ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第796号

2017/11/24

こんにちは!天川 彩です。

大阪でのカチーナ展を終えて、ようやく東京に戻ってきました。本来
ならば、ほっと一息つくはずでした。が…。東京に戻って来たその日に
義母の入院が決まり、付き添いやら、準備や手続きやら…。

でも、出張中に入院することになっていなくて、本当に良かったです。
これといって何もできないのですが、こんな時、側にいてあげること
が出来てホッとしています。仕事も大事ですが、家族も大事。
どちらも大切にすることが出来て、神様の配慮に感謝するばかりです。

それにしても、この一ヵ月を振り返ると尋常ではないスピードでした。

Hopi、東京、札幌、そして大阪と走り抜けたなんて、自分でも信じら
れません。50体以上のカチーナたちを先日Hopiで迎えたばかりですが、
30体以上のカチーナがこの一カ月の間に旅立ちました。
そして、お守りとなるHopiジュエリーも幾つ旅立ったことやら。

平和の民を様々なかたちでサポートしてくれるカチーナやジュエリーが
もの凄い勢いで、日本各地に旅立っているのは、神様の意志としか思え
ません。カチーナをお迎えされた方々とお話ししていると、皆さんそれ
ぞれ平和の精神を持ち合わせ生きていらっしゃるのだなぁ、と思います。
そんな方々のもとにカチーナたちは旅立ち、サポートしに行っていると
いうこともヒシヒシと感じます。

また、Hopiジュエリーを選ばれる方も同様です。たまに、インディアン
ジュエリーの一つ、お洒落アイテムの一つとしてジュエリーを選ぼうと
する人や、カチーナも希少価値のコレクションの一つとして集めようと
する人も現れますが、そういう方にご縁が無いようです。カチーナもジ
ュエリーも不思議とそうした方のもとには、私たちのお店からは旅立た
ないようです。そうしたことも含めて全てが有難いことだと思います。

お店も会社も、単に売り上げがあがれば良い、というわけではなく、
本当に縁ある人に縁ある人や物を繋げるのが私たちの仕事だと思います。

それにしても、今回の大阪カチーナ展では、不思議がいっぱい。それも
今までに経験したことが無いほどのいっぱいでした。

具体的なことはプライバシーに関わるので詳しくは書けませんがカチー
ナを迎えられた方々が、次々と人生の大転換期を迎えられたようで…。
昼間は、カチーナ展や講演会を行い、夜になると連日連夜、入れかわり
立ち替わり色々な方が相談にやって来られ、私は体力の限界まで?それ
ぞれの方と向き合いました。それも、ほぼ毎日朝まで…。

そして最終的には、皆さん、それぞれに良い方向に進み出す結果に辿り
着き、凄い時間だったなぁ、としみじみ…。

東京のHopiショップに、今、カチーナとHopiジュエリーが、ズラリと並
んでいます。HPには載っていないものも沢山ありますので、「!」とき
た方は、ぜひ、遊びにいらしてください。

それから、先週から来年2月開催予定のボリビアツアー募集開始していま
す。今回は、天空の鏡・ウユニ塩湖と南米三大カーニバルの一つ、オル
ロのカーニバルにも行ってしまうという欲張りツアー。

オルロのカーニバルは、特に民族色が豊かでアンデス音楽に合わせて、色
とりどりの衣装をまとった人々の踊りは圧巻なようです。
更にこのカーニバルは別名「水かけ祭り」とも呼ばれており、ダンサーも
観光客もお構いなしに、皆で、泡や水を掛け合うというワイルドなお祭り
なのだとか。
参加者の方には改めて服装のことのお知らせをお送りしますが、童心に
戻り、ワイワイ大騒ぎできそうで楽しそうですよね。

その後は、静寂のウユニ塩湖へ。まさに動と静の世界。

次こそボリビアへ!と思われている方。ぜひご一緒いたしましょう。

それから、先日来お知らせしております、天河五十鈴の鈴緒奉納ですが、
お陰様で、どんどん広がっています。嬉しい限りです。引き続き、どう
ぞ宜しくお願いいたします。

今週、コラムで「真の平和とは」という文章を書こうと思いましたが、
冒頭に書いた通り、体力の限界まで動き続け、そのままノンストップ
状態。なので、今日は早めに帰ろうと思います。

