トップ > マネー・政治・経済 > 企業 > 企業のパワーアップ倍増作戦

今話題の会社を救う「コンピテンシー」とは何かとコンピテンシー導入の仕方について分かりやすく解説します。中小企業の経営者の方、人事担当の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



伊右衛門というメガヒットを生んだマーケティング!

発行日:12/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★〜★★彩愛コンサルピアが推薦する優良企業紹介コーナー★★〜★★

■今回は「レストラン カシータ」様を紹介します。
■訪れる人、訪れる人を感動させ、口コミを広げ、お客様を増殖させるレストラン!
■接客コンピテンシーは抜群です!
■ザ・リッツカールトンホテルの日本支社長も絶賛だそうです。
■詳細は→ http://visionet.jp/goods/007/007_1.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

----  人活経営でパワーは倍増できる!【中編好評提供中】----- 
----  朝礼で学ぶコンピテンシー!【第2部好評提供中】-----

■ご希望の方に無料で提供。詳細は後半をお読みください。

--------------------------------------------------

■【コンピテンシーの基礎を学びたい人にお勧めなのはこの一冊!】
■著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門
■詳しいことは後半をお読みください。

    〜〜〜〜〜〜本文〜〜〜〜〜〜〜本文〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<ご挨拶>

今年一年、読者の皆様、本当にお世話になりありがとうございました。多
くの皆様から励ましの言葉やご叱責を頂き、感謝しております。来年もど
うかよろしくお願いいたします。皆様、よい歳をお迎えください。

                   =彩愛コンサルピア=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           ■企業のパワーアップ倍増作戦■
          <仕事のできる人の集団作り戦略>

      ◆◆この記事の知人、同僚、友人への転送は自由です。◆◆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

シリーズ「マーケティング活動に威力を発揮するコンピテンシー!」
<第239回>[(第2話)伊右衛門というメガヒットを生んだマーケティング!]

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今話題の「会社を救うコンピテンシー」とは何かとコンピテンシーの導入の必
要性について、分かりやすく解説します。今回のシリーズでは、「マーケティ
ング活動に威力を発揮するコンピテンシー!」と題して様々な角度から鋭く分
析した良質の記事を紹介していきます。きっとお役に立てると思います。中小
企業の経営者の方、管理者の方、人事担当者の方に是非ともお読みいただきた
いと思います。

===========================

今回のメニュー
【1】心に刻んでおきたい言葉
【2】メルマガ本論「伊右衛門というメガヒットを生んだマーケティング!」
1.サントリーとは! 
2.惨敗続きの飲料! 
3.失敗から学んだもの!
4.福寿園と提携したブランド戦略! 
5.常識の否定こそが勝ち組への王道!
【3】今日のポイント
【4】編集後記
【5】彩愛コンサルピアからのお知らせ

===========================

サントリーには大企業になった今でもベンチャー精神が受け継がれています。
創業者鳥井信治郎翁の「やってみなはれ。やってみな分からしまへんやろ」
という言葉です。「ベンチャー精神」こそがすばらしいコンピテンシーなの
です。

今は“やってみなはれ”といわれる前にやるという風土が根付いています。

【1】心に刻んでおきたい言葉

*******************************************************************

伊右衛門は絶対に失敗しない、大ヒットするという確信があった。

      沖中直人

*******************************************************************

【2】メルマガ本論
[(第2話)伊右衛門というメガヒットを生んだマーケティング!]

1.サントリーとは! 

水と生きるSUNTORYは、1921年(昭和10年)に創業者鳥井信治郎翁が大阪に設
立しました。サントリーグループは酒類、食品事業、花、健康食品など新規事
業にも取り組んでいます。

サントリー株式会社のグループ企業は172社。グループ全体の社員数は19,500名、
連結の売上げ規模は1兆4千億弱、連結の経常利益は600億弱の優良企業です。
海外への進出も目覚しく、グローバル企業として躍進を続けています。

2.惨敗続きの飲料!

清涼飲料の約3割を占めているのが無糖茶市場です。このカテゴリーは1981年
にサントリーが発売した「烏龍茶」によって確立されました。

その後この市場は自動販売機設置台数トップの日本コカコーラが一位、「お〜
いお茶」の伊藤園が二位。一方サントリーは惨敗、出すお茶はことごとく不発、
主力の烏龍茶までが落ち込んでいきました。

2001年に満を持して烏龍茶に続くメガヒットを狙ってプーアル茶をベースにし
た塾茶を開発しました。ところがこれがまたしても不発、一年で生産中止に追
い込まれたのです。

茶飲料のプロジェクトチームを率いる沖中直人課長(当時)は、「今度の新商
品を外したら、チーム全員で切腹ものだな」と。このときプロジェクトチーム
は社内で干される寸前だったのです。

3.失敗から学んだもの! 

失敗しても「やってみなはれ」に救われるのがサントリーの社風です。沖中課
長は、塾茶失敗の原因を徹底的に分析し、社内で発表しました。

(1)商品コンセプトでは消費者の視点が欠落していました。(Products)
(2)マーケティングでは季節感を無視していました。(Place)
(3)デザインは商品コンセプトが一目で伝わりませんでした。(Place)
(4)広告・宣伝では営業部門などとの連携が不十分でした。(Promotion)
(5)商品に見合った価格設定ではありませんでした。(Price)

マーケティングミックスといわれる4Pに問題があったわけです。

失敗から学んだ新商品「伊右衛門」が3月発売開始と同時に予想の2倍も売れ、
一時出荷できない状態になりました。うれしい悲鳴とは正にこのことでした。

4.福寿園と提携したブランド戦略!

