ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第570号

2013/06/08

こんにちは!天川 彩です。

梅雨に入ったのかと思いましたが、この一週間、ずっと晴れましたね。
晴は晴れで嬉しいのですが、やはり農作物にとっては梅雨も大切な恵み
なので、晴ばかりだと、ちょっぴり心配になります。

さて、今週の大きなニュースといえばサッカー日本代表が、ワールドカ
ップに出場決定したことでしょうか。やはり、日本が活躍すると嬉しく
なりますよね。

私は特に、ヤタガラスのエンブレムを胸に選手たちが活躍している姿を
見るのが好きです。
ヤタガラスといえば熊野ですが、熊野の書籍も、いよいよ大詰めになっ
て来ました。

今回の書籍、多分、何千枚と原稿を書いたと思うのですが、そこから推
敲し削っていくうちに、かなりスッキリとして…あれ?こんなに原稿少
なかったかな?と思うような枚数になっています。

でも、きっと楽しんで読んでもらえるものになっているのではないかと
思います。もうしばらくお待ちくださいね。

さて、富士登拝の募集を先週より開始しましたが、新聞などの情報によ
ると、6月20日過ぎあたりに、富士山の世界遺産登録が決まるようで
すね。

そんな中、明日、6月8日23:00〜NHKのEテレ(旧:NHK教
育)でETV特集「富士山と日本人」と題した番組が放送されるようで
す。「中沢新一が探る一万年の精神史」というのが副題のようで、山梨
出身の中沢氏が、日本人の富士信仰について焦点をあてた番組のようで
す。

いつもお世話になっている富士講の大先達も番組に登場するようです。
また、富士吉田の「御師の家」も出るようですヨ。御師の家ってどんな
ところ??と思っている方、ぜひご覧になってみてください。

私もかなり楽しみです。


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様===========「命あることへの感謝」
2・TEN’s占い============「タロットカード占い」
3・ただ今受付中!=======「TENの『富士登拝』2013」
4・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◇◆コラム・風の文様◆◇
……………………………………………………………………………………

□「命あることへの感謝」

先日、高校時代の同級生の友人が、誕生日を迎えた。

その日、彼女は仕事を早めに切り上げて、一人亡母の墓参りをしたの
だという。墓のまわりを花でいっぱいに埋め尽くして、亡き母へ自分
をこの世に産んでくれたことへ感謝を捧げたのだとか。

その夜、改めて家族に誕生日の祝福をしてもらったという。私は話を
聞いて、心がホッコリ温かくなった。

自分の誕生日に、母のお墓に花を手向けた友人。そのような心を持った
人に育てあげたお母様。共に素晴らしい人格者だと思う。

まさに因果応報である。因果応報は、今は悪い意味に使われることの方
が圧倒的に多いが、もともとは、原因があるから、そうした結果を招く
とする法則の話である。良い因の先には良い結果が、悪い因の先には、
悪い結果が待っている。その法則は、絶対に誰も変えることは出来ない
のだ。

彼女のお母様のお墓が、彼女の誕生日に花で埋め尽くされるのは、お母
様自身が、彼女へ愛情を沢山注いできた、という因があったからに違い
ない。

また、そんな背中を見て育った彼女の子どもたちも、やがて彼女が他界
した時には、自分たちの誕生日には、彼女のお墓を花で一杯に飾ること
だろう。

自分の命は授けてもらったものである、ということを普段は忘れてしま
いがちである。彼女のように自分の誕生日に、この世に産んでくれた親
へ感謝の気持ちを伝えるということは、とても素敵なことかもしれない。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN’s占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽に読んでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。
2013年6月8日(土)〜2013年6月14日(金)

<1月生まれ>
リーダーシップを発揮する一週間となりそうです。今週は何事も積極的
に動くと、よい方向に流れそうですよ。

<2月生まれ>
自分の思いのまま動いていると思っていても、実は他人の思惑の中で動
かされていた、という情況になっているかもしれません。今週は自分自
身をよく観察してみてね。
 
