マリンスポーツ

DB Magazine Digest

サーフィンの技術やサーフボード、トレーニングについて詳しく解説している「DB Magazine」を簡素に要約してお知らせしているダイジェスト版です。

全て表示する >

[ DB Magazine Digest ] 2004/05/04 Vol.170

2004/05/04


=== Club DB Surf Magazine ============================================
■ ◇
■■   DB Magazine Digest  2004/05/04号
■■■                                 Vol.170 mailto:dbmag@dbsurf.com
======================================================================


━━━━ From Writer..................................................

ゴールデンウィークです。
このメールマガジンを読むのは、週明けになる方が多いのではと思うのですが、
今頃はどこで楽しんでいるんでしょうかね。

ま、中には「ゴールデンウィークなんか関係ないやい!」という方も見える
かもしれませんが、ご愁傷様です。
(あたしもそうなので、フォローする気はない)

前回までに、テイクオフからボトムターンまでのレクチャーをしましたので、
今頃は応用してくれていることと思いますが、どうでしょうかね。

存分に楽しんだ方々は反省も兼ねて考えてみてください。

======================================================================
◆感覚的サーフィンの勧め(6)
  〜テイクオフからボトムターンまでのまとめ〜
======================================================================
さて、今回は、テイクオフからボトムターンへの一連の動きをまとめようと
思います。

テイクオフに関しての「コツ」の集約として、「ボードと一緒に落ちていけ!」
ということですが、ただ落ちていくだけではボトムでライディングが終わって
しまいますので、そこでさらにターンをしたいわけです。

----------------------------------------------------------------------
●まずは想像を巡らせてみてください。
......................................................................

うねりは常に磯へ向かって進んでいます。
そのスピードに合わせてパドリングをしなければなりません。
例えるのなら、ゆっくり走っていく友達の、チャリンコの荷台へ飛び乗る
ようなものですから、まずはそのチャリンコのスピードに合わせて助走する
ことが大切なのです。

----------------------------------------------------------------------
◎それが「パドリング」です。
......................................................................

友達のチャリンコが走ってくるスピードを考えて助走し、「えいやっ!」と
飛び乗るわけですが、ことはそんなに簡単ではありません。

乗ったとたんにそのチャリンコは急激な坂道(強いて言うのならすべり台
くらいかな)へと差し掛かると思ってください。

----------------------------------------------------------------------
◎この「坂道」というのはブレイク寸前のフェイスです。
......................................................................

それまでも決して平坦なところをチャリンコが来るわけではありません。
ある程度角度の付いた坂道を下ってくるのです。

そしてある程度の距離に達すると、急激な坂道を下っていくんです。

この荷台へなんとか飛び乗りたいという訳です。
----------------------------------------------------------------------
急激な坂道に差し掛かってから飛び乗ろうとしても、チャリンコは一気に加速
しますから簡単ではありません。

坂道の角度が緩いうちに助走をつけて、飛び乗った直後に急激な坂を下りて
いく感じですかね。

この時、身体がのけぞってしまえば荷台から放り出されてしまいますね。
うまく運転手と同じように重心を前に向け、坂の終わる辺りからゆっくり
曲がりたいほうへと身体を傾けていけば、ボトムターンのできあがりです。

飛び乗った直後と同じで、身体はのけぞらないように、ターンの内側へ倒れ
すぎても転んでしまいますよ。

新しい何かを試みるときは、できるだけその動きに見合った、「経験上の動き」
で想像を巡らせることがイメージを作る手助けになります。

======================================================================
◆「パドリングはうねりのスピードにシンクロさせ、テイクオフしたらボード
  と一緒に落ちていけ!」

「落ちてきた重力をボトムでボードに与え、ボードと共に曲がっていけ!」
======================================================================

これがテイクオフからボトムターンまでの「感覚的一連の流れ」ということに
なりますかね。

(理屈を憶えたら何度もチャレンジして、自分なりの感覚をつくってください
  まし。)


━━━━ from editor .................................................
この後、DB Magazine では、

○●テイクオフ後の感覚論(フロント・バックサイド)●○
  を解説しています。

詳しい内容をご希望ならば、是非ご購読下さい。

ダイジェスト版をお読みの方から質問を頂いても、マガジン本編でお答えしま
す。ダイジェストでは、全ての内容をご覧頂けない場合もありますので、悪し
からずご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------
◆DB Magazine ......うまくなりたいすべてのサーファーへ。
            [ DB Magazine ]
            →http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html

有料版[ DB Magazine ]は、バックナンバーも全て販売しております。
2002年 2月創刊。月額 500円にて好評発売中です。

御希望の方に「バックナンバー目次」を無料で返送します。
(エクセルファイルを添付します)
メールのタイトルに「目次希望」と書いて→mailto:dbmag@dbsurf.com へ
メールして下さい。目次があれば、バックナンバーの購読に便利です。
======================================================================

━━━━ link Magazine................................................
 
Surfing Magazine --> http://www.sala.or.jp/~junbo/

===== Dawn Breaker http://www.dbsurf.com/ ============================

マガジン名   DB Magazine Digest
著者         村上鐘司(popeye)mailto:popeye@dbsurf.com
発行元       Dawn Breaker Surf & Board Repair Pro Shop 

ご感想、ご要望 mailto: dbmag@dbsurf.com
購読変更・解除 http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html
発行協力    まぐまぐ  http://www.mag2.com/ 
        メルマ! http://melma.com/
Copyright (c) 2001-2004 Dawn Breaker. All rights reserved.
許可無く転載することを禁じます。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。