ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第430号

2010/08/06


暑中お見舞い申し上げます。天川 彩です。 

今年は猛暑といった暑さが続きますね。
熱中症にならないよう気をつけながらも、冷たいものを取り過ぎたり、
冷房が効きすぎている部屋で長時間過ごすと、体調を壊しやすいです
ので、皆様くれぐれもご自愛ください。

さて、少しまじめな話になりますが、今日は、8月6日。
今朝、広島での平和式典に、戦後65年目にして初めて米国の代表と
してルース駐日大使が出席している姿を見て、世の中がほんの少しで
も進展しているのだと改めて感じました。
オバマ大統領の意向が強く影響しているようですが、核兵器の無い世
の中の実現、だけでなく「戦争そのものの過ちを繰り返さない世の中
の実現」を人類が目指していけるといいですね。

尊い命が、人が引き起こした悲劇の中で失われることがないよう、心
から祈りたいと思います。

それから…先日来、100歳以上の高齢者の方の中で、所在確認・生
存確認が取れていない方が多数出ているというニュースが報じられて
います。

家族関係が、これほど希薄になっている現代。
親との関係というものを改めて見直す必要があるのではないでしょう
か。

今日は、そんな思いを込めてコラムを書くことにします。


……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様==============「親という存在」
2・TEN占い==========今週は「タロットカード」占い
3・おすすめ情報===『東京・本郷界隈ツアー」講座&ウォーキング
4・最終案内====天河太々神楽講「天の川に祈る」旧暦七夕神事
5・特別企画=======「出羽三山信仰と山伏修行を体験する旅」
6・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇
……………………………………………………………………………………

□「親という存在」

アイヌ語で「アイヌネノアンアイヌ」。「人間らしい人間」という意味
の言葉がある。知性と教養と慈愛を持った、人として尊敬すべく人、と
いうものだろうが、そうした人になる為には、見本となる大人の存在が
必要不可欠だろう。

ただ、近年、見本となる大人がめっきり減ってきているように感じる。
実年齢の年ばかりが重なっても、大人になりきらない大人が、今の世の
中、どれほど多くいることだろう。

自己の利益、自己都合でのみ物事を捉え、不利益な存在、意に沿わない
存在には敵意をあらわにする。

大人としての素晴らしき見本が欠如しているのか、それとも見本を見な
いまま成長してしまったのか、それはわからない。とにかく精神は子ど
も状態のままストップし、実年齢だけが大人の年代になっている人が、
どれほど多いことだろう。

家族間のトラブルも、真の大人が家族の中に存在しないことに要因して
いるように感じる。

30代、40代になっても「自分の母親(父親)や配偶者の親が嫌い」
という人が想像以上に多い。いや、もっと年代が上になっても、相変わ
らず自分や配偶者の親と犬猿の仲という人もいる。

親と子という関係は、血のつながりの有無とは関係がない。親と子とい
う関係が結ばれた間柄に存在する。産みの親、育ての親、義理の親。
どんな形容詞が付こうとも親は親なのだ。

しかし、親に否があるばかりではない。自分が大人になりきれないから
親を否定しているのだ。親を一人の人間として肯定し、自分や配偶者を
生み出してくれた存在に、感謝の気持ちと慈しみの気持ちが持てた時こ
そが、人が大人になる瞬間のような気がする。

子どもを立派な大人に成長させるのが親の役割だとしたら、反面教師と
しての親が存在していることもある。仮に自分の親が大人になりきれな
い親であったとしても、自分自身も大人になりきれないままでいること
はない。

親と子の精神年齢が逆転してもいいではないか。
縁あって親子。どんな親であろうと子であろうとも、互いに有難い存在
なのだ。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2010年8月7日(土)〜8月13日(金)あなたの運勢

<1月生まれ> 
次の発展に向けて準備するべき一週間となりそうです。しっかりと調べ
てみたり、余念のない計画を立てるなど有効に時間を使ってね。 

<2月生まれ> 
あれもこれもと手を出しているうちにすべてが中途半端になってはいま
せんか?一気に物事を進めようとせず、1つ1つ丁寧に片づけていくこと
を忘れずにね。 

