ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第575号

2013/07/13

こんにちは!天川 彩です。

いや〜。関東地方は毎日猛暑、というより酷暑でうだっています。
山梨の甲府では、5日間連続39度を越しているとか。
7月のまだ上旬だというのに、ほんと、どうしちゃったんでしょうね。
熱中症で病院に搬送されている人が、ものすごく多いようです。
メルマガ読者の方は、エコ思考の方が多いと思うので、つい暑さを我
慢しがちな方が多いかと思いますが、無理せず涼んでくださいね。

さてさて。みなさ〜ん!!アメリカ先住民・ホピツアー。先週もチラ
リとお知らせしましたが、今年5年ぶりに行なうことにしましたよ〜!

思いはいつもホピにあれど、なかなか風が吹かず…ということで、5年
もホピツアーを行なうことが出来ないままでした。でも、ようやく新し
い風が吹いてきました。

ホピの大地に一度は行ってみたい、と思われている方。このチャンスに
ぜひ一緒に行きませんか?もちろん、TENのツアーなので他にも魅力
がいっぱい。特に今回は、CMや映画の舞台ともなっている、アンテロ
ープキャニオンやモニュメントバレー、グランドキャニオンといった、
アメリカグランドサークルの圧倒的な大自然を堪能する時間も多めに加
えました。

見たことも無いような星空。見たことも無いような朝日や夕日。見たこ
とも無いような広大な大地。そして私たちの常識では考えられらいほど
に、純粋に生きる人々。

ぜひ、貴方の感性で受け止めてみてください。

日程は9月21日(土)〜9月28日(土)まで。9月23日(月・祝)の秋分
の日は、ホピの大地に滞在していますよ。

私も、とにかくワクワクがとまらない状態です。

今回は、現地宿泊施設の都合上、12名までの募集となりました。

「!」と思われた方は、早めにお申し込みください。

詳しくは、本文及びHPをご覧くださいネ。


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様===============「感謝する心」
2・TEN’s占い============今週は「タロット占い」
3・遂に5年ぶりに決定!==「アメリカ大自然とホピ族を訪ねる旅」
4・募集中=======「天河太々神楽講2013 天の川に祈る」
5・受付中!==========「TENの『富士登拝』2013」
6・編集後記====================「あとがき」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇
……………………………………………………………………………………
□「感謝する心」

多くの人は通常、幸せになりたいと思って生きているはずである。
しかし、幸せの価値観は人それぞれ違う。

地位や財産を多く持つことが幸せの最大の要因だと思う人、健康が幸せ
に繋がっていると思う人、愛する家族と暮らせることが幸せだと思う人
など、まさに百人百様。それぞれ異なった幸せの価値観を持ちながら生
きているのだろう。

しかし、それが満たされていない状態であった時、人は不幸を感じるの
かもしれない。

もちろん、地位も名誉も財産も、健康や愛する家族も、どれも大切なも
のである。出来るものならば、全て持ちたいというのが人間の欲望かも
しれない。しかし、だからといって無いと、必ず不幸になってしまうと
いうものではない。いや、欲望から開放されたとき、人は不幸から切り
離れるものなのかもしれない。

しかし、欲望から開放されるという悟りの境地まで、なかなか辿り着け
ないのが人間でもある。

それでは、どのようにしたら、いつも心が満たされ幸福な状態を作るこ
とができるのか。その答えは簡潔明瞭。感謝の心を常に持つことである。

感謝の気持ちとは、有難いと思う気持ちである。どんな情況におかれて
も、その情況に感謝する心持ちでいることである。

感謝の「謝」という文字。これは通常、あやまるという非礼を詫びる言
葉として使われることの方が多いが「礼を述べる」という意味の漢字で
もある。中国語で「謝謝」は「ありがとう」という意味だ。
この「謝」の文字は「言」と「射」の文字から成り立っており「射」は
弓でいるという意味である。

要するに心の中にある思いを、言うことによって弓を射るように相手に
伝え自分の心も平常心に戻っていくことから、この謝という文字は誕生
したのだとか。謝ることも、感謝することも、本来は相手にきちんと言
葉として伝えなければ意味がないものなのだろう。

しかし、感謝の気持ちは、仮に相手に伝えなくても自分が持ち続けてい
ると心が穏やかになり、幸せな気持ちになってくる。その幸せな気持ち
を口にしたら、自分も相手も周囲までも確実に幸せな空気が広がってい
く不思議な力がある。

感謝の心を持って生きていると、気づけば幸せな人生を歩んでいるので
はないだろうか。

……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN’s占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽に読んでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2013年7月13日(土)〜2013年7月19日(金)

