ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter110207] 「一芸採用」のデジャヴ〜なぜ人権を尊重しなければいけないのか?

2011/02/07


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                             ┃
┃  http://chieichiba.net/                       ┃
┃有料サイト↓                             ┃
┃  https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
          ▼無料ページの記事はこちら(3本!)
         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by paco)「一芸採用」のデジャヴ
-----------------------------------------------
先週の記事。「志望動機は不問。おとなしい学生は採りません――。富士通は
2012年春入社の新卒者採用で、スポーツや社会貢献、勉強、起業などで実績を
あげた学生を約30人採用する。」だって。詳細は文末参照。

これを見て、デジャヴを感じる人は、それなりの年齢かもしれない。バブル前
後、一芸枠というのがあったのだ。新しい発想のできる人を採用するために、
従来のような試験を課さず、一芸に秀でた人を採用する……。そう、実際に行
われていたのですよ。日本の大手企業で。一芸枠で入った人って、その後、ど
うなったんだろう? 活躍している人もいると思う。でも、一芸枠で採用した
人が、新しい創造的な仕事をした、という取材記事は読んだことがない。

たぶん、富士通も一芸枠を用意していたと思うんだけど、その後どうなったの
か、確認した上での今回の話なんだろうか。

それとは別に、気になるのは、この記事にはなぜ過去の一芸枠がどのような結
果になったか、取材していないのだろう?……
http://www.chieichiba.net/blog/2011/02/by_paco_156.html

-----------------------------------------------
●(by JIN) 娘がDrumsデビュー!?
-----------------------------------------------
4歳の娘と、先日、ローランドの幼児ドラム教室の体験授業を受けてきました。

何を隠そう、学生時代、私は、ドラマーでした(超、下手でしたが)。そして、
昨年末、バンド一家の友人宅に伺ったとき、ドラムセットが置いてあったので
す。そこで、娘にスティックを持たせて叩かせてもらった所、うむむ・・・?
なかなかサマになっています。それも、楽しそう!

折から、ヤマハからレンタルしていたエレクトーンは、娘が見向きもしなくなっ
たため、ヤマハに返却していた所でした。でも、何か音楽はさせておきたいな? 
と思っていた折でしたので、そうだ!ドラムだ!と思い立ったのでした。で、
近所に見付けたのが、ローランドの音楽教室だったのです。

実際に娘のドラム体験授業に行ってみて、次の3つのことを感じました。
■音楽の指導にはコツがある
■ピアノだけが音楽ではない
■絶対音感はマストではない
……
http://www.chieichiba.net/blog/2011/02/by_jindrums.html

-----------------------------------------------
●(by JIN) なぜ人権を尊重しなければいけないのか?
-----------------------------------------------
超久々のブログ更新です!

最近、「おとなの社会科」の企画に参加している関係で、こちらの更新がお留
守になっていました。
http://www.otosha.com/report

さて、久々の割には、いきなり重いテーマですが、「人権」です。「人権」は、
小学校6年生の社会科の授業で習って以降、大学・法学部の憲法の授業では小
学校とは全く異なる教えられ方をされ、そして今、「おとなの社会科」で「人
権」の新たな側面に触れています。「人権」とは、もうかれこれ、30年にも
わたる付き合いになります。

本稿では、以下の順で「人権」について語ってみます。
■学校では「人権」をどのように学ぶか?
■今、私が考える「人権」尊重の根拠
■「人権」尊重の根拠に関する他説

以下、敷衍します……
http://www.chieichiba.net/blog/2011/02/by_jin_60.html


         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
          ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Global Eyes] 「モンスター」から「人格破壊が悪を生む」を学ぶ
-----------------------------------------------
先週は<おとなの社会科>セミナーを2回、行った。
月曜日に「罪と罰」のday4、木曜日に「哲学と宗教」のday1。

我ながらタフなテーマを続けるものだと思うけれど、やっていて感じたのは、
僕はこういう話がやっぱり好きなんだなあということ。今週のコミトンは、

[知恵市場 Commiton]494「自由と罪」の明確な関係

の続編です。

<おとなの社会科>「罪と罰」で浦沢直樹の名作コミック「モンスター」を使っ
た。

そもそもpacoさんはコミックなんか読むんですかと聞かれることが多いのだが、
もちろん、読む。といっても読むものは限られているが、岡崎京子なんか好き
だ。1996年に交通事故で重傷を負い執筆に復帰できていないのは本当に残念だ
が、彼女の作品は人間に対する洞察に富み、かつコミックとしても実におもし
ろい。

で、浦沢直樹……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。