<3月生まれ> 
今週はいつも以上に勉強に向く一週間となりそうです。読みかけていた
本を読んだり、調べものをするなど、物事に集中する時間に適していま
すよ。 

<4月生まれ> 
ぎりぎりの状態でバランスを取ってはいませんか?今週は一歩ラクな場
所に降りて肩の力を抜いてみてね。 

<5月生まれ> 
今までになかった新たな出来事に遭遇するかもしれません。でもそれを
乗り越えたとき、大きな自身に繋がるはずですよ。 

<6月生まれ> 
何か一つのことで頭がいっぱいになり、他のことに目がいかなくなるか
もしれません。今週は深呼吸をしてあなたらしさを取り戻してね。 

<7月生まれ> 
予想していたような結果に繋がらず、少しイライラしてしまうかもしれ
ません。今週は原因をしっかりと探ってみましょう。きっと次に繋がる
ヒントがあるはずですよ。 

<8月生まれ> 
いつも以上に沈着冷静に物事が判断できる一週間となりそうです。大切
なことを決めるならば今週中に考えると良さそうですよ。 

<9月生まれ> 
自分らしさを発揮する一週間となりそうです。積極的に人と接してみた
り、思う方向へ動いてみたり、感性の赴くまま過ごしてみてね。 

<10月生まれ> 
今週はあなた自身と向き合う一週間となりそうです。何かが足りないと
感じたならば視野を広げてみるのも良さそうですよ。 

<11月生まれ> 
思い悩んでいたことが一気に解決の道に進みそうです。すがすがしい気
持ちで一週間を過ごしてね。 

<12月生まれ> 
周囲の意見に気持ちが迷ってしまうかもしれません。気が重くなること
は手放して、できる限り楽しいと思えることを選択してね。 

……………………………………………………………………………………
【3】◆◇おすすめイベント◆◇
……………………………………………………………………………………
  
   〜オフィスTEN×ムカシ玩具コラボレーション企画〜

           『東京・本郷界隈ツアー』
            (嬉しい♪ランチつき)
 
     〜「アイヌ神謡集」知里幸恵と金田一京助の足跡〜
           
               3、800円

            2010年9月4日(土)

             10:30〜17:30
          (メトロ東京「根津駅」集合解散)
               先着 25名
      
            *定員になり次第、締め切り
          

アイヌの人々は長い間文字を持たず、口伝えのユーカラ(叙事詩)で
歴史や昔話を子々孫々に伝えてきました。
大正時代、アイヌ語の研究を始めていた金田一京助氏との出会いによ
り、初めてユーカラを文字に書き記し『アイヌ神謡集』として書き上
げたのが知里幸恵さんです。しかし神々の謡をこの世に甦らせ原稿を
書き終えたその日、幸恵さんはわずか19歳という若さで神様のもと
へ召されてしまいます。

時代が呼んでいるのでしょうか。知里幸恵さんの存在が、ここ数年に
わかに脚光をあびはじめています。NHKの番組で取り上げられたり、
新たな書籍が販売されたり、今年の9月には、幸恵さんの生まれ故郷
・登別にようやく知里幸恵記念館もオープンするようです

そこで、今まで十年以上に渡り東京でアイヌのユーカライベントやア
イヌエコツアーなどを企画してきた「オフィスTEN」と、一人芝居
で知里幸恵さんを演じている女優・舞香さん主宰の「ムカシ玩具」と
がコラボレーションして、ツアー企画を行うことにしました。


まずは、このツアーをより深く楽しんでいただく為に、午前中は、知
里幸恵さんの生涯については舞香さんが、金田一京助氏のアイヌの人
々との関わりなどについては、天川 彩がお話いたします。美味しい
昼食をとって頂いた後は、いよいよ本郷界隈ツアーの出発です。

知里幸恵さんや金田一京助氏の足跡を辿りながら、宮沢賢治や石川啄
木、樋口一葉といった文豪たちが暮らしていた場所にもご案内します
のでどうぞお楽しみに。

また、敬虔なクリスチャンでもあった幸恵さんが、心の拠り所として
いたのが教会。今回のツアーでは、二カ所の異なった教会にそれぞれ
立ち寄らせていただけることになりました。最初にご案内する教会の
中では、舞香さんによる『アイヌ神謡集』序文の朗読を、最後に伺う
教会では、司祭様によるオルガン演奏を特別にお願いしました。

