語学・言語学

【英文記事より】 (無料版)

Wポスト、NYタイムス等の日本関連記事から原文(部分)訳文を提供しています。

全て表示する >

【英文記事より】 (無料版)  (2004-06-19)

2004/06/19

 2004-06-19
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

           【英文記事より】 (無料版)  〈No.114〉

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
◎「melma!」から、配信しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●今回は、The New York Timesの記事から、お届けいたします。
●高校生、受験生向けの有料メルマガ《英文記事より プレミアム》では、全文の文型が
  一目で分かる「福原方式」の図解を提供しています。文型を確かめながら、辞書なしで
  読めますので、学習の能率が大幅にアップします。(無料お試し期間付き)
 詳細およびサンプルは、こちらでご覧いただけます。
 http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-premium.htm
●ご意見、ご希望、ご感想は、こちらへお願いいたします。 
 postmaster@eigojuku-yobiko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*************************************************
The New York Times    (2004-06-13)
http://www.nytimes.com/2004/06/13/international/asia/13kore.html

韓国で、記者クラブ廃止。日本では、まだ。
South Korea Dissolves Ties That Once Bound the Press to the Powerful
By NORIMITSU ONISHI
*************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原文■
(1) SEOUL, South Korea - As a vigorous, debate-filled democracy becomes 
entrenched here, South Korea is rapidly dismantling the press club system, an 
enduring symbol of the collusive relationship between the government and the 
news media.

(2) Starting a year ago at the presidential offices, known as the Blue House, 
press clubs - in which reporters from major media outlets excluded other 
journalists and decided what to report, sometimes in conjunction with 
government officials - have been eliminated in one government office after 
another. Where they survive, as in Seoul's Police Department, they are expected 
to go soon.

(3) Instead, shiny new briefing rooms have been built, their doors flung open to all. 
Although journalists and government officials are still groping for a new balance in 
their relationship, most believe that the changes will lead to the emergence of 
something rare in East Asia: a fiercely independent press.

(4) The dismantling of the deep-rooted press club system, a vestige of the 
Japanese colonial rule that ended in 1945, resulted from the confluence of 
several events. In 2002, President Roh Moo Hyun was elected despite the fierce 
opposition of traditional outlets, especially conservative newspapers and 
television networks. At the same time, Internet-based alternative sources of 
information, popular among the young and generally supportive of Mr. Roh, have 
emerged as rivals to the traditional media here in the world's most wired nation.

(5) The speed of the change is particularly stunning because, in Japan, the press 
club system survives intact. Hyun Seung Yoon, 39, a reporter for The Korea 
Economic Daily and the former vice president of the Finance Ministry's press 
club, which was abolished on Dec. 29, said that in the past the government and 
the media were united.

(6) "Fundamentally, it's better now," Mr. Hyun said. "It's healthier now. The 
relationship that existed before was a collusive one."

(7) When Mr. Roh came to power a year and a half ago, a priority was to make 
the government's relationship with the media more open, and to give "equal 
opportunity to all media," said Jung Soon Kyun, the minister of the government 
information agency, who traveled to the United States, Japan, Germany and 
Britain to study how each government dealt with the media. The press club 
system had allowed the big media outlets to "monopolize information" and 
sometimes "offer and receive personal favors," said the minister, a former 
reporter.

(8) For Mr. Roh, a political outsider who had not won the backing of the 
mainstream media during his election campaign, the abolition of the press club 
system also worked to his political advantage.

(9) Under the old system, members of the major news outlets controlled 
membership and expelled organizations that failed to abide by club rules. The club 
decided, sometimes through a senior member acting as a liaison with the 
government, what news to focus on, what to play down or, in some cases, what to 
suppress.

(10) The government paid for all the expenses the press club incurred, including 
phone bills, and even provided a secretary for the members. Until a few years 
ago, the government also paid for the reporters' air fare, hotel bills and other 
expenses whenever the president traveled.

(11) Under the new system, the government charges each reporter assigned to 
the Blue House about $50 a month to cover various fees. With reporters for any 
news organization, big or small, free to register, the number of Blue House 
reporters has increased to more than 300 from 90.

