マリンスポーツ

DB Magazine Digest

サーフィンの技術やサーフボード、トレーニングについて詳しく解説している「DB Magazine」を簡素に要約してお知らせしているダイジェスト版です。

全て表示する >

[ DB Magazine Digest ] 2004/01/06 Vol.153

2004/01/06


=== Club DB Surf Magazine ============================================
■ ◇
■■   DB Magazine Digest  2004/01/06号
■■■                                 Vol.153 mailto:dbmag@dbsurf.com
======================================================================


━━━━ From Writer..................................................

明けましておめでとうございます。

2004年を迎えまして、DB Magazine もさらにパワーアップし、
今まで以上に皆さんの上達のため、具体的に役立つような記事を取り上げて
いこうと思っています。

お正月の間は、日本海でうねりが入り各ポイントは爆発していたようでありま
すが、太平洋側と言えば寂しい限りでしたね。

まだしばらくこの状態は続くようですが、日々体を鍛えつつ、いつでも最高の
波を迎え撃つ準備をしておきたいものですね。

======================================================================
◆サーフィンのためのトレーニング(1)
======================================================================
今回は年末に予告したとおり、トレーニングのお話であります。

◎なぜトレーニングが必要なのでしょうか?

それはサーフィンというスポーツにおいて、「プレーの向上」と、
「怪我を防ぐ」といったことが大切だからです。

ほとんどのスポーツは、「自分の体重をどうコントロールするか」、という
ことにかかっていると思います。

波のサイズでも左右されますが、最大5Gの重力がかかると言われるボトム
ターンの時に、体重80kgの人と、50kgの人とでは、脚部や腰にかかる
荷重は全然違うものになりますし、トップでの体の切り返しに必要な体幹部
(背筋や腹筋)にかかってくるストレスも違います。

ましてや、パドリング時の不自然きわまりない上半身を反らせたあの体勢は、
体重が多く筋力が弱い状態では腰の故障を引き起こしかねません。


======================================================================
◆「自重(じじゅう)をコントロールできる筋力、コントロールしやすい自重
    であること」が、サーフィンにおいてのトレーニングの要になります。
======================================================================
サーフィンはボードの上に立ち、波の力を利用しつつボードを体でコントロー
ルします。

しゃがんだり立ったり、腿を胸の位置まで引き上げたり、体幹部で上半身の
先行動作を行ったりと、体の全てを使います。

体力維持の為にジムへ通う一般の方達や、筋肉だけを大きくするボディービル
ダーのそれとは、明らかに違う質のトレーニングが必要になってきます。

なぜなら、ボードの上での動きを極めていかなければならないからです。

======================================================================
◆具体的に、自重をコントロールするトレーニングとはどういったことなので
 しょうか?
======================================================================
サーフィンの動きの中で一般的な動きは「スクワット」です。
しゃがんだり立ち上がったりするあれです。

最低限、自重と同じウエイトを担いで10回はスクワットができなければ、
パワフルでシャープなターンは望めません。

片足スクワットを10回ずつ行う方法でもいいですが。

理想を言うのなら、自重の1.5倍〜2倍のウエイトを担いで最低5回の
スクワットができることが望ましいのです。

体重が重く、その体重に対して筋力がなければこれは拷問のような話になり
ますね。

100mダッシュが効かない100kgの体では、こんな事をしたら即座に
腰や膝の故障を引き起こしてしまうことになりかねません。

もちろん、100kgの体重があったとしても、200kgのウエイトを
担いでスクワットが行え、100m全力ダッシュを、インターバルをおいて
2回もできる筋力があれば何の問題もありません。


いきなりそんなことをしろというのではありません。

そこに目標を持ちましょう、と言う話です。

◎あなたは片足を前に出して、もう一方の片足だけで何回スクワットが
できますか?
かかとが浮かないように、一番下まで降りて伸び上がってみてください。

どこから鍛え、何kgウエイトを落としたらよいかが見えてくるかもしれま
せんよ。

(筋トレよりも、ウエイトダウンのほうが大事だったりして。苦笑)


━━━━ from editor .................................................
この後、DB Magazine では、

○●片足スクワットに変わるテスト●○と、
概論をもう少し具体的な方向でお話を続けています。

詳しい内容をご希望ならば、是非ご購読下さい。

ダイジェスト版をお読みの方から質問を頂いても、マガジン本編でお答えしま
す。ダイジェストでは、全ての内容をご覧頂けない場合もありますので、悪し
からずご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------
◆DB Magazine ......うまくなりたいすべてのサーファーへ。
            [ DB Magazine ]
            →http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html

有料版[ DB Magazine ]は、バックナンバーも全て販売しております。
2002年 2月創刊。月額 500円にて好評発売中です。

御希望の方に「バックナンバー目次」を無料で返送します。
(エクセルファイルを添付します)
メールのタイトルに「目次希望」と書いて→mailto:dbmag@dbsurf.com へ
メールして下さい。目次があれば、バックナンバーの購読に便利です。
======================================================================

━━━━ link Magazine................................................
 
Surfing Magazine --> http://www.sala.or.jp/~junbo/

===== Dawn Breaker http://www.dbsurf.com/ ============================

マガジン名   DB Magazine Digest
著者         村上鐘司(popeye)mailto:popeye@dbsurf.com
発行元       Dawn Breaker Surf & Board Repair Pro Shop 

ご感想、ご要望 mailto: dbmag@dbsurf.com
購読変更・解除 http://www.dbsurf.com/magazine/magazine.html
発行協力    まぐまぐ  http://www.mag2.com/ 
        メルマ! http://melma.com/
Copyright (c) 2001-2004 Dawn Breaker. All rights reserved.
許可無く転載することを禁じます。
======================================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-02-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。