マリンスポーツ

DB Magazine Digest

サーフィンの技術やサーフボード、トレーニングについて詳しく解説している「DB Magazine」を簡素に要約してお知らせしているダイジェスト版です。

全て表示する >

[ DB Magazine Digest ] 2004/02/04 Vol.106

2004/02/03


=== Club DB Surf Magazine ============================================
■ ◇
■■   DB Magazine Digest  2004/02/04号
■■■                                 Vol.106 mailto:dbmag@dbsurf.com
======================================================================


━━━━ From Writer..................................................

相変わらず海に縁のない筆者でありますが、よい波を満喫している皆さん、
いかがお過ごしでしょうか。

今日発行しなければいけないマガジンを、まさしく「今日」書いておりますが
(ん〜怠惰だ)、
こちらでは今まさによい波が爆発しているようであります(泣)。

マガジンなんぞほったらかしにして海へ行きたいのですが、そういう訳にも
いかないので、やむなくパソコンに向かっております。

締め切り寸前にならないと仕事をしない悪癖がたたっているようです。
(前もって書いておけばよかった・・・)

======================================================================
◆サーフィンの「苦手」を克服する(1)
  〜パドリング編〜
======================================================================
さて、すっかり「トレーニングマガジン」になっていますが、ここからが本題
であります。

何のためにトレーニングするの?と聞きたくなるような内容に思えている読者
もいるかもしれませんが(悲)、もちろんサーフィンの技術向上のためにトレ
ーニングするんだよと、注釈を入れなければいけないような話が続きましたね。

今回から、実際のサーフィンで「苦手なことを克服する」ための、お話をさせ
ていただきます。


一言でサーフィンといっても、パドリングから始まってライディングに至るま
で、様々なアクションをサーファーは行うわけでして、それらの全てが体の動
きをいかに制御するか、といったことに終始します。

行き当たりばったりではダメなんですね、コントロールしなければ、ね。



======================================================================
◆それで、今回は「パドリング編」ということです。
パドリングに求められるものは何でしょうか、まず考えてみましょう
======================================================================
・ボードの上で上半身を軽く反らせる
・体が左右にぶれないこと
・左右の腕がリズミカルに水をかくこと
・腕の回転力
・腕の持久力と瞬発力の維持
・腰の安定



サーフィンの要と言えば、なんと言っても「ボディーバランス」です。
ボディーバランスを保つためには、何度も言うようで恐縮なのですが、
「体幹」の強さなんですね。

とはいえ、ラグビー選手や格闘家のような体にしようというのではありません。

「自分の体重をしっかりコントロールできる」ことが大切なんです。

体重と筋力の比率、その意味でのバランスが取れていなければいけないと
言うことなんです。

そして、柔軟性が大事ですね。


======================================================================
◆パドリングのフォームを長く取っていること自体、背中にストレスが出てき
 ます。
======================================================================
体を反らせた姿勢を強いられた上、左右の腕で水をかくたびに背中の筋肉に
ストレスがかかる訳ですから、負担は大きいのです。

そして、水をかくときには、胸、肩周り、上腕周りに大きなストレスがかかり
ます。

トレーニングだけでパドリングがうまくなるわけではありませんが、ストレス
を軽減させることで、長くパドリングをし続けることは可能になります。

長くパドリングをすることが出来れば、体力的にもゆとりが出来ますから、
フォームを見直したり、新しいことやさらにレベルを上げることにチャレンジ
したり出来ますから、様々なチャンスも生まれて来るというわけです。


======================================================================
◆私の場合で言えば、秋口が台風シーズンですから、そこに照準を合わせて
 トレーニングを組み立てます。
======================================================================

今の時期は、普段使っていない筋肉のパワーアップが大切になります。

とにかくパワーとスタミナを付けて、夏の間は持久系のトレーニングをして
体力を維持し本番に備えます。

そしてシーズンオフには体のケアを兼ねて、バランス系のトレーニングで体を
休めながら次のシーズンの備えるといった具合でしょうか。


年間のスケジュールを組み立てることが大切ですね。
あなたも、ただやみくもに海へ通うのではなく、年間のスケジュールを立てて
効率的にレベルアップを図ってみてください。

(何でも計画的にね。)


━━━━ from editor .................................................
この後、DB Magazine では、

○●トレーニングで鍛える要●○  を紹介しています。

詳しい内容をご希望ならば、是非ご購読下さい。

ダイジェスト版をお読みの方から質問を頂いても、マガジン本編でお答えしま
す。ダイジェストでは、全ての内容をご覧頂けない場合もありますので、悪し
からずご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------
◆DB Magazine ......うまくなりたいすべてのサーファーへ。
            [ DB Magazine ]
            →http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html

有料版[ DB Magazine ]は、バックナンバーも全て販売しております。
2002年 2月創刊。月額 500円にて好評発売中です。

御希望の方に「バックナンバー目次」を無料で返送します。
(エクセルファイルを添付します)
メールのタイトルに「目次希望」と書いて→mailto:dbmag@dbsurf.com へ
メールして下さい。目次があれば、バックナンバーの購読に便利です。
======================================================================

━━━━ link Magazine................................................
 
Surfing Magazine --> http://www.sala.or.jp/~junbo/

===== Dawn Breaker http://www.dbsurf.com/ ============================

マガジン名   DB Magazine Digest
著者         村上鐘司(popeye)mailto:popeye@dbsurf.com
発行元       Dawn Breaker Surf & Board Repair Pro Shop 

ご感想、ご要望 mailto: dbmag@dbsurf.com
購読変更・解除 http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html
発行協力    まぐまぐ  http://www.mag2.com/ 
        メルマ! http://melma.com/
Copyright (c) 2001-2004 Dawn Breaker. All rights reserved.
許可無く転載することを禁じます。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。