マンガ・アニメ

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

アニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に関して、日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介、もしもあの作品のキャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話など。

全て表示する >

アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。

2002/04/24

「アニメ映画のキャラ話、ジブリとディズニーと。」第十五回配信。2002.04.24.

 このマガジンはアニメ映画のスタジオジブリ作品や宮崎駿作品、ディズニー作品に
関して、その日ごとのテーマに沿ってキャラクターを紹介したり、もしもあの作品の
キャラ達が他の作品のキャラの性格だったらという笑い話などを中心におおくり
していきます。


「詩とメルヘン」2002年5月号の「POEM31」のコーナーに私、村井亮介の
短詩型作品が掲載されています。


今日のテーマは「『紅の豚』のキャラ達の性格がもしも」です。
 
 「ポルコ」の性格がもしも、「野比のび太」(ドラえもん)だったら、運動神経が
ないので飛行機はすぐに撃ち落とされるでしょう。でも陸に上がってカーチスと鉄砲の
撃ち合いになったら射撃は大得意なので圧勝するでしょう。
 
 「マダム・ジーナ」の性格がもしも、「アリエル」(ディズニー・アニメ・リトル
・マーメイド)だったら、いつまでも離島のクラブで想う人を待っていたりせずに、
自分から素敵な人を探す冒険に出るでしょう。
 
 「フィオ・ピッコロ」の性格がもしも、「ポカホンタス」(ディズニー・アニメ・
ポカホンタス)だったら、理想の男性を捜して、設計なんてしている余裕はなくて、
ポルコと仕事をすることはないでしょう。ジョン・スミスといい、ジョン・ロルフと
いい、かなりの面食いらしいので、ポルコにキスして魔法を解いてあげることもない
でしょう。

 「カーチス」の性格がもしも、「セバスチャン」(ディズニー・アニメ・リトル・
マーメイド)だったら、ジーナに好意を抱いていても決してそれを口にしたりは
しないでしょう。ポルコへのライバル心は「お説教」の形で表すでしょう。
 
 「紅の豚」は何回くらい観ましたか?


ご意見ご感想はこちらへ→ mura-ryo@f8.dion.ne.jp


このメルマガの筆者、村井亮介は「詩と冒険小説〜優しくあることをめざして〜」
というメルマガも併行して発行してます。ご購読下さると嬉しいです。


●このメルマガ作者関連ウェブサイト●お気軽に遊びに来て下さい。●
●村井亮介 in 言葉の都● http://www.f8.dion.ne.jp/~mura-ryo/ ●

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-31  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。