(12) Press clubs exist all over the country, from the Blue House to the ministries 
to police precincts, said Lee Jae Kyoung, a journalism professor at Ewha Womans 
University and a former television reporter.

(13) "The loser was always going to be the reader, the people's right to know," 
Mr. Lee said.

(14) Years ago, when Mr. Lee was a cub reporter covering a police precinct, the 
press club discovered some bad news involving a local tea manufacturer, he said. 
Instead of reporting the news, the club's senior members met with company 
officials, pocketed some cash and then treated the club members to a lavish 
dinner and drinks, he said.

(15) South Korea's press club system, like its bureaucracy and legal systems, was 
a holdover from Japanese colonialism, said Youn Jung Suk, a professor at the 
Sejong Institute specializing in Japan-Korea relations. After the end of World War 
II and the end of Japanese colonialism, South Korea's American occupiers 
decided to retain the press club system.

(16) "It was easy to control Korea through this system," Mr. Youn said.

(17) South Korea's military leaders and a largely compliant press also shared the 
same belief, experts say, and so the movement to reform the press club system 
started only after South Korea began democratizing in the late 1980's.

(18) In Japan, a de facto one-party state for the last half century, only maverick 
politicians in a few places, like Kamakura and Nagano, have abolished the press 
clubs, saying they are not appropriate in a democracy. Press clubs still exist in 
government agencies, companies and institutions all over the country, curtailing 
the nature and level of information available to the public.

(19) The media revolution in South Korea has been almost completely ignored by 
Japan's own media, even though almost all have bureaus in Seoul. Japan's 
Newspaper Publishers and Editors Association argues that press clubs have 
officially been opened to non-members since 2002, though most Japanese 
journalists will acknowledge that, in practice, little has changed.

(20) Hiroshi Wada, an official at Japan's newspaper association, went so far as to 
deny the changes occurring here.

(21) "We checked the Korean situation and we do not think press clubs in South 
Korea have been abolished," Mr. Wada said. "It is that they allow everyone's 
participation freely, but press clubs still exist."

(22) He added: "So it is not that Japan is more conservative with regards to 
press clubs. We understand that South Korea has caught up with us."

(23) Here in South Korea, there had been previous attempts to abolish the press 
club system, notably under former President Kim Dae Jung's administration. But 
the resistance from the established media was too strong.

(24) But in recent years, Internet-based news services, like OhmyNews.com, rose 
to challenge the big media outlets, and their influence has grown, particularly with 
the young.

(25) In 2001, one of OhmyNews's reporters was barred from attending a news 
conference at Inchon Airport because he did not belong to its press club. Oh 
Yeon Ho, the news service's chief executive, sued and won.

(26) "Only a few years earlier, people's acceptance of privileged media had been 
embedded in our culture," Mr. Oh said. "Now the idea of abolishing the press club 
has become mainstream."

(27) In fact, Mr. Roh granted his first domestic interview as president to 
OhmyNews, signaling the beginning of a new era. The changes have been hard to 
swallow for the mainstream media, but most acknowledge that they have been 
positive.

(28) "Without the press club system, we can no longer maintain embargoes or - 
it's an extreme example - even abolish news items," said Shin Kyoung Min, 
deputy managing director for MBC, a major television network. "Inside the press 
clubs, we did sometimes do that, though not often. The fact that everything is 
now open to all the media, that's a good change for everybody."
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
■試訳■
(1) ソウル(韓国)発 – 当地で、活気のある、討論がよく行われる民主主義が定着するよ
うになるにつれて、韓国は、政府と報道機関が長年狎れ合ってきた関係のシンボルであ
る、記者クラブ制度を急速に廃止しつつある。

(2) 一年前に大統領官邸(青瓦台として知られる)から、始まって、記者クラブは、次から
次へと官庁で廃止されている。記者クラブでは、大手メディア系列の記者たちが、そこに
属さないジャーナリストを排除し、何を報道するかを、時には政府の役人と協力して決め
ていた。ソウル警察のように、それがまだ残っている所では、間もなく消えていくと予想され
ている。

