ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter080121]情熱と技術の両輪を回せ!

2008/01/21


paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                                                          ┃
┃   http://chieichiba.net/                                             ┃
┃有料サイト↓                                                          ┃
┃   https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                  ▼無料ページの記事はこちら(1本!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by まつおっち) 情熱と技術の両輪を回せ!
-----------------------------------------------
日本では、これまで「精神論」がずいぶん幅を利かせてきましたよね。
「心頭滅却すれば火もまた涼し」
なんて言葉を運動部の鬼コーチなどから繰り返し聞かされた人も多いでしょう。
「人間気合だ、情熱を傾けよ。つべこべいわずに努力しろ!」
という精神論を私は否定するつもりはありません。
というのも、この社会の中で、拙いながらも様々な経験を積めば積むほどに私
が痛感したのは、キャリアを磨き、自分を成長させるために最も大切なのは、
「気合」「情熱」「努力」といったクサい言葉だということです。
なぜなら、「キャリア」にも、また「人生」そのものにも近道はなく、日々の
泥臭い積み重ねの結果が長い時間をかけて実を結ぶ。したがって……
http://www.chieichiba.net/blog/2008/01/by_123.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                    ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Global Eyes] 製紙会社の偽装事件
-----------------------------------------------
今週のできごとといえば、日本製紙に端を発する、製紙各社の偽装事件です。
ニュース報道以上のことはわからないのですが、まったくひどい。腹が立つの
を通り越して、泣けてきます。

特に、今回の発火点になった日本製紙は、昨年2月に、環境に関するステーク
ホルダーダイアローグを環境リレーションズ研究所で実施した会社で、その時
も車内のいろいろな人と環境について話す機会がありました。基本的にはみな
まじめな人たちだし、環境のこともそれぞれの立場で考えている人たちでした。
しかし。
よく、企業が問題を起こすと、「個人としてはいい人ばかりなんだけれど……」
と擁護することがありますが、今回の件を見ていると、擁護する気持ちにはと
てもなれません……

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。