ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第768号

2017/05/13

こんにちは!天川 彩です。

ゴールデンウィークが過ぎて、東京は初夏といった気候になっています。
皆様がお住まいの地域はどのような気候ですか?

今年のゴールデンウィークは、お店と青空インディアンマーケット、そ
して写真展とスライドトークショーと盛りだくさんのスケジュールでし
た。お手伝いとして参加して下さった皆さま、またお客様としてお越し
いただきました皆さま、本当にどうもありがとうございました。
本当に心強く、そして嬉しかったです♪

まるでお祭り騒ぎのようなGW中日の5月5日。この日が金曜日であると
いうことがポーン!と飛んでしまい、メルマガ発行が無いままでしたね。
届くのを楽しみにしてくださっていた皆さま、ごめんなさい。正直なと
ころ、夜遅く、ハタと気が付き、書くべきか迷ったのです7が…。無理
をするのはやめました。

その分、スライドトークショーでは私がこの20年余り触れて来た様々な
土地での文化風習や人々を撮りためた写真の中から166枚の写真を選
び、めいっぱいお話しさせていただきました。

ホピのみならず、アメリカ先住民の祭りや文化、ペルーやボリビアのイ
ンカの末裔たちの暮らしや遺跡、南東アラスカのトーテム文化や、北極
圏の村人たち、アイルランドやスコットランドのケルト文化、そして、
日本各地の祭りや文化、そしてそこで暮らす人々等々…。

とにかく無我夢中になってしまうと、脇目もふらず直ぐに動いてしまう
性格なので、気が付けば様々なところに行っていたのだなぁと、改めて
実感しました。でも、行く先々で沢山の繋がりをつくってきたのだなぁ
とも。

スライドトークショーはお陰様で3回とも沢山の方々にお集まりいただ
きました。参加してくださった方々から、他の場所でも是非また開催し
て欲しいというお声や、この内容の写真集を出して欲しいという、嬉し
いお声も沢山いただきました。ホント励みになります♪

TENの旅は、そんな繋がりを中心に日本各地、世界各地へとご案内し
ていますが…

みなさ〜ん!!
今日は新たなる夏の国内ツアーのお知らせがありま〜す!!


TENが約10年ぶりに、この夏「屋久島」へとご案内いたしますよ〜!

一昨年あたりから、そろそろ屋久島が呼んでいるなぁと思っていました
が今年から「TENのリトリートツアー」とタイトルが変わったことも
あり、静かに準備を重ねていました。

そして…ようやく今日、皆様を屋久島ご案内する準備が整いました。

神宿る山に抱かれ、どこまでも澄んだ水に潤う屋久島は、世界自然遺産
にも登録されている神秘の島。魅力あふれるこの島で、大自然を満喫し、
太古から吹く風を全身で受け止めながら、あなたの中の時間軸をどうぞ
緩めてください。

特にフリーデーとなる2日目は、思い思いの屋久島を思う存分楽しんでも
らおうと『風の屋久島』『山の屋久島』『森と川と海の屋久島』という
3つのコースをご用意しました。

『風の屋久島』は、風の向くまま気の向くまま。一日勝手気ままに自由な
屋久島タイムを思う存分過ごしてもらうコースです。『山の屋久島』は、
地球上最長老、押しも押されぬ一番人気の「縄文杉」に会いに行く縄文杉
登山のコース。そして『森と川と海の屋久島』は、苔むす森の中を歩き、
カヌーで屋久島の川と戯れ、シュノーケリングで海の生き物たちと仲良く
泳ぐ、一日中屋久島の大自然と遊ぶコースです。


また、3日目には、TENと15年以上のお付き合いがある、屋久島生まれ、
屋久島育ちのガイドさんに、車で行ける屋久島とっておきの場所へ案内し
てもらえることになりました。その日は、天川 彩が一押しする屋久島の
パン屋「ペイタ」で極ウマのパンを買い、大自然の中で食べるというのも
いいですね。

お宿は、1日目と2日目は、荷物移動のわずらわしさが無いように、宮之浦
地区のお宿で連泊。最終日となる3日目には屋久島一の人気宿、永田浜の
お宿をご用意しました。海に沈む夕日を眺めながらの露天風呂、最高です。
ぜひ満喫してください。

また永田浜は日本で一番、世界でも屈指のウミガメ上陸浜です。この時期
は産卵期にあたる為、タイミングよければウミガメの産卵にも出会えるか
も…。

とにかく、屋久島の圧倒的な大自然を思う存分満喫する、TENの屋久島
ツアー。今日から募集開始です!尚、夏休み突入後のツアーのため、航空
券の確保が厳しくなってきます。締め切りは6月10日としますが、それまで
に満席、または航空券確保が難しくなった場合、事前に締め切りとさせて
いただきますので、ぜひお早めにご検討ください。

詳細は、本文をご覧ください。HP見ているだけで屋久島にいるような気持
になるページですよ♪

それから、今年の夏はもうひとつ。
TENにしかできないTENが誇る「Hopiツアー」を今年も開催します。
特に今年は年に一度の「Hopiショー」に行き、サンタフェやタオス、ズニ
にも巡るというスペシャルバージョン。

