ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第442号

2010/10/30

こんにちは!天川 彩です。
台風が日本列島に向かってきているようですね。先日、大雨被害に見舞
われたばかりの奄美も通過するようですが、これ以上の被害が広がらな
いことを祈るばかりです。
 
東京も週末は暴風雨に見舞われるとの予想ですが、そんな中、私は国連
難民映像祭に行ってきます。

地球上には、本人の意思や努力とは無関係に、紛争や迫害といった事情
で住む場所を失い避難を強いられた人々がおよそ4000万人いるそうです。

難民問題というのは、人間の根本的な「業」の部分と深く繋がった問題
なので、事故や自然災害などと違い、解決の目処がたちにくく場合によ
っては何十年という長さで難民になってしまう人もいるようで…。
私も生まれた国や民族が違っていたら、その一人だったかもしれないと
思うと、何か支援をしなければと思い、毎月、本当にささやかな金額で
すが、国連の難民援助活動に継続的に協力しています。(自動引き落と
しなので普段は忘れています)

その窓口になっているのが、ジュネーブに本部を置く国連UNHCR(国連
難民高等弁務官事務所)。映画祭はそこの主催で何と全ての映画が無料
なんです。

世界の隅々で起こっている映像を映画館でじっくり見ることができるの
は、ありがたいことです。今年は明日で終わりですが、毎年この映画祭
が行われていますヨ。

映像といえば…今週も引き続き、天河の映像編集に明け暮れていた一週
間でした。来週は、録音などがあるため天河に日帰りで行ってきます。
いよいよ7年越しで関わってきた、天河の映像がかたちになりつつあり
ます。

DVDとして販売するのは来年の予定ですが、11月15日(月)は
旧暦10月10日の特別な神事が行われるため、まずは天河の神様に
ご覧頂こうと思っています。
二週続けての天河。まさに動かされているなぁ…という感覚です。

さてさて。来月は「お伊勢さんツアー」。
凛とした空気の中で、天照大神と向き合う時間は、日本人魂が甦るよ
うな気がします。

今年は、このお伊勢さんが最後のツアーになりますので、よろしけれ
ば是非ご一緒いたしませんか♪


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様==============「信じきること」
2・探求塾・講座==============「日本の原郷・熊野」
3・日本を堪能する旅===========「伊勢ツアー2010」
4・TEN占い==========今週は「タロットカード」占い
5・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇
……………………………………………………………………………………

□『信じきること』

自信というのは、自らを信じると書く。

自信過剰というのは、冷静に客観的に自分をみることができず、過大
評価をしてしまうことだが、私が知る限り、自信過剰な人は少ないよ
うに思う。

そのかわり、自信が無いという人が、どれほど多いことだろう。

なぜ、自分が信じられないのか。それは単純明快。信じられるような
行動をしていないからだ。自分を信じたければ、それに伴った行動を
自分が取ればいい。

しかし…

「勇気を出して進んだ方がいいことは何処かでわかっていながら怖く
て進むことができない」だとか「止めたほうがいいことは何処かでわ
かっていながら、ついやってしまう」という人が大半だ。

何処かでわかっていながら、行動に移せないことの積み重ねは自分へ
の信用を失っていく。

他人に置き換えて考えてみるとわかりやすい。
平気で裏切る人を信用できるだろうか。一度決めたことを、ナンダカ
ンダ言い訳を見つけて、簡単に辞めてしまう人を信用できるだろうか。

「何処かでわかっている」の何処かとは「魂」である。

魂の声は、常にその人にとって一番望ましい道を示す。望ましい道と
いうのは、大方が楽な道ではない。いやそれどころか、かなり過酷な
道の方が多いだろう。
だから、望ましいことはわかっていながら、楽な道を歩もうとするの
だ。それは、怠慢でありズルさなのだ。

己の中の怠慢やズルさを手放さない限り「何処かで本当はわかってい
るんだけどね」と言い続けているだけだろう。

本当にわかっていたら、怠慢さやズルさの誘惑に乗りはしない。
本当はわかっていないから、自分を信じられる力が無いのだ。

魂の声に従うと、時に慣れ親しんだ習慣を手放さなければならないか
もしれない。別離を選択しなければならないかもしれないし、
プライドを捨てなければならないこともあるだろう。

魂の声を信じるということは、自らを信じ、勇気を出して「実行しな
ければならない」ことばかりだ。

そして、信じることが出来たならば、信じきることだ。

信じてみたけれど…とすぐにビクビクしていたのでは、真の答えに結
びつかない。怖くなって、信じることを辞めたら、もっと自分を信じ
ることが出来なくなる。

信じて、信じきって、初めて信じる喜びを知ることができる。

自分を信じて、神を信じて、全てを信じきる。

そうしたら、心から信じることができる他人を見つけ出すことができ
るだろう。


……………………………………………………………………………………
【2】◆◇探求塾・講座◆◇
……………………………………………………………………………………
            いよいよ来週です!

