ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第425号

2010/07/02


こんにちは 天川 彩です。 

早いものでもう7月。まだしっかり梅雨ではありますが、夏が目の前
までやって来ているのですね。
ワールドカップの日本チーム。試合の結果以上に、今の日本にとても
大切なものを伝えてくれたような爽やかさが残りましたね。
4年後、私はどんな状況で仕事をしているのか、今は全くわかりませ
んが、出来ることならブラジルまで飛んで、スタジアムで応援したい
気持ちです。

さて。今週は新たな動きがありますので、メルマガ読者の皆さんにイ
ンフォメーションいたします。

今月の末、都内で『Aloha!未来』という映像作品の特別上映会
を開催することが決まりました。

メルマガ読者の皆さんは、ホクレア号というハワイの古代カヌーの存
在をご存知でしょうか?

近代的な航海術を一切使わず天体や自然を読みながら目的地へ進むと
いう、古代ポリネシア人たちの高度な航海術を33年前に復活させた
ハワイアン達の誇りのカヌーです。そのホクレア号は現在までに既に
10万キロ以上もの大航海を続けているのですが、2007年には、
その古代の海洋術を使い日本にやってきました。

読者の方々の中には、寄港したホクレア号を実際にご覧になった方もい
るかもしれませんね。

なぜ、ホクレア号が日本へやって来たのか。それには大きな理由がいく
つもあったようで…。
ハワイに住む日系移民の人々の故郷を訪ねたり、ハワイ沖で潜水艦と衝
突して亡くなった高校生たちの家族のもとへ弔問したり…一般的にはあ
まり知られていない、日本人とハワイアンの魂を繋ぐような目的もあっ
たようです。

そんな、ホクレア号の大航海の全記録を自費を投じて撮影した人がいま
す。ハワイの映像を中心に様々なTV番組を手がけるディレクターの吉
田清継さんです。
『Aloha!未来』と名付けられたその映像作品は、一度TV番組と
しても放送されましたが、その後は吉田さんの手元に留まっている状態
だったそうです。

実は、今年の節分以降、天河の映像編集を始めていることは既に皆さん
にお伝えしている通りですが、その手伝いをしてくれているナオちゃん
の知り合いが吉田さんでした。現在、吉田さんにも編集のお手伝いをし
てもらっているのですが、ある日『Aloha!未来』を見せてもらい、
私は大感動!

少し表現がオーバーかもしれませんが、私は人類・未来への賛歌のよう
に感じられました。この映像作品が、そのまま誰の目にも触れないのは、
あまりにもったいなく感じたのですが、TV番組になったと聞いたので
上映会などは不可能かと勝手に思っていました。

ところが吉田さんの方から、著作権は全て持っているので、TENで上
映会をしてくれるのなら、喜んで多くの人たちに観て貰いたい、とご提
案いただきました。更には「売り上げは、天河の映像の制作費の足りな
い分にあてましょうよ。この映像が、天河の映像を作品に仕上げる力に
役立てるのなら、本望ですから」とお申し出いただいたのです。

涙が出るほど嬉しいお言葉でした。

何せ、天河の映像もスポンサー無しの全て自費制作。自費といってもT
ENの事務所も私も(同じですね)笑うほど財布の中身は空っぽです。
でも、そんな中で古来から続く日本の魂の根幹のようなもの、祈りの本
質のようなものをこの映像に込めて、今年の秋には完成させたいと思っ
ていたところに、こんなにありがたい限りのお話。

本当に、素晴らしい気持ちを持った人々の中で、生きている幸せを感じ
ています。

『Aloha!未来』上映終了後には、吉田さんから直接、撮影エピソ
ードや体験談なども語ってもらいます。
メルマガ読者の皆さんに、そして皆さんの大切な方々に、是非、この映
像をご覧いただきたいと思っています。

