ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第378号

2009/07/18

こんにちは、天川 彩です。

梅雨があけて、いよいよ夏本番!といったところですね。
暑い中でもカラッとした、夏らしい日が続くと、心までウキウキして
きます。

そんな中、来週はいよいよ「皆既日食」。
私たちTENも、1年前から準備を重ねてきた大型ツアーを行うわけで
ちょっぴりドキドキしています。
でも、当日のお天気も予報では良いようですし、波も今の時期が一番
穏やかとのこと。渋滞の心配はありますが、今から気を揉んでいても
仕方がないですし、後は神様にお任せして、私も楽しみながらご案内
できればと思っています。 

さて。
皆さんは、今年の夏休みは、どのように過ごされますか?
私は、父の13回忌の法事を兼ねて来月、北海道に帰省します。先月アイ
ヌツアーの帰りに2日ほど立ち寄りましたが、帰省そのものは4年振り。
久しぶりに、生まれ故郷を満喫してこようかと思います。

ところで皆さんは、twitter(ツイッター)というインターネッ
トサイトをご存知ですか?
私はつい先日まで全く知らなかったのですが、TENの初代HP制作を
してくれていたkanaさんから教えてもらいました。

kanaさんは、私のネット大先生。もう何年も前になりますが「これ
からはブログというネット上の日記が人気になりますよ」と教えてくれ
たのも、確か5年前、mixiが始まった直後に「アメリカで人気のS
NS(ソーシャルネットワークサービス)が、日本でもmixiという
名前で始まっていて、かなり面白いですよ」と最初に教えてくれたのも
kanaさん。

先日、kanaさんから久しぶりに推薦されたのがこのtwitter。
グログとチャットの中間のようなもので、つぶやきをサクサク書き込ん
だり読めたりするサイトのようです。

わからないままに始めてみています。
http://twitter.com/AyaTenkawa

で、驚いたことに、昨日オノヨーコさんがリアルにtwiterで書い
ている文章も読めるようになりました。
更に驚いたことに、今朝オノヨーコさんも私の文章を、リアルに読んで
くださるようになり…

やっぱり、kanaさん推薦のサイトだけあるわぁと思っています。


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム・風の文様==============「未来は明るい」
2・TEN占い==========今週は「メディスンカード」占い
3・日本を堪能する旅===========「富士登拝 2009」
4・天河太々神楽講==========旧暦七夕祭「天の川に祈る」
5・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム 風の文様 ◆◇
……………………………………………………………………………………

□「未来は明るい」

世の中のニュースは相変わらず、ため息が出るものばかり。
政治も経済も、この先どうなっていくのか今は不透明なままだ。
社会全体の閉塞感に、未来を悲観的にとらえている人も急増していると
文部科学省統計数理研究所がまとめた「日本人の国民性調査」で明らか
になった。

「今後の生活は貧しくなる」と回答した人が急増しているという。
しかし、収入が減少することが貧しくなるということなのだろうか。
確かに、お金が豊富にあれば心豊かに人生も充実し、お金が乏しくなる
と、心まで乏しくなると本気で思っている人は、今後益々貧しくなる一
方かもしれない。

しかし、少ない収入でも、豊かな暮らしをしている人がいる反面、何億
持っていても、とても精神的に豊かとは思えない、悲惨な暮らしをして
いる人もいる。
要は、どのような心持で、暮らしをしていくのか、ということが豊かさ
貧しさを決めていくようにも思える。

この混沌とした状態が不安で仕方がない人もいるだろう。しかし私は世
の中が良い状態に戻っていく、プロセスの一つであると感じている。

昨年の秋、一つの長い長い時代が終わりを告げた。

お金というエネルギーバランスが極端に崩れていた時代。乏しいものを
富むものが見下していた、傲慢な時代。矛盾したシステムが堂々とまか
り通っていた時代。

一足先に、環境破壊の積み重ねが限界に達し、温暖化問題を皮切りに、
世界中がエコへと意識変換が起った。
そして、あの傲慢の象徴のようだったアメリカが、協調のシンボル、オ
バマ氏を大統領に選んだ。

人々の意識がダイナミックに変動している中で、金融破綻が起った。
いよいよ、人間の本質的な幸せとお金の問題の真価が問われる時代の到
来だ。

環境問題より、平和問題より、個々に大きくそしてリアルに突きつけら
れるのが、生活問題だろう。
お金は確かに大切なものである。しかし、それは正当に働いて得たエネ
ルギーの代償であるべきものだ。徐々に人類の中で、お金とエネルギー
のバランスが崩れ始め、そこに矛盾が生まれ、多くの人々を苦しめなが
ら矛盾は増大し、遂に臨界点まで達した。

