ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第788号

2017/09/30

こんにちは!天川 彩です。

ここのところ、自分でも目が廻るほどの、超高速で動かされているよ
うです。何がどうなっているのやら…という感じで、毎日飛び回るこ
とになったり、やらなければならない案件が山積みだったり…。

そんな中、今日仕事をほんの少し抜け出して、(実は仕事の書類を持
ち出して、電車の中で確認したりしながら)日本橋、三越まで行って
きました。長年の大切な友人の一人で、素晴らしいミュージシャン、
岡野弘幹さんが東京に来て、三越で行われるファッションショーで演
奏するというので、急遽駆け付けたのです。

いや〜。驚きました。それまで、ざわざわとしていた会場が、彼が笛
を吹いた途端、水を打ったように空気が清まり…やっぱり彼が奏でる
音霊のチカラは凄いです。それにしても三越本店の中央に聳え立つ、
吉祥天女像が印象的だなぁ〜などと思いながら、演奏を終えた岡野さ
んのところに駆けつけると…。
岡野さんが「今日は、インドでは吉祥天女の日なんですよ」と教えて
くれました。更に「台座に書かれた言葉もすばらしくてね」というの
で、見てみたかったのですが、ファッションショーの真っ最中。見に
行くわけにもいかないので、改めて調べてみました。

「まごころの 光にみちびかれて
        世の人の 日々のくらしのために いそしまん」

この言葉は、三越創業50周年となった昭和34年。巨大な吉祥天如像の
製作を仏師の方に依頼した、当時の三越の岩佐社長のものでした。

信念を刻んだのでしょう。

時代の風向きや水の流れなどは、いとして変わりやすいものですが…
尊き誠の心は、どんな時世にも流されることなく、光り輝くものなの
だと改めて感じました。

長年交友が続く友人たちが、ここのところ目覚ましく活躍しています。
凄いなぁ、と感心するのと同時に、私も私の仕事をもっと頑張らなき
ゃ…と思い、ポロっとそんな言葉を口にしたところ、同行してくれて
いた、きょうちゃんこと、スタッフの浅井が、
「彩さんは、彩さんにしか出来ない仕事、まさに天川 彩の仕事を十
分にしていますよ」と励ましてくれました。

そうか、そうだよね。と妙に納得。

今は、作品を生み出したり、何かを発表することが出来ない状態です
が、無形の何かを生み出しているのでしょうね。

当面、神様のお手伝いです(笑)。

明日から、九州の宗像へ皆さんをご案内して参ります。
宗像大社が世界遺産になって初の「みあれ祭」から「高宮神奈備祭」
まで一連のご神事が行われます。

宮司様のお話によると、今年は例年とは異なった行列をするのだとか。

さてさて、どんな時間が待っていることやら…です。

とにかく、皆さんに喜んでいただけるよう、精一杯のご案内をして来
ようと思っています。

それでは行って参りま〜す♪


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇<
……………………………………………………………………………………
1・コラム「風の文様」==========「今、この時を生きる」
2・TEN’s占い============今週は「タロット占い」
3・いざ縄文!===============「新潟・縄文ツアー」
4・編集後記====================「あとがき」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様 ◆◇
……………………………………………………………………………………

□「今、この時を生きる」

「今」という時は一瞬で過ぎ去っていく。その瞬間、瞬間をどう生きて
いくかで人生は大きく変わっていく。

失敗を恐れる人は、今、この時、瞬間、瞬間の判断を避けたがる。
考えて考えているうちに今というタイミングがずれてくる。
チャンスと失敗は表裏一体。時に失敗することもあるだろう。しかし、
失敗は成功の母というように、失敗するから次が見えてくることだって
多々あるのだ。

また、突然、大災害に見舞われる時もある。右に逃げるべきなのか、そ
れとも左に逃げるべきなのか。そのまま留まるという選択だってある。

その一瞬の判断で、命を繋ぐことだってある。

どんなことも全ては自己責任だ。自分はどうしたいのか。どうするのが
最良なのか。判断を他人に委ねたり、委ねさせたりするのは簡単だが、
自分の人生は所詮、自分が責任を取らなければならないのだ。

今生、今、この時にしか、「今」の真実はない。

そして今、この時、この瞬間を真剣に生きていなければ、素敵な未来に
繋がることはない。

瞬間、瞬間を真剣に生きるということは、何も無駄に動き回ったり、過
労死するほど働くという意味ではない。

一瞬一瞬を悔いなく生きる、ということだ。

だから、疲れた時にはゆっくり身体を休ませることも、その時を真剣に
生きていることに繋がっている。家族と団欒するひと時や、大切な友人と
楽しく語らう時間も、持ちたい時間は持った方がいい。

何かを犠牲にする必要など全くない。その時、その時を精一杯楽しんで生
きればいいのだ。仕事だって同じだ。やりたい仕事をしたらいい。やりた
い仕事をすることは、決して簡単なことではない。楽なことではない。
だから、やりたい仕事をしている人は、見えないところで人一倍努力して
いる人が大半だろう。人一倍の努力が嫌なら、生きていくためには、やり
たくない仕事を続けるしかない。

