ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第787号 代理発行号

2017/09/22

こんにちは!オフィスTENのスタッフ浅井享子です。

ただいま関西出張中の天川(彩さん)に代わり、本日のメルマガは
代理発行号でお届けいたします。

さて、台湾で充実の夏休みを経て、英気たっぷりで戻ってきた彩さん。
フェイスブックにはたくさんの写真と共に旅日記があがっていて、
感動が伝わってきますよ〜!

今回は台湾に暮らす13の部族の文化に触れることができる場所と、
彩さんが心の師とあおぐ、玄奘三蔵のお舎利(遺骨)が納めてある
お寺に行くことができたとのこと。

ちなみに西遊記の三蔵法師で有名な玄奘三蔵は、彩さんの中の2大ヒーローの一人!
そしてもう一人は、イタリアの聖フランチェスコなのだとか。

3度目の台湾をめいっぱい楽しんで、大感激の彩さん。

新たに事務所には、玄奘三蔵さまのお寺で購入したという、
三蔵法師の像が仲間入り。

実は、事務所には、以前彩さんがイタリア・アッシジの修道院で購入した
聖フランチェスコの像が飾ってあるのですが。

この二人、並べてみると
これがまぁなんと!
素材から、立ち姿、大きさまでが、まるで揃えて作られたかのように
ピッタリ。

購入した場所も、時もまったく異なる二つの像。
時空を超えて、出会えた東西のスター。
二人並んだお姿が、びっくりするほどの完全な一致具合で、笑ってしまいました。

様々なものに守られているTENの事務所ですが、
ただただ自分の魂の声に従って突き進み、周囲を幸せの渦に
巻き込んでいった偉大なお二人に見守られ、今日のTENの事務所も安泰です。

そんなわけで、帰国後すぐに、ある重要案件の為に天河神社へ向かった
彩さんですが、重大なミッションも宮司様たちとたっぷりお話でき、
さらにいい流れが生まれたようで、凄いことになっているよ〜、とのこと。

大いなるものに見守られ、またまた物事が大きく動いていきそうで、楽しみです!

そして、明日は一年の中での大きな区切り、秋分の日です。
天体の動き、特に太陽や月の満ち欠けに敏感に反応する感覚は、
ヒトとして、根源的なナニカにつながる時でもありますよね。

夏至や冬至の太陽の動きに合わせて作られた縄文遺跡もあるようですし。
そういう節目と繋がりを大事にしていた縄文人に見習って、
今年の秋分は、少し意識しながら過ごしてみたいと思います。

というわけで、新潟・縄文ツアーも引き続き募集中ですので、ピンと来た方は
ぜひ、お待ちしております!

……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇<
……………………………………………………………………………………
1・募集中!===============「新潟・縄文ツアー」
2・編集後記=====================「あとがき」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇ いざ縄文!!! ◆◇
……………………………………………………………………………………
x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=
   
     TENの縄文ツアー
 

〜火焔土器と糸魚川のヒスイを巡る旅〜

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 2017年11月11日(土)〜11月12日(日)

       1泊2日

  東京発着 48,500円(税別)

   ▼ 詳しくは・・・
   http://www.office-ten.net/jyomon/t.html 

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

縄文。

それは、日本人が自然と調和しながら
心豊かに暮らしていた時代。

1万年以上も受け継がれた文化は、二千年前に
弥生文化の訪れと共に、ほとんど途絶えたようにも見えますが
実は目を凝らすと今も日本の各地に、しっかりと
縄文の足跡が残っています。


TENでは18年以上前から縄文に焦点を当てた
旅シリーズを行ってきていますが、今回また新たに
縄文の心に焦点を当てた旅を企画いたしました。

舞台は新潟。

縄文文化の象徴ともいわれる元祖、火焔(型)土器を
見に行ったり、縄文から常に日本人の魂を揺さぶる
ヒスイに触れたり。

もちろんTENの旅ですから、縄文土器、ヒスイそれぞれの
エキスパートの方々に直接お話を伺う機会もあります。

特に今回は、自分でヒスイ探しをしたり
ヒスイで作る、勾玉アートのワークショップも
旅の中で行うことにしました。


縄文の心を今に取り戻す旅。ぜひご一緒しませんか。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◇詳しい旅の行程は・・・
http://www.office-ten.net/jyomon/t.html 

…………………………………………………………………………………
【2】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
思い返せば、私がオフィスTENのスタッフとしてTENの事務所に
通い始めたのは2002年9月24日だったのでした。秋分の後だったのだなぁ。
もうすぐあれから丸15年。また新たに時を刻み始めますよ〜!
             
 キョウ

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。