ですので今週はコラムと占いをお休みさせてもらいますね。

その代わりといってはナンですが、鈴緒の奉納プロジェクトに関連して
天河神社の宮司様に書いていただいた「天河神社の由来」に関する文章
をご紹介させていただきます。

天河神社の由緒を宮司様ご自身で書いてくださった貴重な文章です。
最初は少し難しいかもしれませんが、何度かお読みいただければ、
そういうことだったんだ!と感激されるかと思います。

ぜひお読みください。


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇<
……………………………………………………………………………………
1・天河神社の由緒ほか=======「柿坂宮司様から賜わった文章」
2・天河プロジェクト==「天河神社の鈴緒を一緒に奉納しませんか?」
3・募集中!===========『TENのボリビアツアー2018』
4・編集後記=====================「あとがき」

…………………………………………………………………………………
【1】◆◇天河神社の由緒 ほか ◆◇ 
……………………………………………………………………………………

『天河神社の由緒ならびに現社殿の五十鈴と鈴緒について』

〜天河大辨財天社 柿坂神酒之祐 宮司様より賜わりました文章〜



 初代神武天皇様が日本国統一のために、天河の社壇の真名井と
称えられる神奈備に拝せられ、ヒノモトという言霊を拝受せられました。

 この真名井は歴代天皇様の拝されました聖地であります。

 白鳳年中に下って、初花姫が天河の社壇に額ずかれた時、
天下る天女の響きを拝受せられ、御鏡(みかがみ)と十五の督(とく)を
受け賜いて、大和の葛城にて役小角を出生されたのであります。

 役小角は母、初花姫よりその御鏡(みかがみ)と十五の督(とく)を
拝受せられ、熊野より吉野に向かう七十五靡を開山せられ、
吉野熊野の最高峰、弥山山上に拝せられた時、母の初花姫と等しく、
天女を辨財天と感得せられたのであります。

 そして天武天皇が大海皇子と呼称されている時に歴代皇室の祈られた
天河の神奈備に拝せられ、壬申の乱の勝利を願われました。後、飛鳥の浄御
原宮(きよみがはらぐう)を造営せられ 第四十代天皇に即位され、
天武九年日本の社殿草創の時、天河社壇真名井の聖地に御社殿を御造営され、
天の安河大社(あまのやすかわたいしゃ)と称せられたのであります。

 その社殿に辨財天尊像をご遷座され
御秘神天照比売(ごひじんあまてるひめ)と称せられたのであります。
その天照比売辨財天は六十年に一回の御開帳とされています。

 以来千三百有余年、国の重鎮貴顕高僧達が、天河(てんかわ)の御神業
(ごしんぎょう)を重ねられ、神威高揚にお働き下さったのであります。
その間幾度か社殿が建て替えられてきました。

 前社殿も二百八十五年の年月が経ち、甚(いた)く損なわれていたため
神議(かむはか)りして、新たに社殿の建て替えが執り行われる事となった
のです。

 昭和六十年より浄払い、地鎮祭、上棟祭を執り行い、
平成元年(1989年)七月十六日、厳粛に遷座の儀を納めたのであります。

 吉野檜の御拝殿中央部に天河社神宝(かんだから)、
神代鈴(じんだいすず)「五十鈴(いすず)」を新たに調整し掲げられたの
であります。

その中央部の五十鈴に麻緒綱(あさおつな)「鈴緒(すずお)」が
取り付けられたのであります。

…………………………………………………………………………………
【2】◆◇天河・鈴緒の綱がるプロジェクト  ◆◇ 
……………………………………………………………………………………

<天河大辨財天社 平成の大造営30周年祝賀記念>


      五十鈴を振り動かす麻緒綱        
          
   『鈴緒』を一緒にご奉納しませんか?



        一口 3000円

         賛同者大募集!


  http://www.office-ten.net/tunagaru/t.html




熊野、吉野、高野山のほぼ中央に位置する天河神社は、古来より日本
屈指の祈りの聖地といわれてきました。日本の礎を築きあげてきた歴
に名を遺す先人たちにとっても今を生きる私たちにとっても、天河神
社は自らを見つめ魂を奮い起こし、そして世の平和を祈る大切な場所
なのではないでしょうか。

来年2018年は、前社殿から新たな社殿にご遷座されてから、ちょうど
30年目という節目の年を迎えます。ご遷座の折に取り付けられた五十
鈴と、五十鈴を振り動かす「鈴緒」。五十鈴は来年、一度下ろして神
社の皆さんで時間をかけて磨かれるとのことでしたが、鈴緒は、新た
に新調するというお話を伺いました。