(3) その代わり、ぴかぴかの新しい記者会見室が作られており、そのドアは、あらゆる者に
開け放たれている。ジャーナリストと政府の役人は、まだ、彼らの関係の新しい均衡点を
手探りで捜しているが、大方は、その変化が、東アジアでは稀なもの、つまり、恐ろしく独
立志向の強い報道機関の出現に繋がるだろう、と確信している。

(4) 1945年に終わった、日本の植民地支配の名残である、深く根を下ろした記者クラブ
制度の廃止が、いくつかの出来事が合流した結果として生じることになった。2002年に、
従来の系列、特に保守的な新聞とテレビネットワークの激しい反対にも拘らず、盧武鉉
大統領が選出された。同時に、インターネットを基盤とする代替的情報源(若者や盧氏
の広範な支持者の間で人気がある)が、ここ、世界で最もネットワークの進んだ国の、従
来のメディアに対するライバルとして、登場した。

(5) 韓国経済新聞の記者であり、財務部記者クラブ(12月29日廃止)の元副代表であ
る、Hyun Seung Yoon氏(39)は、過去において、政府とメディアは、一体化していた。と
語った。

(6)「基本的に、それは、今のほうが良くなっています。今のほうが健全です。かつて存在し
たのは、狎れ合いの関係でした」と、Hyun氏は、語った。

(7) 盧武鉉氏が、一年半前に政権に着いたとき、先ずなすべきことは、政府とメディアの
関係をもっとオープンにして、「すべてのメディアに平等な機会」を与えることだった、と韓国
政府国政広報処のJung Soon Kyun処長は、語った。彼は、アメリカ、日本、ドイツ、イ
ギリスの各国政府がメディアとどう対応しているかを研究するため、各国を訪れた。「記者
クラブ制度は、大手メディア系列が、情報を独占し、ときには、個人的な恩恵を与えたり
受けたりすることを許してきました」と、元記者である同処長は、述べた。

(8) 選挙キャンペーン中、大手メディアから支持を受けなかった政治的アウトサイダーであ
る、盧武鉉氏にとって、記者クラブの廃止もまた、政治的に有利に働いた。

(9) 古い制度の下で、大手報道系列からなる会員たちは、会員資格を規制し、会則を
遵守しない団体を除名した。記者クラブは、時には、政府との連絡役を務める古参会員
を通じて、何のニュースに焦点を絞るか、何を軽く扱うか、場合によっては、何を差し止め
るか、を決定した。

(10) 政府は、電話代を含めて、記者クラブが負った費用全額を支払い、秘書さえ会員
に提供した。数年前まで、政府は、大統領が、外国訪問するときはいつでも、記者たち
の航空運賃、ホテル代、およびその他の費用も支払っていた。

(11) 新しい制度の下では、政府は、青瓦台担当の記者一人一人に、いろいろな費用
をまかなうために、月約50ドルを請求する。小さくても大きくても、どの報道機関の記者も
登録するのは無料なので、青瓦台担当記者の人数は、90人から300人に増えた。

(12) 記者クラブは、青瓦台から役所、警察署まで、国中に存在すると、梨花女子大学
のジャーナリズム論の教授であり、元テレビ記者のLee Jae Kyoung 氏は、語った。

(13) 「敗者は、常に、読者つまり国民の、知る権利を体現しようとしていたのです」と、
Lee氏は、語った。

(14) 何年も前に、Lee氏が、警察署担当の新米記者だったときに、記者クラブは、地元
の製茶業者が絡んだある悪いニュースを掴んだ、と彼は、語った。そのニュースを報道しな
いで、記者クラブの古参会員は、会社役員と会い、何がしかの現金をポケットに入れ、記
者クラブの会員たちを豪華な飲み食いに接待したと、彼は、語った。

(15) 韓国の記者クラブ制度は、その官僚制度や法律制度のように、日本の植民地化
政策の遺物だと、日韓関係が専門の世宗研究所の教授、Youn Jung Suk氏は、語っ
た。第二次世界大戦と日本の植民地化の終結後、韓国を占領したアメリカは、記者ク
ラブ制度を維持することに決めた。

