ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第780号

2017/08/04

こんにちは!天川 彩です。

あっという間にもう8月ですね。例年なら、うだるような暑い日々を過
ごしている頃ですが…今年は、どうしたのでしょうね。よくいえば、
過ごしやすい、悪く言えば、どんよりとした天候がここのところ続い
ていますよね。昨夜など、タオルケットだけでは肌寒く…。やはり、
夏は暑くても夏らしい天候の方が気持ちが良い気がしますね。

さて。来週の金曜日、8月11日は山の日。皆さん、山の日という祝日が
あったことはご存知でしたか?私は今年まで知りませんでした。でも、
それは致し方ないというか…去年から、実施されたばかりの祝日だそう
で、馴染み薄くても当然ですよね。

「海の日」は1995年には自然に親しむ日として七月第三日曜日が祝日と
定められたそうですが「海の日」があるのなら「山の日」もという声が
上がり…。様々な協議が重ねられた末、8月11日が山の日に決まったそ
うです。

ちょうど、多くの企業のお盆休みとも重なりますし、何より祝日が増え
るのは嬉しいことですね。

そんな、8月11日(金・祝)から、夏休みになるという方も多いかと思い
ますが…。私たちはその日から夏祭り!

そうです!Hopiショップ夏祭りを開催するのです。
年に一度の、ビッグチャンス!これまで一度も、セールを行ったことが
なかったHopiショップで、期間限定のスーパーセールを行ってしまおう
というのです。

期間は8月11日(金・祝)〜8月20日(日)の10日間限り!!

HOPIジュエリーが、な、な、なんと、ALL 30%OFF!
更にナバホのアクセサリーやズニアクセサリーは、最高50%OFFもある
という驚きのプライスです。更に、Tシャツ類も全て500円引きにてご
提供しますよ。

そして、夏祭りらしく3000円以上お買い上げの方に、ラッキーBOXに
入った「お楽しみ三角クジ」を一枚進呈。ハズレなしのクジです!
まさに夏祭り!

これらはすべて、夏のこの期間にお店まで足を運んでくださった方々へ
のスペシャルサンクスセールです。期間終了後は、通常料金に戻ります。
この期間、東京にいらっしゃる方、ぜひHOPIショップへお越しください
ね〜。

それから…
先週、募集開始いたしました「TENの宗像ツアー」ですが、お陰様で
既に半数のお席が埋まりました。皆さんの関心の高さが伺えます。
宗像三女神が年に一度、船に乗って集まられる宗像大社のみあれ祭…。
ぜひ、今年一緒に参りませんか?

そして、いつも本文のみでお知らせしている天河太々神楽講ですが、
今年で16年目。天河神社で行われえる旧暦七夕祭で、毎年、このような
お手伝いワークをさせていただけることに、ただ感謝するばかりです。

神社の方とともに白作務衣を着て、無垢なる祈りの時を過ごす経験は、
そうそうできるものでもないかと思います。

今年、行ってみたいな…と思われる方。締め切りが近づいてきました。
ぜひ、検討してみてください。


今日のコラムは「明日という希望」です。

それから、来週のメルマガ発行は、祝日前の8月10日(木)となります。

……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇<
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様 =============「明日という希望」
2・TEN’s占い==========今週は「タロットカード占い」
3・好評募集中!==============「TENの宗像ツアー」
4・募集中!====「天河太々神楽講 旧暦七夕祭のお手伝いワーク」
5・編集後記=====================「あとがき」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇ 
……………………………………………………………………………………
□「明日という希望」

人生、楽あれば苦あり。苦あれば楽あり。

生きている限り、誰の人生にも様々な出来事が起る。
それはまるで波のよう。さざ波一つ立たない凪の時もあれば、突然、大
波が押し寄せてくることもある。

その大波が、喜びの大波ならば良いが、突拍子もないアクシデントに見
舞われた大波ならば、辛くて苦しい。

なぜ自分が?なぜこんなタイミングで?と、なぜという質問を繰り返し
たくなることもあるが、いくら問答したところでその辛さから逃れられ
る訳でもない。人生の波の一つとして受け止めていくしかないのだ。