<1月生まれ>
想像力豊かな一週間となりそうです。特に芸術的センスに磨きがかかり
そうなので絵画などのアート作品にチャレンジしてみるのもよさそうで
すよ。
 
<2月生まれ>
客観的に状況を判断できる一週間となりそうです。ただし人に厳しすぎ
る部分もあるかもしれません。今週は心にゆとりをもってね。
 
<3月生まれ>
ふいに思いもよらないことが起こるかもしれません。今週は、もしもを
想定して事前に様々な対処をとっておいた方がよさそうですよ。
 
<4月生まれ>
周囲の人々から学ぶことの多い一週間となりそうです。今週は謙虚に人
と接していると良い結果につながりそうですよ。
 
<5月生まれ>
目標に沿ってまっすぐつき進めそうな一週間となりそうです。今週の努
力は将来実を結びそうなので手を抜かずがんばってね。
 
<6月生まれ>
あなたのコンプレックスを乗り越えることが出来る一週間となりそうで
す。またリーダーシップもとることが出来そうなので、自分を信じて突
き進んでみてね。
 
<7月生まれ>
現実を顧みず、空想ばかりに浸ってはいませんか。妄想はリアルな生活
を何一つ変えないばかりか、状況を後退させてしまうことを思い出して
ね。
 
<8月生まれ>
柔軟に物事を推し進めることが出来る一週間となりそうです。心にも余
裕があるので新たな試みは今週から始めるとよさそうですよ。
 
<9月生まれ>
変化のない日常に少し飽きてきてはいませんか。でも無謀な行動は後に
あなたの悩みとなるかもしれません。今週は少しリフレッシュして、気
持ちを切り替えるのもよさそうですよ。

<10月生まれ>
今まで行き詰っていたことに大きな流れがやってきそうです。今週は積
極的に動いてみてね。
 
<11月生まれ>
限界を超える仕事を担ってはいませんか。重荷になっていることは周囲
の人々に相談してみましょう。きっと良い解決策があるはずですよ。
 
<12月生まれ>
合理的に物事を考えすぎて、大切なものを置き忘れているかもしれませ
ん。今週は今一度自分の心の中をしっかり見つめ直してみてね。
 
     
……………………………………………………………………………………
【3】◆◇遂に5年ぶりにHOPIツアー決定しました!!◆◇
……………………………………………………………………………………
   
     TEN’sトラベルメンバーの為の旅企画

    ●天と大地に感謝する旅 スペシャル!●
 
  『アメリカの大自然と平和の民ホピ族を訪ねる旅 2013』

  2013年9月21日(土)〜9月28日(土) 8日間(3連休利用)  
   
   *9月23日(祝・月)秋分の日は、ホピの大地で迎えます。

         募集人員  12名
         最低施行人員 6名
               
    詳細 http://www.office-ten.net/hopi/2013t.html


 平和の民と呼ばれるホピ族の人々。

 メサと呼ばれる砂漠の台地で暮らす彼らは、
 祈り人であり、同時に素晴らしいアーティスト集団でもあります。

 私たちTENは、長年ホピ族の人々と交流を続ける中で、
 ニュートラルに生きる尊さを学んできました。

 今、時代の流れが大きく揺らぐ中で、
 5年ぶりにホピの大地を訪れるツアーを企画することにしました。

 旅の始まりは、赤い巨石が連なるセドナへ。
 ホピの大地では、長老やアーティストの友人たちのもとを
 訪ねてみようと思います。
 ただし、ホピの大地では、いつも特別な時間が流れるので、
 ホピの風に吹かれて、自然の流れに沿った時間を過ごしましょう。

 またナバホ族の聖地であるアンテロープキャニオンや
 モニュメントバレーにも参ります。
 世界屈指の観光地であり、同時にホピの聖地でもある
 グランドキャニオンにも参りますよ。

 旅の終わりは、アメリカ縦断鉄道に乗って、ロサンゼルスへ移動し、
 映画の都、ハリウッドで最先端の文化に触れて過ごしてください。

 太古からの風と、最先端の風。

 ぜひ、貴方の五感で受けとめてみてください。

■ツアー代金に含まれるもの

・成田⇔ロサンゼルス往復航空運賃 
・ロサンゼルス⇒フェニックス(アメリカ国内線)移動交通費
・アメリカ横断鉄道アムトラック夜行列車運賃(コーチシート)
・アメリカ大陸 移動中のバスチャーター代
・アンテロープキャニオン入場ツアー代
・モニュメントバレー入場料
・グランドキャニオン入場料
・ホテル宿泊代 

・自由行動日以外の全朝・夕食代 

■ツアー代金に含まれないもの
成田空港旅客施設使用料 空港税 航空保険料 米国出入国税 昼食代
自由行動日の交通費及び食事代

■TEN’sトラベルメンバーの為の旅企画
企画 オフィスTEN/ワールドエキスプレス大阪
主催 株)ワールドエキスプレス 兵庫県知事登録旅行業第2-250

大地が呼んでいると思う方、是非ご一緒しましょう。

ツアーの詳しい行程は
http://www.office-ten.net/hopi/2013t.html


……………………………………………………………………………………
【4】◆◇募集中◆◇
……………………………………………………………………………………
  
●太古からの祈りの場で、鎮魂神事のお手伝いご一緒いたしませんか●
 
       人         
       ̄Y ̄*
         天河太々神楽講2013
          『天の川に祈る』☆
      
   奈良・天河神社七夕祭 お手伝いワーク (講元 天川 彩)
      平成25年8月12日(月)〜8月14日(水)
       
