企業

ウェルフェア電網新聞

福祉機器、生活用品、ユニバーサルデザインに関するあらゆる情報をトピックスとして紹介します。お薦め商品はHPや月刊誌でも紹介しています。

全て表示する >

ウェルフェアチャンネル新聞

2003/01/08

[Welfare Channel Mail Magazine]  2003.1.8 ━━━━━━━━━━━━━━
「「「[     ウェルフェアチャンネル新聞               ]」」」
-----------------------------------------------http://www.welfare.co.jp/
●●●    2003年 あけましておめでとうございます     ●●●
●●●福祉・シニアの生活提案///ビジネス情報や取材レポートを配信●●●
■━━ [INDEX もくじ] ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[WFレポート]    01:2003年はユーザー時代の幕開け
[ヘッドライン]    02:1月上旬 福祉・シニアのマーケット動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆◆ウェルフェアチャンネル直営店 通販サイト◆◆ 出品社も募集中!
                      女┃性┃が┃提┃案┃す┃る┃
      よりよい生活を提案        ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
      させて頂きます!!   健┃康┃・┃安┃心┃介┃護┃の┃店┃
                  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
       http://www.rakuten.co.jp/welfare-channel/
   ・ ・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
== [WFレポート] ======================================================
  01:2003年はユーザー時代の幕開け
=======================================================================
●賢い消費者になりましょう
私たちの生活は道具や商品といったモノによって支えられています。人間の能力
を越えて機能する道具や機械は、自動車や洗濯機から、パソコンまでたくさんあ
ります。そしてデザインでも私たちを楽しませてくれます。そんなモノたちです
が、使いこなせなければ宝の持ち腐れどころか、ごみ山生活になってしまいます。
モノに囲まれた生活とは、モノを使いこなす生活のことです。キモノを着るのと
着こなすのと同じ違いです。

●使いこなすために知る
モノを上手に使いこなすためには、よく知ることが大切です。何について詳しく
なるのかというと、モノと、そして自分についてです。

まず、あなたはどんな不便を抱え込んでいるのでしょうか。何をしたいのですか。
そのニーズを具体的に整理しましょう。それがあなたのニーズです。そしてニー
ズを満たしてくれるモノを探すのです。ニーズが分かっているのですから、どの
ような機能を備えるモノを使えばよいのかは明白。結果、便利なモノではなく、
必要なモノを選べるのです。

●クレームは多いほうが良い
あなたの声がメーカーを動かします。人は加齢により、身体の不都合が増えます。
けれでもゆっくりとした変化だったり、また老化を認めたくない心理から、本人
はあまり生じている不都合を周りにアピールしないのです。結果、モノを作るメ
ーカーは少子高齢社会のニーズを把握しきれず、私たちが使いたい商品を売り出
せずにいます。そのことにメーカーも気付いていて、苛立ちすら感じています。
どんなニーズや不都合のクレームがあるか分からず、教えてくれと私たちのクレ
ームを待ち構えています。自分と同じ人はいないのですから、不都合、不便、不
満は声に出しましょう。それが、モノ作りの原動力になるのです。

●モノを使い切ろう
モノに支えられた生活だけれでも、大量に消費する時代ではない。修理し、手を
加えながら大切に使いきることが大切だ。デフレーションの時代である。出来は
悪くてもある程度は目をつむり、だけれど短期間で使い捨てモノの使い方は、拡
大生産が社会の原動力だった過去のやり方だ。これからは使いこなし、使い切る
時代です。

●選んで、使いこなし、使い切る
これまではメーカーが良いと思い込んで作った商品を使わされていました。今年
からは、こんな商品を使いたいのだと声を出していきましょう。あなた個人の考
えでよいのです。ユーザーがメーカーや商品を選ぶ時代が来たのです。主役はユ
ーザー。それだけ、ユーザーに知識やクレームする積極性が求められます。その
ことを忘れずにユーザー主役の時代を謳歌しましょう。そうすれば、少子高齢社
会も案外と楽しめそうですよ。

== [ヘッドライン] ======================================================
  02:1月下旬 福祉・シニアのマーケット動向
=======================================================================
ウェルフェア業界のニュースをダイジェストでお届けします。

▼介護サービス各社は、ヘルパー採用を急増中

報道などによると、介護サービス各社は事業規模の拡大のため、ヘルパーの増員
を進めている。支店開設に人員確保が追いつかないのが現状だ。在宅介護事業所
で働くヘルパーは全国に約40万人いる。

【編集部の目利き】介護保険制度下では、訪問看護の報酬単価が定められており、
各社で料金に地域差を付けられない。そのため、ヘルパーの人件費にパート時給
などの地域事情を反映させにくい。このようなことも、採用のネックとなってい
るようだ。

▼人材派遣社、中高年の就職支援を強化する

報道などによると、人材サービス会社のブライトキャリアは、中高年を対象とし
た就職支援事業を強化する。再就職支援、人材派遣、人材紹介の既存3事業を使
い、企業に対しては中高年活用のコンサルタント業務の受注を目指す考えだ。

【編集部の目利き】少子高齢社会になるほど、高年者の就業ニーズは高まる。と
くに子育てや住宅ローンを終えた世代は、生活や家族のためというプレッシャー
を感ずることなく働ける。そのため、仕事内容に理想を追いかけられる。新しい
働き方が出来るだろう。そうしたことも考えながら、働き続けることの支援をす
る必要がある。

  ブライトキャリア  http://www.brightcareer.co.jp

▼国土交通省は宿泊施設のバリフリ度をHPで公開の予定

国土交通省は、全国の旅館やホテルについてバリアフリー具合をホームページで
公開する予定だ。約1000件を掲載。チェック項目は約140になるという。
車いすユーザーだけでなく、聴覚障害者など、対象を広く設定。チェック項目に
は当事者の意見も反映させる。

【編集部の目利き】宿泊施設について診断しているホームページや単行本、雑誌
などは数多い。しかし網羅的なものはまだない。また必要な設備内容は利用者に
よりことなる。大切なのは設備よりスタッフ教育との意見もある。ただ、このよ
うな事業が改革へのスパークになることは期待できよう。

 国土交通省  http://www.mlit.go.jp/

―――――――――――――― 問い合わせ先 ―――――――――――――――
●記事内容についてのお問合せ、感想●広告についてのお問合せ及びお申し込み
●告知したいプレスリリース等ございましたら[ magazine@welfare.co.jp ]まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行人 佐久間朋宏/編集人 安藤啓一
発行 ウェルフェアチャンネル http://www.welfare.co.jp/
〒105-0004 東京都港区新橋6-14-5オーイズミ新橋ビル6F
Copyright (c) 2001 chuco corporation All rights reserved.
Welfare Channel Mail Magazine掲載の記事を許可なく転載・再配布することを

禁じます。また一部引用や改変しての転載・再配布も禁じます。
転載・再配布を希望される場合はご連絡下さい。
-----------------------------------―――― Welfare Channel Mail Magzine



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-07  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。