ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第379号

2009/07/24

こんにちは、天川 彩です。

昨日、日食ツアーから戻ってきました。毎度のことながら「最高にハ
ッピーな旅」でした。

でも正直なところ、この旅に関しては、出発前日まで珍しくナーバス
になっていて…
1年間かけて綿密に計画し準備を進めていたものの、船代が当初の価
格より倍に値上がったり、直前までキャンセルがあったりと、私たち
にとって、かなり大変な状況が次から次にやってきていました。
更には現地で「かなりの大渋滞が予想されるよ。もしかしたら佐多岬
まで辿り着けないかも」と脅かされたり。

そんなこんなで最後まで気をもんでいたら、夫が「いつも、必ず最後
は良い状況になっているのだから、今回だって絶対にいい旅になるか
ら大丈夫。心配しないで行っておいで」と送り出してくれました。
不思議なものです。夫の一言で気持ちがスーッと楽になり、その言葉
通り、いい旅になりました。

皆既日食の日は、海も空も朝から荒れていました。雨があがったとこ
ろで一度、出航したものの波が荒れて戻ることに。
そして、一度宿に戻り、天候が回復した頃合を見計らって再び出航。

波はかなり穏やかになり、沖合いまで進んだところで太陽が現われは
じめました。早速、日食グラスで見てみると、既に半分近くまで欠け
ていました。当初の予定では、皆既日食海域に行く予定でしたが、種
子島の上には、かなり分厚い雨雲が垂れ込めていたこともあり、船長
の判断で進むのをやめて、雲の切れ間のある海上でその時を待つこと
に。

10時40分頃からかなりの勢いで周囲が暗くなり、太陽の周囲には薄い
雲と厚い雲が交互にやってきていました。薄い雲になった時には、日
食グラスなしで、肉眼ではっきりと太陽が翳っていく様子が見えてい
ます。そして10時53分。空は夜8時ぐらいの暗さで、気温も下がり肌
寒く感じる中、99%の日食となりました。三日月のような太陽が今に
も消え入りそうなほどの細さになった時、そこだけ強い光を放たった
ようになりました。私はダイヤモンド現象だったのではないかと密か
に今も思っているのですが…それは定かではなく。

どちらにしても、素晴らしい天体ショーを体感できました。
また、船は苦手と、佐多岬に残り陸から見た皆さんも、しっかりと
日食が見れたようです。天気予報では雨との予報だったようですが、
このような体験ができたのも、一重に心美しきメルマガ読者の皆さん
との旅だったからだと確信しています。

参加してくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

さて、来月本当に久しぶりに「コミュニケーション術達人講座」を関
西で行うことにしましたよ!恋愛講座を希望される方は、事前にお知
らせいただければ、アレンジして受講していただくことも可能です。

詳しくは、本文をご覧下さい。

連載小説、随分とお休みしたままになっていますが、来週には久しぶ
りに書きたいと思いま〜す。

……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様=============「中庸であること」
2・TEN占い==========今週は「タロットカード」占い
3・最新情報=====「コミュニケーション術達人講座・in大阪」
4・日本を堪能する旅===========「富士登拝 2009」
5・天河太々神楽講==========旧暦七夕祭「天の川に祈る」
6・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム 風の文様 ◆◇
……………………………………………………………………………………

□「中庸であること」

TENの仕事を続けてきて、十年以上も経った今、随分と私たちの仕事
も理解されるようになってきた。
私の生き様の根本理念は、中庸(ちゅうよう)であること。

中庸とは、簡単にいえば、偏らず、拘らず、捉われず、真ん中を行く
ことだ。だから、この世の中の状況や時代の流れといった動きを見つつ
太古から変わらない信仰心や人との絆や大自然との調和を尊ぶことの大
切さを伝えて行くことが、私の仕事なのだと思っている。

しかし、昔から私はそのような生き様を選択していたわけではない。

かつて私は関西の芦屋というところで暮していた。
時代はバブルということもあったのだろうが、高級マンションに住み、
外車に乗り、月に100万円近くのお金を平気で使っていたプチセレブな
生活をしていた。
ただ、周囲は、私のようなプチセレブではなく、本物のセレブたち。
今思えば、当時の私は、少しでもそんな人々の生活に近い暮らしに近づ
こうと、背伸びの暮らしをしていた。ただ、どれほど頑張ろうと、決し
て満足する幸せはそこにはなく、いつも何かを追いかけていた。

阪神大震災に遭遇し、一瞬にして自然の猛威で、街までもが崩れる姿を
目の当りにした。私が大切にしていた外車も高級家具も、高級食器も、
ことごとく壊れたのだが、私は、どこかでスッキリとした。

