日記・blog

パパは仮面ライダー♪

オートバイを駆るオトーチャン、私、くうと。子育てとの板ばさみに遭いながら悪戦苦闘する、そんな様をお届けしてます。

全て表示する >

[papa-rider vol.065]

2004/09/15

===========================
   パパは仮面ライダー。。。へんし〜んっ \(0\0)ゝ
          ==================================  '04,9/15
= Vol.065 =

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 毎度毎度最初のご挨拶が「お久しぶりです」とか「ご無沙汰しております」と
かいい加減なんとかしなさいよ!ってところなのですが残念ながら今回も再び…

 ども!おひさし…じゃない、ご無沙汰し…じゃない、え〜と、なんて言えばい
いんだー?!と言葉に詰まっているくうとでございます。こ、こんにちは。

 え〜、ぶっ飛んで只今9月にズッポリ入ってます。秋も真っ盛りの筈です。
 今年の夏はかなり厳しかったですね、暑さが。去年が去年だっただけに余計に
身に染みるのかな?涼しげだった去年は結局一度もなかったものが今年の夏はこ
れまでに何回「脱皮」したのか、と(笑)

 まだまだ残暑の反逆には予断を許さない昨今ですが、とりあえず峠は越したと
見込んで一息入れまして、さぁ、久々にまいりましょうか。
 どうぞお付き合いの程宜しくお願い致します。


■夏はお宝の山・・・だったのにな 

 男のくせにどうしてこうも虫嫌いなんだろか・・・?
 というか今の子はみんなそうなんだろか?

 我が家の小僧どもはことごとく虫嫌いで家の中にちっちゃ〜いのが飛んでいた
りでもしたらそりゃもう大騒ぎさ〜。次男暴なんぞ「むしーっ!むしーっ!むし
がいたよーっ」叫びながらすっ飛んできます。
 うちのおカミ様からして虫大嫌いだから虫に対しておカミ様自体の反応から伝
染してしまったのかな?

 私なんぞがコレくらいの頃は、もう夏はまさしく「お宝の山」なシーズンでし
たよね。早朝やら夜遅くに近所を徘徊したものでした(笑)

 今の子ってカブトムシ、クワガタはスーパーで売ってる製品という認識でしょ
うね。今では舶来ものまで堂々のラインナップしています。
 ガキんちょの頃、図鑑でしか見たことのないまさに羨望のバカでか〜いカブト
ムシを今こうして近所のスーパーで眺めつつ、なんとも言いようのない複雑な心
境になるのでした。

 先日会社帰り、自宅玄関脇の壁にカマキリが止ってました。
 出迎えにすっ飛んできた次男暴に見せると折り返しすっ飛んで部屋の中へ逃げ
ていきました。
 ホントにもう男だろ〜?!情けないったら・・・

 カマキリ・・・
 そういえばこれまたガキんちょの頃、草原で見つけたカマキリの卵を自分ちの
机の鉛筆立てに立てたまま・・・春を迎えたわけですが、はい、誰もがよくやる
結末ですな。

 孵化(ふか)しちゃってたですよ。
 ちびっちゃ〜いカマキリの子らがもう机のそこいら中で蠢(うごめ)いているで
すよ。
 あやや〜?!こらてーへんだっ。

 もちろん母親なんぞに言えるわけもなく、

 その後あの子らどしたんだろう?

 無事に旅立っていけたのでしょうか?

 な〜んて、その玄関先で遭遇したカマキリを見て懐かしく思い出したのでした。


------------------------------------------------------------------------

■溺れる長男殿は次男暴をも縋る?

 大いに盛り上がったもの賑わせたものにすぐに感化され巷でもそれらがブーム
になったり・・・

 例えばW杯時サッカー人気にサッカー少年人口倍増だったり、近くではオリン
ピックの水泳陣大躍進に水泳教室大盛況〜!だったり・・・。

 う〜む、みんなすぐ影響されちゃうんだからなぁ。。。

 あらら?我が家では次男暴が水泳教室に通いだした?
 こりゃまたご多聞に漏れずなのか・・・

 いやいや別に将来の北島選手を目指して!ってわけでは毛頭なくて、どうにも
こうにもカナヅチな長男殿をこの夏休みの間にスイミングスクールの短期講習に
通わせて少しでもカナヅチ度数を下げておこうと期間中毎日頭から角を生やしな
がらおカミ様が通わせていたのです。

 長男殿のカナヅチ度数・・・。
 伏し浮き、蹴伸びがまだできず。
 バタ足なんぞは夢のまた夢・・・。
 水面に顔をつけるのはできるそうで、その場で少し潜るくらいはできるそうで
すが・・・。

 つまり、カナヅチ。

 この講習期間中になんとか蹴伸びまで到達させることを至上の任務と意気込む
おカミ様。

 ・・・ってな長男殿にくっついて次男暴もやるやると豪語するので一緒に放り
込まれた次第です。

 期間は6日間。
 そのうちの前半3日間はプール中に次男暴の雄叫びがこだましていたそうです。
 泣き喚き逃げ回り・・・すっかりスクールの名物小僧になっていたそうです。
 しかし最後の2日間はすっかり情況にも慣れたようで積極的に水遊びに興じる
ようになったそうです。

 短期スクールも無事終了。
 長男殿はどうにかこうにか蹴伸びはできるようになり、学校での水泳検定でも
どうにかこうにか一つ進級できたようです。ドンジリから二つ目くらいには…(笑)

 そして次男暴。
 このままスクール続けたい!と何をトチ狂ったのか言い出しまして、で、現在
短期ではなく通常スクール生として毎週月曜日に通うことになりました。
 先週1回目を行ってきたのですが、どうやら大絶叫はなくなったそうです。
 このままいつまで続くことやら・・・。

 泳ぎはやはり出来て損はないものですからね。
 泳げないことで命を落すことだって十分あり得る訳ですし。

 川に落っこちて・・・
 海で潮に流されて・・・

 ・・・から、

 乗っていた船が転覆して・・・

 ・・・まで、あり得ないとは言い難いわけでして。はい。

 あるときおカミ様が長男殿に言いました。

 『もし家族で船に乗っているときにその船が沈没してしまったら・・・

 オトーサンは次男暴を助けるでしょ、

 オカーサンは泳ぎが得意でないから自分のことで精一杯。

 つまり、あんたのことは誰も手助けできないから、せめて自分ことは自分の力
でなんとかしなさい。

 だから、泳げるようになっておきなさい。』

 とまぁ、今回の短期講習もそういった主旨によるものですね。

 次男暴には「頑張ってスクール通って泳げるようになったら、あんたが溺れて
いるオニーチャン助けてあげなさいね。」と言い、長男殿には「だから助けても
らいたかったら普段から弟には優しくしてあげないといざと言うとき助けてもら
えないかもよ〜」


 。。。一体なんちゅー会話なのやら・・・


------------------------------------------------------------------------


。。。と、今回はここまでです。
 皆様からのお便り、掲示板へのカキコお待ちしてます。

             それではまた次回にお会いしましょう〜♪

  ================================

   ■編集・発行・宛先: くうと kuuto@rose.freemail.ne.jp

   ■関連HP : 『あおぞら公園』
                       http://kuuto.hp.infoseek.co.jp/

  ================================

   ★ このメルマガ配信は、
          まぐまぐさん( http://www.mag2.com/ )
          Macky!さん( http://macky.nifty.com/ )
          melmaさん( http://www.melma.com/ )
                      のお世話になっております。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-21  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。