失敗した塾茶を出すに当たって市場調査を怠ったわけではありません。膨大な
データを集めても解釈を誤れば全てが水の泡となるのです。つまり、数値デー
タの裏にある消費者の潜在意識を見誤ったというわけです。ここがポイントに
なります。

ブランドイメージと消費者が緑茶をよく飲むシーンの研究が足りなかったこと
に気づきました。男性なら仕事机の上に置き、自分のステータスを示すスーツ
やネクタイと同じ意識でお茶を飲んでいることが分かりました。

そこで、茶葉の調達を江戸時代から続く福寿園に委託し、ネーミングも福寿園
の創業者「伊右衛門」にしたのです。このネーミングには関係者も驚いたと言
います。

デザインは真ん中がくびれた竹筒のイメージ。そして発売前からテレビコマー
シャルで消費者はもとより、コンビニやスーパーの関係者に認知させる戦略を
採りました。

「伊右衛門」というこのお茶は、安らぎ感を重視し、香りも甘みも急須で入れ
たお茶の忠実な再現にもこだわりました。

5.常識の否定こそが勝ち組への王道!

「伊右衛門」開発段階で、製法について社内で反論がありました。失敗した塾
茶の製法である「非加熱無菌充填」方式を応用したのですが、従来のコストの
安い「過熱充填」を採用すべきだという意見に押されそうになるシーンがあり
ました。

加熱充填方式では「伊右衛門」独特の甘みとコクを維持できない上、真ん中が
くびれた竹筒ボトルには充填が不向きであるとして反対論を説き伏せました。


「烏龍茶以来、無糖茶は加熱充填」という常識を否定したことも勝ち組への王
道になりました。

(今回の参考文献:日経ビジネス2004年12月13日号、他)

【3】今日のまとめ

1.サントリーには「やってみなはれ」というベンチャー精神の風土が根付い
  ていること。

2.失敗に学ぶマーケティング活動が重要であること。

3.マーケティングは数値データの分析だけでは判断を誤る危険性があること。

4.消費者が持つブランドイメージを探り、そのブランドイメージを再現し、
  先手必勝の広告宣伝活動が功を奏すること。

5.過去の成功体験や常識を否定したやり方に挑戦すること。

コンピテンシーの導入について支援します。ご相談はこちらへ
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp

【4】編集後記

大正製薬のメガヒット商品といえば「リポビタンD」。何と41年間にわたっ
て売上げに貢献してきました。「ファイト一発、リポビタンD」も色あせて売
上げが落ち、今や目玉商品扱いにされています。手をこまねいているわけでは
ありませんが、次のヒット商品が生まれないのです。

売れる商品を生み続けることの難しさを痛感させられます。

=長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。=

【5】彩愛コンサルピアからのお知らせ

(1)《コンピテンシーを磨いて差を付けたい人》にお勧めのメルマガ!

タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく
解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指
す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登
録はこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/melmag2.html

(2)《仕事のできる人になりたい人》に是非お勧めしたいのは、この一冊!

「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門(副題:仕事のできる人の集団
に生まれ変わる法)」が同友館から出版され、全国の有名書店で好評発売中で
す。著者は下山明央です。彩愛コンサルピアに直接お申し込みの方には、特別
価格でしかも送料サービスでお届けいたします。詳しくはこちらから
⇒ http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/book.html

(3)問題解決力を磨けるメルマガ

「問題解決力」は、きっとあなたの武器になります。
登録は、⇒ http://mrmbers.jcom.home.ne.jp/3223898301/melma4.html

(4)人事に関するお勧めメルマガ

さいたま総合研究所から人事に関するメールマガジンが発行されています。そ
の名も「人事お助け隊」登録は⇒ http://www.ss-net.com/mmj01.shtml 

(5)次回予告

次回は、シリーズ「マーケティング活動に威力を発揮するコンピテンシー!」
第3話「変幻自在の「商品の現地化」で世界制覇を目指すP&G!」を解説し
ます。

***********************************************************************
発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1−20−304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央
この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
彩愛コンサルピアのHPは、
こちらから http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/
(協)さいたま総合研究所のHPはこちらから http://www.ss-net.com
***********************************************************************

ブログにも興味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://blog.livedoor.jp/shimo1873/
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    4455人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    24268人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 週刊税務調査日記

    最終発行日:
    2017/05/01
    読者数:
    1431人

    税務調査を知れば税務調査なんて怖くありません。税務調査で問題となった節税法や税金の解説をしながら調査の実態をちょっと面白おかしく紹介いたします。まだ調査経験のないSOHOの方にもきっと役に立ちます。

  4. コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    487人

    人は誰でも能力を保有しています。しかしせっかくの保有能力ちが宝の持ち腐れとなり、成果に結び付けられない人が多いのです。成果に結びつれるにはコンピテンシーを磨くことが有効です。その極意を解説します。

  5. 「問題解決」メルマガセミナー!

    最終発行日:
    2017/05/10
    読者数:
    391人

    企業では日々問題が発生しており、利益を圧迫しています。経営トップをはじめ全社員が「問題解決力」を磨くことが大切です。さまざまな問題解決のノウハウを公開します。

発行者プロフィール

過去の発行記事