きっと、大きな勇気と元気と未来への希望が湧いてくることと思います。

冒頭から、長々と書いてしまいましたが、上映会まで一ヶ月もありませ
んので、お知り合いの方々などにも情報をお知らせいただけると嬉しい
です。

メーリングリストやmixi、ツイッターなどをされている方々、ご協
力いただけると嬉しいです。

http://www.office-ten.net/hawaii/top.htm

一番身近に感じているメルマガ読者の皆さんが、私の頼りです。

どうぞ宜しくお願いします。


…………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様================「奇跡の人」
2・TEN占い==========今週は「メディスンカード」占い
3・最新「上映会」情報====「Aloha!未来」ホクレアの軌跡
4・にっぽん探求塾・新講座====「第一回・聖地・天河について」
5・最新・太々神楽講===「天河神社・旧暦七夕祭お手伝いワーク」
6・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇
……………………………………………………………………………………

□「奇跡の人」

奇跡の人、といって真っ先に思い浮かべるのは、多分ヘレンケラーだろ
う。しかし、今回はヘレンケラーの話ではない。

昨日、世界中の巨石を撮るために世界一周を巡っていた、写真家の郡ち
ゃんこと須田郡司さんと、奥さんのひとみさんが二人揃って事務所にや
ってきた。

夫妻で巡る旅は、本当に色々なエピソードの繰り返しだったそうだ。

お金が底を尽きて、どうしよう…というギリギリの状況も幾度も経験し
たらしいが、その都度何かのサポートがあって続けられたという。

私たちのTENの仕事も、世界一周の旅に出ていなくとも同様だ。

「うちも、よくぞこんな状態の事務所が12年間も潰れずに持ちこたえ
ていると思うと、まさに奇跡としか思えないのよね」と笑いながら私が
返答すると、ひとみさんが、
「あ、また『奇跡の人』発見!」と輪をかけて大笑いした。

郡ちゃんとひとみさん。帰国後、お世話になった人々など、旅の報告を
兼ねて多くの人と出会っているそうだが、どの友人知人たちも、今の時
代、そうそう楽には過ごしていないらしい。しかし、それぞれに何かし
ら目に見えないサポートがあり、信念を持ってやっていることが続けら
れているそうだ。そんな人々が口々にいうのは「まるで奇跡としか思え
ない」と言う言葉なのだとか。

私がそのキーワードを口にしたので、可笑しかったのだろう。
ひとみさんは、その言葉を口にした人を『奇跡の人』と命名しているら
しい。奇跡の人に共通しているのは、普通だったら耐えられないような
状況かもしれないことを、笑顔で受け流していることなのだとか。
有り難く、私も『奇跡の人』の末席に仲間入りさせてもらえたようだ。

その後、NHKの朝の連続TVドラマ「ゲゲゲの女房」の話になった。
漫画家・水木しげる氏と奥様が、苦労時代を二人三脚で明るく乗り越え
ていく話なのだが、須田夫妻も私たちも、みんなその話に共感し、励ま
されると大盛り上がりになった。

私が「どうしても仕事で見ることが出来ない日には、夫に録画してもら
って、欠かさず見ているの」というと、郡ちゃんは「うちはお金が無く
てテレビ買えないから、ラジオで毎朝聞いているんだけど、本当に面白
いよね〜!」とサラリと言った。
横でひとみさんが「線路脇のマンションだから電車が通ると音がかき消
されて聞こえなくなる時には、どっちかがラジオを耳にあてて聞いて、
その後、今、こんな風に話が進んだよ、って報告するの」と続けた。

世界一周を夫婦で助け合い、苦心しながら旅を続けた夫婦にとって、テ
レビドラマをラジオで聞くことなど、何の問題もないのかもしれない。

そんな郡ちゃんに、先日、突然NHKから電話がかかってきたそうだ。

以前もNHKの聖地を取り扱った番組から、巨石の聖地について問い合
わせがあり、親切に色々応対し、人も紹介したらしいのだが「ありがと
うございました」の一言で終わってしまったという。私も同様の経験が
ある。専門的な知識や経験というものは、時間もお金もかかっている。
しかし、かたちの無いものだからなのだろうか。簡単にタダで提供して
もらおうという困った人々が多い。