    ☆今年の旧暦七夕は8月13日(火)です。

    http://www.office-ten.net/tatakagura/t.htm

 
奈良県吉野の山里で、千三百年続いている天河神社。 
年に一度、旧暦七夕に行われる七夕祭は、天河で私たちが自然界、そし
て大宇宙の中で生かされている「命」に感謝をしながら、それぞれに繋
がる「命」に思いを馳せる大切なご神事です。
 
神社から白作務衣をお借りして七夕祭の前日準備から当日、そして翌日
の片づけまでの3日間、無垢なる状態で、祈りの時間を過ごします。
 
特別な場所で、特別な時間、ぜひご一緒いたしましょう。 
 
------------------------------------------------------------
平成25年8月12日(月)〜8月14日(水)

■参加費 36,000円
   2泊3日 食事つき 
 宿泊『本家 柿坂』別棟

■現地集合・現地解散
お申し込み頂いた方には交通機関などの詳しい資料を送付いたします


『天河太々神楽講・天の川に祈る』によせて・・・
 
自然の中に神々があるというアニミズム的な考えは、私たちのはるか遠
く5千年以上も前の縄文時代の祖先たちから、脈々と続いてきました。
その生命観は、今も日本の神社の中で生きつづけていますが、中でも、
宗教という枠を越え、国や人種、性別、年齢、全ての枠をも越えて、
開かれているのが天河神社です。太古からの聖地として空海や世阿弥を
はじめ多くの先人たちが、自らを見つめる場として、また芸を奉納する
場として訪れています。

天河太々神楽講に講元として、皆さんをご案内する役目を賜ってから今
年で13年目を迎えます。講元とは指導者ではなく、人と大いなる根源
とのつなぎ役です。私は天川の名を名乗らせていただいているので、
毎年この七夕祭の折、感謝の意味も込めて講元をさせていただいており
ます。

この「天の川に祈る」と題したワークは、自らの中にある「祈り」と
「願い」を改めて確認し、同時にご神事のお手伝いをさせていただくこ
とで、無垢なる自分と向き合います。
お祭り前日の準備や社殿の掃除、御神事当日のお手伝い、そして翌日の
片づけ終了まで、神社の方々、地元の村の方々と共に過ごす時間は、大
変貴重な時間となることでしょう。
本年も天河における七夕祭りの御神事手伝いへ皆様をお繋ぎしようと思
います。

ご自身の根源と繋がりたいと思っていらっしゃる方、どうぞお待ちいた
しております。
                      講元 天川 彩
……………………………………………………………………………………
【5】◇◆ただいま受付中◆◇
……………………………………………………………………………………

             
   ◎○◎〜 いにしえからの富士山信仰の道を行く 〜◎○◎
          
         《TENの富士登拝 2013》
      
      1合目から山頂まで・祈りの道を登る富士山

    2013年8月22日(木)〜 8月24日(土)& 25日(日)
                 
                   
     http://www.office-ten.net/j/fuji/tohai/2013top.htm
         

日本一の山、富士山。

誰もが知っているこの霊峰には、
古来より神々がいると畏れ崇められてきました。

霊峰に登る際には「御師」と呼ばれる特別な役割を持つ宿坊に泊まり、
 山での慣わしを学び、祓いを受けた後、富士の御山に
一歩一歩足を運ぶのが、本来の霊峰・富士への向き合い方で、
それが富士登拝と呼ばれていました。
 
しかし、時代は移り変わり、今では、日本一高い山を制覇しようと
多くの人たちが詰めかける夏山登山の山となっています。

そんな中、私たちは、2008年より日本人としての心を
取り戻すべく富士登拝を始めました。

富士登山道・随一の祈り道、富士吉田口の一合目からゆっくり
山頂を目指して登る登拝。

450年続く「御師」の家は、北口本宮浅間神社の神官さんの
ご自宅でもあり、登拝日の朝は祈祷殿でお参りして登ることができま
す。

富士一合目からの富士の聖域を、ゆっくりゆっくりと登るので、
高山病にもかかりにくく、体力的にも無理がありません。

今年、本来の富士の御山に登ってみたいと思われている方、
ぜひご一緒しませんか?

きっと、生涯の宝物の時間になることでしょう。

……………………………………………………………………………………
【6】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
5年ぶりにホピツアーが決定した。あっという間の5年だったがその間に
も時は流れている。新たな施設が誕生していたり、逆に今まであったも
のが無くなっていたり。でも、あの懐かしいホピの大地はそのまま変わ
らずにあるだろう。あとは、5年ぶりで会う友人たちが、皆、元気に暮
らしていることを祈るばかりだ。
                  aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。