価値観が大きく変わると、今度は、精神世界やらスピリチュアル系とい
った人々との交流が始まってきた。それらの人々に薦められるまま様々
なパワーグッズを持ってみたり、ヒーリング体験をしてみたり…。
当初は知らないことだらけ、目新しいことだらけで、それなりに面白か
った。しかし、それらの世界にいくら触れようが、心底からの幸せはそ
こにも感じられなかった。

今思えば、当時の私は「極」と「極」。現実主義と神秘主義。

しかし、目に見える世界こそが全てでもなく、目に見えない世界こそが
尊いわけでもない。そう思えるようになってようやく辿り着いたところ
で、何かがストンと腑に落ちた。
すると、今あること全てに感謝したい気持ちでいっぱいになった。

中庸とは、単に中間点ではなく、矛盾のないバランス点のようなものだ
と私は感じている。

だから、物事は一方的な角度から見て判断してはいけないのだろう。
様々な角度から検証し、そして矛盾のないバランス点を見つけながら、
少しずつ進んでいけたらと思う。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2009年7月25日(土)〜7月31日(金)あなたの運勢

〈1月生まれ〉 
自分の要求を通そうとしすぎてはいませんか。今週は周囲の人への気配
りをいつも以上に心がけてね。 

〈2月生まれ〉 
自分が中心になって動くより、周囲の人をサポートすることに向きそう
な一週間です。今週は縁の下の力持ちに徹してみてね。 

〈3月生まれ〉 
いつも以上に行動力のある一週間となりそうです。ただし、思いこみも
激しくなりそうなので、極力人の意見に耳を貸す努力を。 

〈4月生まれ〉 
執着心が強くなる一週間となりそうです。今週は不必要なものを手放す
勇気をもってね。
 

〈5月生まれ〉 
あなたの思いが叶う一週間となりそう。また、大きな変化も訪れそうで
す。素直に喜びを表現してね。 

〈6月生まれ〉 
自分の心の中の思いを口に出さないまま、一人でイライラとはしていま
せんか。今週は自分の思いを話す努力を怠らないで下さいね。 

〈7月生まれ〉 
無気力や、無感動になってはいませんか。また妙に理屈っぽくなったり、
人を非難したりしてはいませんか。今週は熱いあなたを取り戻してみて
下さい。 

〈8月生まれ〉 
今の状況を変えようとして、むちゃくちゃに動いても状況は良くなりま
せん。今週は冷静さを取り戻してね。問題は時が解決してくれることも
ありますよ。 

〈9月生まれ〉 
あなたの中の常識の枠を必要以上に守ろうとはしていませんか。世の中
にはあなたの知らないこともたくさんあるという謙虚さを今週は持ち合
わせてね。 

〈10月生まれ〉 
精神的にゆとりのある一週間となりそうです。人との関係もいつも以上
によい週なので、出来る限り多くの人と接してみてね。 

〈11月生まれ〉 
不必要にあれこれ考えすぎてはいませんか。また、悪い方向に考えて一
人で落ち込んではいませんか。今週はよけいな事は考えず、ゆったりと
好きな時間を持つようにしてみましょう。 

〈12月生まれ〉 
ギリギリの状態で頑なに頑張ってはいませんか。今週はあなたらしいゆ
るやかさを取り戻してね。 


……………………………………………………………………………………
【3】◆◇最新情報◆◇  
……………………………………………………………………………………

関西の皆さん♪

関西では3年ぶりになる「コミュニケーション術・達人講座in大阪」
を開講することにしました。

日程は8月28日(金)・8月29日(土)の2日間。
金曜日の夜スタートで、土曜日は、午前中から夕方まで、しっかりと
講座を致します。

秋を前に、今までのあなたから、もう一歩歩みだした新しいあなたに
なりませんか?
人との良き関係性をつくるのは、ほんのちょっとの勇気と笑顔とそして
あなた自身をよく知ることからです。

また恋愛講座として受講希望の方は、事前にお知らせ下されば、アレン
ジして受講していただくこともできます。

私、天川 彩がコミュニケーション術の極意?を伝授します!


  ●とことん自分と向き合って、なりたい自分になる講座●

  〜★【コミュニケーション術・達人講座in大阪】★〜
         
         2009年8月28日(金)19:30〜21:00
         2009年8月29日(土)10:30〜16:30
              2日間連続講座
  

  <会場> 大阪府中央区民センター 和室
     (地下鉄「堺筋本町」駅 徒歩4分)
  
  <日時> Step1/ 8月28日(金)19:30〜21:00
       Step2/ 8月29日(土)10:30〜12:00
       Step3/ 8月29日(土)13:00〜14:30
       Step4/ 8月29日(土)15:30〜16:30 

  <受講料> 14、000円(テキスト代含む)
 