やりたくない仕事をしている人は、概ねいつも不平不満を口にしている。
満たされない枯れた気持ちになるのだから、それは当然かもしれない。
当然のことながら、不平不満を口にする人の周囲には、いつも不平不満を
口にする人たちしか集まらず、幸せな人たちは、遠ざかっていく。

今生は一度きり。だから、今というこの時を大切に生きよう。

……………………………………………………………………………………
【2】◆◇TEN’s占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、
気楽に読んでくださいね。

今週は[タロットカード]で一週間の運勢を占ってみました。

2017年09月30日(土)〜10月6日(金)

<1月生まれ>
物事を公正に判断し、志高く動くことが出来そうです。ただし、生真面
目になりすぎると、柔軟性に欠けてしまうので、ユーモアのセンスも忘
れずにね。

<2月生まれ>
バランスを取りながら、何事にも対処出来そうです。素直な気持ちで前
向きに取り組んでみてね。

<3月生まれ>
自分を必要以上に大きく見せようとしていませんか。等身大のあなたの
姿に自信を持ってね。

<4月生まれ>
物事がスムーズに進んでいるかと思うと止まったり、逆に動かないと思
っていたことが急に動き出したりするかもしれません。今は、流れを自
然に任せていた方が良さそうですよ。

<5月生まれ>
好奇心が旺盛となる一週間となりそうです。ただし、他人の噂話などに
首を突っ込むと、面倒臭いことになってしまうかもしれません。あくま
でも、あなたを成長させることにその好奇心を使ってね。

<6月生まれ>
情報収集に長けた一週間となりそうです。今はその情報を生かすタイミ
ングではありませんが、いずれ役に立つ時がやって来ますよ。

<7月生まれ>
あれこれと計画を立てようとしてはいませんか。思いつくのは良いこと
ですが利己的にならないよう、世の為、人の為になることを考えてね。

<8月生まれ>
みなぎる力が溢れています。行動力や実行力がいつも以上に発揮出来そ
うです。難しい課題には、今がチャレンジの時ですよ。

<9月生まれ>
今まで慣れ親しんできたものを失うかもしれません。でも、本当に必要
なものは、ちゃんとあなたのそばにあることを確認してね。

<10月生まれ>
あなたの知性や理性が評価される一週間となりそうです。チャンスもや
って来そうなので、迷わず掴んでね。

<11月生まれ>
ギリギリの状態でバランスを取ってはいませんか。今は無理を重ねず、
心穏やかになることだけを選んでね。

<12月生まれ>
視野が狭くなり、閉鎖的な考えに囚われてしまうかもしれません。あ
なたに今必要なことは、受け入れる力です。



……………………………………………………………………………………
【3】◆◇ いざ縄文!!! ◆◇
……………………………………………………………………………………
x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=
   
     TENの縄文ツアー
 

〜火焔土器と糸魚川のヒスイを巡る旅〜

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 2017年11月11日(土)〜11月12日(日)

       1泊2日

  東京発着 48,500円(税別)

   ▼ 詳しくは・・・
   http://www.office-ten.net/jyomon/t.html 

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

縄文。

それは、日本人が自然と調和しながら
心豊かに暮らしていた時代。

1万年以上も受け継がれた文化は、二千年前に
弥生文化の訪れと共に、ほとんど途絶えたようにも見えますが
実は目を凝らすと今も日本の各地に、しっかりと
縄文の足跡が残っています。


TENでは18年以上前から縄文に焦点を当てた
旅シリーズを行ってきていますが、今回また新たに
縄文の心に焦点を当てた旅を企画いたしました。

舞台は新潟。

縄文文化の象徴ともいわれる元祖、火焔(型)土器を
見に行ったり、縄文から常に日本人の魂を揺さぶる
ヒスイに触れたり。

もちろんTENの旅ですから、縄文土器、ヒスイそれぞれの
エキスパートの方々に直接お話を伺う機会もあります。

特に今回は、自分でヒスイ探しをしたり
ヒスイで作る、勾玉アートのワークショップも
旅の中で行うことにしました。


縄文の心を今に取り戻す旅。ぜひご一緒しませんか。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◇詳しい旅の行程は・・・
http://www.office-ten.net/jyomon/t.html 

…………………………………………………………………………………
【4】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
朝ドラの「ひよっこ」皆さんご覧になられていましたか?

面白かったですね。心優しい人たちばかりの物語。大好きでした!
世の中、こんないい人たちばかりじゃない、と思う人もいるかもしれま
せんが、世の中は、引き寄せの法則。本当にあるんですよね〜。
素晴らしいドラマで楽しませてもらいました♪
いつか、そんなドラマが書けたらいいなぁ。

                   天川 彩

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。