日記・blog

パパは仮面ライダー♪

オートバイを駆るオトーチャン、私、くうと。子育てとの板ばさみに遭いながら悪戦苦闘する、そんな様をお届けしてます。

全て表示する >

[papa-rider vol.042]

2003/03/14

===========================
   パパは仮面ライダー。。。へんし〜んっ \(0\0)ゝ
          ==================================  '03,3/14
= Vol.042 =

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 こんにちは、くうとです。
 いやぁ〜、すっかりご無沙汰になってしまいました。前号...といっても1ヵ月
強前ですが我が家の引越しについて話しましたが、そんなこんなでジタバタドタ
バタしていたら、なななんと!もう3月になっちまいましただ。3月ってぇと春
ですよ春。そう言われてみればなんとなく風も緩んできたような気がします。街
中でもマスク等による完全防備の人の姿も見掛けます。花粉症.....今年も大変そ
うですね。お見舞申し上げます。
 さて、そんなわけで久方ぶりのメルマガ、最後までお付き合い頂けたら幸いで
ございます。

 さて、まずは引越し完了間際から最近までの様子を話してみたいと思います。


■新たなる旅立ち  2003,2,3   
 
 ふぅ〜〜、やれやれ。
 とにもかくにも移動は完了しました。
 そう、まだまだ移動をしたに過ぎません。
 部屋の中にはダンボールの箱がうずたかく積み上げられ、それはまるで氷山の
ようにそびえたっています。
 気分はまるでタイタニック。そんな氷山に囲まれて難破してしまいそう…。
 まだまだ闘いは続きます。
 つか、闘いはこれからかもしれません。
 家族全員それぞれの闘いが今始まっています。
 とりあえず私は「通勤時間」との闘い。
 片道今までバイクだと15分くらいだったのが、今日初めて通勤した際40分。車
だったらもっと掛かるわけで…(汗)

 カミさんは「ご近所さん」との闘い。
 団地住まいだけにご近所さんとの付き合いもさることながら、特売情報などの
お役立ち情報入手に格闘中。

 長男殿は「新しい学校」との闘い。
 全く見知った顔のいない地にポンッと投げ出されたわけなので彼の孤独感は例
えようのないものでしょう。
 そんな彼は、今日小学校へ母親と挨拶に行き、明日より通常登校となる手はず
です。果たして見知らぬ地の見知らぬ学校でうまく渡り歩いていけるでしょうか
…?夕べカミさんと風呂に入った彼は母親に、ボク寂しい…と呟いたそうです。
 やはり今までは自分なりに気丈に振舞っていた彼もここにきて現実を突き付け
られ目まぐるしく変化していく環境に戸惑いを隠せないでいるようです。
 とにかく頑張ってもらうしかないのです。

 次男暴は「新しい家」との闘い。
 やはりこの時期の子供は環境の変化に過敏です。
 前回引越しの際の長男殿もそうであったように、新しい見知らぬ家に越してき
て、そこでの部屋の様子の変化にかなり動揺している模様です。
 一番難儀しているのが風呂入れですね。
 恐怖心で一杯で泣き叫び入る事を拒みます。
 力ずくでねじ入れているのですが…。
 それでも夕べは二回目だっただけに、少しは落ち着きを取り戻したところです。

 まだまだ本当の意味での安らいだ平穏な日々は遠そうですが、しかしサイは振
られたのです。頑張らねばならんのですね。

 我が家のドタバタはまだまだ続きます。

------------------------------------------------------------------------

■ぬななな?!  2003,2,20   

 春よ来い。
 春?来るよ。
 花粉来たし、そろそろでない?
 そういや、インフルエンザがどうこうの話も聞かなくなってきたし
 そういう意味ではこれからは花粉症の話題とチェーーーンジ!でっしょ?!

 で、これかぃっ?!

 .......あの無敵な次男暴が・・・ぬわにぃ〜〜?!インフルエンザだとぉ〜?!

 はい、先週末の発熱した長男殿に取って代わり、昨日から大熱出している次男
暴。本人的には食欲もあるし元気に遊んでるもんだから単なる風邪かな?と思い
つつも一応何かあったらヤバイからと病院へ連れて行ったらこのような診断でし
た。

 そろそろシーズンも終了間際の滑り込みセーフ...もとい、アウトですわ。
 するってぇと私らもかなりヤバイわけで.....。

 あぁ、そういえば昨日から身体の気だるさが...。
 あぁ、なんだか喉が痛く...。
 あぁ、どうも頭がボォ〜っと...。

 一家全滅の日は近い?!