  <内容>

★Step1『言の葉ひろい』講座★

言葉はコミュニケーションをとる上で最大のツール。
普段は意識することもなく使う言葉ですが、実は大変大きな力を持って
います。

この自分コミュニケーション講座では、まず言葉のもつ力を学び、自分
の中に閉じ込めたままの言葉と出会います。心身共にリラックスした状
態で、内なる言葉を書き連ねていくうちに、やがて心の中に閉じ込めて
いた言葉と出合い、自分では気が付かなかった自らの感情を知り、自分
自身と向き合っていきます。

また、自分が傷ついていた言葉を処理する方法や、人とのコミュニケー
ションを取る上での言葉をどのように使っていくかなど、実践的な内容
も織り込み、言葉を通してのコミュニケーション術を学ぶ講座です。


★Step2『感情認識』講座 ★ 

人間は、感情の動物といわれています。
人とスムーズにコミュニケーションを取っていくには、相手の気持ちが
いかに理解できるかが肝心な鍵。

この対人コミュニケーション講座では、他人の感情を知る前に、まず自
分の中にどのような感情があるかをまず知っていきます。その後、小グ
ループに分かれて、他者の感情と出合っていきます。

全く見ず知らずの人々の心の内側とふれながら、他者の感情を感じ取る
力をつけて、実生活の中でいかに活用していくか、また自分と相手の感
情が交わりあうことで、どのような人間関係に発展していくかなど、対
人コミュニケーション術を学ぶ為の講座です。


★Step3『自分力・集中アップ』講座 ★

人はそれぞれに様々な魅力を備えています。
しかし、なかなか自分の魅力には気がつきにくいものです。
この自分力・集中アップ講座では、隠されていた自分の魅力を引き出す
方法を考えます。

まず、自分の好きなこと・興味を持つものからヒントを得て、自分が何
をしたいのか、そして何になりたいのか、どうありたいのかをリストア
ップしていきます。それから、それに近づく為に、現在どんな努力をし
ているのかをセルフチェックします。

誰もが磨けばいろいろな輝きを放つ原石です。ダイヤモンドもあれば、
渋く輝くいぶし銀もあります。気づかなかった自分自身の魅力を最大限
に磨きましょう。
この講座では、自分自身をよく知り、なりたい自分を見つけることが目
標です。


★Step4『セルフプロモーション』講座★

この講座は、Step3までを通して、自分自身の目標を持った方を対象と
します。

セルフプロモーションは自己主張が強いことではありません。
他人とは異なる自己の魅力や自分力をいかにアピールし、浸透させてい
くかが目的です。まずは、身近な人との関係を一番ベストな状態に構築
し、自分に魅力をいかに知ってもらうかについて学びます。
そして、最終的には自分のフィールドを抜けて、全く自分のことを知ら
ない人達に向けて、自分の素晴らしさをプロデュースしていくか、秘伝
を伝授いたします。

*より詳しい講座の内容は、HPをご覧下さい
http://www.office-ten.net/com-kouza/top.htm

<これまでの受講者の主な感想>
http://www.office-ten.net/com-kouza/k.htm

   

……………………………………………………………………………………
【4】◆◇日本を堪能する旅◆◇  
……………………………………………………………………………………

  ◎○◎〜 いにしえからの富士山信仰の道を行く 〜◎○◎

              残り 7席
           
           《富士登拝 2009》
      
     1合目から山頂まで・祈りの道を登る富士山

       2009年8月21日(金)〜8月23日(日)
              
              2泊3日
            39、800円(税込)
 
 詳細 http://www.office-ten.net/j/fuji/tohai/2009top.htm

         
         御師の家と富士講先達の講話
      そしてベテランガイドと登る富士登拝の道


<ツアー代金に含まれているもの>
東京⇔富士吉田 往復交通費 下山用貸切バス代 御師の家宿泊代
八合目山小屋宿泊代 夕朝食代 富士山ガイド代 先達講話代 


<ツアー代金に含まれないもの>
昼食代 市内短距離交通費 正式参拝初穂料


日本一の山、富士山。
誰もが知っているこの霊峰には、古来より神々がいると畏れ崇められて
きました。霊峰に登る際には、「御師」と呼ばれる特別な役割を持つ宿
坊に泊まり、山での慣わしを学び、祓いを受けた後、富士の御山に一歩
一歩足を運ぶのが、霊峰・富士の本来の登拝の方法でした。

しかし、時代は移り変わり、今ではすっかり登拝をする人は減り、夏の
富士は日本一高い山を制覇しようと意気込んだ、多くの人たちが詰めか
ける山となりました。なんと、昨年は史上最高の夏山登山客だったそう
です。
そんな中、私たちは昨年から日本人としての心を取り戻すべく富士登拝
を始めました。
今年はいよいよ、富士登山道・随一の祈り道、富士吉田口の一合目から
ゆっくり山頂を目指して登っていきます。吉田口の一合目から五合目ま
では、富士の大自然と数々の遺跡が残る歴史道。富士山の魅力の宝庫で
あるこの道から、途中山小屋で一泊し、そして山頂まで目指すというな
んとも贅沢な登拝です。
帰りは、富士の大自然の恵みである温泉で一汗流してください。

