ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第434号

2010/09/04


こんにちは!天川 彩です。

行ってきましたぁ〜。山伏修行!
羽黒山、月山、湯殿山。早朝4時過ぎに起きて就寝は真夜中。この猛暑
の中ずっと行が続きます。様々な厳しい行の中でも、私は特に羽黒山の
徒走行が厳しかったです。約2500段もある石段を、わずか一度限り休憩
するだけで、後は休み無く一気に登りきらなければならない行は、本当
に辛かったです。

でも修行を終えると、それはそれは爽快♪
満願までやり遂げた達成感や、得るものがいっぱいでした。

希望者が多ければ、また来年も先達にお願いしてみようかとも思います。
来年、私が元気で気力体力とも頑張れそうな状態ならば、皆さんにまず
リクエストを取ってみますね。

さて。明日は『本郷界隈ツアー』。
アイヌ神謡集を世に生み出した日、心臓病で亡くなってしまった知里幸
恵さん。そしてアイヌ語やユーカラを世の中に残すため、生涯をかけて
いた金田一京助先生。このお2人の足跡を訪ねるツアーです。

出張から戻ってきたら、募集人数を遥かに越える参加希望者からの申し
込みが殺到していました。嬉しい限りです。
そんな訳で、明日は頑張って知里幸恵さんや金田一先生の生涯を皆さん
にお伝えしたいと思います。


修行明けということと、明日は講座とミニツアーという状況が重なって
いるので、今週はコラムをお休みさせてください。

そのかわり…
『にっぽん探求塾』第二回の講座が決定しましたので、そちらのお知ら
せをトップにしました。
今回は『日本はじまり物語』です。縄文、弥生、古墳、飛鳥、奈良。
日本という国の成り立ちをしっかり見てみると、実にダイナミックで面
白いですよ。

……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・最新情報=====「にっぽん探求塾」講座『日本はじまり物語』
2・TEN占い==========今週は「タロットカード」占い
3・おすすめの旅==========「奈良・大人たちの修学旅行」
4・TEN’sショップ==薬師寺お坊様の佛説絵本『旅人の甘い蜜』
5・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇最新情報◆◇
……………………………………………………………………………………
 
       ■ にっぽん探求塾 ◇講座◇第二回 ■ 

            『日本はじまり物語』

         2010年9月14日(火)19:00〜21:00 
   
     
     ・参加費 1000円(塾生)/1800円(一般) 
     ・場所 文京ふれあい館3F 会議室 
     ・交通 東京メトロ千代田線「根津」駅下車徒歩5分 

     詳細は http://www.office-ten.net/nippon2/e-2.htm


       日本という国は、とかく面白い国です。

      でも、わたしたちの国の成り立ちを知ると
         もっと面白く感じる国です。

       今回「にっぽん探求塾」第2回目の講座は
     『日本はじまり物語』と題して古代史日本の歴史を
         お話することにしました。

      具体的には縄文時代から、弥生時代、古墳時代
         そして飛鳥時代から奈良時代まで。

        神話の時代から具体的に人々の営みが
      図り知れる時代まで、一本の物語として繋がった
        『日本はじまり物語』をお話いたします。

     わたしたちの遠い祖先達がどのような歩みを通して
         この国と向き合ってきたのか。
        
         今回はお話したいと思います。

          中学校の歴史の教科書で
       文字だけ見てきた出来事や人物達が
       いきいきと感じてくることでしょう。

 
                          
……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2010年9月4日(土)〜9月10日(金)あなたの運勢

<1月生まれ> 
自分の考えに執着して、他の人の意見が耳に入らないかもしれません。
今週は出来る限り、おおらかに物事を捉えましょう。

<2月生まれ> 
沈着冷静に物事が判断できそうです。重要な決断をするならば、今週が
よさそうですよ。

<3月生まれ> 
なかなか思うように物事が前に進まないとしたら、あなたの優柔不断さ
が招いていることかもしれません。今週は自分をしっかりと見つめなお
してね。

<4月生まれ> 
自己との対話の一週間となりそうです。今週は心静かに過ごすとよさそ
うですよ。

<5月生まれ> 
周囲の人々に少し厳し過ぎではありませんか?身近な存在であればある
ほど
気配りも忘れずに。
 
<6月生まれ> 
自分の欲求が第一で、周囲への気配りはかなり後回しになってはいませ
んか?あなたの株がさがらないよう、気配りだけは忘れずにね。

<7月生まれ> 
頭の回転が速くなる一週間となりそうです。新たな計画は今週たてると
よさそうですよ。 

<8月生まれ> 
まわりの人々に対して疑心暗鬼な状態になってはいませんか?真っ直ぐ
な心で見ることを心がけてね。

<9月生まれ> 
学びの一週間となりそうです。誰かの話を聞きに行ったり、本をいつも
以上に読むなど、教養を高める努力を。

<10月生まれ> 
目立とう精神が旺盛になり過ぎて、必要以上に前に出すぎてしまうかも
しれません。今週あなたに必要なキーワードは「謙虚」です。

<11月生まれ> 
周囲から認めて欲しいと思いすぎてあなたらしさを見失ってはいません
か。今週あなたに必要なことは自分らしさを思い出すことです。 

<12月生まれ> 
心身ともに満たされた一週間となりそうです。あなたの細やかな愛情を
周囲の人にも是非配ってくださいね。

……………………………………………………………………………………
 【3】◆◇最新・にっぽん探求塾の旅◆◇ 
……………………………………………………………………………………
    