これからは、一人ひとり真の幸福な生き方、真の仕事のありかたを見つ
め直す時代がやってくるだろう。

先日テレビで、家業の農家を離れて、サラリーマンをしていた若者たち
が、次々と家業に戻っている姿が紹介されていた。
それも、単に家業の農家を継ぐ、というのではなく、親からそれぞれの
農業の技術を学びつつ、今の時代に沿った新たなプロモーション戦略で、
自分たちが育てた農産物を消費者にダイレクトに届けるシステム作りを
しているのだという。
第一次産業が長年、衰退していくばかりだったが、ここにきて、息を吹
き返してきた。それも今の時代に沿ったかたちで。

混沌とした時代、多く漏れ聞えるため息に惑わされず、新しくやってき
た時代の風に乗り、意識を大きく切り替えることができたなら、未来は
確実に明るいものとなるだろう。

私はどこかで強く確信している。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[メディスンカード]で運勢を占ってみました。

2009年7月18日(土)〜7月24日(金)あなたの運勢

〈1月生まれ〉 
現実的になりすぎてはいませんか。今週は、あなたの得意としているイ
マジネーションを広げて新たなアイディアや夢に思いを巡らせてみて下
さい。きっと力が湧くはずですよ。 

〈2月生まれ〉 
気持ちが散漫して大切なメッセージを聞き流しているかもしれません。
今週は素直さと柔軟さを取り戻してね。 

〈3月生まれ〉 
日々の暮らしに追われ過ぎて、あなたが大切にしていたことを忘れては
いませんか。今週は少し手を止めてあなたの豊かな感性を取り戻すべく
時間をとってみてね。 

〈4月生まれ〉 
スローペースではあるものの、着実に前進していることを感じられる一
週間となりそうです。また意識も集中できそうなので、動きながら考え
ることも両立できそうですよ。 

〈5月生まれ〉 
あなたの主義主張をむりやり通そうとはしていませんか。今週はあなた
の考えに執着せず、ゆるやかさを持つ努力をしてみてね。 

〈6月生まれ〉 
周囲の人を、あなたの考えで動かそうとはしていませんか。他の人にも
意見があることを思いだしてください。今週は、いつも以上に対話を心
がけてね。 

〈7月生まれ〉 
仕事ばかりに意識が向いてはいませんか。また、時間がないとイライラ
してはいませんか。今週は時間の使い方を今一度見直してみてね。 

〈8月生まれ〉 
人を頼りすぎてはいませんか。信頼することは大切ですが本当に大事な
ところは自分自身でやることを忘れないで下さい。 

〈9月生まれ〉 
誰もわかってくれないと、心を閉じてはいませんか。かたくなに閉じた
ままだと、ますます人との距離が開いてしまいそう。今週はあなたから
心の扉を開く努力をしてみてね 

〈10月生まれ〉 
つい噂話に加わったり、人の秘密を簡単に漏らしたりはしていませんか。
今週はいつも以上に言葉に気をつけてね。信頼は大切ですよ。 

〈11月生まれ〉 
人とのわだかまりが取れるかもしれません。また、あなた自身が気に掛
けていたこともスムーズに流れるかも。今週は問題解決のめどが立ちそ
うですよ。 

〈12月生まれ〉 
直感力が冴える一週間となりそうです。調和を乱しそうな人や、道をは
ずれそうな人に、的確に意見をいうことができそうです。どう思われる
かを考えるより、あなたが正しいと思った言葉を口にしてね。 

……………………………………………………………………………………
【3】◆◇日本を堪能する旅◆◇  
……………………………………………………………………………………

  ◎○◎〜 いにしえからの富士山信仰の道を行く 〜◎○◎
          
 
           《富士登拝 2009》
      
     1合目から山頂まで・祈りの道を登る富士山

       2009年8月21日(金)〜8月23日(日)
              
              2泊3日
            39、800円(税込)
 
 詳細 http://www.office-ten.net/j/fuji/tohai/2009top.htm

         募集人員  15名  最低施行人員 8名

         御師の家と富士講先達の講話
      そしてベテランガイドと登る富士登拝の道


<ツアー代金に含まれているもの>
東京⇔富士吉田 往復交通費 下山用貸切バス代 御師の家宿泊代
八合目山小屋宿泊代 夕朝食代 富士山ガイド代 先達講話代 


<ツアー代金に含まれないもの>
昼食代 市内短距離交通費 正式参拝初穂料


日本一の山、富士山。
誰もが知っているこの霊峰には、古来より神々がいると畏れ崇められて
きました。霊峰に登る際には、「御師」と呼ばれる特別な役割を持つ宿
坊に泊まり、山での慣わしを学び、祓いを受けた後、富士の御山に一歩
一歩足を運ぶのが、霊峰・富士の本来の登拝の方法でした。

