マンガ・アニメ

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

アニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に関して、日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介、もしもあの作品のキャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話など。

全て表示する >

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

2002/09/29

◎◎◎◎●女性の自立を応援します●◎◎◎◎
働きたいけど子供がまだ小さい、夫の稼ぎから独立したい、OL辞めたい
そんな貴女の願いを叶えましょう。スタッフは女性ばかりです。
まずはここを見て!!!→ http://www.pmgsd.com/kazuta/lip/index.htm


「アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。」第95回配信。2002.09.29.

 このマガジンはアニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に
関して、その日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介したり、もしもあの作品の
キャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話などを中心におおくり
していきます。


今日のテーマ(1)は「『となりのトトロ』のキャラを『美女と野獣
〜ベルの素敵なプレゼント〜』にキャスティングしたら」です。

「ベル」の性格がもしも「日下部めい」だったら、野獣王子の野獣に
なってる顔をペット感覚で眺めて「可愛い」なんて言うかもしれません。
城の外に出たら、すぐに迷子になってなかなか帰ってこないでしょう。

「野獣王子」の性格がもしも「貫太」だったら、ベルのことを好きな
ことはひた隠しに隠すでしょう。ベルのことを好きなくせに意地悪な
ことをわざとしたりして、仲良くなるのは映画よりもっと遅れるでしょう。

「マエストロ・フォルテ」の性格がもしも、「日下部家のお父さん」
だったら、もちろんベルと王子の恋の邪魔なんてしないで、二人を
呼んでムーディーな曲を演奏したりして応援してくれることでしょう。

「ファイフ」の性格がもしも「日下部さつき」だったら、フォルテの
部下という立場もかまわずに、フォルテに真っ向から逆らって
陰謀からベルと王子を守ろうとするでしょう。

美女と野獣は特に音楽が好きです。椅子の犬が可愛いですよね。


今日のテーマ(2)は「『美女と野獣〜ベルのプレゼント〜』のキャラを
『となりのトトロ』にキャスティングしたら」です。

「日下部めい」の性格がもしも「ベル」だったら、迷子になっても
泣いたりはせずに、根気よく歩いて自分で家まで帰ってくる
ことでしょう。心配をかけたことを丁重に家族に謝罪することでしょう。

「貫太」の性格がもしも「野獣王子」だったら、電報がさつきに
届いたときに、ばあちゃんの所へ付き添ってはあげないでしょう。
本家に電話を借りに行くときにも「俺は関係ない」とか言いそうです。

「日下部家のお父さん」の性格がもしも「マエストロ・フォルテ」だったら
お母さんを子ども達より自分の元に独占しようとするでしょう。
めいのトウモロコシを隠してお母さんには見せないかもしれません。

「日下部さつき」の性格がもしも「ファイフ」だったら、めいが迷子に
なっても一人でおろおろするばかりで、何も出来ないことでしょう。
トトロにお願いするという発想はファイフには出来ないことでしょう。

「となりのトトロ」は何度見ても飽きないですよね。


ご意見ご感想はこちらへ→ mura-ryo@chan.ne.jp


このメルマガの筆者、村井亮介は「詩と冒険小説〜優しくあることをめざして〜」
というメルマガも併行して発行してます。ご購読下さると嬉しいです。


●このメルマガ作者関連ウェブサイト●お気軽に遊びに来て下さい。●
●村井亮介 in 言葉の都● http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/ ●


●○●インターネット文芸サークル●○●メルマガ同人誌●○
文芸サークル「煌星(きらぼし)」です。詩と小説のオリジナルを
書いている集団です。SF、ファンタジー、純文学、恋愛物など
ハートフルな作品が多く、過激な物は書きません。購読して下さい
こちら→ http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/dojinn-toroku.htm
↑このメルマガでは「少年が旅立つ時」の続編を連載します


★☆★お気軽サプリメント・ダイエット★☆★
失敗続きの私達のダイエットがついに、これで成功! 真剣なわたしは、
無料サンプルもらっちゃった! http://homepage2.nifty.com/rakrak/kazuta/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-31  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。