そこで、その「鈴緒」を天河神社にご縁ある方々皆で、奉納させ
ていただこうと思い立ち、この度、プロジェクトを立ち上げました。

天河神社に繋がる皆様と共に、五十鈴の麻緒綱「鈴緒」を、ぜひ一緒
にご奉納させていただきたいと思っておりますので、ご家族、ご友人
などにも是非お声がけください。ご協力よろしくお願い申し上げます。 


              天河・鈴緒の綱がるプロジェクト 
        
                        発起人 天川 彩

<『鈴緒』のご奉納に関して>
         
一口 3,000円
(準備の関係上、2018年2月末日で受付は締め切らせていただきます)

◎郵便振替口座名『天河・鈴緒の綱がるプロジェクト』
◎振替口座番号 00160-4-673552

※来春お送りするご案内及び記念品発送の関係上、必ず郵便振替用紙を
ご利用の上、通信欄に住所・氏名・電話番号および振込になられる口数
をご記入ください。ご家族や会社など同一住所で複数ご賛同いただけま
す場合は、発送費削減の為にも合計の口数でお申込みいただけましたら
幸いです。

*振替用紙の控えが領収書となりますこと、予めご了承ください。


神社のお話しによると、五十鈴を下ろし、鈴緒を取り外すのは、2018年
節分祭及び立春祭が終わった後とのことです。そして神社の方々の手で
時間をかけて磨き直された五十鈴と奉納させていただく鈴綱は、4月上
旬に取り付けられます。

4月14日午前10時には、ご奉納祭となる『五十鈴・鳴らし初め式』が賑や
かに執り行われ、引き続き同日午前11時より春季大祭が行われます。
本、奉納の趣旨にご賛同いただき、お振込いただきました皆様には、4月
上旬までには『天河・鈴緒の綱がるプロジェクト ご奉納祭』のご案内
並びに、ご奉納記念の品をお送りさせていただきます。


趣意書など、プロジェクトのURL
http://www.office-ten.net/tunagaru/t.html

どうぞ、よろしくお願いいたします。



……………………………………………………………………………………
【3】◆◇募集中◆◇
…………………………………………………………………………………

   ●○◎  天と大地に感謝する旅 プレミアム ●○◎

ΦЖΦЖ=======================ΦЖΦЖ  

       TENのリトリートtrip
         ≪ボリビア2018≫

    〜世界一美しい奇跡の絶景『ウユニ塩湖』と
    『オルロのカーニバル』を堪能する旅〜
  
     2018年2月8日(木)〜2月17日(土)
   
        578,000円(税込)           
     (全朝夕食・全行程日本語ガイド同行)  

     【ウユニ塩湖でのピクニックランチ付き】

       詳しい日程やお申し込みなどは
     http://www.office-ten.net/bori/2018t.html

ΦЖΦЖ=======================ΦЖΦЖ  

世界で最も美しい『天空の鏡』とも称される、ウユニ塩湖。
そして世界3大カーニバルの一つ、オルロのカーニバル。
南米ボリビアは美しさにあふれた神秘と文化の宝庫です。

特に雨季の『ウユニ塩湖』の美しさは今や
『死ぬまでに一度は、行ってみたい場所』ナンバー1となりました。

来年のツアーですが、ウユニ塩湖人気のため、航空券の確保のために
今からの募集開始となります。

全てが鏡張りに映し出される奇跡の絶景。。。

まるで天国のような景色の中で食べる
ウユニ塩湖でのピクニックランチ。。。

360度見渡す限り星空に包まれた、
宇宙空間の中を静かに漂うような時の流れ。。。

優しさあふれる現地の方との出逢い。。。

みるだけでなく、仲間と共に
子供に戻って、はしゃぎ楽しむ世界級のカーニバル。。。

TENの旅の仲間と奇跡の連続の中で過ごした時間は
きっと一生ものの宝になることでしょう。

是非ご一緒いたしませんか?

◎ツアー詳細はコチラ
http://www.office-ten.net/bori/2018t.html

…………………………………………………………………………………
【4】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
落ち着いたら、執筆の途中になっているものにとりかかろうと思ってい
ました。動き走り回ることも私の仕事なら、静かに書き記すのも、私の
仕事。そんな訳で、しばらく執筆仕事に籠ります。

                           aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。