日記・blog

千里資料館のMMT

 21世紀の厳しい時代に元気の出る話題を中心に、趣味、旅行、東洋医学、IT技術、等の情報を紹介します。

全て表示する >

【千里資料館】テキスト版04/03/17

2004/03/17

【千里資料館 MMT】テキスト版 2004/03/17 Vol.002
21世紀の生活を支援する情報の宝庫
--------------------------------------------------------------------------
■目次
 ● お知らせ、トピックス(ホームページの更新情報)
 ● 【レポート】「技術の本質('88)」
 ● お問い合わせ

--------------------------------------------------------------------------
● お知らせ、トピックス(ホームページの更新情報)2003.11.10〜

★【茶屋町ギャラリー】に「あの日の風景('90)」追加 (2004/03/11)
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/chaya/gnews.htm

★【レポート】に「技術の本質('88)」追加 (2004/03/06)
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/real-g.htm

★【レポート】に「CGとAI('86)」追加 (2004/03/03)
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/cg-ai.htm

★【趣味】俳句集 の「俳句('02-03)」に2句追加 (2003.11.17) 
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/haiku_c.htm

★【趣味】俳句集 に「ふれあい全国俳句大会」を紹介 (2003.11.10)
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/haiku.htm

☆上記より古いトピックスは、【トピックス】を参照して下さい。
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/topics03.htm
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/topics02.htm

--------------------------------------------------------------------------
● 【千里資料館 HP】【レポート】「技術の本質('88)」(2004/03/06)

技術管理部 専門部長 杉本 力
技管ニュース 1988年3月号

 去る2月20日、「我が国の産業技術史博物館を考える」という公開シンポジウ
ムが大阪商工会議所で開催され、千里丘陵に国立の上記博物館を建設する件につい
て討論された。
 従来、我が国には、博物学、考古学、民族学に関する人文的博物館はあるが、産
業技術史的なものは、企業が社業に沿った業種的、個別的なものは多いものの、一
般的には非常に少ない。欧米には、ワシントンのスミソニアン博物館、ロンドンの
大英博物館、ミュンへンの科学博物館等の、技術的な大博物館が数多くあり、見学
者に深い感銘を与えている。

 ヤンマーディーゼル創業70周年に、「技術資産の蓄積について」の記念論文が
募集され、その審査にたずさわった時に、有識者より技術力に関する種々の見識に
接する事が出来た。旧籐井製作所(現セイレイ工業岡山工場)で、ジョンディアと
の技術提携交渉(日立建機経由)や、酒井重工の大型融雪機のOEM生産の時、又
ディーゼルティラーを木之本工場から旧協和農機(現セイレイ工業高知工場)ヘ工
場移管する時に、特許・図面・設計資料は、知的所有権の中の極一部に過ぎない事
を痛感した。即ち、生産技術や工場管理技術を含めた技術資産の本質に触れる事が
出来た。

 スポーツの世界でも、単なるテクニックだけでは一人前ではなく、経験豊富なコ
ーチについて実戦面での試合運びや苦境にたたされた時の処理、考え方、精神面で
のサジェッションなどを指導してもらうことが行われている。それが、豊富な練習
を通じて体で憶えて初めて自分のものとなり、実戦で臨機応変に使える様になり、
勝利につながる事ができる。

 最近、AI技術が急速に進歩して、90年代のソフト開発の有力な手段として認
められ、企業の意志決定に使われる様になって釆た。ESの初期における専門家の
知識を集めただけで表面的な事例的相関関係の浅い知識によるものでは、十分では
ない。断片的な事実や永い経験の中から、汎用的に使える判断基準や方法論を貴重
なノウハウ、深い知識として整理して組み込むと、やっと専門家の真似が出来るよ
うになる。その為には、技術の本質を見抜く力を養成し、洗練された知識として整
理し、利用し易い形に仕上げることである。

 それを利用して、効率良く技術力を向上させ、その上により高度な技術を稜み重
ね、優れた商品を開発する事が肝要である。

<参考> 
 ・AI・・・Artificial Intelligence(人工知能)
 ・ES・・・Expert System(専門家の手法で推論するもの)

「参考資料」あの日の風景('90)
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/chaya/gnews.htm(2004/03/11)

--------------------------------------------------------------------------
 ♪『ヒヨドリの くちばしせわし 赤き実や』♪

【千里資料館】、趣味、俳句集、俳句(’02−03)より
http://www.geocities.jp/sugichi_1000/haiku_c.htm

--------------------------------------------------------------------------
● お問い合わせ

発行:千里資料館 杉本 力        〒565-0812 吹田市千里丘中28−14
TEL:06-6877-6325
mailto:sugichi_1000@ybb.ne.jp    http://www.geocities.jp/sugichi_1000/
このメールの無断転載を禁止します Copyright(c) 2002-2004 by 千里資料館
-------------------------------------- Thank You -------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-13  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。