文学

松井英樹コラム&エッセー

ちょっとブレイク!松井英樹のコラム&エッセー

全て表示する >

松井英樹コラム&エッセー 2004/05/10

2004/05/09

))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))
 松井英樹コラム&エッセー  
  May 10   ’04   《ゴールデンウィーク》
((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((

ゴールデンウィーク期間中、テレビでは盆暮れと同様に、主要道路やターミナ
ル駅、空港での状況、ならびに観光地の人出などをこぞってニュースで流す。
「成田空港は今日一日で五万人が…」「東名高速は〜付近で五十キロの渋滞…」
「新幹線は軒並み百二十パーセントの乗客…」などなど。

なぜにこれほどの人が、一気にお出掛けするのか。どこに行っても混んでいる
し、ましてや、海外旅行などコストが高い。場所によっては、一週間後の日程
の旅費は半額以下になる。やはり勤務先の長期休暇の取りづらさと、子供の休
みに合わせているのか。

ゴールデンウィークは素人しか旅行をしない。あんな混んだ成田空港など、飛
行機に乗る前から疲れてしまう。現地に行っても日本人だらけ。オフピークの
時に、安いコストで行くのが玄人である。

ならば、この自分は?というと、悲しいかな、ひがみ者の負け惜しみで、能書
きを言っているだけである。旅行に行くお金と時間の余裕がないのが現状だ。
本当は、混んでいようと高かろうと、どこかへ行きたいのである。

そこで僕は考えた。所有する超大型の自家用豪華クルーザーで、旅に出れば良
いではないかと。海は混雑しない。旅費も掛らない。ただ、天候に左右される
のが玉に瑕だが、贅沢は言えない。

目的地はどこにしようか。一応、太平洋を横断してサンフランシスコに。でも、
風に訊いてくれ、って感じ。果たして無事に着けるのだろうか。時間はどれく
らい掛るのだろうか。また、帰って来ることは出来るのだろうか。もう二度と、
日本の土を踏むこともないかもしれない。

(出港の様子、下記URLにて写真を参照下さい)
http://photo.www.infoseek.co.jp/Image.asp?pn=532.5054

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
《お知らせ》
日刊でweblog 始めました。写真入りです。覗いてみて下さい。
『松井英樹 今日の独り言』 http://blog.melma.com/00056707/
********************************************************************
Mail: 55@matsui-hideki.com 
HP: http://www.matsui-hideki.com
Blog: http://blog.melma.com/00056707/
********************************************************************
このメールマガジンは、以下のサービスより配信されています。
【メルマ!】  http://www.melma.com/  マガジンID:56707
【まぐまぐ】  http://www.mag2.com/   マガジンID:90704
【マッキー!】 http://macky.nifty.com/    マガジンID:hm55   
【めろんぱん】 http://www.melonpan.net/ マガジンID:3005  
【カプライト】 http://kapu.biglobe.ne.jp/ マガジンID:5996  
【イーマガジン】http://www.emaga.com/    マガジンID:hm55  
【メルマガ天国】http://melten.com/        マガジンID:10526  

登録変更・解除の手続きは、以下アドレスよりお願いします。
http://www.matsui-hideki.com/page004.html 
********************************************************************
All rights are reserved by Hideki Matsui.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-29  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。