こちらも詳細は本文をご覧ください。

今日のコラムは「声に出してみよう」です。

……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様=============「声に出してみよう」
2・TEN’s占い=========今週は「メディスンカード占い」
3・募集開始!=============「屋久島ツアー 2017」
4・ただいま受付中============「HOPIツアー 2017」
5・編集後記=====================「あとがき」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇ 
……………………………………………………………………………………
□「声に出してみよう」

人にはそれぞれ異なった願いや夢がある。

願うだけで、努力を怠っていたなら、その願いは叶うはずもない。
しかし、いくら努力をしたからといって必ずしもその願いが叶うとも限ら
ない。また、何かの作用で、さして努力せずとも願いが叶ったかに見える
人もいる。でも、人知れず努力を重ねてきたのかもしれない。もしも本当
に努力なくして叶ったならば、その先の道はかなり険しく辛いものになる
可能性が大きい。

結局は、努力の先にしか花は咲かないのだ。

ただ、本当に願いの花を咲かせたいと思うのなら、その願いを声に出して
言ってみるとよい。まず最初にその声は自分自身に届き、潜在意識の中に
取り込まれ、次にその声を聞いた他人の中に「それなら協力できるかもし
れない」と現れてくる可能性もでてくる。勿論、神様だってその言葉を聞
いてくださっているだろう。

また、日本には「言霊」という考え方が古くからある。声に出して言った
言葉には、霊力が宿り、やがて力となるというものだ。まさに、夢を叶え
たいのなら、はっきりと声に出して「言霊」の力も借りた方がいい。自分
ではどうしようも出来ないことも、言霊は遠くまで動くことができるらし
い。今、この瞬間、地球の裏側までも、言霊は動くという。

つい数日前のこと。友人から聞いた話だが、これまで幾度となく豪華客船
にスポット仕事として乗船してきた彼女。ある日、ふとその時の仕事を思
い出し「いつか、客室にも泊まってみたいな〜」と何気なく呟いたのだと
か。すると、その日のうちに、船の担当者から数年ぶりに電話が。なんと
仕事の依頼と、客室への宿泊招待もあったのだそう。

「声に出してみるって凄いね」という彼女の素直な言葉が私の心に響いた。

心の中で思うだけでは叶いにくいことも、声に出して言うと不思議と叶う、
という人々がいる。反対に、どんなことにも否定的で疑い深く、声に出し
て言うと願いが叶うなんて根拠もないウソだという人や、声に出して願い
ごとをいうなんて恥ずかしくて絶対に出来ない、という人もいる。

どちらが願いや夢を叶えやすいか、それはいうまでもないだろう。


無理だろうな、と思うことでも声に出して願ってみる。すると予想もして
いなかった展開に発展していくこともある。

やはり願いを叶える最大の近道は、自分に出来る精一杯の努力をすること。
そして、その願いを声に出してみることなのだろう。


……………………………………………………………………………………
【2】◆◇TEN’s占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、
気楽に読んでくださいね。

今週は[タロットカード]で一週間の運勢を占ってみました。

2017年05月13日(土)〜05月19日(金)

<1月生まれ>
自分の利益を優先して物事を決めてはいませんか。今週は、いつも以上に
周囲への気配りをしてください。思わぬタイミングで思わぬ幸運が舞い込
んでくる可能性もあります。

<2月生まれ>
今までの努力が報われる一週間となりそうです。社会的地位など、富と名
声がやって来るかもしれませんよ。

<3月生まれ>
閉鎖的な考えに囚われてはいませんか。今までの習慣を手放して新たな価
値観で物事を見ると、次の扉が開くかもしれません。

<4月生まれ>
合理的に物事を判断できそうです。計算や実務能力も高まっているので、
難しい仕事は今週片付けると良いでしょう。

<5月生まれ>
情報を収集する一週間となりそうです。また、あなたの様々な才能が認め
られるチャンスもやって来そうです。アンテナを敏感にしていてね。

<6月生まれ>
これまでになかった難しい道が待ち受けていそうです。でも、それは次へ
のステップアップの道。冷静にここは乗り越えてね。

<7月生まれ>
何事にも無関心になってはいませんか。また、理屈っぽくなったり、人を
見下したりしてはいませんか。今週あなたに必要なことは、笑いです。ま
ずは冷えた心を温めてね。

<8月生まれ>
刺激を求めながら、自ら動くことをしていない状態ではありませんか。今
週あなたに必要なことは、余裕を取り戻すことです。まずはゆったりとし
た時間を持ってみてね。

<9月生まれ>
人の意見に耳を傾けず、自分が正しいと言い張ってはいませんか。今週は、
様々な人に心を開いて、協力者を得ましょう。

<10月生まれ>
視野が狭くなっているかもしれません。目先の計算に囚われず、本来あな
たが最も大切にしてきたことに、時間もお金も傾けてね。

<11月生まれ>
不可能なことを無理にやろうとしたり、大切なものを失った代わりを早急
に見つけようとしたり、心が落ち着かない状態ではありませんか。今週あ
なたに必要なことは、足りていることを思い出すことです。