(16) 「この制度を使うことで、韓国を管理することが、容易だったのです」と、Youn氏は、
語った。

(17) 韓国の軍事指導者たちと、非常に従順な報道機関も、同じ考え方を共有してい
た、と専門家は言う。だから、記者クラブ制度を改革する動きは、韓国が1980年代後半
に民主化を始めたあとになって初めて、始まった。

(18) 過去半世紀の間、事実上の一党体制の国、日本では、鎌倉市や長野県のような
少数の地域の異端的な政治家が、記者クラブは民主主義にはふさわしくないと言って、
それを廃止しただけである。記者クラブは、今なお、全国の政府関係機関、民間会社、
公共機関に存在し、国民が利用可能な情報の性格やレベルを削減している。

(19)日本自身のメディアは、ほとんどすべての社がソウルに支局を持っているにも拘らず、
韓国のメディア革命を、ほぼ完全に無視してきた。ほとんどの日本のジャーナリストは、実
際には何もほとんど変わっていないことを認めるであろうが、日本新聞協会は、記者クラブ
が、2002年から、非会員に正式に開かれていると主張している。

(20) 日本新聞協会の役員、ワダ・ヒロシ氏は、韓国で起こっている変化を否定しさえし
た。

(21) 「我々は、韓国の状況を調べましたが、韓国の記者クラブが廃止されてしまったとは
考えていません。それは、記者クラブが、あらゆる人の参加を自由に許しているけれども、
ただ、記者クラブとしてはまだ存在している、ということなのです」と、ワダ氏は語った。

(22) 彼は付け加えて言った。「ですから、それは、日本の方が、記者クラブについて保守
的だということじゃないのです。我々は、韓国が、我々に追いついたのだと理解していま
す」

(23) ここ、韓国では、記者クラブ制度を廃止しようという試みは前から、特に、金大中前
政権の下で、存在した。しかし、既存メディアからの反発が、あまりに強かったのだ。

(24) しかし、近年、OhmyNews.comのような、インターネットを基盤とする通信社が、大
手メディア系列に対抗して、発生した。その影響力は、特に若者に対して増大している。

(25) 2001年に、OhmyNewsの記者の一人が、記者クラブに所属していなかったので、仁
川国際空港(Inchon Airport)での記者会見に出席することを締め出された。同社の
CEO、Oh Yeon Ho氏は、訴えを提起し、勝訴した。

(26) 「つい数年前、特権を持つメディアを容認することは、我々の文化に組み込まれてい
ましたが、今や、記者クラブを廃止するという考えが、主流になりました」と、Oh氏は、語っ
た。

(27) 実際、盧武鉉氏は、大統領としての初めての国内インタビューを、OhmyNewsに許
した。それは、新しい時代の始まりを告げた。その変化は、主流メディアには受け容れ難
かったが、大方は、それが前向きだったとことを認めている。

(28) 「記者クラブ制度がなければ、我々は、もはや記事差し止めを維持したり、あるい
は、極端な例ですが、ニュース項目を削除さえするということはもうできません。記者クラブ
の内部で、しょっちゅうではないですが、そういうことをしたこともありました。実のところ、今
や、すべてが、あらゆるメディアに開かれておりまして、それは、みんなにとって良い変化な
のです」と、大手テレビネットワーク、MBCのShin Kyoung Min副代表は、語った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■発行者:  英語塾予備校
■HP:    http://www.eigojuku-yobiko.com
■メ-ル:  postmaster@eigojuku-yobiko.com
■配信:   まぐまぐ http://www.mag2.com
             Melma  http://www.melma.com
             Macky   http://macky.nifty.com
             めろんぱん http://www.melonpan.net
             カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp
■解除:   http://www.eigojuku-yobiko.com/mag2-sample-article.htm
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-12-24  
最終発行日:  
発行周期:第1,2,3,4土曜日(除く年末年始)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。