トップ > マネー・政治・経済 > 企業 > 企業のパワーアップ倍増作戦

今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



異業種、他人に学ぶ知力コンピテンー!

発行日:3/18

          ■企業のパワーアップ倍増作戦■
         <仕事のできる人の集団作り戦略>

      ◆◆この記事の知人、同僚、友人への転送は自由です。◆◆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

        シリーズ「組織力強化とコンピテンシー!」

    <第271回>[(第3話)「異業種、他人に学ぶ知力コンピテンー!]

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今話題の「会社を救うコンピテンシー」とは何かとコンピテンシーの導入の必
要性について、分かりやすく解説します。今回のシリーズでは、「組織力とコ
ンピテンシー!」と題して様々な角度から鋭く分析した記事を紹介していきま
す。中小企業の経営者の方、管理者の方、人事担当者の方に是非ともお読みい
ただきたいと思います。

===========================

今回のメニュー
【1】心に刻んでおきたい言葉
【2】メルマガ本論「異業種、他人に学ぶ知力コンピテンー!」
1.他社、他人に学ばない会社! 
2.ホワイトカラーがブルーカラーを見下してはいないか! 
3.5Sは全てに通じる特効薬!
4.異業種にこそヒントあり! 
5.明るい職場が組織を強くする!
【3】今日のポイント
【4】編集後記
【5】彩愛コンサルピアからのお知らせ

===========================

伝統と格式を重んじることは決して悪いことではない。むしろ誇りに思ったら
いい。

しかし人間は「変化する時代」と「重ね行く年齢」にだけは勝つことができな
い宿命を背負っている。つまり好まないのに時代はドンドン猛スピードで変化
していく。そして人はいたずらに歳を重ねていくというわけだ。

急激な変化に取り残されて消滅していった会社は数知れない。変化に取り残さ
れて窓際に追いやられたりリストラされたビジネスマンも多い。


【1】心に刻んでおきたい言葉

***********************************************************************

大切なのは変える勇気と変えない勇気。

                          徳岡邦夫

***********************************************************************


【2】メルマガ本論

[(第3話)異業種、他人に学ぶ知力コンピテンー!]


1.他社、他人に学ばない会社! 

他社に学ばない会社は多い。自社が一番優れているとでも考えているのだろう
か。他人に学ばないビジネスマンも多い。自分が一番優れているとでも考えて
いるのだろうか。

うまいっている同業他社のサルマネをする会社は多い。最初はサルマネから入
ることは問題ないが、しかしそれでは差別化は図れない。何かオリジナリティ
を加えてわが社の独自性を出し、新たな付加価値に変換する必要がある。

ビジネスマンも同じことが言える。仕事のできる人から学ぶことは尊い。コン
ピテンシーは「仕事のできる人の行動特性」だ。仕事のできる人は仕事のでき
るなりの行動特性を持っている。その行動特性をベンチマーク(最高に学ぶ)
しない手はない。

最初はサルマネから入ってもよい。しかし真似た行動特性に何かプラスアルフ
ァーを加えて欲しいものだ。そうすれば自分流の行動特性が生まれる。

優れた会社、優れたビジネスマンは他社、他人にいつも学び、それをものにし
ている。

2.ホワイトカラーがブルーカラーを見下してはいないか!

ブルーカラーとは青色の作業着を着て仕事をする人、筋肉労働者を指していた。
ホワイトカラーは白色のユニホームを着て仕事をする人、事務系のサラリーマ
ンを指していた。

ホワイトカラーはブルーカラーを見下していた時代があり、今もその傾向は残
っている。だからホワイトカラーは現場で働く人から学ぼうとしないように思
えてならない。

日本の製造現場の生産性は先進7ケ国中トップクラスだ。しかしホワイトカラ
ーを含めた全体の生産性は先進7ケ国中最下位だ。現場の人たちは、はるかに
頭を使って仕事をしており、コスト意識も高いことを物語っている。

そういう意味では現場で働く人たちに学ぶべき点は多い。事務系の仕事も基本
はものづくりと同じだ。企画書、報告書の作成、伝票の作成、パソコンへの入
力、そして営業活動など・・・、これらは立派に生産業務なのだということを
心に刻む必要がある。

例えば営業活動で考えれば顧客を開拓するという生産、受注するという生産、
販売するという生産だ。


3.5Sは全てに通じる特効薬! 

岐阜県の山奥(関市)に鍋屋バイテックという鋳物および機械加工メーカーが
ある。商社上がりの現会長岡本太一氏が社長に就任したときは3K(きつい、
汚い、危険)職場だった。薄汚れた作業着に刑務所を彷彿させる職場には夢も
希望もなく、社員にはプライドのかけらもなかった。

山奥にきれいな工場を建てた。きれいな工場だけでなく、食堂、そしてフィッ
トネスやプールまである。工場というよりはもうリゾート施設だ。鍋屋バイテ
ックでは「工場」ではなく「公園」と称している。

社員はプライドを取り戻した。今社員の4割が女性。ユニホームはロゴの入っ
たTシャツやトレーナーを季節によって着分ける。社員はみんな元気溌剌だ。
売上げは当時の4倍、赤字は経験したことがない。

5Sは整理、整頓、清掃、清潔、躾だということは誰でも知っている。フィッ
トネスやプールはお金が掛かるが5Sだけならお金は掛からない。スペースは
広々とし、設備や備品は余る。もの探しや歩行が激減し、その分の時間が本来
の仕事に振り向けられる。正にお金の掛からない合理化の特効薬だ。

ホワイトカラーの職場にも5Sが応用できるが取り入れている例は少ない。開
封されないパソコンのメール、開封されたが処理されないメール、そして机の
上は書類の山、引き出しの中はゴミ捨て場さながらになってはいないだろうか。


4.異業種にこそヒントあり!