郡ちゃん。今回もそんなものではないかと、やや懸念しながら応対して
いたら、生番組にゲストとして出演して欲しいという、出演交渉だった
らしい。

テレビを買えない郡ちゃんが、テレビにゲストとして生出演。
なんて素敵なんだろう。まさに、これこそ『奇跡の人』だ。

放送は7月7日。東京ローカルで午前11時台という番組枠だというの
で、見ることが出来る人は少ないかもしれないが、確実に前進している。

未来は、自分が積み重ねてく出来事の先にしか無い。
ただ、そこに奇跡が待っているかどうかは…やはり神のみぞ知ることだ。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[メディスンカード]で運勢を占ってみました。

2010年7月3日(土)〜7月9日(金)あなたの運勢

〈1月生まれ〉 
悩み事で心の中が曇ってはいませんか。悪い想像を膨らませるよりも、
今週は客観的に物事を見てみてください。状況は決して悪くはないこと
に気が付くはずですよ。 

〈2月生まれ〉 
世の中の常識と呼ばれるものにとらわれすぎて、本当に必要なことが見
えていないかもしれません。今週、あなたに必要なキーワードは「素直
さを取り戻す」です。 

〈3月生まれ〉 
あれこれと言い訳を見つけて、動くべき事を動かずに留まってはいませ
んか。今週はまさに、動くべき時です。後悔しないよう勇気をもって進
んでね。 

〈4月生まれ〉 
焦りから、滅茶苦茶に動いてはいませんか。また、完璧を求めすぎて余
裕がない状態になってはいませんか。今週あなたに必要な事は「肩の力
を抜く」です。 

〈5月生まれ〉 
周囲の人の言葉に耳を傾けず、自分の考えに執着してはいませんか。今
週あなたに必要なキーワードは、「心の余裕を持つ」です。笑いも忘れ
ずにね。 

〈6月生まれ〉 
先々の大きなことに意識が向きすぎて、目の前の事が見えていないかも
しれません。今週あなたに必要なことは、「足下を見ること」です。 

〈7月生まれ〉 
今までの習慣を手放して、次の段階に入る時期がやってきています。手
放さずに執着していると、前にも後ろにも進めなくなるので、今は思い
切りが大切ですよ。 

〈8月生まれ〉 
心に隙間が出来て、ずるい考えや上手い儲け話に乗ろうとしてしまうか
もしれません。今週は気を引き締め直して、正しい道を思い出してね。
 

〈9月生まれ〉 
直感力が冴える一週間となりそうです。また、未来を予見する力も備わ
っているかもしれません。いつもとは違う感性の扉をしっかり開いてい
てね。 

〈10月生まれ〉 
今週は、夢に注目してください。大切なメッセージやヒントが隠されて
いるかもしれません。夢日記を付けてみるのも良さそうですよ。 

〈11月生まれ〉 
あなたがヤキモキ動かなくても、状況は自然と進んでいきそうです。無
理にあなたが動かそうとせず、今週は自然の流れに任せてみてね。 

〈12月生まれ〉 
物事が思いの外、順調に進み、つい奢り高ぶった気持ちになってしまう
かもしれません。今週はいつも以上に、周囲の人達への感謝の気持ちを
忘れないでね。 


……………………………………………………………………………………
【3】◆◇最新「上映会」情報◆◇  
……………………………………………………………………………………

          ◆ドキュメンタリー映像作品◆
           
            『Aloha!未来』 

   〜ハワイと日本の魂を繋いだ「ホクレア号」大航海の軌跡〜
            特別上映会&講演会


●日時 2010年7月31日(土)
    1日2回上映 (完全入れ替え)各回 150名
    1回目10:30〜  2回目14:00〜

●会場 北とぴあ ペガサスホール 
(東京メトロ南北線「王子駅」直結/JR京浜東北線「王子駅」2分)

