ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter100208] 民主党スキャンダルによって官僚の抵抗は成功するか〜温暖化懐疑論の巻き返しと今後

2010/02/08


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                             ┃
┃  http://chieichiba.net/                       ┃
┃有料サイト↓                             ┃
┃  https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
          ▼無料ページの記事はこちら(2本!)
         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by paco) 民主党スキャンダルによって官僚の抵抗は成功するか?
-----------------------------------------------
去年発足した民主党政権ですが、年末から今年に賭けて、鳩山さん、小沢さん
とメインキャラクターに、金にまつわるスキャンダルが起きて、迷走していま
す。これに伴って内閣支持率もぐっと低下して、45%が不支持、指示を上回る
不支持になったと報じられました。

僕はもともと民主党を支持してきたので、残念な経過なのですが、民主党支持
者でなくても、この間の経緯については注意深く見る必要があります。

先週、小沢さんのスキャンダルは、腹心の大久保、池田光智、石川の3名は起訴、
小沢さんは不起訴でいったん決着を見ました。鳩山さんも、謝罪で何とかしの
ぎました。このことがどういうことなのか? J-WAVEのJam The Worldにジャー
ナリストの鳥越俊太郎が登場して、解説しているので、こちら(13分)で聞い
てみてください。

鳥越さんの話によると、小沢さんのスキャンダルは、検察から民主党への牽制
である、とのこと……
http://www.chieichiba.net/blog/2010/02/by_paco_118.html

-----------------------------------------------
●(by paco)【pacoの目×ecoの芽】021 温暖化懐疑論の巻き返しと今後
-----------------------------------------------
今年に入って、いわゆる「地球温暖化懐疑論」が力を持ってきていて、声高に
懐疑論を語るブログも増えて来ました。すごい揺り戻しですね。

実際の地球環境がどうなるかはいったんおいて、なぜ今懐疑論が幅をきかせて
いるのか、考えてみます。

◆まず1つめとして、COP15の成果が上がらなかったこと。昨年12月にコペンハー
ゲンで開かれた「気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)」で、京都
議定書に続く新しい合意がつくれなかったことで、「やっぱり温暖化防止を全
人類的に進めることは無理なんだ」という失望感が広がりました。

現実的なことをいえば、京都議定書の約束期間に入り(2012年までの4年間)、
削減義務をもっている日本や欧州などの削減の足並みが揃っておらず、途上国
も含めたわく組をつくるリーダーシップがとれないことがひとつの理由であり、
もうひとつはリーマンショックから始まった景気後退が終わっておらず、経済
の立て直しが先という雰囲気が支配的というのもあります……
http://www.chieichiba.net/blog/2010/02/by_pacopacoeco021.html


         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
          ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
         ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Global Eyes] 中東問題の構図
-----------------------------------------------
「人生のwhat?を見つけるセミナー4 ユダヤとアメリカ、民主主義」が始まり
ました。day2に向けて、ユダヤとアメリカの関係について、概観しておきます。

◆ナチスのホロコーストがイスラエル建国につながる

現代の中東問題は、ユダヤ人が建国したイスラエルと、もともとそこに暮らし
ていたアラブ人との間の紛争です。

アラブ人は、アラビア人といいかえられるわけですが、アラビア半島を中心に、
西は北アフリカのモロッコ、東はイラク当たりまでに広がって済んでいる民族
で、言葉はアラビア語、宗教はイスラム教です。国としては、西から、モロッ
コ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、ヨルダン、レバノン、シ
リア、イラク、クウェート、サウジアラビア、UAE、イエメンあたりになります。
いずれの国も多民族国家なので、もちろんそれぞれの国にアラブ人以外の人た
ちもいます。また、上記の国以外にも周辺国にアラブ人が住んでいますが、概
ね上記の国がアラブ人の国になります……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。