ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第420号

2010/05/29

こんにちは 天川 彩です。 

皆さん、一週間ぶりのご無沙汰です(笑)。
気が付けば、来週から六月。本当に月日が流れるのは早いですね。

さてさて。

今年はなぜか山の神々に次々に呼ばれるなぁと思っていたのですが、
遂に海の神からもお呼びがかかったようです。

この話は長くなりそうなので、後はコラムに書きますが…

TENが自信を持ってこの夏にお届けする、にっぽん探求塾の旅

     ―石垣島・西表島・竹富島・由布島―
       『沖縄・八重 島めぐりの旅』

〜サンゴ礁の青い海とマングローブの森、そして島の神々に出会う旅〜

が決定しました。

実は内々に準備を重ね、ようやく整い皆様にご案内できます。今年の
夏ではなく、来年の夏の案内になるかな?とも思っていましたが、
今年の夏に、ご案内できることになり嬉しいです。

そんな訳で、このツアーに限り今日から1週間以内にお申し込み完了の
方は、ナント!早割の5000円引きにて受付します♪
絶対にお得なので、私だったら即、申し込んじゃいます(笑)。

詳細は本文とHPをご覧下さい。
HP、とっても綺麗なので是非見てみてください。

さてさて。
私は明日の朝からは戸隠。山の神様、水の神様、九頭龍弁天様にお会い
してきま〜す。ブログに出来る限りUPする予定です♪


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様============「八重山の古い神様」
2・TEN占い===========今週は「タロットカード」占い
3・最新情報===========「沖縄・八重山 島めぐりの旅」
4・にっぽん探求塾=========「早池峰・山の神と出会う旅」
5・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様◆◇
……………………………………………………………………………………

□「八重山の古い神様」


親しい友人が、かつて石垣島に住んでいた。
数年前、彼女のもとを訪ねた私は、波照間島にも連れていってもらった。

日本の一番南端にあるという波照間島。昔、沖縄の歌で「パイパティロ
ーマ(南波照間)」という曲を聴いた時から、ずっと憧れ続けていた島
だった。パイパティローマとは、波照間島の更に南の果てにあるといわ
れる伝説上の楽園。

後で知ったのだが、かつて波照間島の人たちの中には、実際にパイパテ
ィローマを目指して旅だった人もあったという。
かつて、海の彼方の観音浄土を目指して、熊野補陀落寺の僧侶たちが、
生きながらにして渡海したものと、何処か似通っているようにも思う。

八重山諸島には、このようにそれぞれの島に様々な伝承や神事がある。

今年の初め、なぜか八重山諸島のある島に急に行きたいと強く思った。
友人に電話をしてみると、

「彩さんがその島に行くのなら、是非紹介したい人がいるから」と、
ある人物の携帯電話番号を教えてくれた。相手は、集落の長老だという。

緊張しながら電話をかけてみると、おおらかで愉快な人柄が、電話越し
にも伝わってきてほっとした。そして「八重山は7月の中頃が一番いい
から、その時期、是非いらっしゃいよ」と言ってくださった。

7月中旬といえば、航空券が急激に高くなる。
でも…そう言ってくださっているし、どうしよう…。
友人に紹介してもらったお礼方々電話を入れると「7月中旬なら、ちょ
うど八重山全体が豊年祭といって、大切な神様を迎えるお祭りの時期な
んだけど、その集落のお祭りの日にあたっていたら特にいいね〜」と
いった。

その集落の名前を軽い気持ちでインターネットで検索してみると、なん
と十数年前、名称だけは私も聞いたことがある、太古から続く自然信仰
の秘祭が行われている場所だということがわかった。

しかし、はっきりとした日程は、旧暦6月1日までは一切伝えられず、
祭りそのものも、集落の人の許可が無ければ外部者は一切立ち入ること
は禁じられているらしい。写真撮影も録音もNG。参加したものも、神
事の内容は一切口外してはならないらしい。