ムダのない仕事をしている異業種がある。それが寿司屋だ。寿司ネタが準備さ
れていてお客の求めに応じて瞬時に寿司を握って出す。仮にネタが余っても焼
いたり煮物にして一品、二品と料理に化けるからムダがない。究極のJIT
(Just In Time)生産だ。

鍋屋バイテックは寿司屋をコンセプトにした生産体制を確立している。注文は
一個から、午後2時まで受けた注文は宅配便で翌日確実にお客の元に届ける。

大量生産の海外品よりも3倍も価格が高いのに注文が殺到する。一個でも直ぐ
届けてもらえるからお客はそこに価値を見出しているのだ。

寿司屋という全くの異業種。それに学ぶという「知力」なるコンピテンシーが
すごい。


5.明るい職場が組織を強くする!

鍋屋バイテックも明るい工場だ。

静岡県浜松市にローランドDGという大型プリンターを製造販売している会社
がある。トヨタ式生産方式をさらに進化させた独自のシステムを確立している。
大型プリンターをパート一人で組み立てていくが不良はゼロだ。作業が確実に
完了しなければ手を伸ばしても次の作業の部品が取れない。だから組み立てミ
スがあっても自分で気付くことができる。

不良を作らせない生産方式であり、働くパートはみんな明るい。上司とパート
たちの絆は強い。茶髪の製造部長は絶大な信頼を勝ち得ているからだ。

鍋屋バイテックもローランドDGも明るい職場が組織を強くしているのだ。


【3】今日のまとめ

1.他社、他人にこそ学ぶべき点が多いこと。ただサルマネするだけではなく、
  オリジナリティを加えて独自の付加価値を生み出すこと。

2.日本のものづくりの現場の生産性は世界トップクラスだがホワイカラーも
  含めると先進7ケ国中最下位であること。

3.ホワイトカラーはものづくりの現場に学ぶべき点が多いこと。

4.寿司屋の仕事はムダなく、全ての点で参考になること。寿司屋に学んだ鍋
  屋バイテックの「知力」なるコンピテンシーが組織強化につながっている
  こと。

5.5Sはものづくりの現場だけでなくホワイトカラーの職場にも応用でき、
  費用の掛からない合理化の特効薬であること。

6.明るい職場は強い組織作りの源泉になること。

コンピテンシーの導入について支援します。ご相談はこちらへ
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp


【4】編集後記

学卒新入社員の15%が1年以内に会社を辞め、3年以内に37%も辞めてし
まっているという現実がある。先輩たちが不機嫌そうに仕事をしていて、職場
が暗い感じた時点で長居は無用と考えてしまうのではないだろうか。

明るい職場作りは組織を強くするだけでなく、定着率をもよくする効果がある
ことは間違いない。

=長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。=


【5】彩愛コンサルピアからのお知らせ

(1)《コンピテンシーを磨いて差を付けたい人》にお勧めのメルマガ!

タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく
解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指
す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登
録はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag2.html

(2)《仕事のできる人になりたい人》に是非お勧めしたいのは、この一冊!

「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門(副題:仕事のできる人の集団
に生まれ変わる法)」が同友館から出版され、全国の有名書店で好評発売中で
す。著者は下山明央です。彩愛コンサルピアに直接お申し込みの方には、特別
価格でしかも送料サービスでお届けいたします。詳しくはこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/book.html

(3)問題解決力を磨けるメルマガ

「問題解決力」は、きっとあなたの武器になります。
登録は、⇒ http://mrmbers.jcom.home.ne.jp/3223898301/melma4.html

(4)人事に関するお勧めメルマガ

さいたま総合研究所から人事に関するメールマガジンが発行されています。そ
の名も「人事お助け隊」登録は⇒ http://www.ss-net.com/mmj01.shtml 

次回に続く。


***********************************************************************

発行責任者:さいたま市中央区上落合5丁目19−29
        彩愛コンサルピア代表 下山明央
この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
彩愛コンサルピアのHPは、
こちらから http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/

(協)さいたま総合研究所のHPはこちらから http://www.ss-net.com

***********************************************************************

ブログにも興味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://blog.livedoor.jp/shimo1873/
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 毎回読んで気が着くことが多い。非常に参考になる。

     2008/3/20

このメルマガもおすすめ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    4454人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24279人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 週刊税務調査日記

    最終発行日:
    2017/05/01
    読者数:
    1430人

    税務調査を知れば税務調査なんて怖くありません。税務調査で問題となった節税法や税金の解説をしながら調査の実態をちょっと面白おかしく紹介いたします。まだ調査経験のないSOHOの方にもきっと役に立ちます。

  4. コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    487人

    人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。

  5. 「問題解決」メルマガセミナー!

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    391人

    企業では日々問題が発生しており、利益を圧迫しています。経営トップをはじめ全社員が「問題解決力」を磨くことが大切です。さまざまな問題解決のノウハウを公開します。

発行者プロフィール

過去の発行記事