------------------------------------------------------------------------

■インフルエンザか?!  2003,2,21   

 昨晩からみょ〜〜に体調おもわしくなく、これは次男暴もインフルエンザにな
ったのだからきっと私もそうに違いなーい、と。
 で、今日午前中に近所の内科に行ったですよ。

 んで、その結果は。。。

 いやいやそれはおかしい。
 そんな筈はない?!

 ...おかしいというのは診断結果。
 この気だるさ、ぐる"ぢさは、きっときっとインフルエンザに間違いなーい...
筈なのに、、、
 待ち時間1時間強、診断時間1分半。
 必至の訴えも「あ、それは風邪ですね」「お薬出しておきましょ」って。

 うぉぃっ!こんなん待ったんだからもちっと診てよ〜
 なんかとても損した気分?

 んなわけでも一回言いますと、

 た・ん・な・る!風邪だそうです。

 でもこれがまた中途半端に活動できるから逆に辛いっす〜〜〜(x_x)
 午後からは再び通常業務へと戻ったわけですが、かなりきてますな。
 今夜は寝込もう...ギャフン

------------------------------------------------------------------------

■ Let it びぃ〜〜〜?!  2003,3,8   
 
 夕べは実に中身の濃ぃ〜〜〜〜〜っ夜でありました。

 私は今、父親というものの厳しさ・辛さの頑強なる壁にぶち当たり...いわゆる
試練の真っ只中?!
 子供の年代それぞれに難しさはあるでしょう。
 小学校高学年から中学、高校となるに従ってはいわゆる自我の目覚めた子との
ある種対決・対立?になるわけですね。思春期になり、いっちょ前の大人びた妄
想?を押さえ込み、如何に親というモチベーションを保てるか・・・。
 この時期はある種精神的な神経戦なわけですね。
 私はまだ子供の年齢からいってその領域には達していません。
 では一体今はどの領域なのか、と?
 前述の精神的神経戦に対し、私はそうですね、サバイバル戦・体力気力勝負!
ですかね。
 子供=長男は小学一年生、まだまだ親に従順です。まだまだ親の似非威厳が今
のところ通用しています。取り敢えず親の言うことは絶対です。

 それではなにが試練?!
 夕べ我が家に何があったのか、ま、私の話を聞いてやって下さいな。
 あっと、言っておきますが、かな〜〜〜り下の話になりますので、食事中の方
は早いとこ済ませてからにした方がいいですよ。

 さてこの夜の主役、我が家の長男殿。
 一昨日から体調をかなり崩し、ゲロゲロ風邪で熱も40℃超。
 とりあえず様子を見つつ、カミさんが近所の医者に連れて行って薬をもらって
きたりして対処に追われていました。
 かくいう私はかれこれ2週間ものドサ回り(現場仕事)で精魂共に尽き果ててい
ました。
 しかし、ようやくそんなスケジュールもこなし明日はフリーになる...そんな安
堵の思いと共に最後の残業を済ませ帰宅しました。
 食事を済ませ、入浴し、歯磨きをし、やれやれ...ホッ...と思っているところ
にカミさんの絶叫が我が家に轟いたのです。

 あ"ぁ"ぁぁぁぁぁぁぁぁ―――っ

 なにやら騒がしい居間の方へ行ってみると、呆然と立ち尽くす長男殿の周りで
あたふたとしているカミさんが・・・。

 はい、すみません。
 何度も言いますが、食事中の人は早いとこ済ませちゃった方がいいですよ!

 立ち尽くす長男殿の足元には「池」が...?!
 しかも...「黄色」の...?!

 ?!「池」ってなに?!

 ?!「黄色の」ってなに?!