<3月生まれ>
あれこれ無駄なことを考えすぎて、結局は肝心なことを放ったらかしに
してはいませんか?今週は、何が大事なことかを今一度考えてみてね。
 
<4月生まれ>
今週は冷静さがキーワードです。何かに熱中しすぎて肝心なものが見え
なくなってしまわないよう、気をつけてね。
 
<5月生まれ>
ものごとを客観的に判断できる一週間となりそうです。大切なことを決
めるのなら今週が良さそうですよ。
 
<6月生まれ>
今まで頑張ってきたものが、結果を出し始める一週間となりそうです。
達成まであともう一息。気を抜かずにやり遂げてね。
 
<7月生まれ>
何かと貪欲になってはいませんか?欲を出しすぎると、結局よい結果に
繋がりません。今週あなたのキーワードは「足りるを知る」です。
 
<8月生まれ>
大きな決断の時となりそうです。ただ、人を傷つけてしまわないよう、
最大の優しさを持って、行動してね。

<9月生まれ>
バランス感覚の良い一週間となりそうです。ただ気を遣いすぎて、疲れ
が出てしまうかも。今週は心身の休息も心がけてね。

<10月生まれ>
自分の都合のよいことばかりに動こうとはしていませんか?今週はあな
たの心の中をじっくり見つめなおす必要があるかもしれません。考慮す
ることの大切さを取り戻してね。
 
<11月生まれ>
視野が狭くなっているかもしれません。また、状況判断があまりうまく
できない状態かもしれないので、大切なことは今週は決めないほうが懸
命です。

<12月生まれ>
いつまでも堂々巡りで答えに辿り着かない情況ではありませんか?今週
は不必要なことまで抱え込まず、大切なことだけに集中してみてね。

……………………………………………………………………………………
【3】◇◆ただ今受付中◆◇
……………………………………………………………………………………

   ◎○◎〜 いにしえからの富士山信仰の道を行く 〜◎○◎
          
         《TENの富士登拝 2013》
      
      1合目から山頂まで・祈りの道を登る富士山

    2013年8月22日(木)〜 8月24日(土)& 25日(日)
                 
                   
     http://www.office-ten.net/j/fuji/tohai/2013top.htm
 
         募集人員  20名  最低施行人員 8名
         
    

日本一の山、富士山。

誰もが知っているこの霊峰には、
古来より神々がいると畏れ崇められてきました。

霊峰に登る際には「御師」と呼ばれる特別な役割を持つ宿坊に泊まり、
 山での慣わしを学び、祓いを受けた後、富士の御山に
一歩一歩足を運ぶのが、本来の霊峰・富士への向き合い方で、
それが富士登拝と呼ばれていました。
 
しかし、時代は移り変わり、今では、日本一高い山を制覇しようと
多くの人たちが詰めかける夏山登山の山となっています。

そんな中、私たちは、2008年より日本人としての心を
取り戻すべく富士登拝を始めました。

富士登山道・随一の祈り道、富士吉田口の一合目からゆっくり
山頂を目指して登る登拝。

450年続く「御師」の家は、北口本宮浅間神社の神官さんの
 ご自宅でもあり、登拝日の朝は祈祷殿でお参りして登ることができま
す。

富士一合目からの富士の聖域を、ゆっくりゆっくりと登るので、
高山病にもかかりにくく、体力的にも無理がありません。

今年、本来の富士の御山に登ってみたいと思われている方、

ぜひご一緒しませんか?
きっと、生涯の宝物の時間になることでしょう

 
……………………………………………………………………………………
【4】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
私の住む地域には、富士見坂がある。
実は都内に、富士見坂と呼ばれる坂は数々あれど、実際にその坂の上か
ら富士山が今でも見る事ができるのは、近所の富士見坂ただ一つだった。
しかし、その富士見坂の前にとうとうビルが建ってしまうようで、富士
見坂からの富士が拝めなくなってしまうらしい。

そんな訳で、富士講の大先達が、明日、ご近所にやって来て、お炊き上
げをされる、と書かれていたチラシがご近所に置いてあった。
なんだか、我が家のご近所で富士講先達のお炊き上げだなんて、新鮮で
ある。
                      aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。