450年続く「御師」の家に泊まり、富士講(富士山岳行者)の第一人者で
ある先達(せんだつ)の講話を聞き、そして、歴史も道も知り尽くした
ベテラン中のベテランガイドに案内してもらうという、まさに三拍子揃
った今回の富士登拝。

こんな恵まれたチャンスは、もしかすると最初で最後かもしれません。

一度は富士山に登ってみたいと思われている方、また、富士登山とは違
う登り方をしたいと思われている方、今年は極上の富士と向き合ってみ
ませんか?


……………………………………………………………………………………
【5】◆◇太々神楽講◆◇  
……………………………………………………………………………………

 ●自分の根源と向き合う珠玉の時間● 

       人         
       ̄Y ̄*
          天河太々神楽講2009

          『天の川に祈る』☆
      万物の「いのち」尊ぶ・旧暦七夕祭 *

        2009年8月25日(火)〜8月27日(木)
           現地集合・現地解散

     ★奈良・天河神社七夕祭 お手伝いワーク
     http://www.office-ten.net/tatakagura/2009.htm


奈良県吉野の山里で、千三百年続いている天河神社。
自分自身の根源と触れるため、太古より遠路はるばる人々が訪れる聖地
で年に一度、旧暦七夕の日に行われている「七夕祭」。

ご神殿でのご神事…
仏式による万霊の御霊供養…
天の川に於いての灯篭流し…

幻想な美の世界と祈りの時間が、天河の七夕祭です。
この『天の川に祈る』と題したワークでは
神社でのお祭り準備から、ご神事の当日のお手伝い、そして翌日の
後片付けまでと、全てに関わらせていただきます。
年に一度の特別なワークですので、神社から白作務衣をお借りします。
神社に奉職されている方々のご指導のもと、お祭りに参列される方々を、
静かにお迎えしてください。

神社のお掃除や短冊の受付け
そして、二千基にも及ぶ灯篭流しのお手伝い

それら全てに関わる時間が
参加されたお一人お一人の魂心再生に
きっと繋がることでしょう。

静かな祈りの時、是非ご一緒したしましょう。
------------------------------------------------------------
■平成21年8月25日(火)〜8月27日(木)
      (今年の旧暦七夕は8月26日(水)です。)
■参加費 36,000円
   2泊3日お食事つき 宿泊 神社正面『本家 柿坂』別館貸切

■現地集合(14:30)・現地解散(12:30)
お申し込み頂いた方には交通機関などの詳しい資料を送付いたします



『天河太々神楽講・天の川に祈る』によせて・・・

自然の中に神々があるというアニミズム的な考えは、私たちのはるか遠
く5千年以上も前の縄文時代の祖先たちから、脈々と続いてきました。
その生命観は、今も日本の神社の中で生きつづけていますが、中でも、
宗教という枠を越え、国や人種、性別、年齢、全ての枠をも越えて、
開かれているのが天河神社です。太古からの聖地として空海や世阿弥を
はじめ多くの先人たちが、自らを見つめる場として、また芸を奉納する
場として訪れています。

天河太々神楽講に講元として、皆さんをご案内する役目を賜ってから今
年で10年目を迎えます。講元とは指導者ではなく、人と大いなる根源と
のつなぎ役です。私は天川の名を名乗らせていただいているので、毎年
この七夕祭の折、感謝の意味も込めて講元をさせていただいております。

この「天の川に祈る」と題したワークは、御神事そのもののお手伝いを
ワークとし、お祭り前日の準備から社殿の掃除、御神事当日のお手伝い
そして翌日の片づけまで、神社の方々、地元の村の方々と共に過ごす、
大変貴重なものです。また、笹に結ぶ短冊に、「真」の祈りの言葉や願
いの言葉を連ねる為のワークショップも祭り前日に行います。

本年も天河における七夕祭りの御神事手伝いへ皆様をご案内しようと思
います。どうぞ、ご自身の根源と繋がりたいと思っていらっしゃる方、
どうぞお待ちいたしております。

                      講元 天川 彩
http://www.office-ten.net/tatakagura/2009.htm

……………………………………………………………………………………
【6】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
10月の末、縄文の風を感じるシリーズ第3弾として「岡本太郎の縄文を
行く」と題した日帰りツアーを実施します。
今回は、岡本太郎の絵画「明日の神話」の復元にも携わり、生前の岡本
敏子さんにも大変可愛がられた、縄文考古学者の石井さんを講師に招い
ての東京の旅です。近日、インフォメーションいたしますので、是非
お楽しみに〜♪
                        aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。