●料金 前売り 1500円 当日1800円
*前売りが完売した場合、当日券の発行はありません。

●講演 「Aloha!未来」映像制作者  吉田清継さん
 
●申し込み http://www.office-ten.net/hawaii/top.htm


太平洋に真ん中にある、楽園の島々ハワイ。

そこに人々が住み始めたのは、およそ1500年前のこと。
古代ポリネシアの人々がカヌーで4000キロにも渡る大航海の末、辿
り着いたといわれています。

エンジンも燃料も方向を計る計器すらもない時代。

星や月や太陽といった天体を熟知し、風、波、鳥などの自然界の流れを
読むという高度な航海術を持っていたハワイアンの祖先たち。その海の
道を辿ろうと、今から33年前ハワイの人々は「ホクレア号」と名付け
た古代カヌーを造り、見事にポリネシアまでの大航海を古来からの航海
術で成功させました。その後、幾多のクルー達が航海に携わり、ハワイ
アンたちは「ホクレア号」によって民族としての誇りを取り戻し、子ど
も達に未来への希望を繋ぎました。

そのホクレア号が2007年、日本までの大航海の旅をしました。
太平洋で繋がったハワイと日本。この間には、幾多の歴史と物語が刻ま
れています。
ハワイへ移住した日系移民の人々、共通する古代船や祈りの精神、そし
て日本とハワイとに関連して生きている多くの人々への思い…。
それらを繋ぐため、1万キロ以上もの命がけの大航海を果たして日本へ
やって来たホクレア号。
ハワイからポリネシアの島々を巡り、そして日本へ。沖縄や厳島、祝島
など日本各地で意味合い深い交流を繰り広げた貴重な映像記録作品が『
Aloha!未来』です。

この映像作品は、日本人TVカメラマンでありディレクターでもある吉
田清継さんが、歴史的なホクレア号の日本への軌跡を、誰かが残さなけ
れば、との思いから自費を投じてハワイから同行し撮影したものです。

2007年の末、TV番組としても一度紹介されましたが、その後は吉
田さんの手元にあるままとなっていました。

今回、神様が繋いで下さったようなご縁で知り合った吉田さんから提案
いただき、特別にこのホクレア号の軌跡の映像作品『Aloha!未来
』を上映することになりました。

上映後は、吉田さんに登場していただき、ホクレア号・日本大航海の撮
影エピソードや体験談など、貴重なお話も語っていただきます。

ホクレア号に関わった方々、知っていた方々は勿論のこと、ホクレアの
ことを今まで全く知らない方々にも、今、改めてこの映像をご欄いただ
ければと思っております。

一日限りの貴重な上映会ですので皆様お誘い合わせの上、是非お越し下
さい。
                    
……………………………………………………………………………………
【4】◆◇にっぽん探求塾・新講座◆◇  
……………………………………………………………………………………
           
                     
          「にっぽん探求塾」講座

         第一回『聖地・天河について』


      2010年7月7日(水)19:00〜21:00 
   
   ・参加費 1000円(塾生)/1800円(一般) 
   ・場所 文京ふれあい館3F 会議室 
   ・交通 東京メトロ千代田線「根津」駅下車徒歩5分 

    http://www.office-ten.net/nippon/e-1.htm 


奈良県吉野の山里で、 
千三百年続いている天河神社。 

弘法大師・空海をはじめ、多くの先人達
芸能者たちが
古来より遠路はるばる 
この地を訪れています。 

なぜ天河は聖地とよばれるのか 

記念すべき「にっぽん探求塾」第1回目の講座では 
このテーマに迫ります。 

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。 


……………………………………………………………………………………
【5】◆◇天河太々神楽講◆◇
……………………………………………………………………………………

 ●自分の根源と向き合う珠玉の時間● 

       人         
       ̄Y ̄*
         天河太々神楽講2010
          『天の川に祈る』☆
      万物の「いのち」尊ぶ・旧暦七夕祭 *

