語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版)

2004/09/26

 2004-09-25
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

         【英文記事より】 (無料版)  〈No.127〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
◎「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
○この号をもちまして、「【英文記事より】(無料版)」を終了させていただきます。長い間
  のご購読、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**************************************************
The New York Times        (2004-09-19)

■日中の深い亀裂に、橋を架けるには……
ATROCITY AMNESIA
Japan Rewrites Its Manchuria Story
By HOWARD W. FRENCH
**************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) SHENYANG, China -- The Japanese-era buildings, built to last in red brick, 
still peek out, stolid and fastidious, from the shadows of the new Shenyang that 
is soaring up all about them.

(2) Structures like the train station and old post office here are the only physical 
traces that remain of the imperial period in the 1930 and 40's, when Japan 
envisioned Manchuria as the springboard for a conquest of all of Asia - a model 
colony in an all or nothing contest between the white and yellow races.

(3) Psychological traces from the period have proved even harder to obscure. 
Today, historians and novelists in Japan who want to rebuild pride in their history 
are reviving fantasies that the conquest was a just and noble mission to 
modernize Manchuria. For China, this retelling of history by its centuries-old rival 
has stirred a powerful resurgence of memories of atrocities and subjugation.

(4) The debate vividly illustrates the immense gulf of bitterness and suspicion 
that still divides Asia's two great powers. The gulf is so wide that when China 
reportedly awarded a multibillion-dollar contract to Japanese companies for the 
construction of a bullet train network in the former Manchuria, splashy 
announcements were avoided for fear of angering the public here, but 
demonstrations broke out anyway.

続きはこちらから↓
http://www.nytimes.com/2004/09/19/weekinreview/19fren.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■試訳■
(1) 【瀋陽(中国)発】日本統治下の建物(耐久性を上げるために赤レンガで建設され
た)が、その周りにそそり立つ新しい瀋陽の影から、ぼんやりと昔ながらの風情を守って今
なおそっとその姿を見せている。

(2) 当地の鉄道の駅、古い郵便局のような建造物だけが、1930年代、40年代の帝国
主義の時代から残存する有形な痕跡である。当時、日本は、満州を、アジアのすべてを
征服するための跳躍台、つまり、白色人種と黄色人種の勝つか負けるかの戦いにおける
植民地モデルとして思い描いた。

(3) その時代からの精神的な爪跡は、それよりいっそう覆い隠しがたいことが分かる。自国
の歴史に対する誇りの再興を望む日本の歴史学者や小説家たちは、その征服が、満
州近代化のための正しく崇高な使命だったという幻想を、今、蘇らせつつある。中国の、
数世紀前からのライバルによるこの歴史の改作は、中国にとって、残虐と服従の記憶を
強く呼び覚ます刺激になった。

(4) その論争は、いまだにアジアの二つの大国を分かつ、苦々しさと疑いの計り知れない
亀裂を生々しく示している。その亀裂は、非常に大きく、報道によると、中国が、旧満州
で新幹線網を建設するため、日本企業と数十億ドルの契約を交わした際、華々しい発
表が、中国の国民を怒らせることを懸念して、避けられたほどだった。それでもデモは、突
発した。

続きはこちらから↓
http://sunrise.cocolog-nifty.com/blog/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。