マンガ・アニメ

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

アニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に関して、日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介、もしもあの作品のキャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話など。

全て表示する >

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

2002/05/25

◎◎◎◎●女性の自立を応援します●◎◎◎◎
働きたいけど子供がまだ小さい、夫の稼ぎから独立したい、OL辞めたい
そんな貴女の願いを叶えましょう。スタッフは女性ばかりです。
まずはここを見て!!!→ http://www.pmgsd.com/kazuta/lip/index.htm


「アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。」第四十二回配信。2002.05.25.

 このマガジンはアニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に
関して、その日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介したり、もしもあの作品の
キャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話などを中心におおくり
していきます。


今日のテーマ(1)は「一度飼ってみたい架空のペット」です。
 
 一位。ラスカル(あらいぐまラスカル)。あらいぐまは架空じゃないですが
ラスカルは架空なので。やっぱし一番可愛いんじゃないかな。ラスカルの声を
やってた声優さんて誰なんだろう。日本アニメーションの名作シリーズです。
宮崎駿も一部原画をやってます。
 
 二位。トトロ(となりのトトロ)。ペットなんだろうか!?「飼うというより
飼われてみたい」と友達が言ってました。毛並みがふさふさしてそうで一度
触ってみたいと言う声もありました。ぬいぐるみのベストセラーですよね。
乗ってみたい乗り物でトトロをあげる人がムチャ多かったです。
 
 三位。ユキちゃん(アルプスの少女ハイジ)ヨーゼフとどっちを三位に
入れるか迷いました。なんでこの作品、山羊だけは名前が日本人なのでしょうか?
このアニメ見て山羊飼いたいと思いませんでしたか?

 四位。ヨーゼフ(アルプスの少女ハイジ)一番最初に登場したときには
なんだか怖いイメージでしたよね。でも、とっても頼りになって優しいセント
バーナードなんですよね。小鳥のピッチがカマドの火に飛び込みそうになったら
パクッとくわえて、ハイジは「食べちゃった」と怒りますが、あーん、と口を
開けたら無事にピッチは出てきましたよね。

 五位。アブー(アラジン)アラジンが飼っている小猿ですね。こそ泥の技能に
長けています。アラジンはこの賢い小猿の盗みの技術に助けられた場面も
ありました。ジャファーのオウム・イアーゴとはいいライバル関係なんですよね。

 六位。パーディ&ポンゴ&ダルメシアンの子犬たち(101匹わんちゃん)
犬を101匹も飼える家に住みたいものですね。なかなかにダルメシアンという
犬種は賢いものらしいので、飼っていたら楽しい思い出が作れそうです。

 アニメや映画やドラマのペットで飼ってみたいのはいますか?



今日のテーマ(2)は「名作アニメの宮崎駿関連作品」です。
 
 「アルプスの少女ハイジ」1974年作品。場面設定担当。この作品の
大きな特徴はハイジの髪型でした。ハイジと言えばそれまでは三つ編みの
ロングなのが常識でした。それをあえて破り、なおかつヨーロッパのドラマで
「アルプスの少女」をやるときにはショートにしないと視聴者が納得しない、
という新たな常識を作ってしまったのです。それほど世界中に影響を与えました。
 
 「母をたずねて三千里」1976年作品。場面設定担当。この作品は
ほとんどオリジナルのストーリーと言っていいでしょう。もともとは
「愛の学校クオレ」の中で先生が話す短いたとえ話なのです。それを一年の
シリーズにしてこれだけの名作に仕上げたのだからスタッフはものすごく
優秀です。景色が綺麗だった。

 「あらいぐまラスカル」1977年作品。一原画マンとして関わる。
この作品はスターリング・ノースの実話「はるかなるわがラスカル」の
アニメ化作品でした。スターリングの性格がとても共感できるものがあって
好きでした。それから今は磯野カツオ君の声をやっている富永みいなさんが
アフレコしていたヒロインのアリスが理想の女性として(当時の僕とほぼ
同い年)僕の目には映っていました。
 
 「赤毛のアン」1979年作品。場面設定担当。「耳をすませば」の
近藤喜文が作画監督です。アンの性格、昔は嫌いでしたね。昔の僕なら
アンみたいな子とはすぐ喧嘩になってギルのように無視されたでしょう。
でも今はアンみたいな子がいたらじっくり語ってみたいですね。アンは
今の僕とは気の合う女性の典型なんです。
 
名作シリーズに何か思い入れがありますか?全部ビデオ出てますよね。




ご意見ご感想はこちらへ→ mura-ryo@f8.dion.ne.jp


このメルマガの筆者、村井亮介は「詩と冒険小説〜優しくあることをめざして〜」
というメルマガも併行して発行してます。ご購読下さると嬉しいです。


●このメルマガ作者関連ウェブサイト●お気軽に遊びに来て下さい。●
●村井亮介 in 言葉の都● http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/ ●


●●村井亮介のインターネット文芸サークル●●メンバー募集
詩か小説を書いている方、インターネット上で交流しませんか?原稿が
集まれば村井亮介がメルマガ同人誌を発行します。購読者150人を
第一段階の目標にします。村井亮介とサークル活動しませんか?
こちら→ http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/dojinn.htm


★☆★メル友サークル★☆★5月20日スタート
オフ会中心の楽しいサ−クルを作りました♪
全国の20歳以上の方なら どなたでも参加することが出来ます♪
サラリ−マン、主婦、OL、社長、プ−タロ−、。。
たくさんの方達の参加をお待ちしていますっっ
<アドレス修正>→ http://www.pmgsd.com/kazuta/form/0mail.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-31  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。