マンガ・アニメ

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

アニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に関して、日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介、もしもあの作品のキャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話など。

全て表示する >

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

2002/07/17

●○●インターネット文芸サークル●○●メルマガ同人誌●○
文芸サークル「煌星(きらぼし)」です。詩と小説のオリジナルを
書いている集団です。SF、ファンタジー、純文学、恋愛物など
ハートフルな作品が多く、過激な物は書きません。購読して下さい
こちら→ http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/dojinn-toroku.htm
↑このメルマガでは「少年が旅立つ時」の続編を連載します


「アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。」第七十六回配信。2002.07.17.

 このマガジンはアニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に
関して、その日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介したり、もしもあの作品の
キャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話などを中心におおくり
していきます。


今日のテーマは「ディズニーアニメ『ピノキオ』のキャラがもしも」です。
 
 「ピノキオ」の性格がもしも、「クレイトン」(ターザン)だったら、
正直ジョンに騙されたりは決してせずにむしろ騙し返すでしょう。もしも
悪い子供がロバになる島に行くことがあったら、真っ先にロバになって
助けてもらう暇なんかないでしょう。
 
 「ジミニー・クリケット」の性格がもしも、「マエストロ・フォルテ」
(美女と野獣)だったら、ピノキオを利用して儲けるために、星の妖精さんを
騙して「良心」になろうとするでしょう。でも妖精さんに見破られて何か
罰を受けるでしょう。
 
 「星の妖精」の性格がもしも、「ポカホンタス」だったら、自分も
人間になって、生き甲斐をもって生きていこうとするでしょう。恋に
生きる人なので美形の人形を人間にして、自分の彼氏にするかもしれません。
 
 「ゼペット」の性格がもしも、「ジャファー」(アラジン)だったら、
ピノキオの量産を試みて大もうけをしようとするでしょう。日夜、人形に
魂を込める魔術の研究に没頭して星の妖精さんから見向きもされなくなる
でしょう。
 
 ディズニーアニメ・ピノキオは名作中の名作ですよね。


ご意見ご感想はこちらへ→ mura-ryo@chan.ne.jp


このメルマガの筆者、村井亮介は「詩と冒険小説〜優しくあることをめざして〜」
というメルマガも併行して発行してます。ご購読下さると嬉しいです。


●このメルマガ作者関連ウェブサイト●お気軽に遊びに来て下さい。●
●村井亮介 in 言葉の都● http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/ ●

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-31  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。