マリンスポーツ

DB Magazine Digest

サーフィンの技術やサーフボード、トレーニングについて詳しく解説している「DB Magazine」を簡素に要約してお知らせしているダイジェスト版です。

全て表示する >

[ DB Magazine Digest ] 2004/07/27 Vol.182最終号

2004/07/27

=== Club DB Surf Magazine ============================================
■ ◇
■■   DB Magazine Digest  2004/07/27号
■■■                      Vol.182最終号 mailto:dbmagazine@dbsurf.com
======================================================================


━━━━ From Writer..................................................

毎日うだるような猛暑が続いていますね。
波が無くても「暑気払い」に海へ行ってしまいます。
もっとも、そのあとは日焼けで体がほてってしまい、かえって大変な目に
遭ってしまうのですが・・・

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
(やはり、水風呂に勝るものはないのか?)

先にお伝えしましたが、本配信を持ちましてDBmagazineを廃刊させて
頂きます。
長い間、たくさんの方々のご愛読、本当にありがとうございました。

個人的にメールで応援、質問、そして廃刊に関するお便りをたくさん
頂きました。

毎週頭を抱えながら、少ないボキャブラリーの中から絞り出して書いて
おりましたが、いざ廃刊となりますと、こんなにたくさんの方々が読んでいて
くれたのかと、改めて感謝の気持ちで一杯になりました。

つたないお話でしたが、いろいろと役に立てたことも多かったようでして、
執筆者冥利に尽きると感じています。

また何かの機会に再びマガジンを書くこともあるかもしれません。
(ないかもしれません。あはは)
そのときにはまたよろしくお願いいたします。

長い間本当にありがとうございました。

======================================================================
◆ボードが果たす役割
 〜ライン取りとボードの関係(4)〜
======================================================================
それでは、本マガジン最後の質問を取り上げさせて頂こうと思います。
----------------------------------------------------------------
質問:
「はじめまして。
いつも興味深くメールマガジン読ませてもらっております。
おかげ様で今年40歳になる親父サーファーですが、このマガジンを
熟読した効果が少しずつ現れ、恥ずかしながら日々、スキルアップを
目指して頑張っております。
 
この歳になりますと、やはり日頃筋トレや体調にかなり気を使わなけれ
ばならないのが辛いのですが、ジムに通ったりタバコの数を減らしたり
して、なんとかショートボード(5'11")で頑張っております。
 
私はいわゆるカムバック組でして、ブランクが13年あります。
ですがパドル力は現在でも20代と余り変わりないと自分では思って
います。(^^ゞ
 
で、唐突ですが質問です。
マガジンでも今、ボードの話になっていますが、最近 ボードの材質も
いろいろ出てきまして、サーフテックやサロモンのSコア等がそうなの
ですが、私もサーフテックのアルメリック・フラーヤー5'10"を使用
していまして、感想は正直に大変軽い板で乗れば最高に楽しく(私的に
反応よくスピードにも乗ります)浮力的にも問題ないのですが、テイク
オフがイマイチです。
 
小波ではそこそこなのですがムネ以上のパワーのある波ですと板が滑り
落ちません。
この現象は私に限ったことではなく、知る範囲で恐縮ですが何人もの人
が同じことを言っていました。
 
この板の何が起因でそうなるのか「乗れば最高」なので、とても気に
なります。
テイクオフが楽にできるなら夢のようですが・・・(^^)
 
スペックは長さ5'10"、幅46.3センチ、厚み5.39センチで
ロッカーやや強。私は173センチの63キロです。
 
とにかく今までの板とは明らかに材質が異なるので、小さい板ですが
浮力はかなりあります。
ふわふわ水面をはしり、なんとなくアップスし易いです。
慣れれば踏み込んだ(荷重した時)のレスポンスがとても感じ良く
思いました。
 
1つ得ると1つ無くすのがボードの宿命ですが、今の私の理想はこの
ボードで楽にテイクオフしたいことです。
無理でしたら1サイズ長い(サーフテック製)のを購入も検討しています。
但し、サーフテックは既成サイズのみで1サイズ上がるとドルフィンが
かなりキツクなるのは覚悟していますが・・・。
 
なにか良いアドバイス(ボードの選択など通常ボードのオーダーも視野
に入れたほうが良いのか)教えて頂けたら幸いです。
 
勝手なことばかりで申し訳ありませんが、かなりボードのことで悩んで
います。
 
またこのメールマガジンが近々廃刊になるのが残念でなりません。
 
できれば続投お願いしたいのですが、これまでの著者のご苦労を考える
と暫くゆっくりして頂き、希望として あくまでも私個人としましては
村上様のサーフィンにまつわる体験談みたいなのを配信してもらえたら
な〜、なんて勝手に期待していますが・・・(^^ゞ
 
