ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第405号

2010/01/29

こんにちは、天川 彩です。

先週末、大人のお年玉ツアーとして、富士山三昧の旅に皆さんをご案内
してきました。

美味しいお食事をいただき、温泉にもゆったり浸かり、朝日が昇る直前
の紅富士から、夕陽が沈む瞬間のダイアモンド富士まで、富士三昧。
お天気にも恵まれ、最高のロケーションの中で皆さんに楽しんで頂くこ
とができたので、私たちも本当に嬉しかったです。

参加された方の笑顔が、私たちのエネルギー源。皆さんの笑顔を見てエ
ネルギーを蓄え、また最高の時間を皆さんにお届けする。その循環でT
ENが成り立っているのだなぁと、改めて感じています。


星野道夫さんが、こんな言葉を残しています。
 
 さまざまな人生の岐路に立った時、人の言葉ではなく、
 いつか見た風景に励まされたりすることがきっとある。

そんな魂がゆさぶられるような風景の中へ、そして貴重な体験の場所へ、
今年も出来る限り、皆さんをご案内していきたいと思っています。

今はまだ不景気の真っ只中で、金銭的にも時間的にも、何より精神的に
も、なかなか旅に出るような状況ではないという方も多いかとは思いま
す。ただ、そろそろどこかで気持の切り替えをしたい、と思った時には、
やはり旅は最も有効な気もします。

そんな訳で、私も節分前から立春にかけて、天河、飛鳥、薬師寺と個人
的に巡って来ようと思っています。立春が明けたら、熊野ツアーです。

さぁ。どんな時間が待っているのでしょう。


皆さんも、どうぞ素晴らしい立春をお迎え下さい。

……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム風の文様===============「庚虎という年」
2・TEN占い==========今週は「メディスンカード」占い
3・募集中=============「アラスカ・オーロラツアー」
4・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様 ◆◇
……………………………………………………………………………………

□「庚虎という年」

今年も、もうすぐ節分がやってくる。

お正月、迎春や初春と記すように、その年の春を迎える時が、新たな一
年の始まりと昔から考えられてきた。
節分は、新春を迎える前の大晦日的な日であるので、厄払いと福迎えの
行事として「豆まき」が行われる。

だから節分が明けた立春こそが、その年の本格始動日といっても過言で
はないだろう。

今年の干支は「虎」。
年がバレてしまうが私は年女である。しかし、本当の干支の年女ではな
い。何とも解りにくい表現になってしまったが、今年の干支は虎は虎で
も「庚虎(かのえのとら)」。

そもそも「干支(えと)」というのは、私たちがよく知っている十二支
の「支」と、古代中国の思想から成り立っている陰陽五行説の木、火、
土、金、水とそれぞれの陰陽それぞれを、甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬
癸と表記した「干」を組み合わせているもので、なんと六十通りある。
それを「六十干支(ろくじっかんし)」というのだが、生まれた時の干
支が、ひと巡りして還ってきた年が「還暦」だ。

今年の「庚虎」という年は、「庚」は継続や更新、償うという意味合い
を持ち、「虎」は進展、協力を意味するらしい。

このキーワードをもとに私なりに解釈をすると、反省するべきところは
素直に反省する必要があるが、今まで続けてきていることを、より多く
の人々と協力しあっていけば、新たなる躍進がある年。というところだ
ろうか。

干支の始まりは、立春から。
さぁ、来週から「庚虎」の年に入る。

今年は今まで以上に多くの人たちと協力しあって、素晴らしい仕事に繋
げていきたい。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[メディスンカード]で運勢を占ってみました。