しかし、どんな出来事も永遠に続くものなどない。必ず変化の時がやって
来る。どれほど深く悲しい出来事であれ、辛い悩みごとであれ、必ずいず
れは消え去っていくのだ。

ただ、その渦中にいる時は、いずれ…という時を待つのも辛い。

そんな時、私は今日を終わらせるのが一番だと思っている。要するに早く
寝て、明日を待てばいいのだ。

明日という文字は、明るい日と書く。
もともとは「夕べ」に対しての「朝」から、鎌倉時代には、何かあった時
の翌朝を「明日」と書いたという。

夜の闇に染まるのが夕べ。その闇が明けるのが明日。

だから、明日には希望があるのだ。

昔、坂本九が歌い、その後もウルフルズなどがカバーした曲に「明日があ
るさ」という名曲がある。作詞は青島幸男、作曲は中村八大。当初は6番
までだったが、CMで使われることとなり追詩され12番まで歌詞が伸びた
作品だ。恋に躊躇する若い男性の心の内や、さりげないサラリーマンの、
あるある話で、他愛もない日常を歌ったものだが、その歌詞は全て自問自
答。そして最後は「明日があるさ」と自分を慰めている。

この歌のように軽いノリで「明日があるさ」と呟くものいいが、本当に
重く苦しい悩みにだって、明日がある、と思うだけで人生に光が差す。

無理をして頑張らなくてもいい。なすがまま、あるがままでいい。
やがて必ず夜は明けて、希望の光を連れた明日がくるのだから。



……………………………………………………………………………………
【2】◆◇TEN’s占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、
気楽に読んでくださいね。

今週は[タロットカード]で一週間の運勢を占ってみました。

<1月生まれ>
やる気が湧き上がる一週間となりそうです。それを原動力として生かせ
るか真価が問われている時なので、思い切り頑張ってみてね。

<2月生まれ>
心穏やかに過ごせる一週間となりそうです。今週は、自然豊かな田舎な
どに行くと、良い時を過ごせそうですよ。

<3月生まれ>
縁の下の力持ちになりそうです。人からの相談を受けたり、聞き役に徹
するとあなたの評価が上がりますよ。

<4月生まれ>
合理的な判断が出来る一週間となりそうです。今週は、いつも以上に仕
事がはかどりそうなので、難しい課題にもチャレンジしてみてね。

<5月生まれ>
これまでの悩みが解決しそうな一週間です。今まで見えていなかったも
のも見えてくるようになるので、新たな目で次の扉を開いてください。

<6月生まれ>
対人関係に問題が生じるかもしれません。あなたに必要なことは、人を
信じる気持ちです。恐れを手放してね。

<7月生まれ>
想像力が豊かになり、楽しい一週間となりそうです。でも、調子に乗り
過ぎていると、足元をすくわれてしまうかもしれません。今週は、誠実
さを心掛けてね。

<8月生まれ>
実務能力が発揮される一週間となりそうです。また、金運も上昇してい
るので、今週は将来に向けた計画を立てるのに適していそうですよ。

<9月生まれ>
あなたの多芸多才ぶりが発揮される一週間となりそうです。今週はオー
プンハートを心掛けて、本心から人と接すれば、着実にステップアップ
に繋がりそうですよ。

<10月生まれ>
新しい対人関係が始まりそうです。パートナーがいない人は、恋の予感
も。優しい気持ちで誰とでも接してみてね。

<11月生まれ>
自分の心の内を言うことが出来ず、一人で抱え込んではいませんか。今
週あなたに必要なことは、自己主張です。気持ちを声に出して伝えてみ
てね。

<12月生まれ>
居心地の良い状態に慣れすぎて、あなた自身で決めていたことがおざな
りになってはいませんか。今週のあなたのキーワードは「面倒くさがる
心を断ち切る」です。



……………………………………………………………………………………
【3】◆◇好評募集中!◆◇ 
……………………………………………………………………………………
  
          【 祝! 世 界 遺 産 登 録 】

:・… ──────────────────────── ━…・:
      

      〜『神宿る島』宗像・沖ノ島関連遺産群〜

       ◆*◆*TENの宗像ツアー2017*◆◆*
  
    
              