暑い日が続いていますが、どうかお体に気をつけていただきますように。
 
私も1日でも長く楽しくサーフできるよう健康に留意したいと思ってい
ます。
 
それでは失礼します。長々とすみませんでした。」
----------------------------------------------------------------
えーっと、ありがたいお手紙であります。
早速お答えしましょうね。

ボード自体の重さが軽くなるのは、ボード自体の「反応」が素速くなる
メリットがありますから、ボードが軽いのに越したことはありませんね。
クラシックなロングの場合、ボードの重みでフェイスにステイしやすくなり、
ノーズライドがしやすくなったり、安定性が増したりすることもあります。

ショートの場合、軽ければ軽い程良いのかというと、反応は良くなるものの
安定性は損なわれますし、フルドライブをしようとしたときに、
海面に押し込んだレールが反発しやすいことから、長いターンの最中に
ボードが切れ上がってしまって、ライダーの思惑に反して短いターンに
なってしまうデメリットがあります。


======================================================================
◆では、軽いボードの描きやすいラインとは何かを考えてみましょう。
======================================================================

・反応がよいことから、細かく刻んだライン取りに向いている
・ターンからターンのスパンが早いので、長いドライブには向いていない
・軽いことで、スピードの「慣性」が少なく、カールから離れてしまうと
  失速しやすい
・ボードの反応が早いために、当然ライダーの素早い反応を求められる
・ライダーの反応が遅いと、不安定要素が増え、安定性に欠ける

こんな条件から、

・横に長いライン取りではなく、縦に動くライン取りに向いている
・カール横に常にステイできるようなライン取りでないと失速しやすい
・ボトムよりは、フェイス中盤からトップで動くほうが向いている
・常にターンを行って、いつでもレールが入っているようなライン取りに
  向いている

ということになりますね。
ボードの特性を良く知ってライン取りを考えなければそのボードを100%
生かすことはできませんよ。

(自分との相性もね。)

本日ダイジェスト版は、最後ということでおまけ拡大版となりました。(笑)
読者の皆さん、今まで応援して頂いてありがとうございました。
どこかの海でお会いするようなことがありましたら、石をぶつけないで
くださいね。
ははは。

それでは、またいつか。

━━━━ from editor .................................................
この後、DB Magazine では、

○●質問に答えながら解決の糸口を提案●○
  しています。

詳しい内容をご希望ならば、是非ご購読下さい。

----------------------------------------------------------------------
バックナンバーの販売も、おそらく近いうち(もしかして7月中かもしれません)
には、終わってしまうかと思います。
御希望の方は、お早めのお手続きをお願いいたします。

目次は、メールいただければ、随時エクセルファイルの添付でお送り
いたします。mailto:dbmagazine@dbsurf.com

本当に長い間のご愛読、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------
◆DB Magazine ......うまくなりたいすべてのサーファーへ。
            [ DB Magazine ]
            →http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html

有料版[ DB Magazine ]は、バックナンバーも全て販売しております。
2002年 2月創刊。月額 500円にて好評発売中です。

御希望の方に「バックナンバー目次」を無料で返送します。
(エクセルファイルを添付します)
メールのタイトルに「目次希望」と書いて→mailto:dbmagazine@dbsurf.com へ
メールして下さい。目次があれば、バックナンバーの購読に便利です。
======================================================================

━━━━ link Magazine................................................
 
Surfing Magazine --> http://www.sala.or.jp/~junbo/

===== Dawn Breaker http://www.dbsurf.com/ ============================

マガジン名   DB Magazine Digest
著者         村上鐘司(popeye)mailto:popeye@dbsurf.com
発行元       Dawn Breaker Surf & Board Repair Pro Shop 

ご感想、ご要望 mailto: dbmagazine@dbsurf.com
購読変更・解除 http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html
発行協力    まぐまぐ  http://www.mag2.com/ 
        メルマ! http://melma.com/
Copyright (c) 2001-2004 Dawn Breaker. All rights reserved.
許可無く転載することを禁じます。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 今年2008/08/14

    今年からサーフィンはじめました。みつけたのに、残念ですが、過去記事を参考にさせていただきます。また、よかったら、再開してください。