        2010年8月15日(日)〜8月17日(火)
           現地集合・現地解散

     ★奈良・天河神社七夕祭 お手伝いワーク
   http://www.office-ten.net/tatakagura/2010.htm

奈良県吉野の山里で、千三百年続いている天河神社。
自分自身の根源と触れるため、太古より遠路はるばる人々が訪れる聖地
で年に一度、旧暦七夕の日に行われている「七夕祭」。

ご神殿でのご神事…
仏式による万霊の御霊供養…
天の川に於いての灯篭流し…

幻想な美の世界と祈りの時間が、天河の七夕祭です。
この『天の川に祈る』と題したワークでは
神社でのお祭り準備から、ご神事の当日のお手伝い、そして翌日の
後片付けまでと、全てに関わらせていただきます。
年に一度の特別なワークですので、神社から白作務衣をお借りします。
神社に奉職されている方々のご指導のもと、お祭りに参列される方々を、
静かにお迎えしてください。

神社のお掃除や短冊の受付け
奉納される馬弓ご神事のお手伝い
そして、二千基にも及ぶ灯篭流しのお手伝い

それら全てに関わる時間が
参加されたお一人お一人の魂心再生に
きっと繋がることでしょう。

静かな祈りの時、是非ご一緒したしましょう。
------------------------------------------------------------
■平成22年8月15日(日)〜8月17日(火)
      (今年の旧暦七夕は8月16日(月)です。)
■参加費 36,000円
   2泊3日お食事つき 宿泊 神社正面『本家 柿坂』別館貸切

■現地集合(13:30)・現地解散(12:00)
お申し込み頂いた方には交通機関などの詳しい資料を送付いたします



『天河太々神楽講・天の川に祈る』によせて・・・

自然の中に神々があるというアニミズム的な考えは、私たちのはるか遠
く5千年以上も前の縄文時代の祖先たちから、脈々と続いてきました。
その生命観は、今も日本の神社の中で生きつづけていますが、中でも、
宗教という枠を越え、国や人種、性別、年齢、全ての枠をも越えて、
開かれているのが天河神社です。太古からの聖地として空海や世阿弥を
はじめ多くの先人たちが、自らを見つめる場として、また芸を奉納する
場として訪れています。

天河太々神楽講に講元として、皆さんをご案内する役目を賜ってから今
年で10年目を迎えます。講元とは指導者ではなく、人と大いなる根源と
のつなぎ役です。私は天川の名を名乗らせていただいているので、毎年
この七夕祭の折、感謝の意味も込めて講元をさせていただいております。

この「天の川に祈る」と題したワークは、御神事そのもののお手伝いを
ワークとし、お祭り前日の準備から社殿の掃除、御神事当日のお手伝い
そして翌日の片づけまで、神社の方々、地元の村の方々と共に過ごす、
大変貴重なものです。また、笹に結ぶ短冊に、「真」の祈りの言葉や願
いの言葉を連ねる為のワークショップも祭り前日に行います。

本年も天河における七夕祭りの御神事手伝いへ皆様をご案内しようと思
います。どうぞ、ご自身の根源と繋がりたいと思っていらっしゃる方、
どうぞお待ちいたしております。

                      講元 天川 彩

……………………………………………………………………………………
【6】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
明日から、ちょっと出羽三山に行ってきます。節分に天河で出会い、ア
ースデー東京の際には、冨士講の先達と共にご登場いただいた羽黒修験
の先達とお会いしてきます。「修験体験ツアー」考えて…と以前に言わ
れたのですが、さぁて可能かどうか…。とにかく行ってみます。
個人的には湯殿山に行くのが楽しみですが…どんな時間が待っているこ
とやら。ブログにUP出来そうなら、UPします。

9月連休には、しし踊りなど郷土芸能を存分に楽しめる「遠野まつり」
と、世界無形文化遺産に登録されている「早池峰神楽」を両方鑑賞する
という、なんとも贅沢な旅も企画していますよ。そちらは来週、お知ら
せしますねぇ。

                         aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。