ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter080526]「やらぬ後悔」より「やって反省」〜アルバイトをすること

2008/05/26


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                                                          ┃
┃   http://chieichiba.net/                                             ┃
┃有料サイト↓                                                          ┃
┃   https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                  ▼無料ページの記事はこちら(4本!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by まつおっち)「やらぬ後悔」より「やって反省」
-----------------------------------------------
福岡の高校時代の親友から、ちょっと前に聞いた話をご紹介します。

彼は、あるサービス事業を福岡市内に展開することに成功し、
現在スタッフ60人ほどを率いる立派な企業経営者になっています
(以下、彼のことを「Yくん」と呼ぶことにします)。

実は、高校を卒業して以来、最近までお互いほとんど交流がありませんでした。
ですから、Yくんがこれまでどのような人生を歩んできたのかを全く知らない
ままだったのですが、東京に彼がやってきた時、ゆっくりと酒を酌み交わしな
がら、彼のこれまでの結構波乱に富んだ人生について話を聞くことができまし
た。

Yくんは、私が入学した大学に強い憧れを抱いていました。幸い、私は現役で
合格しましたが、彼は残念ながら不合格で、次年度に再チャレンジするため浪
人の道を選びました。
結局Yくんは2浪したのですが、2年目の入学試験では合格するだけの実力が
あったにもかかわらず、なんと第一志望のその大学の受験を棄権してしまった
のです。
棄権した理由は……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/05/by_138.html

-----------------------------------------------
●(by paco) 大阪知事「財政悪化の戦犯誰だ」をどう考える?
-----------------------------------------------
巨額の赤字を抱える大阪府の知事になり、大リストラを宣言している橋下知事。
就任早々、NHKに喧嘩を売ったり、タレントと丁々発止やってみたりと話題に
は事欠かないけれど、なんだかピントがずれているような感じ。

さて、以下の記事ですが、両者の意見はかみ合っていません。このかみ合わな
い議論、どう考えたらいいのでしょうか?
記事をよく読んで、ちゃんと考えてね。

 ★ ★ ★

まず、気がつくのは、「戦犯」を探すことに意味があるのかどうか。つまり、
責任者が誰かを捜すことに意味があるのかどうか。

財政赤字をつくった責任者は確かにいて、それが負債をつくった当時の市の職
員や政治家なのか、国なのかが議論になってはいるけれど、責任者が見つかっ
て意味があるのは、その責任者が、責任をとってくれる場合、あるいはとれる
力がある場合……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/05/by_paco_66.html

-----------------------------------------------
●(by JIN) 源氏物語事始
-----------------------------------------------
かねてから、今年は何か読み応えのある本を読みたいと思っていました。そん
な折、今年は、紫式部が「源氏物語」を書いてから1000年に当たることを
知りました。また、「源氏物語」と言えば、日本を代表する古典小説と言われ
ています。これは丁度格好の素材と思い、今まで一度もきちんと読んだ経験の
ない源氏物語にチャレンジしようと思い立ちました。

・・・とは思い立ったものの、源氏物語、実は、原本・現代語訳版、いずれも
色々な種類なものがあることが分かりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E

いずれにしても、背広のポケットに入れて通勤時間等に気軽に読める文庫本が
良いと思い、八重洲ブックセンター五階の文庫本売場に向かいました。

まず、原本の文庫版を見ました・・・残念ながら、古文を離れて数十年経って
おり、一読して意味がつかめるものではありませんでした。
原文の後に、現代語訳が掲載されているものもありました。しかし、原文→現
代語訳→原文・・・という構成になっています。これでは、スーッと流れるよ
うに読んで筋をつかむ、ということはできそうにありませんでした……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/05/by_jin_4.html

-----------------------------------------------
●(by クヌギー) 本読みが本を読まないとき 第3回 アルバイトをすること
-----------------------------------------------
週4日、家の近くで事務のアルバイトをして生計を立てています。データ入力
の仕事です。今回はそのアルバイトのことを書きます。

アルバイトをするのは生計を立てるためですが、職場は、組織の中で働く楽し
さを味わい、自分の社会性を維持する場所でもあります。

ちょうど今、4月から6月までが部門の繁忙期なので早出や残業をします。
残業なしでも食べていけるだけの稼ぎにはなるので、残業をする必要はありま
せん。でも、みんなが忙しくしているときにひとりでさっさと帰るのは気が引
けます。また、週4日めいっぱい働いてしまうと、本のための3日のうち丸1日
以上を完全に休まないともちません。
得意なスタイルである“こつこつ続ける”は、山場を作らないことでもありま
す。そこで、早く帰る気疲れと、残業による身体の疲れのバランスを考えて、
「フル残業は週2日まで」というルールを決めました。この数か月分の残業代
はちょっとしたボーナス、お楽しみです……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/05/by_kunugie_3.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                    ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Global Eyes] 立山黒部アルペンルート、旅行記(1)
-----------------------------------------------
この前の水曜日と木曜日、立山黒部アルペンルートに遊びに行ってきました。
まったくの平日ですが、こういうタイミングに休みが取れるのが、フリーラン
スの特権です。土日も基本、スタンバイモードですからね(^^;)

立山黒部アルペンルートには、以前から行きたくて、六兼屋からは比較的近い
ので、「家ができたらいこう」と思っていたのに、何と8年もかかってしまい
ました。行ったことがない人が多いと思うので、この観光ルートって、どうい
うところなの? という基本から書いていきたいと思います。

●日本でいちばん大きな「水集めの漏斗(じょうご)」
立山黒部というのはどこか? 富山県と長野県の県境に位置する、北アルプス
の山と渓谷の地域です。まず、左の図を見てください。ざっくり模式図になっ
ています。この地域を頭に入れるには、まず北に向かって開いたY字型の大山
脈をイメージしてください。標高は3000メートル級の山が連なる日本最大の山
脈で……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。