自転車

SportsMan橋本のお部屋メルマガ

自転車放浪の旅、ロードレース(自転車)、マラソン、ソフトバレー、スキー、スキューバダイビング等々体験談を基に作ったスポーツ大好き人間のページです。

全て表示する >

SportsMan橋本のお部屋メルマガ第20報

2003/06/09

◆スポーツマン橋本のお部屋メルマガ 第20報◆

〜淡路島の旅〜
  2日目

やはり宿は快適だ。
朝ご飯もホテルでとった。(庶民には)ちょっと高めのバイキングだったので、迷ったが贅沢してしまった。
淡路島は玉ねぎが有名らしく、玉ねぎを使った料理が結構あった。
他には蛸飯とかがおいしかった。

今回泊まったホテルは、ちょっとしたサービスだけど非常に嬉しいものが多々あった。
自転車をホテル内で預かってくれたし、空気入れまで貸してくれた。
まさかそんなものまで置いてあるとは。
一番嬉しかったのが、風呂上がりにやったマッサージチェアーが無料だったこと。

今回は時間に余裕があったので、ゆっくり準備をして10時頃に出発。
淡路島南の福良から淡路島北の岩屋へと自転車を走らせた。

Wさんは、しまなみの旅に続き今回で2回目。
でも2日間の走行は初めて。MTBでのチャレンジ。

初参加のNさんは、もちろんこんな長距離を走るのは初めて。
クロスバイクでのチャレンジ。

二人共、弱音を吐かずちゃんとついて来ていた。感心感心。
ただ上り坂がやってくると、「え〜!」ってなってたけど、まあそれはしょうがない。

中国地方放浪の旅でちょっとだけ一緒だったUさんは、フロントギヤが機能せず、
21段変速が7段変速になっていて坂道は辛そうにしていた。
今回二日間しんがりで、遅れる人がいないかしっかり見ていてくれた。

Mさんは、古い自転車でフレームの溶接部分が取れた状態で走っている。
ほんとはよくないので、良い子はマネしないように。
(自分の自転車を女の子に貸していたから止むを得なかったのだ)
初日はペースメーカーとして先頭を走っていた。

二日目は私がペースメーカーとしてみんなを引っ張った。
今日はひたすら31号線で、ほぼ一直線のルートで北上。
それほどアップダウンもなく、風も強くなく、快適に走れた。
スピードはだいたい20km/hペース。
会社へ急ぐサラリーマンの自転車よりちょっと速いくらいのペースかな。
それを休みながらとはいえ、何時間も走るのだから、女性二人たいしたものだ。

昼ご飯を食べるのに、地元のおじさんにMさんが尋ねてみた。
おじさん、なんか考え込んでしまって、沈黙が続く・・・。
そして時が経つ事1分20秒(くらい?)、
みやがわというお食事処を教えてくれた。

昼ご飯はカレイの活造り。カレイも刺身にできるようだ。
刺身、皮、キモ、あら汁と丸っと使った料理が出てきた。
刺身は大きな丸い皿に薄く切って、綺麗に並べられていた。
まるでふぐ刺しのようだ。見るからに高そう・・・。
食べてみると、もの凄くおいしかった。昼間から贅沢し過ぎだ。
その他にもそれぞれ親子丼とか冷し中華とかを食べた。
気になるお値段は、5人で8800円。
それくらい出してもまあいいかなというところだ。

もう残すは23kmほど。楽勝だ。
最後の辺りは若干の追い風と若干の下りの道で気持ち良く走れた。
予想に反してコンビニが結構あり、水分補給とか、休憩とかうまくとれた。
ゴールが近づくと女性陣からスピードUPの要求があった。
どうやら走り足らないらしい。なんて元気なんだ。

ご要望に応えて25km/hに上げた。ちゃんとついてくる。
さらに上げるように言うので、30km/hで走った。
これはちょっとキツかったか、じわじわ遅れていった。
27km/hくらいで最後は走行した。
いい具合でスピードに乗って、まだまだこれからってところで、
たこフェリー乗り場に到着してしまった。
不完全燃焼だ。

5時前に到着。
これまた予定通りに着けた。
無事何事もなく、一泊二日の淡路島の旅は終了した。


本日走行距離:61.3km 総走行距離:133.6km



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 橋本 武   Takeshi HASHIMOTO
 mailto: hassy1976_0320@ybb.ne.jp
 SportsMan橋本のお部屋 http://members.inforepublic.com/~RPA06413/
_________________________________

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-02  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。