しかし、時代は移り変わり、今ではすっかり登拝をする人は減り、夏の
富士は日本一高い山を制覇しようと意気込んだ、多くの人たちが詰めか
ける山となりました。なんと、昨年は史上最高の夏山登山客だったそう
です。
そんな中、私たちは昨年から日本人としての心を取り戻すべく富士登拝
を始めました。
今年はいよいよ、富士登山道・随一の祈り道、富士吉田口の一合目から
ゆっくり山頂を目指して登っていきます。吉田口の一合目から五合目ま
では、富士の大自然と数々の遺跡が残る歴史道。富士山の魅力の宝庫で
あるこの道から、途中山小屋で一泊し、そして山頂まで目指すというな
んとも贅沢な登拝です。
帰りは、富士の大自然の恵みである温泉で一汗流してください。

450年続く「御師」の家に泊まり、富士講(富士山岳行者)の第一人者で


ある先達(せんだつ)の講話を聞き、そして、歴史も道も知り尽くした
ベテラン中のベテランガイドに案内してもらうという、まさに三拍子揃
った今回の富士登拝。

こんな恵まれたチャンスは、もしかすると最初で最後かもしれません。

一度は富士山に登ってみたいと思われている方、また、富士登山とは違
う登り方をしたいと思われている方、今年は極上の富士と向き合ってみ
ませんか?

……………………………………………………………………………………
【4】◆◇太々神楽講◆◇  
……………………………………………………………………………………

 ●自分の根源と向き合う珠玉の時間● 

       人         
       ̄Y ̄*
          天河太々神楽講2009

          『天の川に祈る』☆
      万物の「いのち」尊ぶ・旧暦七夕祭 *

        2009年8月25日(火)〜8月27日(木)
           現地集合・現地解散

     ★奈良・天河神社七夕祭 お手伝いワーク
     http://www.office-ten.net/tatakagura/2009.htm


奈良県吉野の山里で、千三百年続いている天河神社。
自分自身の根源と触れるため、太古より遠路はるばる人々が訪れる聖地
で年に一度、旧暦七夕の日に行われている「七夕祭」。

ご神殿でのご神事…
仏式による万霊の御霊供養…
天の川に於いての灯篭流し…

幻想な美の世界と祈りの時間が、天河の七夕祭です。
この『天の川に祈る』と題したワークでは
神社でのお祭り準備から、ご神事の当日のお手伝い、そして翌日の
後片付けまでと、全てに関わらせていただきます。
年に一度の特別なワークですので、神社から白作務衣をお借りします。
神社に奉職されている方々のご指導のもと、お祭りに参列される方々を、
静かにお迎えしてください。

神社のお掃除や短冊の受付け
奉納される馬弓ご神事のお手伝い
そして、二千基にも及ぶ灯篭流しのお手伝い

それら全てに関わる時間が
参加されたお一人お一人の魂心再生に
きっと繋がることでしょう。

静かな祈りの時、是非ご一緒したしましょう。
------------------------------------------------------------
■平成21年8月25日(火)〜8月27日(木)
      (今年の旧暦七夕は8月26日(水)です。)
■参加費 36,000円
   2泊3日お食事つき 宿泊 神社正面『本家 柿坂』別館貸切

■現地集合(14:30)・現地解散(12:30)
お申し込み頂いた方には交通機関などの詳しい資料を送付いたします



『天河太々神楽講・天の川に祈る』によせて・・・

自然の中に神々があるというアニミズム的な考えは、私たちのはるか遠
く5千年以上も前の縄文時代の祖先たちから、脈々と続いてきました。
その生命観は、今も日本の神社の中で生きつづけていますが、中でも、
宗教という枠を越え、国や人種、性別、年齢、全ての枠をも越えて、
開かれているのが天河神社です。太古からの聖地として空海や世阿弥を
はじめ多くの先人たちが、自らを見つめる場として、また芸を奉納する
場として訪れています。

天河太々神楽講に講元として、皆さんをご案内する役目を賜ってから今
年で10年目を迎えます。講元とは指導者ではなく、人と大いなる根源と
のつなぎ役です。私は天川の名を名乗らせていただいているので、毎年
この七夕祭の折、感謝の意味も込めて講元をさせていただいております。

この「天の川に祈る」と題したワークは、御神事そのもののお手伝いを
ワークとし、お祭り前日の準備から社殿の掃除、御神事当日のお手伝い
そして翌日の片づけまで、神社の方々、地元の村の方々と共に過ごす、
大変貴重なものです。また、笹に結ぶ短冊に、「真」の祈りの言葉や願
いの言葉を連ねる為のワークショップも祭り前日に行います。

本年も天河における七夕祭りの御神事手伝いへ皆様をご案内しようと思
います。どうぞ、ご自身の根源と繋がりたいと思っていらっしゃる方、
どうぞお待ちいたしております。

                      講元 天川 彩
http://www.office-ten.net/tatakagura/2009.htm

……………………………………………………………………………………
【5】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
明日は数年ぶりに友人が事務所を訪ねにきてくれます。知り合った当時
大学生だった彼も、今では考古学博士。
どんな話になるのか、楽しみです♪
     
                        aya

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。