        〜『みあれ祭』を中心とした〜
        2017年9月30日(土)〜10月2日(月)
          2泊3日基本コース
          
              &
   
      〜『みあれ祭』から『高宮神奈備祭』まで〜
             2017年9月30日(土)〜10月4日(水)
          4泊5日 満喫コース

         どちらも 東京(成田)発着

      *福岡(空港)発着を希望される方は2万円引き


  ****************************      
   ◇ツアー代金に含まれているもの
   ・東京(成田)⇔福岡往復航空券代・福岡⇔宗像移動交通費
   ・宿泊代・朝夕食代・ガイド代
    
    
        詳しい行程や内容は・・・
      http://www.office-ten.net/munakata/2017t.html
  
  ****************************


「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が
今年7月、世界遺産登録されました。

TENでは縁あって、これまで幾度となく宗像大社に参り、
ツアーというかたちでも、これまで3度に渡りご案内して参りましたが、
今年は、世界遺産登録という格別な意味を持つ年。

この年に、TENの仲間である皆様を
ご案内できるのはこの上なく幸せなことです。

宗像大社の主祭神は、宗像三女神と呼ばれる三名の女神たち。

アマテラスとスサノオとの誓約(ウケイ)で産まれた女神たちは
道開きの神として、更には航海、そして国の守り神として
古くから信仰されてきました。

宗像三女神は、沖ノ島の沖津宮、大島にある中津宮、
そして宗像にある辺津宮と、それぞれ離れた宮に鎮座されていますが、
宗像大社の例大祭にあたる「みあれ祭」の日には、
沖津と中津の神々が船に乗って海を渡り、本島で辺津の神と合流し、
年に一度、三女神が揃うのです。

「みあれ祭」の見どころは、大漁旗をはためかせた数百もの漁船が
ご神体の乗った御座船に伴走する姿。
まさに圧巻の一言です。

また、神々がお揃いになる「みあれ祭」が勇壮な「動」のお祭り
であるとしたなら、神々が神籬(ひもろぎ)を通し
それぞれの地に戻られる「高宮神奈備祭」は「静」のお祭り。

禁足地である高宮で、かがり火の中だけで古式にのっとり行われる
舞と唄の世界は、この世のものとは思えない幻想的な美しさです。

今回、世界遺産登録記念の年のツアーということで、
お仕事ある方でも参加していただきやすい
「みあれ祭」を中心とした2泊3日の基本コースと、
「みあれ祭」から「高宮神奈備祭」まで、フルで宗像大社の神事を
体感していただく4泊5日の満喫コースの2つのコースを準備いたし
ました。

基本コースでは、「みあれ祭」を行程の中心にしながら
同時に世界遺産に登録された「新原・奴山古墳群」や
大島の「中津宮」へも行く予定です。

満喫コースは、更に幻想的な夜の神事「高宮神奈備祭」を楽しむほか
空海が日本で初めて創建した「鎮国寺」を参拝したり
大和朝廷の九州主張所であった「大宰府政庁跡」にも参ったり…
古代九州を宗像の歴史と共に辿ります。

玄界灘の新鮮なお魚や温泉も楽しみながら、
世界遺産となった・宗像の古代ロマンを是非一緒に
体感いたしませんか?


◇詳しい旅の行程は・・・
http://www.office-ten.net/munakata/2017t.html

……………………………………………………………………………………
【4】◆◇募集中◆◇ 
……………………………………………………………………………………
  
● 太古からの祈りの場で、鎮魂神事のお手伝いご一緒いたしませんか● 
  
       人          
       ̄Y ̄* 
         天河太々神楽講 2017
          『天の川に祈る』☆ 
     
   奈良・天河神社七夕祭お手伝いワーク (講元 天川 彩)< 
     平成29年8月27日(日)〜8月29日(火) 
       
