ライフプランニング

TEN's magazine

ナチュラル志向の現代人に自然派プロデューサー天川 彩(てんかわあや)が贈るほっと一息マガジン。読者を魅了するコラムや連載、占いコーナーなどのほか本物志向の人の為の大自然体感ツアーやイベント情報なども満載。

全て表示する >

TEN's magazine 第364号

2009/04/11

こんにちは、天川 彩です。

今日は、天皇皇后両陛下がめでたく金婚式をお迎えになったそうで、
それぞれに感謝状を贈りたいとお話されていたニュースを見ました。

本当に素晴らしいですね。50年もの間、互いに支えあいながら共に歩
まれ「感謝状を贈りたい」と言葉に出せるなんて、そうそう簡単なこ
とではありません。

今朝、夫とそのニュースを見ていたのですが、「金婚式迎えられるま
で、出来ることなら一緒に生きていたいし、欲をいうなら、互いの存
在がわかるといいね」と言っていました。
互いに、40歳過ぎての再婚…。最近、「えーと、ほら、あれ」なんて
もの忘れも出てきているので、金婚式までとは欲張りませんが、せめ
て銀婚式までは「感謝状を贈りたい」と言える状態でいたいな、なん
て思いました。

さて、今日の東京は、暖かいを通り越して暑いくらいでしたが、実は
昨日、雪の中を歩いていました。
何処にそんな雪が残っているかというと…戸隠です。中社にもまだ雪
が残っていましたが、奥社に至っては、お社そのものがまだ雪の中に
埋もれている状態でした。昨日は登山靴を履いて、雪道を往復2時間
ほど歩いてきましたが、清々しい空気が最高に気持ちよかったです。

来月ツアーでお世話になる善光寺のお坊様や戸隠の神官様、宿坊を仕
切るそれぞれの奥様とも、いろいろと打合せをしてきました。
ココだけの話ですが、この旅に参加の皆さんに、特別なご配慮いただ
けるようです。なんてありがたいことだろう、とつくづく思います。

それから、来週の「縄文王国を行くツアー」ですが、先着1名様に限り
お席があります。どうしようかな…と迷っていらっしゃる方、いかが
ですか?

日曜日は、マザーテレサの映画上映があります。
別に宗教が趣味ではないのですが…やはり人の心にとって、信心は大
切なのだと改めて感じます。

私は、これといって特別に何か一つの宗教に信心することは無いので
すが、おおもとは、一つの大いなるものだと感じています。その大い
なるものを深く信心しているというのが素直なところです。


……………………………………………………………………………………
◇◇今日の目次◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇ ◇◇
……………………………………………………………………………………
1・コラム風の文様============「主観と客観の交差点」
2・TEN占い==========今週は「タロットカード」占い
3・最終案内============「マザーテレサ・映画上映会」
4・日本を堪能する旅===========「戸隠・善光寺ツアー」
5・縄文の風を感じる旅=========「アイヌエコ体感ツアー」
6・編集後記===================「ひとりごと」
……………………………………………………………………………………
【1】◆◇コラム・風の文様 ◆◇
……………………………………………………………………………………

□『主観と客観の交差点』


「我思う、故に我あり」これはデカルトの有名な言葉だ。

人が思う、感じる、ということはとても主観的なことであり、客観性を
持たない。
しかし、この世に肉体を持ち存在し、思う自分、感じる自分がいるとい
うことは客観的な事実である。

主観と客観の話を文章で書くのはとても難しい。
このコラムにしても、私の思いや考えが大半を占めているので、主観的
といえる。

しかし、コラムとはそもそも、個人的な考えや思いを、一つのテーマに
添って書き記すものであるわけで、主観的であることが大前提でもある。

客観的な事実のみを書いていたら、それは記事になってしまう。

しかし、主観的な話を、客観的なこととして伝えたとしたら、それは混
乱を招くことになる。

例えば、昔から信仰対象になっている大きな巨石があったとしよう。

「その巨石は太古から、人々の信仰対象となり、ご神体といわれている。
その巨石の前に行くと、私も特別な気持ちになり、そこに神がいるので
はないかと感じる」こう表現したとしたならば、「その巨石は太古から
人々の信仰対象となり、ご神体といわれている」という客観的な事実と
「その巨石の前に行くと、私も特別な気持ちになり、そこに神がいるの
ではないかと感じる」という主観的表現が混同することは無い。あくま
でも、後半は本人の感覚や妄想であると分けて捉えることができる。

しかし、例えば「この巨石は、昔から信仰を集めており、ご神体と呼ば
れているのだが、私はこの巨石にいる神と特別な交信をすることで、神
の意思を伝えることが出来る」などと表現をしたならば、客観性を持っ
た事実と感覚や妄想とが混在し、いつの間にか、客観性を持った真実と
捉えられてしまうこともある。

