ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter081013]「民主党のアメリカ 共和党のアメリカ」をぜひ読んで〜フェルメール展

2008/10/13


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                                                          ┃
┃   http://chieichiba.net/                                             ┃
┃有料サイト↓                                                          ┃
┃   https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                  ▼無料ページの記事はこちら(4本!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by paco)「民主党のアメリカ 共和党のアメリカ」をぜひ読んで
-----------------------------------------------
今年は大統領選の年。サブプライム問題で慌ただしい米国ですが、ブッシュJr.
政権は今年限り。来年からは新政権になります。日本は「米国の51番目の州」
と自嘲気味ですが、「宗主国」のあるじの交代は、無関心ではいられません。

とはいえ、米国の二大政党の名前もわからないし、ましてどこが違うのかも意
味不明、というのが平均的な日本人の感覚です。そのあたりを、建国からの歴
史をさかのぼりつつ、詳しく、かつ実に鮮やかに描いてくれているのが、この
本です。

著者の冷泉彰彦は、村上龍主宰のJMMで長年米国からのレポートを送っていて、
クリアな視点に多くを学ばせてもらっているのですが、この本は、このレポー
トの視点をさらにテーマにクリアに書いてくれていて、すっきり読めます……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/10/by_paco_84.html

-----------------------------------------------
●(by yuki) ムダを考える
-----------------------------------------------
遅い夏休みということで、10日間ほどの一時帰国でした。巷では中国の食品に
ついての話題が多くて、私も会う人みんなに「大丈夫?」と尋ねられました。
確かに問題はあるのでしょうが、私自身は世間でとらえているほどの問題意識
はなく、もう何年も中国で生活しているからそれなりに体内に蓄積されている
んじゃないのかなぁとぼんやり考えている程度だったりするのです(笑)。
それに中国にいると時々なる胃腸炎は友達のようなもので、よくは分かりませ
んがそれなりに抵抗力がついて、むしろ昔よりタフになっているかもしれませ
ん。

日本では外食する機会が多かったのですが、「食べ残し」についてちょっと不
思議な感覚がありました。昔、日本では食べ残しが大量にあってもったいない
と思うことが多かったのですが、もしかして中国(都市部に限定しての話です
が)のほうが多いんじゃないかと感じてしまったのです……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/10/by_yuki_6.html

-----------------------------------------------
●(by ショウコ.i)オウチ探し(2)人生計画。
-----------------------------------------------
結婚して丸3年。
これまで夫婦2人で気ままに暮らしてきたが、家を建てる、子どものことも…
となればそうはいかない。
自分たちがイメージする人生には一体どれくらいのお金がかかるのか、遅れば
せながら、人生プランを書き出してみた。

住宅ローンのほうは、先日から夫が試算してくれている。
定年前に余裕を持って支払い終えられるように、と返済期間を短めに設定して
の試算なので、月々の支払いは結構な額。ムリではないけども、余裕のなさが
メンタル面に影響を及ぼさないか少し心配な感じ。

加えて、2年後くらいには子どもがいてもいいのではないかと考え始めた私た
ち。平均的な子育て費用(学費、学校外活動費、こづかいなど)を調べてみた
ところ、小中高、とすべて公立としても600万円弱という……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/10/post_12.html

-----------------------------------------------
●(by JIN) フェルメール展に行ってきた
-----------------------------------------------
上野の東京都美術館で開催されているフェルメール展に行ってきました。
http://www.tbs.co.jp/vermeer/

今回のフェルメール展の最大の特徴は、世界に30数点しか現存しないフェル
メールの絵画のうち、一度に7枚も展示されることです。
私が日本でフェルメールを観にいくのはこれで5回目ですが、毎回、「1枚の
み」展示することを以って「フェルメール展」と称されていました。一度に7
枚というのは、フェルメール・ファンにとっては見逃せない展示会です。

7枚の内訳は次のとおりです。
 ・宗教画・・・2枚
 ・風景画・・・1枚
 ・人物画・・・4枚

このうち、私が特に気に入ったのは、風景画と人物画のうちの1枚「手紙を書
く婦人と召使」の2枚です……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/10/by_jin_12.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                    ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Global Eyes] ポスト・サブプライムの世界
-----------------------------------------------
サブライム問題は、いよいよすごいことになってきました。僕自身は金融の専
門家でもないし、わからないことだらけですが、あくまで僕の目から見えてい
ること、という点で書いていきます。

サブプライム問題の存在自体を知ったのは、昨年の今頃、田中宇の国際ニュー
ス解説など、いくつかのネットメディアを通じてでした。サブプライム問題が
これから大変なことになる、という情報は、今年の年始あたりから読んでいた
ので、今の状況そのものは別に驚くことは思っていません。起こるかなと思っ
ていたことのもっともすごいシナリオをたどっているのは事実だけれど、ここ
まで来るとは思いもしなかった、というほどでもない、ところです。

サブプライム問題は、3つぐらいの切り口で考えることができると思います。
ひとつは、住宅バブルという側面……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。