文学

ほうれん草の記

ほうれん草、ゆであがりましたよ!みんなで楽しく食べましょう。世界の平和を守って。これは、私の小説です。

全て表示する >

洋子のエッセイ集

2003/12/31

   お知らせ

 皆様、今年もあわただしい師走となりました。
 お変わりありませんか? お元気ですか?
 いつも私のつたないエッセイを読んでくださって、ありがとうございます。
 今日これからこのサイトをリニューアップします。
 私の新しい小説を連載します。
 エッセイの時と同じく、よろしくお願いします。
 小説の題名は、「ほうれん草の記 どちゃらか夫婦日記」といいます。

 その前に、もう一つ。ショートショートをどうぞ。

    小泉さんと桜
   
   咲いた花なら、散るのは覚悟
   みごと散りましょ 国のため

 靖国神社の桜が散る……。
 その美しさゆえに、彼は特攻隊員の隊員達の死に感動する。
「そうだ! 若者達をイラクに送ろう!」
「みなさん、命をかけて国際社会に貢献してください。
 誇りを持って、死んでください」
 さてと、これでいいのだ。彼は一国の宰相だし、第一、もうこれから軍隊に入らねばならないようなる年ではない。
 また、彼の息子たちも自衛隊員ではない。
 彼も彼の家族も無事だ。彼には他人の死を賛美する自由がある!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。