ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter110124] CO2排出枠を家庭から売る仕組みを経産省などが検討中

2011/01/24


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                             ┃
┃  http://chieichiba.net/                       ┃
┃有料サイト↓                             ┃
┃  https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
          ▼無料ページの記事はこちら(1本!)
         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by paco) CO2排出枠を家庭から売る仕組みを経産省などが検討中
-----------------------------------------------
1月7日に流れたニュース。

-------------------------------------
ある家庭が省エネ家電で二酸化炭素(CO2)を削減した際、それを企業などに
「排出枠」として売れるようにするにはどうしたらいいか。経済産業省と電機
関連4団体がこの仕組みを作ろうと検討を始める。

経産省によると、省エネにすぐれたエアコンや冷蔵庫、テレビなどを買い、こ
れまでより減ったCO2を「排出枠」とする。売り手は家庭、買い手はCO2削減目
標がある大企業。家庭は削減分がお金になるし、大企業からすれば、排出枠を
買って削減目標に近づけることができる。売買の仲介は商社などが担う。 
-------------------------------------

このしくみは、2003年に僕が「環境経営の教科書」を書いたころから僕が言い
続けてきたもので、とにかく、日本中(世界中)あちこちに排出枠を発生させ
て、それと売れる状況をつくれば、温暖化対策が進む、という考え方。排出量
のカウントの仕方には注意が必要だが、省エネ性能の評価を、単にメーカーの
表示に頼るのではなく、実際に電力計を付けて一般家庭で実証し、データを集
めてから行えば、かなりの精度が期待できるので、排出枠を売ることと実際の
削減量に大きな乖離が起きることは、ないだろう……
http://www.chieichiba.net/blog/2011/01/by_pacoco2_2.html


         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
          ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Global Eyes] 排出量取引のニュースから、哲学、ゼロベース思考を考える
-----------------------------------------------
排出量取引のこんなニュースを見たのだが、そこから深めて、哲学の話をして
みよう。

■CO2排出枠を家庭から売る仕組みを経産省などが検討中

1月7日に流れたニュース。

-------------------------------------
ある家庭が省エネ家電で二酸化炭素(CO2)を削減した際、それを企業などに
「排出枠」として売れるようにするにはどうしたらいいか。経済産業省と電機
関連4団体がこの仕組みを作ろうと検討を始める。

経産省によると、省エネにすぐれたエアコンや冷蔵庫、テレビなどを買い、こ
れまでより減ったCO2を「排出枠」とする。売り手は家庭、買い手はCO2削減目
標がある大企業。家庭は削減分がお金になるし、大企業からすれば、排出枠を
買って削減目標に近づけることができる。売買の仲介は商社などが担う。 
-------------------------------------

このしくみは、2003年に僕が「環境経営の教科書」を書いたころから僕が言い
続けてきたもので……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。