まるで、ホピ族のカチーナダンスのようであり、キバ(ホピの神事をす
る場所)の中での祭事のようだと思った。

私の個人的な感覚では、参加してみたいが、TENの旅企画にするには
いくら「にっぽん探求塾」であっても濃すぎるのではないか。と思った。

迷いに迷った末、結局、八重山諸島で一番賑やかな『豊年祭』の日にツ
アー初日を持ってきて、後は八重山の島々の大自然の魅力に触れる旅の
企画にすることにした。

数カ月ぶりに、島の長老に電話をかけて、7月に行くことにしたことを
話した。長老は「こっちの祭りの日程は、まだ決まっていないし、決ま
っても掟の日まで教えられないけれど…とにかく予定組んでいらっしゃ
いよ。色々と話しもしてあげられるし」と言ってくださった。

その集落の祭りの日になるのかどうかは、神のみぞ知る。
誰にもわからないが…私は何となく、島の神様が呼んでいるような気が
してならない。

祭りにあたっていてほしいような、ほしくないような。
祭りにあたっていなくても、八重山の古い神様への信仰のお話だけは聞
けそうだ。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2010年5月29日(土)〜6月4日(金)あなたの運勢

〈1月生まれ〉 
しばらく前に進めない状況が続くかもしれません。不安な気持ちを一人
で募らせるよりも、たまには誰かに愚痴を聞いてもらう方がいいかもし
れませんよ。 

〈2月生まれ〉 
思った程の成果が上がらず、期待はずれになってしまうかもしれません。
今週あなたに必要なことは、よく確認することです。 

〈3月生まれ〉 
幸運が舞い込んできそうです。せっかくのラッキーチャンスなので、今
週は充分にそれを活用してみてね。 

〈4月生まれ〉 
あなたによい変化が訪れそうです。今までの状況から次へのステップに
つながっていきそうですよ。 

〈5月生まれ〉 
今まで行き詰まっていたことに光が射し込んできそうです。今週は思い
切ってチャレンジしてみてね。 

〈6月生まれ〉 
つい、怠け癖が出たり嘘をついたりしてはいませんか。今週あなたに必
要な事は、自分の期待を裏切らないことかもしれません。 

〈7月生まれ〉 
独占欲が強くなっているかもしれません。必要以上に自分の手の内に治
めておこうとしない方がよさそうですよ。 

〈8月生まれ〉 
予想もしていなかった出来事があるかもしれません。でも今のあなたな
ら、きっと乗り越えられるはずですよ。頑張って。 

〈9月生まれ〉 
今週は冷静さが必要な一週間となりそうです。出来る限り感情的になら
ず心静かに過ごしてね。 


〈10月生まれ〉 
見栄をはって背伸びをしてはいませんか。ありのままのあなたでいる事
がとても素敵なことだということを今週は思い出してね。 

〈11月生まれ〉 
欲しいものがあるならば、思い切って声に出して言ってみましょう。今
週は積極的に動くことが幸運の鍵になりそう。 

〈12月生まれ〉 
視野が狭くなり、堂々巡りの思いの中にいませんか。今週あなたに必要
なキーワードは、「恐れを手放す」です。 



……………………………………………………………………………………
【3】◆◇最新情報!◆◇  
……………………………………………………………………………………
 
       ◎TEN's にっぽん探求塾の旅◎

      ―石垣島・西表島・竹富島・由布島―
        『沖縄・八重山 島めぐりの旅』

〜サンゴ礁の青い海とマングローブの森、そして島の神々に出会う旅〜

    2010年7月21日(水)〜25日(日) 4泊5日
             
             東京発着

        137、750円(にっぽん探求塾生)      
        145、000円(塾生以外の方)     
      
     http://www.office-ten.net/yaeyama/top.htm

      
              【早割!】
     6月4日(金)までに、申し込み受付完了された方は、
     なんと、更にツアー代金から5、000円引き!