        ■ にっぽん探求塾・講座 ■
             
               第三回
       
           『日本の原郷・熊野』

   〜日本人は何を求めて「熊野」を目指したのか〜

   日 時:11月2日(火) 19:00〜21:00
   場 所:文京ふれあい館 3F 会議室
   参加費:1000円(塾生)/1800円(一般)
   詳しくは http://www.office-ten.net/nippon3/e-3.htm 

   
   熊野には、弥生時代から続く古いお祭りがあります。
   千年後の平安時代、人々はこぞって熊野を目指して
   歩き出します。
   それから千年後の平成の世で、
   熊野は世界遺産となりました。


   日本人は、何を求めて熊野を目指したのか。

   今回のにっぽん探求塾では、少し深く話を掘り下げて
   皆さんにお話しようと思います。



……………………………………………………………………………………
 【3】◆◇おすすめの旅◆◇ 
……………………………………………………………………………………
          
     <日本を堪能する旅シリーズ 其の二十>
    
       『お伊勢さんツアー2010』
  
 
   〜伊勢神宮ご神事「新嘗祭(にいなめさい)」と
          「パール」と「牡蠣」と「斎王」〜

   2010年11月21日(日)〜11月23日(火・祝)  
     2泊3日 39、900円 名古屋 発着

      定員 12名 最低施行人員6名

  詳細・お申し込みはhttp://www.office-ten.net/j/ise/2010/top.htm
 
「お伊勢いきたや伊勢路がみたい せめて一生に一度でも」

日本人共通の心の故郷、お伊勢さん。
宇治橋を渡り、神域に入った途端、身も心も洗われるような気持ちに
なるのは、そこが日本の総氏神様だからでしょうか。

二十年に一度のご遷宮まであと三年。

お伊勢参りはいつ行っても新鮮ですが
今年は伊勢神宮の新嘗祭の時期を選びました。

日本の五穀豊穣を祝う祭り。本来は伊勢の新嘗祭を終えなければ
新米は口にしてはいけなかったそうです。
また、この日は勤労感謝の日になっていますが、これももともとは
収穫までの勤労を祝う日で、伊勢の新嘗祭から始まった祝日なのだとか。

また、今回の旅は伊勢・志摩を楽しむ時間も設けましたヨ。

何といっても、伊勢志摩は海の恵みの宝庫。

特にこれからのシーズン海のミルクと呼ばれる「牡蠣」が有名です。
今回は美味しい牡蠣を目いっぱい食べていただけるよう、
一泊目は牡蠣漁師さんのお宿を選びました。

そして、もう一つ。志摩の海の恵みといえば、真珠。
英虞湾で好きな真珠貝を選び、そこから世界にたった一つ、あなた
の真珠玉をどうぞ。

はじめての伊勢、久しぶりの伊勢、またしてもの伊勢。
せっかくの「伊勢詣で」ならば、今回ならではの楽しい機会を是非
選んでください。
きっと、生涯忘れられない、時間となることでしょう。


行程など詳しくは

http://www.office-ten.net/j/ise/2010/top.htm


……………………………………………………………………………………
【4】◇◆TEN’s占い◆◇
……………………………………………………………………………………

所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2010年10月30日(土)〜11月5日(金)あなたの運勢

<1月生まれ> 
今週は何事も慎重に向き合った方が良さそうです。機械的な流れになっ
てしまったり、無理を重ねて不摂生をしてしまったり。時折、自分自身
の行動を振り返ってみてね。 

<2月生まれ> 
ぬるま湯状態で努力を忘れてはいませんか。何事も面倒くさがっている
と勢いのある人に置いて行かれてしまうかもしれませんよ。 

<3月生まれ> 
人から学ぶ一週間となりそうです。悩んだり迷ったりしたときは、自分
で解決しない方がよさそうですよ。 

<4月生まれ> 
誰かのためにしているつもりが、実は自己満足なこともあります。自分
の押しつけにならないよう、もう一度相手の状況を見てね。 

<5月生まれ> 
今まで見逃していた問題点が見えてくるかもしれません。でも、自分自
身を追いつめたりしないよう、冷静さも忘れずにね。 

<6月生まれ> 
想像が膨らみすぎて、現実との間にギャップが出来ているかもしれませ
ん。今週は地に足付けて、リアリティーを持って考えてね。 

<7月生まれ> 
新しい対人関係のはじまりがありそうです。ただ、思いこみで何かを決
めつけず、柔軟に向き合ってみてね。 

<8月生まれ> 
夢を叶えるための努力をしていますか。夢は見ているだけでは叶いませ
ん。今週は地道な努力を忘れずにね。 

<9月生まれ> 
目の前のことに集中しすぎて、大切なことを見落としているかもしれま
せん。今週は肩の力を抜いて、周囲を見回す余裕を持ってね。 

<10月生まれ> 
誰かと意見が対立するかもしれません。でもそれは、お互いに理解し合
うための大切なディスカッション。感情的にならず、対話から逃げない
でね。 

<11月生まれ> 
物事を甘く見ている部分があるかもしれません。今週あなたに必要なキ
ーワードは「忍耐」です。 

<12月生まれ> 
知性を磨く一週間となりそうです。また、派手さはなくても長続きのす
る趣味に出会うかもしれません。今週はゆっくり感性を磨いてね。


……………………………………………………………………………………
【5】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
食欲の秋。デスクワークが多いとつい何かが食べたくなり…。今日も仕
事をしながら、いただき物の「くりやきいもあられ」をお皿にあけた。
初めての食感と味に気がついたら手が止まらなくなっていた。
美味しいものは、デスクワーク中は危険だ。
                  aya

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。