 ・・・・・ンコっす




 ・・・・・しかも、液体の・・・(-_-;)




 布団の上などではなく、フローリングの上なのでとりあえず処理も簡単だ!不
幸中の幸い?!
 ......\( ><)シ ぎょぇぇぇ.....と心の中で思いながらも、具合の超悪の長
男殿ゆえのこと、仕方ない仕方ない、そう心の中で自分自身に言い聞かせ、顔を
引きつらせながらも長男殿を精一杯労わりながらカミさんはその場の処理、私は
長男殿を風呂場へ連れて行きシャワーで洗ってあげてました。
 その間の長男殿はほとんど正常な意識はなく、意識朦朧、私の言っている事が
どうやら理解できてないようでした。それくらい症状は悪化していました。
 風呂場でも長男殿は残り糞を漏らしてしまったり...
 もうここで出し尽くしてしまえ―って。

 ひとしきり洗ってあげました。
 彼を居間のほうへ。
 私は風呂場内の後始末を終え.....そこへ再びカミさんの雄叫びがぁぁぁぁぁ
 私は何事か?!と思い、速攻掛け付けると―――




 またしても.....池が.....しかもまた「黄色」の。




 ぎゃぉっ!!今度は居間の、しかも畳の上に




 これには私も絶叫でした。
 た、た、た、た、たたみの上かぃ―――っ?!

 カミさんはもう半狂乱のキレまくり。
 誰がなんと言おうとも具合の悪い長男殿のこと、仕方のないことと誰もが思い
言う事でしょう。
 怒ったって怒鳴りつけたってそりゃ子供が可哀想でしょ―っ?!
 そんなことで冷静さを失って一体どーする?!...なんてお思いの方もいらっし
ゃるでしょう?
 確かにそうです。
 決してわざとやっているわけではないわけで、不可抗力ですから。

 ですけどね、もしも、もしもの話として、これを忠実に自分にあてはめてみて
くださいな。

 看病疲れのカミさん。
 仕事が超多忙で、連日早朝から遅くまで体力勝負の私。
 私はヘロヘロになりつつもようやく家に辿り着く、と。
 風呂まで入り、あとは布団の中へ崩れ込むだけ.....つまりほとんど睡魔に占拠
され頭の中は真っ白け。そこに立ち尽くす子供...しかも足元には黄色い池が?!

 .....一体どーしろと?!

 この私にどーしろと?!

 オツムのスイッチがほとんど断線寸前のこの私に?!



 ぶち切れそうな頭をなんとか押さえつつ、私は畳の上の「黄色い池」をひたす
ら処理に従事してました。ほーーーーーーんとにもう二人の親はパニック状態。

 よりによってフローリングから敷居を境に2枚の畳に掛けての「池」だったの
で表面だけを拭いても当然その溝に入り込んでいるであろう事は容易に想像でき
るわけで...。
 私はおもむろにドライバーをその畳の境目に差し込み畳み返し?!畳をおっぱ
ぎに掛かりました。案の定、「黄色いもの」はその溝から入りこんでいて.....

 午前1時過...我が家の畳を起こす私。
 もうなんつーか・・・

 その間の長男殿、意識朦朧。もしかしてコイツ死ぬのか?!自分で歩く事はも
とより、何を言っても反応なし。カッと目を見開き宙を凝視し、ほとんど意識な
し?!こ、こ、これは...?!

 救急外来を受け付けてくれるところを探して行く事にしました。
 都政の高効率化に伴い統廃合計画による存続の危機に陥っているという噂の”
都立清瀬小児科病院”へアポを取りつけ車で急ぎました。親にしてみればいわゆ
る藁をも縋る思いで。
 現長野県知事似(爆)の当直医は、ま、いわゆる常套句とも言うべき「様子を見
ましょう」という。症状説明などの言葉についても、なんとも雑なものに感じら
れました。んなことだから統廃合されるんじゃ―っ?!...内心思ったりして。
当たり障りない診断内容と薬をもらい、なんとなく腑に落ちない思いを抱きつつ、
そそくさと家路につきました。

 午前3時。

 もう本人の意志とは関係なく垂れ流されていく”Let it びぃ〜〜〜”
 その度に両おやの「あ"ぁぁぁぁ――」「うぉぉぉぉ――!」...絶叫。
 もうなんつーか、、、心身ともに”クソまみれ”な両おや。

 私はこのまま布団の中に入っては緊急事態に対処できまい、と、居間にゴロり
と転がり、来るべき”その時”に備えていました。固い畳の上で、身体がイタタ
タタ...。

 そして”その時”が―――

 隣の部屋でなにやら騒がしげに?!

 ?!.....私はガバッと飛び起き、隣の部屋へ掛けつけました。

 で、で、でる――

 フローリングの上へ引き摺り出せ―っ!!...と私。
 ほとんど長男殿は「物」のようにフローリング上へ引き摺り出されました。
 と、同時に私が彼を抱え込み、カミさんは先行してWCへ行き扉を開けスタン
バイOK!間髪入れずに私は抱え込んだ彼のズボンをずり下ろし便座へ座らせて..
セーフ!!