<12月生まれ>
目の前にあることの本質を忘れ、見せかけに騙されているかもしれません。
今週は、しっかりと見極める力を取り戻してね。

……………………………………………………………………………………
【3】◆◇受付開始!◆◇
……………………………………………………………………………………

     ◎◎ TENのリトリートtrip ◎◎
        
         〜神秘の島〜
         屋久島2017
□■□∞∞─────────────────∞∞□■□
    〜 神宿る島の大自然と戯れる旅 〜
  
      2017年7月20日(木)〜7月23日(日)
    
          【3泊4日】
       東京発着 128,000円(税別)

          限定12名
         最低催行人員6名

       詳細・行程 お申し込みは…

  http://www.office-ten.net/yakusima/2017/t.html


  ───・───・───・───・───・───・
    感動の屋久島へご案内いたします
  ───・───・───・───・───・───・

 神々の棲む山には悠久の時を刻む屋久杉が立ち並び、
 どこまでも澄んだ水は、幾筋もの川となり、滝となって
 太古の森の中を流れていきます。

 そんな屋久島の大自然の中に佇むだけで
 人は優しくなるようです。

 きっと、それは日常の慌ただしさから解放され、
 進み過ぎた時間軸が戻り、
 自分らしさを取り戻せるからなのかもしれません。

 TENのリトリートtripでいく屋久島は、

 深緑色の森を歩き、巨木と対話し…、
 川や滝の飛沫を浴びて…
 満天の星々を見上げながら、海亀たちの訪れを待つ…。

 こころゆくまで、大自然に抱かれる
 そんな時間が待っています。

 屋久島に呼ばれているように感じている方

 ぜひご一緒いたしましょう。

 詳しくは… 
 http://www.office-ten.net/yakusima/2017/t.html

* 申し込み締め切りは6月10日(土)* 

ただし、満席、または航空券確保が難しくなった場合、
事前に締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください。



…………………………………………………………………………………
【4】◆◇受付中!◆◇
……………………………………………………………………………………
 

  <<<TEN’sトラベルメンバーの為の旅企画>>>>

    ◇◆◇天と大地に感謝する旅 スペシャル◇◆◇
        
         『HOPIツアー2017』
    
  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
     

 〜平和の民ホピ族からサンタ・フェまで〜 
    ーアメリカインディアンの祈りと芸術を巡る旅ー

       2017年7月1日(土)〜7月9日(日)8泊9日   
   
    今回のHOPIツアーはホピ族の村をはじめ、
      年に一度近隣の街で開催される
     ホピ族のショーや、タオス族、ズニ族の村にも、
     皆様をご案内いたします。

           最低施行人員 6名

           9日間 328,000円
   http://www.office-ten.net/hopi/2017/top.html

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

アリゾナの砂漠に突き出す、メサと呼ばれる大地の上で
祈りと共に暮らす「平和の民」ホピ族。

私たちオフィスTENは、長年ホピ族の人々と交流を続ける中で、
日本で初めてとなる「Hopiショップ」を開き、
これまで幾度となくホピの大地へ、そしてホピの友人たちのもとへ、
縁ある方々をご案内しながら、ホピと日本を繋いできました。

もともとホピ族は、アメリカ大陸に2000年以上前から住居し、
アドビー造の日干しレンガの家で平和的な暮らしを続けている
プエブロインディアンの中の一つの部族です。

今回の旅はホピ族の村は勿論のこと、タオス族、ズニ族、といった
他のプエブロインディアンの村や、世界一美しい街と賞される
ニューメキシコにあるサンタフェまで訪問。

更に、ホピ族の近隣の街で年に一度行われる『ホピショー』にも
皆様をご案内するスペシャルな内容です。

ホピ族をはじめとするプエブロの人々の
祈りの文化や伝統的な芸術に触れ、美しい絶景の中を巡りながら
継がれてきた自然の叡智を存分に受け取ってください。

普通の旅行ではけっして体験することができない
特別な時間が流れているTENのホピツアー。

あなたも旅の仲間の一人として、参加しませんか?


ツアーの詳しい行程は
http://www.office-ten.net/hopi/2017/top.html


……………………………………………………………………………………
【5】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
ゴールデンウィークの代休として、一昨日と昨日私の休みをとりました。
一昨日は、娘から急に歌舞伎のチケットがまわってきたからと誘われて、
歌舞伎鑑賞に。歌舞伎はやっぱり総合芸術だなぁと改めて実感。そして
昨日は、まったりカフェで読書したり、お散歩したり撮りためていた映
像を鑑賞したりと、思う存分お一人様を楽しみました。久しぶりに休日
らしい過ごし方が出来て、リフレッシュ♪やっぱり休みって大切ですね。

                      aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。