2010年1月30日(土)〜2月5日(金)あなたの運勢

〈1月生まれ〉 
今週のあなたは人を惹きつける魅力に溢れていそうです。自信を持って
堂々と前へ進んで下さい。 

〈2月生まれ〉 
自分で決めたことを言い訳を見つけて動かないままになってはいません
か。自分の中にある、ずるい心の声に耳を傾けるのはやめましょう。 

〈3月生まれ〉 
焦ってばかりいて的はずれな事をやってはいませんか。今週はいったん
深呼吸をして気持ちを整え直す時間を持ってね。 

〈4月生まれ〉 
変わりたいという希望から、やみくもに動いてはいませんか。今週はま
ず計画性を持つことを優先して下さい。動くのはもう少し後の方がよさ
そうです。 

〈5月生まれ〉 
嬉しいことがやってきそうです。素直に喜ぶのと同時に、周囲の人への
感謝も忘れずにね。 

〈6月生まれ〉 
リーダーシップを発揮する一週間となりそうです。ただ、周りのお膳立
てに乗るのではなく、あなた自らが積極的に動いてくださいね。 

〈7月生まれ〉 
動く前から、あれこれと否定的に思ってはいませんか。また、成功して
いる周りの人を羨んではいませんか。今週はまず動きましょう。周りの
人達との協力も忘れずにね。 

〈8月生まれ〉 
一生懸命動いているのに、なかなか成果が出ていない状態ではありませ
んか。エネルギーがあちこちに散乱しているかもしれません。今週は一
つのことに集中してみてね。 

〈9月生まれ〉 
周囲の人との間に壁を作ってはいませんか。あなた自身の行動に自信が
あるのならば、その壁を取り払ってみましょう。きっと新たな世界が広
がるはずですよ。 

〈10月生まれ〉 
あなたの考えが否定的な方に向きがちだとしたら、対人関係をもう一度
見直す必要があるかもしれません。人はあなたの鏡ですよ。 

〈11月生まれ〉 
今週は同性の友達との間にいい時間が流れそうです。しばらく疎遠にな
っていた友達に連絡してみるのもよさそうですよ。 

〈12月生まれ〉 
今までのあなたから、次のあなたへステップアップしそうな一週間です。
あなたに吹く風を素直に感じて動いてみましょう。 


……………………………………………………………………………………
【3】◆◇只今募集中!◆◇  
……………………………………………………………………………………

      .:*:・'゜.:*:・'゜☆。.:*:・'゜.:*:・'゜☆。.:*:・'゜

       ★天と大地に感謝する旅 プレミアム★ 

        「アラスカ・オーロラツアー」
      
     〜天空の神秘とネイティブ文化を楽しむ旅〜

       ☆。.:*:・'゜.:*:・'゜☆。.:*:・'゜.:*:・'゜☆。.:*
 
    
         2010年3月4日(木)〜3月10日(水) 7日間
        成田出発(関空からの出発も可)       
   
       http://www.office-ten.net/alaska/top.htm


極北の澄んだ夜空に現れる光のカーテン「オーロラ」。

そんな幻想的なオーロラが、美しく見えるという
アラスカのフェアバンクスで
「ネイティブアートフェスティバル」が行われる、という話を
南東アラスカインディアンの友人から聞いていました。

アラスカ各地からインディアンやエスキモーの人々が集い
春を迎える為の歌や踊りを披露するというフェスティバル。

アラスカの大自然と共にネイティブ文化を満喫し
そして、特別な場所で天空の神秘のように現れる
オーロラを見ながら静かな時を過ごします…

生涯、記憶に残るであろう旅に
是非、ご一緒しませんか?


詳細は、http://www.office-ten.net/alaska/top.htm


……………………………………………………………………………………
【4】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
昨日「早池峰の賦」という30年前のドキュメンタリー映画を観た。
昨年の秋、早池峰神楽の存在も知らず、ただ早池峰山という山のことだ
けが気になって現地に出向くと、ちょうどその日は神社の大祭。偶然に
も見ることとなった「早池峰神楽」に感動したのだが、映画は、山伏神
楽とも呼ばれる神楽を生活の一部として、つつましく精一杯生きている
村人達の生活を、丁寧に描いていた。

早池峰山に、また会いたくなってきた。
                         aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。