*八重山諸島各地では「来訪神」を迎える豊年祭で賑わっています。
    スペシャルな時間がいっぱいの特別な旅です



澄み渡る青い空とエメラルドグリーンの海に白い砂…。

沖縄本島から、更に南へおよそ400キロ。
日本列島のまさに南端に、
サンゴ礁に囲まれた琉球弧と呼ばれる八重山諸島が点在しています。

八重山文化の中心、石垣島をはじめ
亜熱帯ジャングルの宝庫、西表島や
沖縄らしい家並みがそのまま残る、竹富島など
それぞれの島ごとに、大きく異なる特徴があります。

息を呑むほどに美しい自然の風景…。
それぞれの地域に棲む神々と向き合う島人の厳粛な姿…。
三線の音色があちこちで聞えてくる八重山民謡の調べ…。

そして、ちょうどこの時期、八重山諸島各地で行われている
「豊年祭」にも行くタイミングが整いました…。

「石垣島」では、北半球最大最古、白保の青サンゴ群落まで船で行き、
熱帯魚も見ながらシュノーケリングを楽しむ時間を作りました。
「西表島」では、マングローブの森でのジャングルクルーズや、
「由布島」まで、オジイの三線を聞きながらゆっくり水牛車で渡り、
亜熱帯の楽園をゆっくりお散歩いたしましょう。
「竹富島」では、いわゆる沖縄らしい家並みや石垣が続く風景を楽しん
でください。

今年の夏、南の島々の大自然と祭と文化を体感してみませんか?

★『にっぽん探求塾』での旅は、入塾されていない方も自由に旅に参加
いただけますが、入塾されると、お得な料金で旅に参加していただくこ
とが出来ます。詳しくはHPをご覧ください。


……………………………………………………………………………………
【4】◆◇にっぽん探求塾◆◇  
……………………………………………………………………………………

           
      『早池峰・山の神様と出会う旅』

  2010年6月12日(土)〜6月14日(月)
            2泊3日
      
   http://www.office-ten.net/hayachine/top.htm
   
      1泊目…早池峰神社近郊の宿坊
      2泊目…花巻南温泉郷の温泉宿
    
           78、000円

       東京発着(往復・新幹線利用)
   
  *土日のみの1泊2日を希望する方、
   新花巻駅集合解散を希望される方は、ご相談下さい。
   

           限定8名募集
         (最低施行人員5名)


古来より、山の神が座するとして崇められていた「早池峰山」。
その麓に住む人々のもとで、500年以上に渡り大切に受け継がれてき
た神楽があります。
修験の山伏神楽がもとになった、深い精神性とダイナミックな動きの演
舞は、昨年ユネスコ世界無形文化遺産にも登録されました。
見る者を惹きつけてやまない『早池峰神楽』の中でも、最後に登場する
「権現舞い」はまさに神の舞い。言葉を失うほどの迫力があります。

そんな「権現舞い」が一年に一度だけ、早池峰神社の奥宮がある早池峰
山山頂で山開きの日に行われます。

神と人とが一体になる瞬間を一緒に体感しに行きませんか?

旅の行程などは、 http://www.office-ten.net/hayachine/top.htm


※日曜日が神事の日となる為、下山後は、あわてて東京に戻らず、花巻
南温泉郷に移動して、美味しい食事と温泉とでリラックスしていただく
ように月曜日までプログラムを組みました。

日曜日中に、東京へ戻りたい方、又、新花巻駅集合解散を希望する方は
割引料金でご案内することも可能です。ご相談下さい。


★『にっぽん探求塾』での旅は、入塾されていない方も自由に旅に参加
いただけますが、入塾されると、お得な料金で旅に参加していただくこ
とが出来ます。

「にっぽん探求塾」について、詳しくは…
http://www.office-ten.net/nippon.htm


……………………………………………………………………………………
【5】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
春から始まったNHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に思い切
りはまっている。共感したり、励まされたり…。現在もご健在のご夫妻
だから、さらに面白かったり。

いつの日にか、私もそんなドラマ書けたらいいな。
                          aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。