 かくして今回は両おやの絶妙のコンビネーションにより「黄色い池」は免れま
した。

 そんなことを数回繰り返しているうちに外はいつの間にやら白々と...。
 結局うたた寝程度で朝を迎えてしまいました。
 一貫して40℃超の下がらない高熱も、ようやくこの頃になるとほんの少し下が
るような兆候も見せてきまして、ひとまずやれやれと。
 ただいかんせん本人の意志とは関係なく垂れ流される「黄色いもの」をなんと
かして止めたいと、夕べ行った病院へ再び昼過ぎに行ってきました。
 前夜の当直医とはほんの少し気の効いた症状説明でありながらも、結局は何の
解決にもなっていない現状に苛立ちつつもとにかく「様子を見る」しかない私ら。


 今も長男殿は意識朦朧のままに、それでも前夜に比べたらまだマシな状態で....
 あ、午後11時。今長い眠りから目覚めたようです。空腹を訴え、これからう
どんを食べるようです。超特急にならなければいいのですが...。
 今夜は果たしてどのような闘いが繰り広げられるのでしょうか?!
 もう夕べのようなものが2連ちゃんとなると、正直.....私らもちませんって
 頼むから、今夜はなんとか無事に切り抜けてもらいたいです。
 ホント、ほとんど夕べから寝ていない両おやです。今夜は、今夜こそは寝かせ
てくでぇぇぇぇ――ほんとにもぅ、たのんだよ。


 無け無しの食欲を奮い立たせて夕餉の膳につく長男殿の傍らで、そのおこぼれ
に預ろうと虎視眈々狙っている次男暴。ホント彼はいつの時も元気一杯で...。
 先日彼はインフルエンザに掛かりましたが、高熱なのに寝込む事もなく、終日
元気に遊びまわってましたとさ。

 果たしてこの差って...?


 こうして私らの濃ぃ〜〜〜〜〜〜〜一日はその終わりを告げようとしています。
 親は二人共心労睡眠超不足につき意識朦朧。
 でもですね、時間的にそのほとんど一緒に付き合ってきた次男暴ですが、、、
親と同じような睡眠時間だというのにこれまた元気に今も駆けずり回ってます。
 なんだか寝なくても平気な人種...みたいです。


 まだまだ氷山の一角かもしれませんが、子育ての大変さを今更ながら身に染み
て思い知らされている今日この頃です。でもやはりヤツらは可愛いんですよ。絶
対に何があろうとも私はヤツらを守ってみせますよ。そして私はこの家族を強力
に守ってみせますよ。

 私は、夫であり、父親であり、そして男であるから.....


 日中、緩やかな日差しのもとに夕べおっぱがした畳を出し日干しをしました。
 まだ真新しい青々とした畳が...ξ
 そんな畳の上に寝転び、青々とした井草の香りに混じって香ばしい臭いがプ〜
ンとくるたびに夕べの出来事が鮮明に思い出されることでしょう。


 にしても、辛いのぅ〜〜(;。;)
 親というのは大変だぁ〜〜〜(;^_^A


 ま、なんとかなるさ〜♪

 Let it びぃ〜〜〜♪

------------------------------------------------------------------------

 。。。と、誌面の都合上今回はここまでのいわゆる途中経過をお話しました。
 結論から申しますと、今ではなんとか長男殿も回復しまして、元気に学校へ通
い始めました事をご報告いたします。そう、長男殿は、ですね・・・
 逆に今は、次男暴が少々斜めでして、ちょいと心配な日々です。
 いやはや次から次へといろいろあるものですね。

 というわけで、今回は久しぶりのメルマガ配信でしたがこんな感じで如何でし
ょうか?ちょいと汚い話しも混ざってしまいましたが、もし気分を害されてしま
いましたらお詫び致します。

 皆様からのお便り、掲示板へのカキコお待ちしてます。

             それではまた次回にお会いしましょう〜♪

  ================================

   ■編集・発行・宛先: くうと kuuto@rose.freemail.ne.jp

   ■関連HP : 『あおぞら公園』
             http://isweb35.infoseek.co.jp/diary/kuuto/

  ================================

   ★ このメルマガ配信は、
          まぐまぐさん( http://www.mag2.com/ )の
          Macky!さん( http://macky.nifty.com/ )
          melmaさん( http://www.melma.com/ )の
                      お世話になっております。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-21  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。