    <にっぽん探求塾の旅 其の3>

     『奈良・大人たちの修学旅行』
       ―日本のはじまり物語―

  〜古墳時代、飛鳥時代、そして奈良時代を旅する〜

   2010年10月8日(金)〜11日(月・祝)
           3泊4日

         63、000円
      (にっぽん探求塾 塾生価格)
         京都駅・集合解散

         67、000円
       (塾生以外 一般価格)
         京都駅・集合解散

★今回は3泊それぞれに、ちょっと大人の素敵な宿を選びました

  *東京発着希望の方は+24、000円(往復新幹線利用)

     詳細は http://www.office-ten.net/nara/top.htm
 
 <ツアーに含まれるもの>
 近鉄電車代(特急料金含む)・吉野山ケーブル代・
 宿泊代・全朝夕食代・国宝蔵王堂・夜間特別拝観料(3000円)
 平城遷都1300年会場歴史館入場料・薬師寺拝観料・


       平城遷都1300年にあたる今年、
   日本の中で最も注目を集めているのが「奈良」です。

     古墳時代、飛鳥時代、そして奈良時代…。
    日本の古代史の中に登場する場所や人物たちは、
      かつては、教科書の中だけのものでした。

     卑弥呼や聖徳太子、大化の改新に壬申の乱…。
           平城京や遣唐使…。

       文字や言葉だけは覚えていても、
         実際の出来事や繋がりは、
      ほとんど忘れているのではないでしょうか。

     大人になった今、改めて「奈良」を知ると
     日本という国そのものの成り立ちが見えてきます。

        今回のにっぽん探求塾の旅は、
   「日本のはじまり物語」と題して、ダイナミックで面白い
        奈良へとご案内いたします。

  また、大人たちの修学旅行なので、日程もお宿も吟味しました。

      薬師寺では年に一度の薬師寺・万燈会
      (夕刻灯される祈りの燈篭)の日を選び、
    吉野山では特別開帳中の蔵王権現の夜間特別拝観に
       ご案内してくださるお宿を選びました。

   更に2010年10月10日の「TEN」の日の朝は、
          天河神社で迎えます。

     また昨年、国立歴史民俗博物館の研究により、
       卑弥呼の墓の可能性が高まった古墳など
         三輪山方面も巡ることにしました。

        大人だからこそ感じる「日本」の魅力。
            一緒に体感しませんか?
         (せんとくんとも会えるかも♪)

     

    **この旅のスペシャルをほんの少しご紹介**


  <世界遺産・吉野山で夜に金剛蔵王大権現立像と出会う>

    日本最大の木造秘仏である「金剛蔵王大権現立像」。
    全身7メートルを超す三尊の全身は、
    ことごとく悪魔をはらう怒りの形相を現されており
    過去、現在、未来の三世に渡って
    私たちを守ってくださる守護仏でもあります。 

    秘仏として、普段は拝観することはできませんが
    平城遷都1300年祭記念事業として、
    9月1日から100日間の間のみ御開帳されます。 

    さらに、夜間行われる「夜間拝観」は、
    あらかじめ決まった人数しか中に入ることの許されない
    特別なもの。

    蔵王堂のお堂内に入場後は扉が閉められ
    他の人は、入堂不可の状態となります。

    今回の旅では、宿泊するお宿の方にご案内いただき
    「夜間拝観」をさせていただくことになりました。

    この貴重な機会を、心静かに過ごしましょう。


……………………………………………………………………………………
 【4】◆◇TEN’sショップ◆◇ 
……………………………………………………………………………………

2500年前、お釈迦さまが伝えたかった人生の指針のひとつが、大人
の絵本となりました。ポップなイラストや文字も、味があります。

 □━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
                ★   ☆   ★   ☆   ★
          ★    ☆    ★    ☆    ★     
        ☆     ★    ☆    ★    ☆    


 

              〜佛説 絵本〜
              「旅人の甘い蜜」 

           文・解説:小林澤應(薬師寺録事) 
          
           画 ・書:松田大児 
           監  修:山田法胤(薬師寺管主) 
           

           303×218ミリ(A4変形) 32ページ 

             定価1500円(+税75円)

            全国一律 送料 1冊250円 
        ※2冊以上の場合は何冊ご注文いただいても一律500円

            絵本についての詳細は…
      http://www.office-ten.net/shop/ehon/top.htm#

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


このたびTENと深いご縁のある法相宗大本山『薬師寺』の僧侶・小林
澤應さんが、佛説絵本を出版されました。
 
小林僧侶は、私にインド仏跡巡礼の旅のきっかけをつくって下さったり、
お釈迦様や玄奘三蔵のお話しをしに東京までお越しいただいたりと、
仏法とTENとを繋いでくださっている方です。 

小林僧侶が佛説絵本として最初に選んだお経は譬喩経(ひゆきょう)。
わずか500字で仏の教えを、たとえ話で説いた短いお経です。

旅人がゾウに追いかけられたり毒蛇に襲われそうになるなど、さまざま
な災難に遭いながらも 甘い蜜に心奪われてしまうストーリーで、
人間の生老病死という避けられない無常の中で それに気づかず欲望に
おぼれてゆく人間のおろかさをわかりやすい文章とダイナミックな画と
書で表現した絵本です。 

今回出版されたこの佛説絵本について小林澤應僧侶は、「悩みや苦しみ
の多い人生をどう生きるか考えるきっかけとして、特に大人の人々に読
んでもらいたい」と語られています。 

人生に惑うすべての大人たちに、 ぜひお勧めしたい絵本です。 

あなたご自身のために、大切な方のために、ぜひいかがですか?



……………………………………………………………………………………
【5】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
明日は本郷界隈ツアー。知里幸恵さんもさることながら、尊敬してやま
ない金田一京助先生のお話を、皆さんに伝えられるのかと思うと、嬉し
くて仕方が無い。
              aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。