ここ数年、癒しブームと共に、スピリチュアルブームというものがあっ
た。主観的で申し訳ないが、どうも私は好きになれなかった。その好き
になれなかった理由を私なりに検証してみた。すると、まさに主観と客
観の混在という、大きな問題点があったからではないかと思う。

あくまでも、主観は主観。客観は客観。

例えば「前世はインディアンでした」とか「ご先祖様が、こう言ってい
ます」など、言うのは、主観以外の何ものでもない。客観的事実など皆
無なのだから。しかし、どれほど主観的な話であったも、言い切られる
と、意識に深く刷り込まれていく。そして、その刷り込みは、なかなか
消えることはない。

ただ、私も輪廻転生を信じている。人は何度も生まれ変わってくるのだ
ろうし、前世も来世もあるのだと思う。また、ご先祖様たちが見守って
くれているとも思う。勿論、全ては私の主観の話だから事実はわからな
い。

ただ、主観は「自分はこう思う」という人としてとても重要な部分でも
あり、決して失ってはいけないものだ。いや自分の主観がちゃんと自立
していたならば、他者の主観を自分のこととして刷り込まれることもな
いだろう。

自分は自分。他者は他者。
その区別がついて、初めて客観性を持つことになる。

自分の考えや思いという主観をしっかり持ち、物事を客観的に捉えるこ
ともできる人が、バランスの良い人なのではないかと思う。


……………………………………………………………………………………
【2】◇◆TEN占い◆◇
……………………………………………………………………………………
所詮、天川 彩が占っているものですので、あまり深刻にとらえず、気
楽にお遊びとして楽しんでくださいね。
                          
今週は[タロットカード]で運勢を占ってみました。

2009年4月11日(土)〜4月17日(金)あなたの運勢

〈1月生まれ〉 
視野が狭くなっているかもしれません。今週は自分の利益より全体の幸
せを考えるよう努力しましょう。お金を追いかけているとお金が逃げて
いくかもしれませんよ。

〈2月生まれ〉 
無理に背伸びをしようとはしていませんか?今週は等身大のあなたを思
い出してください。身の丈にあった行動を心がけてね。

〈3月生まれ〉 
変化の薄い日々に退屈しているかもしれません。でも、突拍子も無い行
動は禁物です。今週は、日常の中での喜びを今一度みつめ直してみてね。

〈4月生まれ〉 
人の意見に左右されてはいませんか?今週はあなたらしさを取り戻すた
めにも、自分の意見を尊重してくださいね。
 
〈5月生まれ〉 
穏やかで平穏な日々をあたりまえだと感じてはいませんか?今週は、日
々が平穏に過ぎていくことに、感謝の気持ちを持って過ごしてみてね。

〈6月生まれ〉 
心が硬くなり、あなた自身が進むべき道を見失ってはいませんか?今週
は、楽しいこと、幸せに感じることをいっぱい思い出してみてください。

〈7月生まれ〉 
ぬるま湯のような状態の中にいませんか?努力を忘れた状態で過ごして
いると、あなた自身がふやけてしまうかもしれません。今週は抜け出す
勇気を持ってね。
 
〈8月生まれ〉 
明るい未来が待っています。勇気を持って、未来に続く扉を開いてみま
しょう。

〈9月生まれ〉 
非常に繊細でデリケートな部分は、あなたの幼さかもしれません。
今週は、気づくことで大人に脱皮するチャンスがあるかもしれません。

〈10月生まれ〉 
想像力豊かな週となりそうです。また人とのコミュニケーションも、い
つも以上によくなりそうですよ。

〈11月生まれ〉 
あれも、これもと手を出しながら、根気が続かず、中途半端になっては
いませんか?今週は、まず一つのことをしっかりと向き合ってみましょ
う。

〈12月生まれ〉 
積極的に動く一週間となりそうです。頭の回転も速くなりそうなので、
片付けること、考えることは今週中に。


……………………………………………………………………………………
【3】◆◇いよいよ日曜日です◆◇
……………………………………………………………………………………

       世界中に愛を届けたマザー・テレサ
       その感動のドキュメンタリー映画。
       
        マザーテレサ生誕百周年の今年
     再び皆様に、TENからお届けいたします。

   <<<映画『マザー・テレサ 〜母なることの由来〜』>>>
            
   日  時: 2009年4月12日(日)(10:30/14:30/18:30)
   
   会  場: ムーブ町屋
         東京メトロ千代田線・京成線『町屋駅』より徒歩0分


     
   チケット:  当日 1800円
     
   映画内容:
       マザー・テレサの活動を5年に渡って追い続けた映画 
       「マザー・テレサ:母なることの由来」は、その生い
       立ちから"偉大なる聖女"と呼ばれ、世界中の尊敬を集
       めるまでの経過を、克明に描いた珠玉のドキュメンタ
       リー作品(デジタル復刻版)です。

   申し込み:http://www.office-ten.net/mother/index.htm

  *どの回も当日のお席をご用意できますが、10:30の回と18:30の
   回でしたらゆったりご覧になれますので、おすすめいたします。

……………………………………………………………………………………
【4】◆◇日本を堪能する旅◆◇
……………………………………………………………………………………
 
