ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter080630]あきらめてもいい、投げ出さなければ〜上海は東京、広州は大阪、北京は…永田町?

2008/06/30


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                                                          ┃
┃   http://chieichiba.net/                                             ┃
┃有料サイト↓                                                          ┃
┃   https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                  ▼無料ページの記事はこちら(5本!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by まつおっち) あきらめてもいい、投げ出さなければ!
-----------------------------------------------
海洋冒険家の白石康次郎さんのことは、ご存知でしょうか?

以下は、白石さんがNHKのトップランナーに出演された際の話を元に書いてい
ます。

白石さんは、約8ヶ月も続くヨットでの単独世界一周レース
「5OCEANS(ファイブオーシャンズ)」(2006年10月−2007年5月開催)
で、アジア人として始めて総合2位の快挙を達成しています。
平穏無事、逆に言えば、あまりダイナミックな変化のない毎日を過ごしている
私にとって、何ヶ月も海の上で一人ぼっちで過ごし、時に荒れ狂う海に立ち向
かう、死と隣り合わせの冒険に挑む白石さんの話はとても刺激的でした。

さて、白石さんは1967年、鎌倉に生まれ海を身近に育ちました。
彼は、水産高校を卒業後、第1回単独世界一周レース(BOCレース)で優勝した
故多田雄幸氏に弟子入りし、海洋冒険家としての道を歩み始めます。
1986年のことでした……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/06/by_139.html

-----------------------------------------------
●(by クヌギー) 本読みが本を読まないとき 第6回 待つこと
-----------------------------------------------
待っているときは、本を読めません。自分が待っているものに関心が向いてい
るので、集中できないのだと思います。たとえば、よく知り合っていない人と
の待ち合わせといった、ちょっとした緊張を伴う待ち時間とか、映画やお芝居
がはじまるまでの時間とか。

それは当たり前のことなのですが、はっきり自覚したのは、今年に入ってから
です。

1月に父がある手術を受け、そのときの麻酔から覚めないということがありま
した。手術自体は予定よりも短い時間で成功したのですが、想定されていた時
間になっても、父の意識は戻りませんでした。手術中の麻酔のチャート、術前
術後の検査結果、どれからも目覚めない理由が見つからず、なにか身体に重大
な病気があって意識がないのではなく、ただ目覚めないだけとみられました。
それまでに同様の手術を数百件手がけてこられた主治医の先生にとっても、こ
のように目覚めない例ははじめてとのことでたいへん困惑されている様子でし
た……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/06/by_kunugie_6.html

-----------------------------------------------
●(by paco) [知恵市場 Commiton]361へのJINさんからのコメント
-----------------------------------------------
今週のコミトン
[知恵市場 Commiton]361民主主義と法治主義という国家アイデンティティ
について、知恵市場ライターのJINさんからコメントをもらいました。

上記の記事は、裁量制などの最近の動向と、国家戦略の関連性について書いた
ものです。興味のある方は、ぜひ有料版に登録していただき、読んでみてくだ
さい。

───────────────────────────────────
(by JIN) 裁量労働は、戦後労働者を手厚く保護するため大きな労働規制の元
に立法された労働基準法に対して、80年代以降の規制緩和の流れの一環とし
て導入されたものです。
私は、最近の労働規制強化の動きには、国外要因と国内要因があるとみていま
す。
国外要因は、アメリカからの外圧の緩和です。日本がアメリカの脅威ではなく
なってきて、規制緩和の外圧の手を緩めてきています。アメリカの脅威感の矛
先は日本よりも中国に向いています。また……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/06/by_paco_commiton361jin.html

-----------------------------------------------
●(by JIN) 人間は自然の摂理の中の一環か?
-----------------------------------------------
小学生のとき、社会科の授業で、人間が環境破壊をしている事例を散々学びま
した。本好きで、環境問題に興味のあった友人は、「人間がいない方が自然に
はいいんだ」と分かったような口をきいていました。

しかし、私には、どうも腑に落ちませんでした。「自然」というけれども、自
然の中には、人間も入っているのでは?「自然」は、人間の所業・悪行もすべ
て包摂して、動いていくものなのでは?人間の行動も考慮に入れた上で、自然
の摂理は働くのではないのか?

この疑問を持ちながら、30年ほど経ったわけですが、今日、本を読んでいて、
納得のいく回答に出会いました。

鷲田小彌太『図解雑学 倫理』(ナツメ社、2005年)
http://www.amazon.co.jp/dp/4816338497

人間が他の動物と異なる本質は、言葉を持っていることだというのです……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/06/by_jin_8.html

-----------------------------------------------
●(by yuki) 上海は東京、広州は大阪、北京は…永田町?
-----------------------------------------------
2002年にはじめて中国に来てから今まで、期間の長さは違えど中国の各都市で
生活してきました。北から南まで、私が見てきたそれぞれの都市を比べてみる
と「中国」という言葉一つではまとめられないほど違いを実感します。

北京は私が中国で一番長い時間を過ごした街です。2002年から2006年まで、途
中一年間はアメリカにいた時期もあるのですが、学生時代をどっぷりと過ごし
た第二の故郷です。中国の首都、政治の街ということもあり、今まで行ったこ
とのある中国のどの都市よりも国際情勢の影響を実感しました。過去に起こっ
た事件やイベントを見ても分かるように、北京の人は感情をたっぷり持ってお
りそれをフル活用しているような感覚を受けます。タクシー運転手も学生も、
政治ネタや国際ネタを議論するのが大好きで、そのあまりの熱に時々どうして
いいか分からなくなってしまいます……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/06/byyuki.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。