ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter081117] 破廉恥!、下品! トヨタ奥田発言〜オウチ探し(5) 高気密・高断熱

2008/11/17


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                                                          ┃
┃   http://chieichiba.net/                                             ┃
┃有料サイト↓                                                          ┃
┃   https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                  ▼無料ページの記事はこちら(4本!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by paco) 破廉恥!、下品! トヨタ奥田発言
-----------------------------------------------
先週、以下の記事がasahi.comなど一部のメディアに載ったのですが、扱いが
小さいので、気づかなかった方も多いと思います。しかし、この発言は非常に
重大な発言です。

トヨタの元社長、現相談役の奥田氏が、「一部のマスコミが厚労省叩きをやっ
ている」という指摘のついでに、「報復」と称して「トヨタの広告を出稿しな
い可能性」を発言したというものです。

トヨタは消費財を扱う企業としては日本最大であり、当然広告出稿量も半端で
はない量です。TV曲も新聞も雑誌も、トヨタの財力によっていかされていると
いう側面がある。その財力は、つまりは権力であり、トヨタという一企業の意
思で、メディアの情報を操作できることを意味しています。こういった事実は、
もちろん、以前からわかりきったことでした。そして実際に、こういう大企業
の意向を受けて、マスメディアは情報を意図的、無意図的の量面で、操作され
てきました。そのことは、特に目新しいことではありません……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/11/by_paco_88.html

-----------------------------------------------
●(by paco) 日本企業、多額の制裁金、企業の反社会的行為、モンサント社
-----------------------------------------------
これもあまり大きく報道されていないようですが、先週はふたつの制裁金に関
するニュースが届きました。

ひとつは、旭硝子など日系ガラスメーカー4社が自動車用ガラスカルテルでEU
から制裁金1600億円の支払い命令を受けたというニュース。もうひとつは、米
国で、シャープや韓国のLGディスプレーなど3社が合計で555億円の罰金命令
を受けたというニュース。

米国でも欧州でも、企業の反社会的行為については厳しい制裁を科す動きになっ
ていて、有名なところではマイクロソフトがWindows OSについて、抱き合わせ
販売など反競争的な販売を行ったということで、3億5000万ドルの制裁金をか
けたというニュースもありました。

日本では独禁法違反でもたいした制裁金が科せられないために、不正を承知で
カルテルを結び、表沙汰になれば罰金を払った方が安いと考える傾向がありま
す……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/11/by_paco_87.html

-----------------------------------------------
●(by yuki) 仕事
-----------------------------------------------
仕事柄、車での移動が非常に多いのです。目的地まで1時間なんていうのは近
いほうで、片道2,3時間、一日平均5,6時間は車に乗っている毎日です。
もちろん外出先で一人の食事なんていうのも当然のことであって、それがファ
ミレスやオシャレなカフェではなく、田舎のローカルな食堂でおかず一品と白
飯を頼んで素早くかきこむか、またはコンビニで買った肉まんや弁当を移動の
車中でほうばるということが日常。
広州市内ではコンビニがあっても、少し地方に行くと小さな商店しかない田舎
では、更に地方から出稼ぎに来た男たちに混じって、2元(30円)の餃子や
6元(90円)の牛肉面を、小汚い食堂でがっつくスーツ姿の私…。食堂で出
される明らかに清潔ではない皿やレンゲをお茶で洗う姿も板についてきたし、
極力日本人だとバレないように中国語の発音に細心の注意を払うことも当り前
……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/11/by_yuki_8.html

-----------------------------------------------
●(by ショウコ.i) オウチ探し(5)高気密・高断熱ということ。
-----------------------------------------------
最近の住宅の多くは「高気密・高断熱」なのだそうだ。
これは、エアコンの使用を前提に外の気温の影響を受けず年中快適に暮らせる
可能性が高いということであると同時に日本の昔ながらの、風を感じながら、
外の空気を感じながらの暮らしからは離れつつあるということでもある。
高気密であるところの新築の家にはその機能性の高さゆえ、法律によって24
時間強制換気が義務づけられているそうだ。

かつては、一戸建ては冬は寒い、高気密になりがちなマンションは冬の寒さは
しのぎやすいが夏暑い、ということが言われていた。
私は一戸建て育ちなので、冬の寒さについては身にしみてよくわかる。家が古
く、またあまりきちんと建てられていない(!)ような事情もあったとは思う
が、場合によっては外出時よりも厚着で過ごさなければならないこともままあっ
た。一方で夏は涼しく、基本的に寒がりで冷房嫌いというのはあったと思うが、
当然ながらクーラーなどは一切使わず過ごしてきた……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/11/post_35.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                    ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Life Design] 愛すべきモノたち(2) K20D、DA14
-----------------------------------------------
先週に引き続き、物欲特集です。

★K20D

先週はレンズの話で終わってしまったのですが、今回はカメラ本体の話から行
きましょう。

デジタル一眼レフはここ数年で一気に進歩して、本当の意味でフィルムの一眼
を超えたと言えます。ブランドとしては、やはりフィルム時代からのブランド
力もあってCANON、NIKONが圧倒的に強く、これをSONY、LUMIX(Panasonic)、
OLYMPUSなどが後に続き、PENTAXはそんなフォロアー・ブランドのひとつにな
ります。SONY、LUMIXなど家電系ブランドが伸してくる中で、PENTAXは古くか
らカメラ専業に近いブランドとして、独自の地位を築いてきました。ちなみに
日本には、コニカとミノルタという古くからのカメラブランドがあったのです
が、経営不振から「コニカミノルタ」として合併して、ブランド力があるミノ
ルタブランドが生き残ったのですが、これも生き残れず、SONYに事業ごと売却、
「α」ブランドだけがSONYの一眼レフ名として残っています。OLYMPUSはカメ
ラ以外の光学機器・医療機器も以前から幅広くラインナップしているので、生
き残りやすく、PENTAXのポジショニングが現状いちばん厳しいというところで
しょう……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。