      
       *残り5席となりました


    「『戸隠と善光寺』祈りの聖地を体感する旅」
     〜七年の一度のご開帳と式年大祭に行く〜      

      2009年5月15日(金)〜5月17日(日)
     
       36、800円(税込)2泊3日
           東京発着

    2泊とも社寺に縁の宿坊に宿泊します。
   http://www.office-ten.net/togakusi/top.htm

 (交通費・宿坊宿泊代・精進懐石代・ガイド代込み)

 特別な時期ですので、早めの締め切りとなります。
    「!」と思われた方は、どうぞお早めに。

*帰りは新幹線を使いたい方は+5000円でご用意可能です。


戸隠神社と善光寺。
共に歴史は古く遥か千年以上もの悠久の時を今も刻み続ける祈りの聖地
です。戸隠は、日本神話・岩戸開きに由来する神社として広く知られて
いますが、実はそれ以前からの信仰の地でもあり、同時に修験の大切な
修行場でもありました。今春、戸隠は7年に一度という式年大祭の年を
迎えます。

一方、善光寺は「遠くとも、一度は詣れ善光寺。救け給うぞ弥陀の誓願
」という言葉が今に生きる、大慈悲の地。日本では珍しい、宗派に属さ
ない祈りの寺です。
百済から1400年余り前に渡ったという日本最古の仏像「一光三尊阿弥陀
如来像」は絶対秘仏。現世の安穏と極楽往生を約束してくださる大慈悲
の仏さまとして、多くの人々を救済されています。その御姿は何人たり
とも直接目にすることができない仏様ですがこちらも7年に一度、阿弥
陀如来の化身といわれる「前立本尊」がご開帳となるのです。

以前より、いつか日本の祈りの聖地である、戸隠と善光寺をご案内した
いと思っていましたが、計らずして、素晴らしいタイミングでご案内さ
せていただけることになりました。

宿はそれぞれの社寺の宿坊。
今回の旅では、歴史や文化についても、しっかり伝習していただけるこ
とになりました。また、嬉しいことにどちらの宿も女将さんも凄腕の料
理自慢。
戸隠の宿坊女将は、山菜料理の本を出版されている達人。また、善光寺
の宿坊女将は、江戸懐石を修行した達人。

旅の楽しみの一つである食も、楽しみですね。

ゆったりと、祈りの聖地を参拝しながら、七年に一度という特別な時を
是非一緒に堪能しませんか?



……………………………………………………………………………………
【5】◆◇縄文の風を感じる旅◆◇
……………………………………………………………………………………
           
             〜 ナチュラリストになろう〜

     先住民族の知恵に学ぶスペシャルプログラム   

          アイヌ・エコ体感ツアー   
      〜3泊4日 北海道・二風谷とフゴッペの洞窟〜
         2009年6月18日(木)〜6月21日(日)

        東京発着  78、000円(早割り価格)
           
         定員15名(最低施行人員 8名)

       http://www.office-ten.net/nature/2009/top.htm
   
◆代金に含まれているもの:
 往復航空運賃・道内観光・道内移動交通費・貸切バス(車)代
 ホームステイエコプログラム・朝夕食代・ 

◆代金に含まれていないもの:
 昼食代・入浴料・フリータイムの個人移動費・

◆募集人員15名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)


TENの人気企画「アイヌ・エコ体感ツアー」を4年ぶりに実施します。


アイヌの人々は、縄文の頃からの暮らしの知恵や精神を
今に守り続けている人々であるといわれています。

このツアーでは、アイヌの聖地、北海道・二風谷に行き、
アシリ・レラさんのところにホームステイしながら、
先住民族に伝わる生活の知恵の数々を実体験として学びます。
また、今年はスケールUP。旅の後半には余市のフゴッペ
洞窟(日本に数少ないペトログラフ(古代壁画))見学や
小樽観光なども取り入れました。

山の中に入り、山菜を摘んでアイヌ料理を教えてもらったり、
薬草の見分け方を教えてもらったり、
夜はアイヌ刺繍を習得したりしながら、
自然と共に生きる叡智を、存分に学んでください。

日本の先住民族アイヌの語り部である
アシリ・レラさんのもとで、「生きる」という本質に触れたり、
日本に数少ない、二千年前のペトログラフをじっくり見たりしながら、
今という「貴重な時」を有効に過ごしてください。

……………………………………………………………………………………
【6】◆◇編集後記◆◇
……………………………………………………………………………………
TEN’sショップに近々、ニューフェイスが登場します。
その名も「根津ジンジャーティ」。天の紅茶に国産生姜がブレンドされ
た極ウマのジンジャーティ。爽やかな風味はクセになる美味しさです。
只今、パッケージデザイン考え中。来週のメルマガでは、新発売情報を
お伝え出来るかな。
                       aya


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-07  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日 夜  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。