ビジネス一般

知恵市場NewsLetter

「ビジネスパースンのQOLをあげる」を目的にオリジナルの情報発信を続ける知恵市場から、更新情報をお届けします。

全て表示する >

[chieichiba news letter070625]「新しい歴史教科書をつくる会」〜沖縄戦の、歴史のねじ曲げ

2007/06/25

────◆────◆────◆────◆────◆────◆────
        知        恵        市        場        News      Letter
────◆────◆────◆────◆────◆────◆────
                            edition:20070625

paco@知恵市場です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無料サイト↓                                                          ┃
┃   http://chieichiba.net/                                             ┃
┃有料サイト↓                                                          ┃
┃   https://contents.nifty.com/member/service/g-way/chieichiba/member/ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

有料版にもぜひ登録してください! 有料版って何がいいの? 
それはね……↓
http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                  ▼無料ページの記事はこちら(2本!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪


-----------------------------------------------
●(by paco)「新しい歴史教科書をつくる会」、扶桑社からキャンセルを食らう
-----------------------------------------------
「新しい歴史教科書をつくる会」は、超右寄りの歴史観をもった教科書をつく
り、子どもたちに教えさせようというグループで、別記事で書いたような、軍
のやり方の不名誉なところは記述せず、価値のあるところを強調して、戦前の
日本の行動を正当化しようという内容で書かれた教科書をつくっています。
その版元である扶桑社が、新しい教科書の出版を断ったということで、僕とし
ては、これはなかなか、痛快な記事です。
扶桑社が断った理由は単純で、ビジネスとして成り立たないというわけです。
予想した数の教科書採用がなく、教科書が売れないのでは、コスト割れしてま
で出版できないということですね……
http://www.chieichiba.net/blog/2007/06/by_paco_38.html

-----------------------------------------------
●(by paco) 沖縄戦の、歴史のねじ曲げ
-----------------------------------------------
この国は、相変わらず自分たちの過去が見つめられずにいるのですね。
沖縄戦で、日本軍が市民の集団自決を命じたという事実を、文科相が教科書か
ら削除させたということで、沖縄の人たちが怒っています。詳しくは、以下の
記事を見てください。
ではなぜ、行政や政治にかかわる人たちは、こんなことをいまさらするのでしょ
うか? 60年以上も前のことだから、別にどっちでもいいじゃないと思うあな
たは、歴史が今に生きているということについて、改めて考えてもらうきっか
けにしていただければと思います。
なぜ今、沖縄戦の記述を、事実をねじ曲げてまで変更しようとするのか?
それは……
http://www.chieichiba.net/blog/2007/06/by_paco_37.html


                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
                    ▼有料記事はこちら(ぜひ登録を!)
                 ♪-----♪-----♪-----♪-----♪-----♪
        http://www.chieichiba.net/blog/2006/02/by_paco_5.html


-----------------------------------------------
■[Environmental Eyes] 温暖化問題に本気で取り組むには?
-----------------------------------------------
このところ、横浜市の環境政策についての話題が続いていますが、今週もその
話を続けます。
これまで僕は、温暖化対策について、「やれることはあるのに、やるべきこと
をやっていないから、CO2排出が減っていない」ということを言い続けてきま
した。そういう僕が、横浜市の環境政策に口を挟める立場になって、「本気で
やるから、何をやればいいかおしえてほしい」と言われたら、何を提案すれば
いいのか。改めてこういう視点でものを考えています。
ちなみに、今の僕のポジションは、市の「温暖化対策推進専門部会」の研究委
員という位置づけで、市の政策立案に提言し、チェックする外部識者ですが、
実態はもう少し政策立案に密着したポジションを取ってほしいと言われていて
……


────────────────────────────────────
★来週もお楽しみに! このメールは転送自由です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:知恵市場&有限会社水族館文庫
mailto:paco@suizockanbunko.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:週1〜5回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。