文学

松井英樹コラム&エッセー

ちょっとブレイク!松井英樹のコラム&エッセー

全て表示する >

松井英樹コラム&エッセー 2003/12/08

2003/12/08

))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))
 松井英樹コラム&エッセー  
  Dec  8   ’03   《長生き》
((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((

義理の祖母が亡くなった。享年百歳。人が亡くなると、本来周囲は悲しむもの
である。しかし、ここまでの大往生となると、悲哀の雰囲気は感じられない。
むしろ、長い間ご苦労様でした、というところであろうか。

実は生前、百歳の誕生日を期に、地元の役所の助役らを始め、行政の面々がお
祝いに駆けつけた。賞状とお祝い金を持って。家族も加わり、華やかなお祝い
だった。

ところが、その二ヵ月後。元気でかくしゃくとした祖母は、急激に衰弱が進み、
帰らぬ人となってしまった。周りは言った。百歳の目標を達成し、緊張感が解
けてしまったのだろうかと。僕は他にも、同様の例を聞いた事がある。

今の日本社会、将来の高齢化が叫ばれている。少子化による歪な人口ピラミッ
ド、年金問題等。特に福祉に関しては、百歳の親を七十、八十の子供が面倒を
見るという、介護をする人が介護を要する時代が近付いている。

人は誰でも、健康で長生きしたいと思うだろう。でも、九十歳を超えた方から
聞いた話に、死生観とやらを考えさせられてしまった。長生きしても、楽しい
ことばかりじゃない。悲しいことも多い。それに、友達はみんな先立ち、自分
ひとり残されてしまったと。

ところで、祖母が百歳のお祝いを受けた日、市の助役たちが家を去った後、自
分で仏壇の引き出しに大切にしまった物の存在が、祖母の機嫌を大層良くして
いた。それは、お祝い金であった。今頃そのお金で、祖母は天国で何を買い求
めているのだろうか。

********************************************************************
Mail: 55@matsui-hideki.com 
HP: http://www.matsui-hideki.com
********************************************************************
このメールマガジンは、以下のサービスより配信されています。
【メルマ!】  http://www.melma.com/  マガジンID:56707
【まぐまぐ】  http://www.mag2.com/   マガジンID:90704
【マッキー!】 http://macky.nifty.com/    マガジンID:hm55   
【パブジーン】 http://www.pubzine.com/   マガジンID:18661  
【めろんぱん】 http://www.melonpan.net/ マガジンID:3005  
【カプライト】 http://kapu.biglobe.ne.jp/ マガジンID:5996  
【イーマガジン】http://www.emaga.com/    マガジンID:hm55  
【メルマガ天国】http://melten.com/        マガジンID:10526  

登録変更・解除の手続きは、以下アドレスよりお願いします。
http://www.matsui-hideki.com/page004.html 
********************************************************************
All rights are reserved by Hideki Matsui.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-29  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。