      ☆今年の旧暦七夕は8月28日(月)です。 


     http://www.office-ten.net/tatakagura/t-2017.html

*:.。..。.:+・゜ ゜゜・*:.。..。.:+・゜ ゜゜・*:.。..。.:+・゜ ゜

奈良県吉野の山里で、千三百年続いている天河神社。 
年に一度、旧暦七夕に行われる七夕祭は、天河で私たちが自然界、 
そして大宇宙の中で生かされている「命」に感謝をしながら、 
それぞれに繋がる「命」に思いを馳せる大切なご神事です。 

例年、旧暦七夕の夜には、萬霊の御霊供養、先祖供養として、燈篭に 
御光を灯し清流の天の川へ浮かべお流しする神仏習合の行事が行われて 
きました。 

しかし紀伊半島を襲った豪雨による大水害で、天の川流域も被災し状況 
が一変した為、「天の川七夕神事 供養燈花」と称する行事が行われる 
ことになりました。 

これは、供養名を書き記した入れ物に清水を張り 
そこに浮かべられた蝋燭に一晩火を灯すというものです。 
翌朝、採燈護摩の中で護摩木と共に供養燈花もお焚き上げされます。 

ご先祖様の御霊はもとより、すべての人々、森羅万象すべての命の 
御霊供養と世界の平和を祈る天河神社の旧暦七夕祭。 

神社から白作務衣をお借りして七夕祭の前日準備から当日、そして翌日 
の片づけまでの 3 日間、無垢なる状態で、祈りの時間を過ごします。 

特別な場所で、特別な時間、ぜひご一緒いたしましょう 

*:.。..。.:+・゜ ゜゜・*:.。..。.:+・゜ ゜゜・*:.。..。.:+・゜ ゜ 


平成29年8月27日(日)〜8月29日(火) 

■ 参加費 36,000円(税別) 
    2 泊 3 日食事つき 
 宿泊『本家柿坂』

■ 現地集合・現地解散 
お申し込み頂いた方には交通機関などの詳しい資料を送付いたします 


『天河太々神楽講・天の川に祈る』によせて・・・ 

自然の中に神々があるというアニミズム的な考えは、私たちのはるか遠 
く5千年以上も前の縄文時代の祖先たちから、脈々と続いてきました。 
その生命観は、今も日本の神社の中で生きつづけていますが、中でも、 
宗教という枠を越え、国や人種、性別、年齢、全ての枠をも越えて、 
開かれているのが天河神社です。太古からの聖地として空海や世阿弥を 
はじめ多くの先人たちが、自らを見つめる場として、また芸を奉納する 
場として訪れています。 

天河太々神楽講に講元として、皆さんをご案内する役目を賜ってから今 
年で 1 6年目を迎えます。講元とは指導者ではなく、人と大いなる根源 
とのつなぎ役です。私は天川の名を名乗らせていただいているので、 
毎年この七夕祭の折、感謝の意味も込めて講元をさせていただいており 
ます。 

この「天の川に祈る」と題したワークは、自らの中にある「祈り」と 
「願い」を改めて確認し、同時にご神事のお手伝いをさせていただくこ 
とで、無垢なる自分と向き合います。 
お祭り前日の準備や社殿の掃除、御神事当日のお手伝い、そして翌日の 
片づけ終了まで、神社の方々、地元の村の方々と共に過ごす時間は、大 
変貴重な時間となることでしょう。 
本年も天河における七夕祭りの御神事手伝いへ皆様をお繋ぎしようと思 
います。 

ご自身の根源と繋がりたいと思っていらっしゃる方、どうぞお待ちいた 
しております。 
                      講元 天川 彩 

詳しくは… 
http://www.office-ten.net/tatakagura/t-2017.html


…………………………………………………………………………………
【5】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
私たちの事務所から、上野動物園までは徒歩圏内。先月、パンダの赤ち
ゃんが生まれたことで、お祝いムードでいっぱいです。先日も、パンダ
の赤ちゃんネーミング大募集というチラシが入っていました。よく読む
と、パンダの赤ちゃんの名前はネットで誰でも応募できるようです。
ぜひ、可愛い名前を付けてあげてください♪
締め切りは8月10日まで。
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/GP/name2017.html

そして、冒頭文でご紹介した「Hopiショップ 夏祭り」の情報は
こちら! http://www.hopi-japan.com/natu.html

                          aya  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。