アイヌ民族の祖先たちの魂の言葉を伝えようと、命がけで『アイヌ神
謡集』を書き上げた知里幸恵さん。アイヌ民族の精神性の深さを、多
くの日本の人々に伝えたいと奮闘した言語学者の金田一京助先生。そ
して、信念のもとそれぞれに時代を駆け抜けた先人たち。

一日限りのウォーキングツアーですが、きっと豊かな時間が過ごせる
ことと思います。

皆さまのご参加、心よりお待ち申し上げております。




……………………………………………………………………………………
【4】◆◇最終のご案内◆◇
……………………………………………………………………………………
    
   ★8月8日(日)のお申し込みで締め切りです。

     ●自分の根源と向き合う珠玉の時間● 

       人         
       ̄Y ̄*
         天河太々神楽講2010
          『天の川に祈る』☆
      万物の「いのち」尊ぶ・旧暦七夕祭 *

        2010年8月15日(日)〜8月17日(火)
           現地集合・現地解散
          
           36、000円(2泊6食つき)

     ★奈良・天河神社七夕祭 お手伝いワーク
   http://www.office-ten.net/tatakagura/2010.htm

奈良県吉野の山里で、千三百年続いている天河神社。
自分自身の根源と触れるため、太古より遠路はるばる人々が訪れる聖地
で年に一度、旧暦七夕の日に行われている「七夕祭」。

ご神殿でのご神事…
仏式による万霊の御霊供養…
天の川に於いての灯篭流し…

幻想な美の世界と祈りの時間が、天河の七夕祭です。
この『天の川に祈る』と題したワークでは
神社でのお祭り準備から、ご神事の当日のお手伝い、そして翌日の
後片付けまでと、全てに関わらせていただきます。
年に一度の特別なワークですので、神社から白作務衣をお借りします。
神社に奉職されている方々のご指導のもと、お祭りに参列される方々を、
静かにお迎えしてください。

神社のお掃除や短冊の受付け
二千基にも及ぶ灯篭流しのお手伝い

それら全てに関わる時間が
参加されたお一人お一人の魂心再生に
きっと繋がることでしょう。

静かな祈りの時、是非ご一緒いたしましょう。

               講元 天川 彩

……………………………………………………………………………………
【5】◆◇特別企画◆◇  
……………………………………………………………………………………
             ○<特別企画>○ 

    『出羽三山信仰を学び、山伏修行体験をする旅』 

     2010年8月29日(日)〜9月1日(水) 
              3泊4日 

        *8月31日夜中「八朔祭」参列 

       49、800円(鶴岡集合解散・山形県庄内) 
       75、800円(東京集合解散・往復新幹線利用) 

            募集人員 15名 
        http://www.office-ten.net/dewa/t.htm 

   (山伏修行体験・山伏装束代・宿泊代・交通費・食事代込み) 

  
出羽三山とは、月山、羽黒山、湯殿山の総称で、 
古くから修験の山として知られています。 
出羽三山の信仰のはじまりは、第32代崇峻天皇の子どもである 
蜂子皇子(はちこおうじ)によって開山されました。 
飛鳥時代から1400年余り。 
三山に対する人々の篤い信仰と修験道は今も脈々と続いています。 

今回、羽黒修験の星野先達からのお声がけがあり、特別企画として
山伏修行の体験ツアーを企画する運びとなりました。
さらに、先達から「TENの企画らしく自由な発想で旅をつくって
みてはどうですか?」とのご提案もあり、事前に出羽三山の歴史を
学ぶ時間も設けて、山伏修行の体験を行うことにしました。
 
旅の始まりは、開祖・蜂子皇子にゆかりのある由良浜の宿に一泊し 
予備知識の勉強と心の準備をいたします。 
修行そのものは体験と言っても、あくまでも「行」です。 
遊び半分の気持ちで参加することは出来ませんが、 
大自然の中で邪念を取り除き、今までの自分を脱ぎ捨てて 
新たなる自分へと生まれ変わる、貴重な体験でもあります。 

特に、今回は羽黒修験の八朔祭と呼ばれる炎の祭典にも 
先達の特別なご配慮により、山伏装束をつけて参列させていただき
ます。

出羽三山信仰を学び、修行というものを知り、そして平和を祈る。 

そんな特別な体験型の旅、ぜひご一緒いたしませんか? 


……………………………………………………………………………………
【6】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
明日から、夏休みの家族旅行に出かけます。
時折、ブログなどUPしていければ…と思っています。

                       aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。