエンジンを掛けようとしたところに下坂さんたちが押し寄せ、行か
ないでくれと泣き騒いだ。下坂さんは「どうしても行くというなら私をひい
て行って」と車の前に立ちはだかった。横石氏は泣いた。そして心が揺れた。

数日後町長から役場に来てほしいと呼び出しが掛かった。町長室に入ったと
ころそこには下坂さんたち有志がいた。当時の山田町長は「葉っぱビジネス
は第三セクターの株式会社にして運営したい。社長になってほしい」と。横
石氏は快く引き受けた。

村の革新を進めてきた葉っぱビジネスは会社組織として新たなスタートを切
った。横石氏は社長になり、収入が増え、安心して社業に打ち込める環境が
整った。それにしても自分の生活を犠牲にしてまで葉っぱビジネスに命を賭
けた「革新志向」には頭が下がる。



【3】今日のまとめ

1.友人と食事に行った和食レストランで「つまもの」をハンカチに包んで
  持ち帰る女性の会話と光景が上勝町の葉っぱビジネスのルーツになった
  こと。

2.上司も村人も葉っぱビジネスに真剣に耳を傾けてくれなかったが、花木
  農家の下坂喜美江さんというおばあちゃんだけが聞いてくれて、突破口
  になったこと。

3.「つまもの」について何も知らなかったが料亭通いと親切な板長との出
  会いに救われたこと。

4.自分の生活安定を願い、村を出て転職を決意したがおばあちゃんたちの
  強い思いもあって思わぬ展開となり、法人化されて社長就任を要請され
  たこと。

コンピテンシーの導入について支援します。ご相談はこちらへ
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp



【4】編集後記

全国的に町おこし、村おこしが叫ばれ、活動が展開されているが成功例は少
ないように思う。「知恵を使う」→「お金になる」→「やる気が出る」→
「人生が面白い」というサイクルが回り、発展的にスパイラルアップしてい
かないとなかなかうまくいかない。

上勝町は「葉っぱ」だったが「わが町は何で行くか」を見つけ出すことと横
石社長のような「革新志向」に燃えた人材の出現が絶対に必要だ。

<この記事はテレビ東京の2010年1月放送の「ルビコンの決断」も参考にし
 ています。>

=長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。=



【5】彩愛コンサルピアからのお知らせ

(1)《コンピテンシーを磨いて差を付けたい人》にお勧めのメルマガ!

タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやす
く解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を
目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無
料!登録はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag2.html

(2)《仕事のできる人になりたい人》に是非お勧めしたいのは、この一冊!

「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門(副題:仕事のできる人の集
団に生まれ変わる法)」が同友館から出版され、全国の有名書店で好評発売
中です。著者は下山明央です。彩愛コンサルピアに直接お申し込みの方には、
特別価格でしかも送料サービスでお届けいたします。詳しくはこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/book.html

(3)問題解決力を磨けるメルマガ

「問題解決力」は、きっとあなたの武器になります。
登録は、⇒ http://mrmbers.jcom.home.ne.jp/3223898301/melma4.html

(4)人事に関するお勧めメルマガ

さいたま総合研究所から人事に関するメールマガジンが発行されています。
その名も「人事お助け隊」登録は⇒ http://www.ss-net.com/mmj01.shtml 


次回に続く。

次回からは「コンピテンシーをレビューする」と題してお役に立てる記事を
配信します。

***********************************************************************

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19−29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央
この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
彩愛コンサルピアのHPは、
こちらから http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/

(協)さいたま総合研究所のHPはこちらから http://www.ss-net.com

***********************************************************************

ブログにも興味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://blog.livedoor.jp/shimo1873/
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-05  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。